★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 734.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
文民統制の不徹底を認めた韓国が日本を追い込む事になる  天木直人 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/734.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 31 日 14:23:00: igsppGRN/E9PQ
 

文民統制の不徹底を認めた韓国が日本を追い込む事になる
http://blog.goo.ne.jp/ichimurasan2006/e/ebda8f288c1b57bf03c4ff0418907812
★「天木直人氏の視点ー(2013/12/31)」★ :本音言いまっせー


 きょう12月31日の各紙が報じた。

 南スーダンPKO活動における銃弾1万発要請に関し、韓国国防省幹部は12月30日、韓国国会において、現地の派遣部隊長が韓国国防省への報告の前に直接自衛隊派遣部隊に要請していた事を明らかにしたと。

 すなわち、国防省幹部はこう説明したという。

 「状況が急に悪化したので部隊が国連に問い合わせ、日本と米国が銃弾を支援できるとの回答を得て日本に問い合わせた」と証言したのだ。

 韓国叩きの産経新聞は、これを見て韓国政府を悲嘆する。

 それみたことか。「緊急性がなかった」と言って日本側と意見の食い違い発言をした、あれは嘘だったではないか。

 「韓国軍の不十分な装備に対する批判が高まる事が予想され、こうした批判をかわす狙いから虚偽の説明をした可能性がある」と。

 しかし、これはピント外れのコメントだ。

 さもなければ意図的な論点外しである。

 私はこの事件が発覚した時の第一報(12月25日メルマガ第978号)で書いた。

 これは日韓双方の重大なシビリアンコントロール逸脱ではないか、と。

 それが図星だったということだ。

 そして韓国政府は恥を忍んでそれを認めたのだ。

 それを潔く認めた上で、今後の日本側と応酬について先手を打ったのだ。

 すなわち、今度の銃弾1万発要請・提供事件の真相は、少なくとも韓国側においては、
出先の派遣部隊長と韓国政府の間の連絡体制に不備があったことがこれでわかった。

 それは事実であるが、決してそれ以上の政治的な意図や背景は韓国側にはなかったという事を言っているのだ。

 政治的意図に基づいて嘘を言っているのは日本だと迫ったのだ。

 問われるのは、これを受けた日本側の対応である。

 韓国政府は国会で追及され、国会で堂々と自らの非を認めた。

 日本政府は何としてでも閉会中審査に応じ、日本側の実情を国民の前に明らかにしなければいけない。

 おそらく実情はこうだろう。

 韓国PKO派遣部隊長からの要請を受けたわが自衛隊派遣部隊長は、これは人道上の緊急必要性があるので一刻も早く供与せざるを得ない、させてくれ、と防衛省の了承を求めたに違いない。

 いや、ひょっとしてすでに現場の判断で供与した後に防衛省の事後承認を得た疑いすらあることは
メルマガ第978号で書いた通りである。

 あわてた防衛省は官邸に通報し、もっとあわてた官邸は、出来たばかりの日本版NSCの真価が問われかねないとして、現地の状況を何も確認しないまま一夜にしてこれを追認したに違いない。

 あの時、銃弾提供を決めた理由について、小野寺防衛相や菅官房長官がことさらに人道上の緊急性を強調していたのはその証拠だ。

 今度の銃弾提供はあくまでも例外であり、武器輸出三原則の問題とは無関係である事を強調していたことも本音に違いない。

 これを要するに日韓双方ともシビリアンコントロールが不十分であったということだ。

 今回はたまたま、悪質なシビリアンコントロールの逸脱ではなかったのかもしれない。

 しかしそのいい加減さが戦争につながることがあるのだ。

 少なくとも韓国政府はそれを認めた。

 もし日本が何も説明責任を果たさないようであれば、日本政府は今後、あらゆる局面で大きな負い目を追う事になる。

 そして将来大きな過ちを犯す危険性がある。

 産経新聞のように韓国政府たたきで終わるなら、その間違いは何倍にもなって日本政府にブーメランのように跳ね返ってくるのである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月31日 14:25:22 : 2D6PkBxKqI

格下の日本は、民主党政権の3年半は格上の兄である韓国に対して土下座して、韓国と在日民団に事前に相談して許しを取って行動していた。

ところが、自民党政権になった途端に韓国と民団にも事前相談も無く勝手なことをしている。格下の弟国の「日本」が格上の兄国の「韓国」に反抗する態度を取り始めている。これは、いったいどうゆう事なのか?韓国政府も韓国民も驚いている。

