★阿修羅♪ > 戦争b11 > 678.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
島唄 本当の意味(裏歌詞付[大摩邇:沖縄を歌った大ヒット歌曲に隠された大戦の悲劇の記憶]
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/678.html
投稿者 傍観者A 日時 2013 年 9 月 08 日 23:14:00: 9eOOEDmWHxEqI
 

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1795004.html


島唄 本当の意味(裏歌詞付)  追記あり

島唄 本当の意味(裏歌詞付)
http://www.youtube.com/watch?v=DKB41krUnVU

kesigomuify
アップロード日: 2010/05/22

島唄の本当の意味です ( )で囲んであるのが
裏歌詞と言うより本当の意味です。
ところどころ赤字なのは、白字だと読みにくいからです。
ライブノート  【LIVE NOTE】さんのサイトより
http://codenameo5.blog.fc2.com/blog-entry-1202.html


<転載開始>
『島唄』の本当の意味
2013.09.06 15:20|未分類|
『島唄』の本当の意味

hqQ-83tWuojW9qXKC5aMctbcTk81.png


■概要

「島唄」は「THE BOOM」というバンドの代表曲の中の一曲
「THE BOOM」はバンドブームのはしりであった1986年(昭和61年)11月に結成し
そのバンド名は、「常に流行に左右されず自分たちの音楽を貫いていけるように」という逆説で
ヴォーカルの宮沢和史さんが命名したんだとか

「島唄」は1992年1月22日発売のアルバム「思春期」に収録され
その翌年の1993年6月21日シングルカットされた「島唄(オリジナル・ヴァージョン)」が
全国発売となり150万枚以上を売り上げる大ヒットを記録しました
その年の紅白歌合戦にも出場、「レコード大賞」でも「ベストソング賞」を受賞し、
名前の通りブームを巻き起こしました

丁度その頃 全日空による「ANA'S SUMMER 沖縄」という
沖縄キャンペーンが行われており
森高千里さんが出演するCMがバンバンながれるなど
バブルの余韻が残る中
「沖縄」ブームが「島唄」の背中を押して行った そんな時代背景でした


■「島唄」創作秘話

2005年、朝日新聞に「宮沢和史の旅する音楽」というシリーズが連載され、
「島唄」の創作秘話が語られ
この「島唄」の裏歌詞、本当の意味というのが話題になりました


 朝日新聞 「宮沢和史の旅する音楽」  引用


『島唄』は、
本当はたった一人のおばあさんに聴いてもらいたくて作った歌だ。

91年冬、
沖縄音楽にのめりこんでいたぼくは、
沖縄の『ひめゆり平和記念資料館』を初めて訪れた

そこで『ひめゆり学徒隊』の生き残りのおばあさんに出会い、
本土決戦を引き延ばすための『捨て石』とされた激しい沖縄地上戦で
大勢の住民が犠牲になった事を知った

捕虜になる事を恐れた肉親同士が互いに殺し合う

極限状況の話を聞くうちにぼくは、
そんな事実も知らずに生きてきた無知な自分に怒りさえ覚えた

資料館は自分があたかもガマ(自然洞窟)の中にいるような造りになっている
このような場所で集団自決した人々のことを思うと涙が止まらなかった

だが、その資料館から一歩外に出ると、
ウージ(さとうきび)が静かに風に揺れている

この対比を曲にして
おばあさんに聴いてもらいたいと思った

歌詞の中に、
ガマの中で自決した2人を歌った部分がある

『ウージの森で あなたと出会い ウージの下で 千代にさよなら』

という下りだ

『島唄』はレとラがない沖縄音階で作ったが、
この部分は本土で使われている音階に戻した


2人は本土の犠牲になったのだから

2005年8月22日 朝日新聞(朝刊)

■本当の意味
http://matome.naver.jp/odai/2137646585772178801

THE BOOM  「島唄」  作詞:宮沢和史

でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た
(1945年春、でいごの花が咲く頃、米軍の沖縄攻撃が開始された。)

でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た
(でいごの花が咲き誇る初夏になっても、米軍の沖縄攻撃は続いている。)

繰り返す 哀しみは 島わたる 波のよう
(多数の民間人が繰り返し犠牲となり、人々の哀しみは、島中に波のように広がった。)

ウージの森で あなたと出会い
(サトウキビ畑で、愛するあなたと出会った。)

ウージの下で 千代にさよなら
(サトウキビ畑の下の洞窟で、愛するあなたと永遠の別れとなった。)

島唄よ 風にのり 鳥と共に 海を渡れ
(島唄よ、風に乗せて、死者の魂と共に海を渡り、遥か遠い東の海の彼方にある神界 "ニライカナイ" に戻って行きなさい。)

島唄よ 風にのり 届けておくれ わたしの涙
(島唄よ、風に乗せて、沖縄の悲しみを本土に届けてほしい。)

でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ
(でいごの花が散る頃、沖縄戦での大規模な戦闘は終わり、平穏が訪れた。)

