★阿修羅♪ > 戦争b11 > 102.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国空軍大佐 鳥インフルはアメリカが使用の生物兵器と断言 (週刊ポスト) 
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/102.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 4 月 15 日 08:06:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130415-00000008-pseven-cn
週刊ポスト2013年4月26日号


「最近、鳥インフルエンザ(H7N9型)が話題になっているが、ここで国家上層部が大騒ぎすれば、2003年のSARS(新型肺炎)の二の舞いだ。当時、M国(中国でアメリカを指す美国のこと)は、イラク戦争の開戦に乗じて中国が行動を起こすことを恐れていたので、中国に生物心理兵器を使って国中を混乱させた。M国はまた同じことをしようとしている」

 よくあるトンデモ陰謀論かと思いきや、中国版ツイッターの「微博」でつぶやいたのは、中国空軍大佐で国防大学教授の戴旭氏である。中国軍部の高官が、SARS(新型肺炎)も今回の鳥インフルも中国を混乱に陥れるために米国が使用した生物兵器だと断じているのだ。

 この書き込みはさらに、「どうせ数人も死なないのだ。中国の交通事故死者の1000分の1にも満たない」と続いていたため、中国国内でも「人命軽視」などと数万件に及ぶ批判コメントの嵐が起き、この部分は削除された。しかし、前半の文面は残されたままで、「米国の攻撃」だとする自説を撤回していない。

 もちろん、大佐の発言は何の根拠もない妄想にすぎないが、問題は彼が現役の軍高官だということだ。

 中国事情に詳しい評論家の石平氏は、意図的にこういう暴論を流しているのではないかと指摘する。

「発言統制が敷かれている軍高官の発言だけに、背後に中国政府の意思が隠れていても不思議ではない。中国政府が鳥インフルの蔓延を制御できなくなり、内外から批判にさらされたときに責任をすり替えるため、こんな説を広めている可能性がある。個人の意見として流し、大衆の反応を見ているのかもしれません」

 反日デモと同じで、一般大衆の怒りの矛先を政府以外の方向に向けさせるためには何でもするのが中国という国である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年4月15日 09:09:28 : T0sCV5hZcI
まず現実を、見つめましょう。

1.欧米先進国は、遺伝子操作で、生物兵器、殺人ウイルスを作れます。

2.作るならば、インフルエンザウイルスは最適です。

3.欧米諸国は、100年前まで、他民族を奴隷に出来た人々です。

4.欧米諸国は、植民地政策で、現地の住民を平気で虐げられられる人々です。
 そして、現地経済を破壊して、自らの利益を得ることに平気です。
 いままで、どれほどの人々が殺されてきたでしょうか?

5.つまり、自分の都合で他民族の命や、社会を、平気で抹殺する人が
 今までいたのです。今は居ないと思うのは、愚かです。

6.欧米諸国は、マスコミを使い、人々を洗脳しています。
 彼らは、善人の仮面をかぶった悪魔です。皆さん騙されています。

7.鳥インフルが生物兵器と疑うのは、真っ当な考えです。

8.愚かな陰謀論と無視するなら、彼らの思うつぼです。


02. 2013年4月15日 09:27:40 : DY5UF9p3s2

「できる」というのと「やった」というのは全然違うことです。

どういう証拠があって言ってるのでしょう。空想、妄想で断言するのはとんでもないことだ。

中国人、朝鮮人の言うことを真に受けることのほうが奴らの思うつぼでしょう。


03. 2013年4月15日 09:50:35 : mHY843J0vA

12年世界の軍事費、0・5%減 中ロは大幅増

 【ロンドン共同】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は15日、2012年の世界の軍事費(一部推計値)が前年比実質0・5%減の1兆7530億ドル(約172兆円)だったと発表した。前年比で減少したのは1998年以来。

 欧米での減少が顕著だったが、中国やロシアは大幅に増加。SIPRIは「欧米から新興国へとバランスの変化が始まりつつあるのではないか」と分析している。

 1位の米国の軍事費は前年比6%減の6820億ドル。アフガニスタン関連などでの活動費の大幅減少が影響した。

 日本は0・6%減の593億ドルで5位だった。

2013/04/15 09:23 【共同通信】
12年世界の軍事費、0・5%減 中ロは大幅増

 【ロンドン共同】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は15日、2012年の世界の軍事費(一部推計値)が前年比実質0・5%減の1兆7530億ドル(約172兆円)だったと発表した。前年比で減少したのは1998年以来。

