★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 844.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「続 福沢諭吉の対外政策に関する論説群は、ありのまま読めば、ネトウヨと変わらない:岩上安身氏」(晴耕雨読) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/844.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 04 日 12:00:00: igsppGRN/E9PQ
 

「続 福沢諭吉の対外政策に関する論説群は、ありのまま読めば、ネトウヨと変わらない:岩上安身氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/13054.html
2014/1/4 晴耕雨読


https://twitter.com/iwakamiyasumi

福沢諭吉は、民権論者である、というのは大きな誤解である。

85年2月、自身の経営する「時事新報」の社説は、「求むるところはただ国権拡張の一点のみ」。

タイトルだけで十分に中身がわかる。

福沢はまた、開設された国会にも明治憲法にも批判的だった。

ひたすら政府寄りである。

92年7月、「一大英断を要す」では、かの民党なるものは、従来、政府に反対の運動を試みたるもののうち、最も恐るべきもの」と書き出す。

福沢は「学問のすゝめ」等では「啓蒙的」な言説によって民権論者を目覚めさせたが、現実の運動には敵愾心を隠さないと、杉田聡氏は述べる。

「しかるに22年の憲法発布に引き続き、23年の国会開設以来、民党の気炎、にわかに増長して党派の形をなし、公然、政府に反対することとなりたるは、すなわち今日の現状なり。…」

「……政府が国会を開設したるは、あたかも憲法と名づくる城郭を二分して、その一半を敵に与え、己れ自ら他の一半を守りて、同じ城内にあい争うものなりと言うも、あるいは当るがごとし」。

民権論者、議会政党は、福沢の目からは「敵」でしかない。

新聞の社説で堂々、そう書く。

政府に楯突く野党がうるさい。

されば、と福沢は続ける。

「されば今のはかりごとをなすに、ただ英断をもって対外の大計を定め、社会の耳目をこの一点に集めて、もって国内の小紛争をとどむるの一法あるのみと、我輩のひそかに信ずるところなり」。

次からの一節は長いが重要。

「奥羽・函館の戦争もすでに平定し、諸藩の兵隊はいずれも東京に集まりたるに(中略)、互いにあい争わんとするの勢いあり。(中略)時の参議・木戸準一郎(孝允)氏はここに一策を案じ、『(中略)兵隊の矛を外に向けてその思想を一に集むるのほかに、策あるべからず。…』」

「『…外に向けるとあれば、その方向はとりあえず朝鮮なり。朝鮮、罪なしといえども、内の治安のためには換えがたし。ただ熟考すべきは費用の一点なり』」。

罪のない朝鮮に対して、とりあえず、侵略戦争を始めようと、維新の三傑の一人、木戸孝允は考えた、というのだ。

とりあえずの侵略!

木戸孝允は、問題は費用だけだとして、大村益次郎に相談した。

木戸も大村も長州。

大村益次郎は、靖国神社の銅像で知られる。

「勝てば官軍」の官軍を率いた軍事リーダーで、日本陸軍の創始者。

ちなみに福沢と大村は緒方洪庵の適塾で同窓。

福沢は大村を攘夷の狂人扱いしていた。

死してのち靖国のシンボルとなった大村も、とりあえずの朝鮮侵略に賛成した。

「…大村もこれに賛成し、試みに計算するに、『その費用は一年三0万にして可能なり(中略)』」。

何度も言うがこれは公刊された新聞の社説である。

侵略の計画もその費用の試算も、公然たるものだった。

木戸孝允がこの侵略計画を持ち出したのは、「西郷翁等の征韓論に先立つこと数年なりしという」。

維新の志士たちに朝鮮侵略はシェアされていた。

幕末、その思想的バックボーンとなった水戸学には、すでに朝鮮侵略の思惑は胚胎していた。

維新とワンセットだったとみていい。

福沢はこう続けて書く。

「…内の人心を一致せしむるために外に対して事端を開くは、政治家の時に行うところの政略にして、(中略)現に明治七年の台湾征討のごときは、すなわちこの意味の政略にほかならずして、しかもその目的を達したるものと言うべし」。