ささやかな幸せは うたかたぬ波の花
(平和な時代のささやかな幸せは、波間の泡の様に、はかなく消えてしまった。)

ウージの森で 歌った友よ
(サトウキビ畑で、一緒に歌を歌った友よ。)

ウージの下で 八千代に別れ
(サトウキビ畑の下の洞窟で、永遠の別れとなった。)

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
(島唄よ、風に乗せて、死者の魂と共に海を渡り、遥か遠い東の海の彼方にある神界 "ニライカナイ" に戻って行きなさい。)

島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を
(島唄よ、風に乗せて、彼方の神界にいる友と愛する人に私の愛を届けてほしい。)

海よ 宇宙よ 神よ 命よ
(海よ 宇宙よ 神よ 命よ 万物に乞い願う。)

このまま永遠に夕凪を
(このまま永遠に穏やかな平和が続いてほしい。)

島唄は 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
(島唄は、風に乗せて、死者の魂と共に海を渡り、遥か遠い東の海の彼方にある神界 "ニライカナイ" に戻って行きなさい。)

島唄は 風に乗り 届けておくれ 私(わくぬ)の涙(なだば)
(島唄は、風に乗せて、沖縄の悲しみを本土に届けてほしい。)

島唄は 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
(島唄は、風に乗せて、死者の魂と共に海を渡り、遥か遠い東の海の彼方にある神界 "ニライカナイ" に戻って行きなさい。)

島唄は 風に乗り 届けておくれ 私(わくぬ)の愛を
(島唄は、風に乗せて、彼方の神界にいる友と愛する人に私の愛を届けてほしい。)

■解説
http://matome.naver.jp/odai/2137646585772178801

でいごの花:春から初夏にかけて赤い花が咲く。見事に咲いた年は天災に見舞われるという言い伝えがある。

洞窟:沖縄は石灰岩の土壌で畑の下には多くの洞窟や鍾乳洞(ガマ)がある。米軍の攻撃や、自決などでガマの中で多数の民間人が犠牲になった。宮沢の記事にあるとおり。Googleで"okinawa cave"で検索すると、当時の写真が多数出てくる。米軍の攻撃により民間人が洞窟から出てくる写真がこれ。第二次世界大戦の記録をしているアメリカ海兵隊のウェブサイトにある、沖縄戦のページに掲載されている。

ニライカナイ:沖縄の民間伝承で東の海のかなたにあると考えられている異界。豊穣や生命の源であり、神界でもある。年初にはニライカナイから神がやってきて豊穣をもたらし、年末にまた帰るとされる。また、生者の魂もニライカナイより来て、死者の魂はニライカナイに去ると考えられている。

千代、八千代:国歌、君が代の歌詞に合わせて韻を踏んでいる。

プロモーションビデオで、宮沢和史が白の上下の服を着ているのは、死者が着る死装束(しにしょうぞく)を表しているとも考えられます。


■あとがき

以前 自身のブログの バンザイ・クリフにもUPしましたが

なぜ、沖縄にひめゆりの塔があるか
アメ公がサイパンを占領した時
そこにいた日本人オンナ全員を強姦し、虐殺してゴミ捨て場に棄てた
それを伝え聞いた沖縄の女学生は、強姦される前に先に死んだのである


こういったことを聞いたのだと思います

記事にもある様に
「ひめゆり学徒隊」の生き残りのおばあさんに 
捕虜になることを恐れた肉親同士が互いに殺し合った話などを聞き
戦争 そしてアメリカの本当の姿に気づいてしまったのではないでしょうか

戦後の日本統治の戦略による「ボイス オブ アメリカ」により
アメリカナイズされ、嘘の歴史を教えられ
挙げ句の果てには3S政策でスカポンチンにされた方々に
そういった方々に

「島唄よ 風にのり 届けておくれ わたしの涙」

と 伝えたかったのだと思います

この大戦の後も

ベトナム
イラク
アフガン
リビア

そして 今 シリアが
同じ憂き目にあおうとしています
お金や利権、そして覇権のために・・・


それにしてもこんなに深い意味を持った歌だとは知りませんでした

本当に素敵な歌だと思います

みんながこの歌の真意を理解し
暴力 殺戮 紛争 戦争 などが
どういった結果をもたらすものかを共有し
もう このような辛く悲しい歴史は繰り返さないよう
ひとりでも 知り 気づき 行動し 

少しでも世の中が変わって行くことを願わずにはいられません 

<転載終了>  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月09日 18:02:23 : S2ksoSFczA

