★阿修羅♪ > 戦争b11 > 466.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国に眠る戦没者の話(岡田高明の中国ビジネス最前線)
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/466.html
投稿者 ひまわりの里 日時 2013 年 8 月 04 日 01:28:39: Ur5.YHX3TBtSs
 

 これは私が実際に中国で体験した話です。

 2008年の3月、社員のAさんといっしょにAさんの故郷である湖南省の東部にある「衡東県」(中国読みは”ヘントン”)という町に行きました。私はAさんの家でおいしい湖南省の家庭料理をいただくなど楽しく過ごしたのですが、1つとんでもない体験をしました。
 Aさんが突然、戦時中にこの土地に一人の日本兵が埋葬されたと聞いたことがある、と言い出しました。私は気になり、根掘り葉掘り聞いていると、村のある人(以下Bさん)が埋葬された場所を覚えているということが判りました。私はAさんに、Bさんに会わせてくださいと頼みました。
 しばらくしてBさんがやってきました。Bさんは男性で、当時75歳でした。そして彼が12歳の時、すなわち1945年のできごとを薄い記憶をたどりながらポツリポツリと話してくれました。Bさんの話によると、1945年のある日、ヘントンの村を日本軍が通り過ぎました。その時、一人の日本兵が病気でついていけなくなり、置いてけぼりになりました。そしてまもなくその日本兵は亡くなってしまいました。その後、村の人たちは村の向かい側にある小高い丘の斜面に遺体を埋葬しました。当時12歳のBさんは少年の目でその一部始終を見ていたようです。
 私はせめてお線香をあげて冥福を祈りたいと思い、Bさんにその場所まで案内してもらいました。途中菜の花が咲きほこり、またあちこちに食べごろのぜんまいも生えていました。日本兵の埋葬された場所はその畦道から50mぐらい入った丘の斜面にありました。もちろん雑草が生えているだけで何もそれらしきものはありませんでした。私はとにかく準備してもらっていたお線香をあげ、手を合わせました。ご遺族のことを思うと言葉もありません。

 現在の安部政権の好戦的な政治姿勢には憤りを感じます。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年8月07日 20:37:13 : wcnQsBE7ZQ
何万年前は知りませんが、間違いなく日本人の古里は中国大陸にあります。
大まかに言って、政治の混乱、大乱などを逃れて列島に南から北から波状的に渡ってきた人らの子孫が現在の日本人を構成しています。祖先とゆかりの地に眠っているのでしょうか。軍馬も全部、置き去りにされたのですよね。その後食糧難や、内乱の中国大陸で、多分、命を全うすることはできなかったかと。
歴史を紐解けば、皆兄弟よ同胞(はらから)です。今の政治的状況に限りない、憤りと悲しみを覚える一人です。よい方法はないものだろうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