 欧米での減少が顕著だったが、中国やロシアは大幅に増加。SIPRIは「欧米から新興国へとバランスの変化が始まりつつあるのではないか」と分析している。

 1位の米国の軍事費は前年比6%減の6820億ドル。アフガニスタン関連などでの活動費の大幅減少が影響した。

 日本は0・6%減の593億ドルで5位だった。

2013/04/15 09:23 【共同通信】


04. 2013年4月15日 11:47:24 : 3nTXkp9TvA
今後、世界中に蔓延した時に
白人にのみ感染者が出なければ信じるよ。

05. 2013年4月15日 11:58:17 : rw1pMi2Be6
ふうん。
で、生物兵器テロだとして、有効な対策を打てない人民解放軍てどーなのよ。

06. 2013年4月15日 12:49:42 : xEBOc6ttRg

>背後に中国政府の意思が隠れていても不思議ではない

そう考えるのが普通だが

別の可能性として中国も政治(党)力が弱くなって抑えが効きにくくなってきた可能性がある

国民の不満が高まり、文民統制が弱まれば、田母神みたいなやつもでてくる


07. 2013年4月15日 20:08:27 : prNsnXz9as

確かにサーズの時は不審な点が多かったな。


遺伝子操作したウイルスが研究所から漏れ出た(盗まれてばら蒔かれた)可能性もある。

インフルエンザのような感染力が強いウイルスは、生物兵器として最高の代物。


08. 2013年4月15日 21:50:37 : ElUFJsewzo
中華人民共和国の環境無視工場から生まれたんじゃねの?

09. 2013年4月16日 00:17:42 : zBYc960RaI
なぜ無根拠、暴論だと思うのか?
記者よりもはるかにディープな真実に近い人物の発言であれば、記者よりは
信頼性が高いと考えてしかるべきだ。

10. 2013年4月16日 00:23:22 : zBYc960RaI
注目すべきはこの部分だ。

> どうせ数人も死なないのだ。中国の交通事故死者の1000分の1にも満たない

その通りだろう。豚インフルで大騒ぎした例もある。
実際に社会的混乱を引き起こすほどの攻撃性のあるウイルスを撒くわけには
いかんわけだ。たかが知れたウイルスでも新型であって、蔓延すれば社会的
混乱を引き起こすほどに重大だと人々が思い込んでくれたらそれで目的は達する。

ただもう人々は慣れているからな。
気にも止めまいよ。


11. 2013年4月16日 03:11:40 : 5zyHzNaOrA
これは深刻な何かを隠すためのいつもの手だ
米国の仕業だといってレッテルを貼り覆い隠す

おそらく彼らも気付いているもっと本質的なことを隠そうとしてるのだろう
発生源がわからず対処の仕様がないのか、そもそも発生源が中国でなく
例えば北朝鮮なのかとかである。
仮に発生源が北朝鮮なら、発生源を叩かない限りパンデミックは収まらない

それが何かわからないが、いずれわかるだろう。


12. 2013年4月16日 03:58:44 : 00NhjEKIow
この戴旭なんていうのは、たかだか「国防大学」の副教授で、掃いて捨てるほどいる中の一人に過ぎず、大体、大佐(中国語では「上校」)が「軍高官」なはずはない。中国では国防大学の「教授」とか言っても、実際には予備役扱いの文官に過ぎず、重要な決定権などは何も無い。ただその肩書きを利用して、中国の右翼雑誌に投稿したりして、何やら過激な発言をカマすので、中国のネトウヨ連中には人気があるようだが、所詮はその程度に過ぎず、少しまともな軍人連中からもほとんどバカ扱いだ。

13. 2013年4月16日 04:22:24 : BMrorzPuak
歴史上人類にとって悪魔のようなできごとはアメリカが起こしてきた。
だからこれからも何がおきてもアメリカの仕業に違いないのだ。



14. taked4700 2013年4月16日 05:12:31 : 9XFNe/BiX575U : FTut4jKyHE
リビアやイラク、アフガニスタンで起こったことを考えたら、

>「最近、鳥インフルエンザ(H7N9型)が話題になっているが、ここで国家上層部が大騒ぎすれば、2003年のSARS(新型肺炎)の二の舞いだ。当時、M国(中国でアメリカを指す美国のこと)は、イラク戦争の開戦に乗じて中国が行動を起こすことを恐れていたので、中国に生物心理兵器を使って国中を混乱させた。M国はまた同じことをしようとしている」

は真実だと思えます。


15. 2013年4月16日 08:47:15 : DY5UF9p3s2

阿修羅は妄想・空想の場ではない。

16. 2013年4月16日 10:33:13 : vgQVMWdybs
なら、「大気汚染も、米国がやった」と言うわけか。
偽共産主義国家特有の「中華思想」は、何にでも使えて便利だな!