>◆海軍沖縄特別根拠地隊司令官 大田実少将(自決後中将に昇進)
〜海軍次官宛電文 昭和20年6月6日付け

☆「沖縄県民かく戦えり!」 「県民に対し後世特別の御高配を賜らんことを!」

沖縄県民の実情に関して、報告は本来県知事より報告すべき事だが、県には既に通信力はなく、第三十二軍指令部(牛島中将の最高司令部)も通信余力がない。県知事の依頼を受けたわけではないが、沖縄の現状を見過ごすに忍びないので、私大田司令官が知事に代わってご緊急に報告する。敵が沖縄に攻撃開始以来、陸海軍とも防衛戦闘に精一杯で、県民を顧みる余裕は殆どなかった。しかし、私の知る限り県民は青壮年の全てを防衛召集に捧げた。残りの老幼婦女子は、相次ぐ砲爆撃で家屋と全財産を焼き出され、軍の作戦の邪魔にならない小防空壕に避難、しかも爆撃、風雨に晒される窮乏生活にあまんじた。
しかも若い婦人は率先して軍に協力し、看護婦、炊事婦はもとより、砲弾運び、斬り込み隊を申し出る者すらあった。
所詮、敵が来たら老人子供は殺され、婦女子は拉致され毒牙にかかってしまうと、親子生き別れになり娘を軍営門に捨てる親もいる。看護婦に至っては、軍移動に際し、衛生兵は既に出発した後なのに、身寄りのない重傷者を助けて、その行動は真面目で一時の感情で動いているとは思われない。更に軍の作戦大転換があり遠隔の住民地区が指定されると、輸送力がないのにもかかわらず、夜間、雨の中を自給自足しながら移動するものもいた。
要するに、陸海軍が沖縄に進駐して以来、県民は終始一貫して物資節約を強要され、ご奉公の心を抱き、遂に勝利する事無く、戦闘末期には沖縄島は形状が変わるほど砲撃され草木の一本に至るまで焦土と化した。食料は六月一杯を支えるだけしかないという。
沖縄県民はこのように戦った。沖縄県民に対して後世になっても特別の配慮をお願いする。
・・・打電を終え、大田実海軍少将はその一週間後、現場で自決する。享年54歳>

>昭和天皇こそが正真正銘の売国奴 http://www.amezor.to/shiso/070716000101.html
125投稿者:人間のクズ=天皇〜1947年9月20日、天皇が、日本占領軍の指揮官ダグラス・マッカーサーと、マーシャル国務長官に送ったメモが、ワシントンの米国・国立公文書館に存在している。そこには、
「沖縄に米軍の大部分を駐留させ、沖縄を米国領土とすることによって、日本本土を米軍支配から独立させる方法を取りたい」と、記載されている。つまり沖縄を「日本から切り捨て」、「沖縄だけに米軍を置き、犠牲にする事」を、天皇自身が米国に「提言」していた。
2008年現在、沖縄だけに米軍基地の大部分が集中し、米兵による少女強姦事件が沖縄で多発している、その真の原因は、天皇が「作っていた」。天皇の、この「米軍との密約」には、「弱い者に犠牲を押し付け、弱い者を見殺しにし、自分だけは助かろう」と言う、卑怯者、「人間のクズ」の姿のみが、露骨に見えている。ここには第二次世界大戦で、玉砕し自害した市民を多数出した、沖縄への憐れみの情など、全く無い。これが天皇の「日本国民」に対する「扱い」の真実である。これが天皇の正体である。「卑怯者、人間のクズ」が日本の代表で、伝統で無いのであれば、天皇と言う、この恥知らずな男は、日本とは何の関係もない売国奴である。>

沖縄は捨て石とされ数多くの住民と兵隊が虐殺された。敗戦から68年を経て、地下には今なお多くの遺骨と不発弾が埋まっている。その沖縄には現在も敵国の軍隊が駐留し、殺人・強姦等の不法行為もまともに処罰されない。真の戦争の責任者(天皇、陸海高級軍人・参謀、高級官僚、銀行・財閥、軍需産業、報道機関、等)が糾弾されず、反共の砦として敗戦後も沖縄を生贄にしたヒロヒト。そして今なお沖縄の住民に負担を強い続けているばかりか、防衛利権の道具として利用して恥を知らない者たちに天の裁きを!

>Natsukawa Rimi - Shima Uta おすすめ
1 http://www.youtube.com/watch?v=27lOKzOEU9g
2 http://www.youtube.com/watch?v=2WphjYUJJo0
Shima Uta, the boom 
http://www.youtube.com/watch?v=n7ggJquImms
>我ら降伏せず―サイパン玉砕戦の狂気と真実〜田中 徳祐著:立風書房
〜婦女子は裸にされ強姦されたのちに殺され、子供・老人は滑走路に集められガソリンで焼き殺された。まさに鬼畜米国の残虐行為である。この情報は沖縄にも伝わっていた。
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-category-20.html


02. 2013年9月09日 19:42:00 : rwgORSmgTI
捨石とされ棄民ともされ島民の1/4にも上る十万人近くの民間人が殺された沖縄戦の悲惨さを「島唄」とか「サトウキビ畑」などの反戦歌により彼らの悲しみを噛みしめてほしい。

福島や沖縄の人々を政府の棄民政策の犠牲にしてはならないと思う。


03. 2013年9月09日 20:38:17 : cGInsOVnbA
沖縄県名護市ヘノコの珊瑚礁地帯を広大に埋め立てて建設するヘノコ基地、政治家官僚、そして利権屋がヘノコ基地建設しようとしています。