韓国ではいろいろ理由が上げられている。

「日本人は倫理性の知能が低い」、

「在日同胞の日本の朝日・毎日新聞がきちんと知能の低い愚民(日本人)を叱って教育できていない」

と批判が出ている。

我々韓国メディアとしても

「直接、日本人を叱ってやらないとダメだ」

という雰囲気だ。日本をもう一度叱りつけて日本は格下だと言うことを認識させ、日本人を仕付け直す必要があるというのが韓国メディアの意見だ


02. 2013年12月31日 14:52:16 : A6PAkVYU0o
<弾薬譲渡>「南スーダンの韓国軍部隊長が支援要請」
毎日新聞 12月30日(月)19時22分配信

 【ソウル澤田克己】南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍部隊が自衛隊から弾薬譲渡を受けた経緯について、韓国国防省の柳茂棒(ユムボン)国際政策次長は30日の国会答弁で説明した。「部隊長が、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に支援を要請した。日本と米国が応じられるという回答を得て、日本側に(支援してもらえるか)聞いた」と述べた。

 柳次長によると、韓国軍部隊長は21日、情勢が急速に悪化したため予備の弾薬を確保すべきだと判断し、UNMISS司令部に支援を要請。司令部からの回答を受けて、自衛隊の現地部隊に支援を要請した。

 ソウルの国防省に報告したのは、自衛隊への支援要請の後だった。国防省は、金寛鎮(キムグァンジン)国防相が出席した22日午前の会議で了承したという。

 柳次長は「状況が非常に緊迫していると部隊長が判断したためであり、報告もきちんとされている」とし、「部隊長の判断は適切だった」と述べた。

 韓国政府はこれまで、自衛隊への警戒感が強い世論を意識し、「国連を通じた支援」であることを強調していた。一方、日本政府は「現地の韓国軍部隊長から支援要請を受けた」と説明し、一部で「食い違っているのではないか」という指摘が出ていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131230-00000030-mai-pol


03. 2013年12月31日 15:22:15 : 4ngwFEOejI
>01は

01は、いいこと言ってるね!

安部NSCは学んだ手口をもう着々と実行に移している韓国にも安倍協力者の軍団がいるっつーこと?アベチャンすごいね!

来年は共謀罪立法だ
その後どっかで日本が「攻撃され」一気に改憲だね

戦争はいかんと幾ら喚いたってボッパツしちまったらショーガなかっぺ!作戦かな


===

中国や韓国の一部指導者は、右翼武装主義者を自認する安部さんに期待してるのだ

解釈改憲、集団戦争策に協力してるよね銃弾をもらう手口は。なのに、片棒担いでおいてパックネ大統領は現地隊長せいにしてシビコン脱ごめんチャイかw


天木さんも甘いねそれで「一件落着」にしていいの?


戦争可能な改憲をして日本丸ごと悪の帝国として
極東アジアの嫌われ者となってほしい


またもや日本が袋叩きになってくれることを期待している連中が
いまや世界中にいるんだろ?経済のババは全部日本が押しつけられるぜ



04. 2013年12月31日 15:25:43 : A6PAkVYU0o
【銃弾要請】国防省幹部「緊急性高かった」 韓国の虚偽明らかに
2013.12.30 14:01

【ソウル=加藤達也】韓国国防省は30日、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍による銃弾1万発の提供要請について、「状況があまりにも緊迫している」と判断した派遣部隊長が、韓国国防省や合同参謀本部などへの報告の前に、直接自衛隊派遣部隊に要請していたことを明らかにした。国会外交統一委員会で国防省幹部が野党側の質問に答えた。

 韓国政府はこれまで(1)予備を確保するため一時的に借りた(2)国連を通じて要請した−として「緊急性」はなかったなどと主張。「韓国軍から直接、要請があり緊急性も高かった」とする日本側の説明と食い違っていたが、答弁によって韓国側の説明が虚偽だったことが明らかになった。

 韓国では銃弾提供要請について、軍の不十分な装備に対するの批判が高まることが想定されていたが、こうした批判をかわす狙いから虚偽の説明をした可能性がある。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131230/kor13123014060004-n1.htm