17. 2013年4月16日 13:43:39 : xEBOc6ttRg
>>13、16

大気汚染は日本(企業)のせいらしいw


18. 2013年4月16日 20:43:34 : DY5UF9p3s2

中国は本当に薄汚い国だな。


19. 2013年4月16日 23:38:08 : MhakwDBAr2

5分10秒頃から
http://www.youtube.com/watch?v=6f4sTYmkLO8

Project Avalon Interview Transcripts
http://projectavalon.net/lang/ja/anglo_saxon_mission_presentation_transcript_ja.html

そして次のチェスの手では、中国で生物兵器がばら撒かれます。彼はこれが会議で話されるのを聞 きました。

彼らは、中国の国民を遺伝子的に標的にしたインフルエンザのようなウィルスを撒くつもりです。これは人種的に、中国人を標的にしています。これは山火事の ように拡散するべく、そして大量の中国人が罹患するべく計画されているのです。そして会議に出ていた人々は、これを笑っていました。

彼らは「中国が風邪を引くんだよ」と言ったそうです。「中国が風邪を引くんだよ」というのが彼らのことばです。そしてこの生物兵器 が中国国民に大打撃を与えることについて笑っていたのです。

それではその後、事実上、欧米にも同様に伝染病が世界を渡って広がるような可能性はあるのでしょうか。彼にははっきりはわからないということでした。中国 の報復があるかも知れない、あるいはそれが人種的なものを標的にしていようがいまいが、広がるうちに制御不可能となってしまうかも知れないとも言いまし た。突然変異があるということです。

こういう法律がこのタイミングで施行されている事をただの偶然だと思っている奴は
家畜以下。屠殺されて当然だな、ある意味。
この法律を施行するのにどんだけ準備期間を要したと思ってるんだよ。

新型インフル対策特措法、13日から施行へ | 日テレNEWS24
http://news24.jp/articles/2013/04/10/04226464.html

FNNニュース: 新型インフルエンザ 政府行動計画案を有識者会議に提出
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00244230.html
http://www.youtube.com/watch?v=oMGfQpBPPPI

新型インフルエンザ等対策特別措置法
(平成二十四年五月十一日法律第三十一号)
http://law.e-gov.go.jp/announce/H24HO031.html


20. 2013年4月16日 23:44:30 : MhakwDBAr2
 
 
    『われらに告げ給へ、これらの事は何時あるか、
     又なんぢの來り給ふと世の終とには、何の兆あるか』

    イエス答へて言ひ給ふ

    『なんぢら人に惑されぬやうに心せよ。
     多くの者わが名を冒し來り

     「我はキリストなり」

     と言ひて多くの人を惑さん。
     又なんぢら戰爭と戰爭の噂とを聞かん、愼みて懼るな。
     かかる事はあるべきなり、されど未だ終にはあらず。


                    ― 新約聖書マタイ傳福音書 第二十四章
 
 
新約聖書マタイ傳福音書 第二十四・五章
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/409.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 12 月 01 日 23:40:26: yX4.ILg8Nhnko


21. 2013年4月17日 03:17:58 : hsFGBLpO9k
>鳥インフルはアメリカが使用の生物兵器と断言

敗戦国民はアメリカ様一筋。
身の回りには英語表記が溢れ、TDL/USJには日本人が溢れかえる。
仮に生物兵器だとしても、三猿達はアメリカ様を信じて中国を疑うだろう… 合唱


22. 2013年4月17日 13:11:48 : DY5UF9p3s2

中国に空軍なんてあったのか?中国空軍大佐ってのは紙ヒコーキ飛ばして遊んでるじい様か?


23. 2013年4月18日 08:17:50 : i37fD8kRRc
フクイチ事故後、何故か元気な癌保険広告とTPPと…

疑惑だらけのタミフルとリレンザ、子宮頸ガンワクチンの後は癌保険でぼろ儲け!!

日本人の二人に一人はガンで死にます!! と煽りに煽る犬HK!

ダメだ、コリャ!!


24. アサマタロー 2013年4月18日 10:06:33 : UiY46YlCu.Moc : RZg3uY30MQ
ボストンマラソン爆破事件はそれなら、北朝鮮の仕業?だろうか!それがニュースの第一印象だった。

中国の鳥インフルも北朝鮮だと思っていたが、アメリカか!アメリカは諸悪の根源だ!


25. 2013年4月19日 09:32:45 : UvtQNWnlTR
中国空軍のジェット機が鳥インフルに感染して飛べないので困っているのです。
アメリカの技術を盗んで作った部品だけは壊れないそうです。
それで、鳥インフルが米国の仕業であると判断したそうですよ。

4gatu 1tachi


26. 2013年4月21日 16:40:22 : BnPQDnro5g
世界は今も操られている!

中ロを含め、気に食わぬ政権を倒す、いわゆる自称「民主化運動」から、
NGO、学生運動、ウィキリークスまで、
完全支配を目論む巧妙な手法の一つ!

大量繁殖「ネトウヨ」どもへの、有効防除剤!
アメリカ人有識者自身による、徹底内部告発!!

●「ペンタゴン戦慄の完全支配」 ウイリアム・インクドール著 為清勝彦訳
 徳間書店


27. 2013年4月23日 00:00:05 : ERqMEHF1yg
>>27
>大量繁殖「ネトウヨ」どもへの、有効防除剤!

ここに大量に湧いているブサヨと支那・朝鮮人共も加えとけや。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