マスゴミはヘリコプタ−部隊にはない嘘の抑止力を国民にプロパガンダしヘノコ基地建設へ邁進しています。

沖縄県には極東最大最強の嘉手納基地があり抑止力は十分です。

日本人ならヘノコ基地建設を阻止しなければいけません
日本は米国により破滅寸前までやられました
ヘノコ基地の建設が実現したら世界の恥です、大戦で亡くなられた人々への裏切り行為です。

大和魂があるなら反対阻止するのが正統日本人ではないでしょうか


04. 2013年9月09日 21:31:40 : cKftockbJN
03. 2013年9月09日 20:38:17 : cGInsOVnbA
沖縄県名護市ヘノコの珊瑚礁地帯を広大に埋め立てて建設するヘノコ基地、政治家官僚、そして利権屋がヘノコ基地建設しようとしています。
>>マスゴミはヘリコプタ−部隊にはない嘘の抑止力を国民にプロパガンダしヘノコ基地建設へ邁進しています。

>>沖縄県には極東最大最強の嘉手納基地があり抑止力は十分です。

>>日本人ならヘノコ基地建設を阻止しなければいけません。日本は米国により破滅寸前までやられました。ヘノコ基地の建設が実現したら世界の恥です、大戦で亡くなられた人々への裏切り行為です。

>>大和魂があるなら反対阻止するのが正統日本人ではないでしょうか

僕もそう思う。(近畿在住。もちろん日本人で伊勢には年に数回いく)

これだけは強烈に覚えているが、確か沖縄の日本軍司令官は最後に「戦争が終了したのちは沖縄の人々に格別な配慮をしてあげてくれ」といって戦死しましたね。

日本はね、スイスの国民を参考にすべきだ。自衛隊に入って卒業したら、いざ鎌倉の有事には皆機関銃をいつでも使用して国を守るようにするべきで、日常は武器はもたさないために役所の倉庫に保管させて自治会のご老人がたに銃や大砲の手入れをしていくようにして戦前のような竹槍ではなく、ジェット機や戦闘ヘリがきても機関銃で撃墜し、敵が大量に上陸してきた敵兵にも機関銃で応戦できるようにしていけば充分に敵に対する抑止力も作れると思う。

日本に上陸しても全員が機関銃で応戦する国だと知っていれば攻めようなんて思わないのだ。

沖縄はアジアの海の観光地のメッカにして戦争とは無縁の場所にしてあげるべきだと思う。



05. 2013年10月06日 11:03:31 : C9Ny8G1k3M
>>01. 2013年9月09日 18:02:23 : S2ksoSFczA 馬鹿だろ

沖縄の苦難の歴史と現在の沖縄の悲願を

日本の天皇に対する個人的な誹謗中傷にすり替えるな!

目的を逸脱させる愚かな言動と知れ! 馬鹿者 め!!



06. 2013年10月06日 14:24:16 : pMI97JY94Q
琉球(沖縄)の苦難の歴史は大国の勢力範囲の辺縁に位置する民の苦難の歴史でもある。権力者と言うのは自分の権勢のためなら平気で人でなしになれる証でもある。アメリカにしても中国にしても日本にしてもそうだ。琉球の人々はこの厳しい現実を肝に銘じておく必要がある。そうでなければ、今まで犠牲になった人たちが浮かばれない。

07. 2013年10月06日 21:31:12 : J4YfFlQzPI
”沖縄の悲しみを本土に届けてほしい”
じゃ歌詞としてしまりが悪すぎるわなぁ

ここまで遠まわしだと反戦ソングとしては意味を成さない
かといって押し付けがましい歌詞にすると歌曲としての価値がなくなる

反戦の部分はばっさりカットしたって事だろう



08. 2013年10月07日 00:29:32 : OCQLk9xBio
楽土「ニライカナイ」は当時(紀元前)琉球の東の海に実在した場所。
その場所は「王が座す」の意味する地名を持ち、その場所も王が居る場所
を著す。日本書紀においては神武天皇に「東に良き土地あり」と話した
爺さんの帰った場所でもある。東(あずま)を意味する場所は今は
大変な状況だが・・。 東南海夷図は語る。

09. 2013年10月07日 09:36:28 : UsFv4IXXXg
沖縄県民の者です。

戦争とは
殺さないと殺される。そして、憎しみの連鎖。際限のない残忍さ。
何よりも、その状況では誰でもそうなりえるもの。

戦争の歴史から学ぶのは、何が何でも戦争はだめだということかと思います。
自分の子供達にそのような経験をさせたくない、将来の孫にもさせたくない、誰にもさせたくない。結局、人類愛に基づく知性(想像力、そのような立場になること)の問題にかと思います。感覚から入って知性に昇華されなければ、本質を見失い誤った雰囲気やメディアの誘導に騙されます。