05. 2013年12月31日 19:08:10 : CrFnyTlYA8
これは、1年後には間違いなく特定秘密になるな。

政府は、武器輸出三原則は破り放題。

国会の追求もできない。

新聞は書けない。

かくして、愚民の群れここにきわまれり。


06. 2013年12月31日 19:30:26 : QBrYpzDGwo
   国連が間に入って双方の軍隊の武器のやり取りについて、仲介役を務めたわけだ。確かに、海外に暮らすと、色々な面で個々の立場において融通を利かすことが容易に出来ると感じる。一々上司に伺ったり、本部に伺ったりせず、現場の一作業員でもOKを出したりし、日常生活のし易さを感じる時がある。
   しかし、事軍事については全く別であると思う。軍事とは、基本的には個人対個人の関係ではなく、国と国の関係が壊れた際の暴力的解決方法に他ならない。即ち戦争のための組織であり、敵側の人間を殺傷することを目的とするものである。
   従って、自分らが派遣地域にどういう目的で投入されたのか、一番問題となるところだ。スーダンの内戦の、どちらかの部族にテコ入れし、戦闘をするために入ったのか、それとも内戦に巻き込まれそうな民衆を色々な面で手助けするために投入されたのか、派遣隊員は常に自身で確認すべきだ。
   隊長クラスは、手柄を立てたいという勇み足もある上に、自衛隊のように不戦法を保持しながらPKOとして派遣されている特殊な状況の軍隊であることを、どこの国も承知しているわけではない。
  いざ戦闘ともなれば、積極的に武器、兵器を使用する一般の軍隊と同様であろうと考えている筈だ。
   だから、緊急時ということで、弾薬の供給を友軍にするよう、国連PKOが仲介したのだろう。彼らにとっては極当たり前の行動のひとつだと思う。
   だが、日本の自衛隊PKOは、現在のところ、全く通常の軍隊とは違い、法的な制約を持っている。それが良いか悪いかは全く別の問題であり、現実に国家の最高法規がある以上、緊急時になれば撤収、撤退が国是の筈だ。
   その場の雰囲気や、タイミングによって、また英語を使用することにより、流れに乗せられてしまうということもあろうが、それではダメだ。
   部隊長が冷静に、自分らの置かれている立場を認識し、周囲に説明することが必要だ。つまり、緊急体制であればこれ以上滞在出来ない、と宣言しなければならない。
   メンツやら手柄やら緊張感に紛れてとんでもない状況に置かれたら、部下の隊員は訳もわからず、内戦に巻き込まれる。何だかわからないままに死んでしまった、負傷してしまった、ということになりかねない。そうなれば手遅れだ。
   文民統制とは、軍隊であっても現行の国内法に忠実に行動することを意味することに他ならない。
   
   

07. 忍穂耳の垢 2013年12月31日 22:17:23 : 5n2KmwfCW10dU : hexlx1LtA2
>>01>格下の日本は、民主党政権の3年半は格上の兄である韓国に対して土下座して、・・

(笑)半島系の論客?が随分とここには居るようだね。
こうした表現が出る程に、今回の事は、韓国にとってメンツが大つぶれになったという証だ。


まぁ、じっくりとかの国の反応を見るがいい。
かの国は、そもそも論理思考には限界があるということに、気付くステージまでには至っていない。
理屈で瑕疵を責めようとする一遍とおりだから、前大統領とて無事な者は少ないのだ。


>「直接、日本人を叱ってやらないとダメだ」

このあたりに彼らのホンネが隠れてる。
彼らの「火病」とかいうタネもこの「叱り」に集約してゆく。

これは他人事ではない。
日本人もこの汚れた「叱り」に罹患している患者のひとりなのだから。

その病状が進んだ半島人を嗤ってはいけない。
むしろ、それを我身にあるクマとと恥じ入るのが日本人たる心性だろう。

それにしても、天木さん。
半島人を元気づけるような、重箱の隅を突っつくような話ばかり。貴殿は何がしたいのかな。
貴殿の言動の限界が見えてきたと、受け取る方が増えるだろうに。


08. 2013年12月31日 22:39:20 : 5Vv0w4d6B2
ばかもいい加減にせい。 猿以下、

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