台湾出兵も内政の転嫁だった。

「…人心を外に転じせしめるの方便としては、南洋諸島に植民地を開くの策もなきにあらず」と、あっけらかんと書きつつ、それではあまりに尋常だ、平凡だ、と続ける。

「…植民の事業はあまりに尋常の計画にして、一時に人心を転じて内の紛争忘れしむるの効果少なかるべきがゆえに…」

「…我輩はやはり木戸氏のひそみにならうて、朝鮮攻略を主張せざるを得ず」。

福沢の狙いが戦争によって内政面で政府の権限を強化する、ある種のショック・ドクトリンである事がよくわかる。

侵略や戦争の行く末など、微塵も気にかけていない。

「とりあえず」ショックであればいいのだ。

日清戦争の大義は、朝鮮を属国扱いしている清国から朝鮮の独立を勝ちとるため、とされてきた。

しかし福沢は「朝鮮侵略戦争のすすめ」とも言うべきこの論説の中で、「ひっきょう独立といい所属というは名義上の問題のみ」と本音を明らかにしている。

戦争を起こすだけでなく、その後の植民地化の計画についても、あれこれ書き並べているのだが、一つだけ引用する。

朝鮮北東部では政府の圧制で人民が苦しんでいるらしい、と聞いた福沢は「シベリアへ逃げ出す者もいて、幾十万里の土地、ほとんど人煙を見ざるありさまなりという」と書く。

そこで、福沢はまた無茶苦茶なことを言い出す。

「思うにこの地方たる、幾千百年来、開拓の国土にして、南洋未明の島嶼などの比にあらざれば、同国政府と約束の上、わが国にあふるる無数の貧民を、その地に移して耕作に従事せしむるは、彼我の便利にして、…」

「……ことにわが国のためには、未開・不案内の地に植民するよりも、その利益大なるものあるべし」。

貧しき者を救え、ではなく、他国の土地に侵略し、そこに貧乏人を追い払え、というのである。

石原慎太郎すら可愛ものだと思えてくる。

> 日朝中連合海軍を構想した勝海舟を毛嫌いしたのも道理です。じつは福澤こそ、近代主義の皮をかぶった通俗儒者の筆頭だったのではないかと考えます。発想は華夷秩序そのものですし。

勝海舟の「氷川清話」読み返さないと。

福沢論説だけだと胸くそ悪くて眠れない。

> 『#福沢諭吉の教育論と女性論』 #安川寿之輔 著 #高文研 によると徹底した差別主義者だったようです。差別はかなりなもの。

> 福沢諭吉というと、天は人の上に人をつくらず…が有名のようですが、脱亜入欧論者だと思います。

その有名な言葉のあと、実は、「…と言えり」と続いているんですよ。

と言われているが、という程度のこと。

> 明治維新の人達が「西欧に列する」と考えたのは、植民地を保有する、西欧諸国の真似をする事だったんだ

> 吉田松陰/ 「疏球を収め、朝鮮を取り、満洲を攻め、支那を圧し、印度に臨み、以て進取の勢を張り、以て退守の基を固くし、神功の未だ遂げざりし所を遂げ、豊国の未だ果たさざりし所を果たすにしかず」 (一八五六年『幽室文稿』)

> 吉田松陰/ 「ロシアやアメリカのような強国に対しては、信義を篤くして友好関係を結ぶことで国力を養ったしかる後にたやすく手に入れられる朝鮮と満州、そして中国の領土を占領し、強国との交易で失ったものを、弱者からの搾取で償うべきである」獄是帳より

福沢諭吉が創刊し、社主として経営していた「時事新報」に掲載された一コマ漫画。

野蛮を文明化する戦争としての日清戦争の肯定。

昨日ツイートしたこの写真は724回も見られました!from ついっぷる http://p.twipple.jp/jD3aQ

> 福澤にしろ吉田松陰にしろ、結局は、欧米からの侵略を恐れて、彼等に倣って植民地を増やすべき、と言っているようにしか思えません。こんな恐怖心が、グローバリズムにとりつかれた日本的精神を構築したことをよく反省するべきでしょうね。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年1月04日 12:13:27 : SrmPqLSMME

時代ってのが、まったく分からん馬鹿の糞文章だな

現代の、自分勝手に作った価値観で過去を断罪する。

 侵略=悪

ジンギスカン、アレキサンダーわ、人類史上、最大の極悪人
エゲレス人は、とんでもない侵略をした、犯罪者らが作った糞のカタマリ。

過去の英雄はすべて、許しがたぃ極悪人、犯罪者

ってことになるわな


02. 2014年1月04日 12:50:53 : SrmPqLSMME
エゲレスであり、アメリカであり、おフランスであり、オランダであり
スペインであり、ポルトガルなあゆ
それを解放したのが日本。