沖縄の苦難を押し付けるつもりはありませんが、沖縄から学べる歴史があれば、学んで下さい。戦争を経験していない、私は、本土の人と同じ立場です。

蛇足ですが
「アウシュビッツで、ガス室の隣でドイツ兵はモーツァルトの音楽に涙していた」のような内容を何かで読んだ覚えがあります。ドイツ兵が特別とは思いません。戦争になれば、簡単に残忍さを感覚は容認するという事です。

戦争責任は別の問題です。


10. 2013年10月07日 13:20:08 : BqXkvXro2o
どうするかだが。前世紀の責任問題より今世紀どうするかだ。尖閣諸島でまた集団ヒステリーを起し、また他人の生き血をすするつもりでなかろうな。

11. 2013年10月07日 14:36:11 : pMI97JY94Q
>>09

お互いに面識もない、戦争さえなければ出会う事すらない数千キロ離れた所に住んでいた人が鬼畜米英、イエローラットと憎しみ合いながら殺し合う。なぜだと思いますか。

人間は組織的な動物であり、組織に属さないととても弱い。しかし組織に属することは他の誰かの意思に従う事でもある。蟻を観れば分かるでしょう。

戦前沖縄の人たちは大日本帝国の臣民として生きていく事を選択したので、帝国が沖縄を本土防衛のための捨て駒にするつもりなら捨てられるしかなかった。

台湾の原住民には若い時に日本軍に属し、敗戦後に中国国民党の軍隊に入れられ、朝鮮戦争で共産党軍の捕虜となりそのまま人民解放軍に入れられてしまった者がいる。沖縄のように砲火に曝されなかっただけマシだが、敵側に使役される事ほど屈辱的な運命はない。島国に生きている者は常に大国の脅威に曝されて危険な立場にいる事を忘れてはならない。


12. 2013年10月08日 05:50:09 : C9Ny8G1k3M
>>09>>戦争責任は別の問題です。>>

もしも本当に戦争責任を問うというなら、問い正したいなら先ず戦争を憎むべきです。今の時代にも地球上の至るところで一触即発の状態が続いているからです。

世の中の人間には戦争でさえも利害を分かつ関係にあるのですから、先ず他人の争いで儲けようとする類の人間が心を入れ替えなければならない。

人間は他人に触発されながら生きる過程において、戦争になるということは人間の行いに責任があるということで、その責任は決して後において決める結果責任などではありません。後になっては誰でも何とでも言えるからです。

戦争責任が開始されるべき瞬間は紛れもなく個々の人間の行為であり、考え方であったり価値観が原因します。その最大要因は宗教であり人間の行為に影響を与えている思想です。

戦争をも辞さない思想にこそ戦争責任がある。そして誰もそのことには目もくれず、本質が野蛮な思想が持つ偽りの正義を見抜くことができないでいます。

思想において戦争責任を追及するべきでしょう。そうでなければ戦争で命をなくした人間を救うことはできないのではないですか。死んだ敵も味方も救う正しい法が必要になります。

今の世は邪宗だらけです。邪宗の邪義を信じて疑わないからこそ戦争にまで発展しているのです。邪宗でも何でも自由だという人間が多い現実が本当の戦犯である邪宗を逃がしているのが現実ですよ。死んでから誰彼が実行犯だといっても根本的に間違いが伴います。

今の世で法を破って戦争をするような人間を諌めず、説き付せず、無関係を装って終いには従うような弱い人間では望むだけ裏切られることにもなるでしょう。そうでなければ戦争の犠牲者に顔向けできずに生きることになるとも思えます。


13. 2013年10月08日 06:13:44 : AgumpIiQVY
琉球王国が日本(大和)の植民地にされ沖縄となった。明治以後の琉球処分の歴史を見れば判然とする、大和民族の中には植民地としての差別観を持つものが確実に存在する。放棄の申し出でや今も続く基地問題の放置はそこに基本的問題がある。

歴史を見れば、日韓併合による朝鮮民族やアイヌ民族よりも酷い扱いもあったのではないか。琉球王朝の存在は歴史的には抹殺されたようなものだ。琉球王朝が中国や台湾へも朝貢していたことに対するあてつけだったのかも知れない。

>>11さんの選択の文字に?を感じます。


14. 2013年10月08日 08:57:46 : UsFv4IXXXg
沖縄県民の者です。

09戦争責任は別の問題です。
と書きましたが、気持ちとしては、戦争はダメだの共通認識が大切と言いたかったのです。どのように戦争を回避するかが政治の知恵かと思います。その知恵を歴史から学べるはずです。論理の内部矛盾としては、その行程で、戦争責任が問われることになりますから別問題にはならなくなりますが。

更に言えば、正確な歴史の記述を拒む国のやりかたや、天皇の戦争責任を議論することがタブーの現状では、歴史から学ぶ手段を奪われていますね。

11さんのは、共通認識の確認から必要そうで?です。


15. 2013年10月08日 13:20:11 : H3Qhvl6R4o
>>14. 2013年10月08日 08:57:46 : UsFv4IXXXg
沖縄県民の者です。

>>天皇の戦争責任を議論することがタブーの現状>> 

決してそのようなことはないでしょう。日本の天皇も同じ人間ですから生前の行いは仏教の理にかなう報いは誰にでも等しく公平にあるはずです。しかし間違った批判であるならば許される理由がないのも明らかでしょう。邪悪な思想に基づいている主張であるならば論理矛盾に陥ることは火を見るより明らかではありませんか。

そして日本は廃仏毀釈を国家権力が行った国です。等しく日本人は仏罰が当たって現在に至ってるのであり、未だに正法誹謗の現実は誰の目にも明らかなはずです。

誰が如何なる思想に基づいて判断するべきが正しいのでしょうか。その善し悪しが明らかにされ正しいことが証明されなければなりません。

日本の人王である天皇に対する間違った思想に基づく単なる批判や尊王といえども、日本国の存亡にかかわる重大事ということです。

そして日本の内外にある既に破折された思想に基づいて大戦の戦争責任を明らかにするのは不可能である現実問題がある。

善悪や正邪など人間が知覚し得るすべての価値観を正さなければとうてい可能なことではないことを認識するべきです。


16. 2013年10月08日 15:04:06 : Wp8ZLh8GGs
>>13

選択の文字に?を感じるとしたら、それは責任の放棄ではないのでしょうか。

黒船が日本に現れ始めて以来、薩摩と長州藩は中央政府である江戸幕府を見限り、イギリスの商人とつるんで西洋兵器で武装した軍事力による幕府の転覆を図り、成功した。

13さんも本土の者が沖縄に対して差別観を持っていると認識しているのなら、そして広い世界観を持ち常に情勢の推移を観察していたのなら、なぜ沖縄の先人たちは日本が戦争に負ける事に気がつかないのでしょうか。外様大名として差別されていた薩摩や長州は幕府が潰れる事をしっかり認識していたのに。

戦争に負ける事が分かっていれば、事前に対処の仕方もあるわけで、あんなに犠牲者を出す事もなかった。

つまり沖縄の先人たちは大日本帝国を信じ切っていて悲劇に巻き込まれたのです。信じないと言う選択肢もあったのではないのか。洞窟の中に隠れて手榴弾で自決したとき、なぜ坂本竜馬が鬼畜米英に強姦されたり皮を剥がされたりしないのか疑う事もしなかった。そんな調子では自分の家族や友人を守る事はできない。


17. 2013年10月08日 15:17:03 : Wp8ZLh8GGs
>>13

ついでに台湾への朝貢は事実の誤認です。
台湾は清朝初期に明朝の残党によってオランダ人から奪われた島です。つまり清朝以前は中国の領土ではなく、正式な地方政府さえなかった。
正式な地方政府が設立されたのは清朝中期以降、つまり琉球王国が滅亡した後です。


18. 2013年10月08日 20:23:46 : UsFv4IXXXg
沖縄県民の者です。

15さんへ

>>天皇の戦争責任を議論することがタブーの現状>> について

下記はwikipediaのサイトです。参考になさって下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%BC

どうすれば戦争はおこさないですむかだけが私の関心事です。揚げ足取りにならないように気をつけます。

これ以上の深入りは避けたいので、書き込みは終わります。


19. 2013年10月08日 20:52:18 : pj9PKjDivw
島唄は好きです
歌詞も好きだったけど深い意味があるのですね

沖縄で悲惨な過去があったのは知っています
授業で教わりましたから
時代の流れだか、こーゆう事は知っていても風化されていきます

現在も、罪もない非戦闘員を殺した軍隊が駐留しています
移転?よりも撤退でしょ?
先進国で他国の軍事基地があるのって、日本と韓国(先進国じゃないですが)
だけですよね??

自分の国を他国に任せてるようなのは、やがて滅びますよ
中世の貴族のように


20. にしやん 2013年10月08日 23:24:38 : Sfgcs6IDbR1Cc : vMUMunCK9M
みんな上から目線でああだこうだ言ってるけど
「沖縄県民の者です」さんが正解。

21. 2013年10月09日 05:40:45 : AgumpIiQVY
>>16さん
何度も読み直したが文脈、論理が難解なのか、支離滅裂なのか、飛躍しすぎるのか理解困難。
選択とは琉球の人たちが民族自決を図ったとでも言うような表現に疑問を持つということで、本邦からの武力による併合が通説でしょう。

民族主義に固執することが戦争の真の原因であることを痛感し、その解消を少しでも進めることを願っているものです。
経済が疲弊したり、格差が拡大してくると、施政者は仮想敵を持ち出して国民の非難の矛先を避けるのは歴史が証明しています。欺瞞に惑わされぬ弾力的な広い視野を持つようにしたいものです。