このアジア解放の戦いを邪魔立てし、欧米側についたのが中国だ。
  こともあろうに、そんな日本を侵略者呼ばわりして、アジアに迷惑かけたから
   謝罪しろとゆーておる。
   こんな不正義をゆるしてはならんし、なりませぬ。

アジア各国の首脳は、アジア解放に散った英霊の眠る靖国に参拝せにゃならん。
中国は日本に謝罪するべきであるし、蒋介石・毛沢東・ルーズベルト・スターリン
彼らをA級戦犯と再定義して、彼らの墓をあばいて、吊るすべきだある。

こんなこと言えば、アメリカと戦争するつもりか、なんて言うやつがかならづ
ららわれる。アメリカ恐怖症だな。ちっとでもアメ様のご機嫌を損なわないよう
びくびくしてる敗戦国民、コテンパンにやられて、もぉイヤなんてゆー
  
いまゃ、歴史の真実を言うべき時が来たのだ。


03. 2014年1月04日 13:55:42 : l9XktIYAWE
>>01よ、福沢のごとき、売文の輩を、ジンギスカンや、アレキサンダーと、同列に述べるな、お前には、物事を峻別するという、ごく当たり前な、近代的思考が、身についていないらしい。

>>02よ、「解放」と言う「美名」の下に「侵略」したのだ、ただ「侵略」するより、更に、卑怯で、悪質なのだ、その程度の事も解らんか、お前たちの好きな、石原何某ですら認めている、「ミイラ取りがミイラになった」と、 イギリスやフランスと、同じことをやってしまったのだと。

お前たちの脳みそには、ダニが巣食っているに違いない。


04. 2014年1月04日 14:19:05 : FfzzRIbxkp
福沢諭吉を見る目が変わってしまう。
こんな記事が日刊新聞に掲載されていたとは。

肝機能が悪い人がこういう表現をするから、
福沢諭吉も肝機能が悪かったんじゃないの?

それから人の命を殺めた人は、人格が変わってしまうよ。
お祓いなんかしてもどうにもならない。
自責の念が自分の魂を蝕んでいく。ごまかすためにさらに暴力を使うようなことをしても罪から逃れられないよね。

一万円札は罰ゲームだったのか。米国に流れていく。

で、あべさんもなの?
あべさん、お祓いしてもも無駄だよ。償いを早めたほうがいいよ。



05. 2014年1月04日 22:53:11 : pvxLBMN0ak
時代を考えても、これはひどいな。1万円札、そろそろ替えるべ。

06. 2014年1月05日 00:05:23 : 5Vv0w4d6B2
>01さんに同意
>現代の、自分勝手に作った価値観で過去を断罪する。
自分の目で実証できない過去、歴史。
義務教育を終えていない御仁が多い。
在日?

07. 2014年1月05日 09:55:02 : pazFxSyw6g
たしかに福沢諭吉の言葉は誤解されて伝えられている。
「人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」などは彼の意見ではない。

彼は学問のすすめの中で勉強をするとしないで人間に「格差」がつくと主張している。


08. 2014年1月05日 12:36:44 : XkI6y6KCPk
しかしこれだけ読むと岩上もどうにもならんな。
福沢は西洋の模倣、すなわち当時の西洋列強植民地主義の猿真似を目指しただけ。
ならばその西洋主義を批判すべきだろう。
国内だけ見ていて日本が悪いと言っていても仕方なかろうに。

09. 2014年1月05日 20:55:48 : 7a485pUwzQ
西洋列強?の植民地化後の尻拭いの論理だ。
愚かにもヒールを押し付けた日本人と押し付けられた日本人がいるが、今だ押し付けた側が優勢だ。
不思議なことだが、押し付けの方が一枚上だ。
負けてばかりいると二の舞を演じることになる。
この板にも押し付けられた方々なのに、押し付けた方々の肩を撫でる人が現れるが・・解ってやっている方はいいけど、解らないでやっている方がいるとすれば悲劇だ。
みんなでいい国を作っていくべきだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