>>18さん 全く同感です。


22. 2013年10月09日 10:48:37 : DaGV1G2WPM
>>16. さんの意見はあまりにも違い過ぎると思う。

今の教育水準と生活感覚で歴史事実を認識していながら、まるで戦国時代の武士のように単純な判断をしているような感覚が伝わってきます。

  >>なぜ沖縄の先人たちは日本が戦争に負ける事に気がつかないのでしょうか。>>

  >>本土の者が沖縄に対して差別観を持っていると認識しているのなら>>

  >>広い世界観を持ち常に情勢の推移を観察していたのなら>>

  >>外様大名として差別されていた薩摩や長州は幕府が潰れる事をしっかり認識していたのに>>

逆賊武士が天下を取って国を治め、戦争で国威を示そうとだけ考えていた当時の日本人とそれを実行せしめた思想を判釈せずして、過去の人間の行為を今の感覚で言う限り、間違った判断でしかないでしょう。世間には様々な人の思いや感情が情報としてあふれているだけです。

阿修羅では宗教の話は後でよいという人が多い感じがしますが、それではいつまでも分からないではありませんか。勉強、勉強といっても、勉強したら人間として成長するべきでしょう。

沖縄の姫ゆりの塔に向かい団体を代表して献花式にのぞんだ際に、正しい信仰とは何かを探さなければならないと痛感し、確信した者です。


23. 2013年10月09日 15:20:46 : Wp8ZLh8GGs
>>22

逆賊だと思うのなら差別されていようが琉球人は日本国民だと認めているという事ですよね。西洋人なら逆賊は言う事を聞かない日本の中央政府で九州武士は自分の飼い犬だとしか思わないでしょうから。

その日本国の政府が本土防衛のために沖縄は軍民共に犠牲になってくれと判断を下した。これは選択の結果ではないという。

琉球王国は確かに武力で占領されたが、人の心までは武力で占領できないと思うのです。九州武士は欧米から援助交際を得ていた。最近ではリビアやシリアで騒ぎを起こしている連中だってそうでしょう。同じ事を沖縄の人々はできなかった。当時南方戦線には多数の台湾の高砂族が日本軍人として服役していました。地理的にも近い沖縄の人々が台湾から戦況を得る事は欧米ほど難しくはなかったでしょう。その努力もせずに仕方がなかったで済むのでしょうか。

今の感覚と言うが、事件はフランス革命から現在に至るまで200年以上も同じパターンで繰り返されているのです。あれだけ先人に犠牲を出した今の沖縄の人々はどれだけ情報のアンテナを張っているのでしょうか。はっきり言ってヤマトンチュ以下の情報網しかないのでは。


24. 2013年10月09日 19:06:29 : C9Ny8G1k3M
>>23情報のアンテナって、ドコモ製? 当時の日本は情報統制でしょ。

思ったことなど、殺されるから誰も言えなかった時代のことですよ。

何も言わなくても実際に多くの沖縄県民が日本兵に殺されていたんですよ。

旧日本兵など、弱い者を殺して強い者にはひれ伏す。だから日本が負けたんでしょ。


25. 2013年10月10日 08:06:10 : AgumpIiQVY
>>23さんはたぶん戦争など全く知らない二十歳代の、特定の偏向的書物だけから知識を得ているかたではないでしょうか。余りにも文章の脈絡が無く、使っている言葉も幼児的に思います。

実際に戦火を生き延び、家族が戦争の犠牲になった人たちの経験、意見や思いも広い気持ちで受け入れることも大事です。

議論するに値しないので、深入りを避けこれで小生も書き込みを止めます。


26. 2013年10月10日 13:07:50 : Wp8ZLh8GGs
>>24

情報統制に従ったって、結局殺されていたではないですか。
沖縄戦で何人の民間人が殺されてたと思ってるのですか、全人口の半分くらいではないのですか。

>>25

ほう、今度は個人の人格攻撃ですか(笑)
確かに俺は理系出身だから文章を書く訓練は受けてませんよ。でもね、別に金をもらって書いてるわけではないのでそこは我慢してください。あなたのように世の中恨みとか可哀相とか感情で動いてたら良い方向に行くとはとても思えないね。
まぁ、あなたはあなたにふさわしい文章を書くプロの所に行けばよいのではw


27. 2013年10月10日 15:36:36 : x3JwnO4OEk
だから、沖縄で多くの人間が戦争の犠牲になって死んだという認識では一致してるでしょ。

だからこそ戦争を憎み、戦争の犠牲になった者の無念や後世の我々に託した願いというものに対して、本来は同じ人間という想いから、今の我々がどうあるべきかを考えたりすることが大事ということなんだと思います。

当時の沖縄の人々の非を探して責めることができないほど、戦争を遂行した日本の国家権力は今の感覚でいうところの正常さなど全くなかったと言っても決して過言ではありません。廃物思想による狂気の軍国主義ということではっきりしているではありませんか。

そもそもの認識の共有というところで、沖縄が甚大な被害と犠牲を払ったという過去の事実や原因に対して、沖縄の人間に非があるかのような主張は本質的にも論理的にも違い過ぎていると思いますよ。

いくらなんでも、この程度の主張が人格に対する攻撃ということではないでしょ。今の世を同時に生きている我々が同士討ちばかりやってるわけにもいきませんから、国の内外にある戦争の芽を一つ一つ潰していくことも一緒に考えていきたいものですね。


28. 2013年10月10日 18:55:45 : I39h74LN5I
30年程前、私が20代の頃、誰も彼もが大学に行くのが当たり前になってきて、その頃の現場での話しで「大卒ばかり増えて、指図する監督ばかり増えて職人がいないなんて笑っちゃうよねなんて・・・」云ってまして、まぁ〜でもそんなことはありえないのだから、いい塩梅に妥協したり己のDNAが赴くままに淘汰されるという、ものすごく文化的な風潮が未来にはあるのだと想像してたのだが、全然ハズレチャイマシタ。人も科学も政治も、全然ダメ。進化なんて問題じゃない、退化ですよね。どこでどう間違ったらここまで醜い有様になるのやらと・・・
戦争を金儲けにしている奴らがいる。カネで個人の価値観を見出そうと煽る奴らがいる。悲劇をカネで誤魔化すかのような幸福論を謳う悪辣な演出するような輩に惑わされてはいけない。

29. 2013年10月10日 22:39:34 : L6NuU3druQ
28さんに同感です。
周りの人も同じようなこと言っているのでは?

私は最近では、価値交換のシステムとして矛盾しているお金というものが、
正さなければならない言葉であるというところまでは認識しているのですが、
打開策が思いつきません。


30. 2013年10月11日 00:03:01 : C9Ny8G1k3M
>>守護国家論>>の冒頭にある言葉ですが今の日本の教育水準なら十分に理解できるでしょう。

夫(そ)れ以(おもん)みれば、偶(たまたま)十方微塵(みじん)の三悪(さんなく)の身を脱れて稀(まれ)に閻浮(えんぶ)日本の爪上(そうじょう)の生を受け亦(また)閻浮日域(にちいき)・爪上の生を捨てて十方微塵・三悪の身を受けんこと疑い無き者なり、

然(しか)るに生を捨てて悪趣(あくしゅ)に堕(お)つるの縁・一に非ず或は妻子眷属(けんぞく)の哀憐(あいれん)に依(よ)り或(あるい)は殺生悪逆(せっしょうあくぎゃく)の重業に依り或は国主(こくす)と成って民衆の歎(なげ)きを知らざるに依り或は法の邪正を知らざるに依り或は悪師を信ずるに依る、

此の中に於ても世間の善悪は眼前に在り愚人も之を弁(わきま)うべし仏法の邪正・師の善悪に於ては証果(しょうか)の聖人(しょうにん)・尚(なお)之(これ)を知らず況(いわん)や末代の凡夫(ぼんぷ)に於ておや。

>>立正安国論>>にも世の中が乱れる原因が説かれています。

仁王経(にんのうきょう)に伝(いわ)く「国土乱れん時は先ず鬼神乱(みだ)る鬼神乱るるが故に万民乱る賊(ぞく)来(きた)って国を劫(おびや)かし百姓(ひゃくせい)亡喪(もうそう)し、臣・君・太子・王子・百官(ひゃっかん)共に是非を生ぜん、・・・・」

日本は世界に冠たるべき仏教国として、世界に公布するべき仏法が既に確立している国であるのは間違いがないことです。

あらん限りの正法誹謗の歴史が最後には原爆の被曝という結果で終焉をむかえたのであり、今の日本人が戦争を憎み、万難を排して阻止すべき理由は厳に正しく存在している。


31. 2013年10月13日 10:21:57 : C9Ny8G1k3M

世界は沖縄にこそ人類の文明の粋を結集した自由を具現するべきではないのか。

人間がより高度な文明を受け入れるのに何も命を犠牲にする必要などないはずだ。

戦争しなければ後はどうなっても良い訳でもない。戦争に至る人類共通の悩みを解決することに個々の人間が愛情を抱き注ぐべきである。


32. 2013年10月20日 10:34:53 : C9Ny8G1k3M
いつの日にか沖縄でオリンピックを開催して世界平和の達成を世界が祝うというのはどうだろうか。

もちろん、七年後の東京オリンピックが安全に開催できない場合には沖縄が東京に代わるべきということである。南国の沖縄の方が遥かに安全であろう。

国際リニアコライダー(ILC)の日本誘致が決まっている状況ではあるが、日本政府自民党は保留措置を取っている。やはり、東京より沖縄の方があんぜんであるのは間違いない状況のようである。

世界の平和の祭典を開催する地を選定するというなら、日本は沖縄こそ相応しい。沖縄から軍事色を一掃してこそ日本の真の戦後が具現することになると全ての日本人は認識するべきではないのか。

東京のおもてなしは二度目まして柳の下のドジョウすくい景気願いが目的らしい。今の日本は安全第一こそ最優先課題とされている。


33. 2014年6月28日 14:32:32 : jDUea84PZI
だれでも、真実を知る権利があります。
タブーとしているのは、真実が隠されているからにほかなりません。
歴史も戦争についても、天皇についても、
これからは、真実を知る人が増えるでしょう。

なぜって、ジミンがそうさせているからです。


34. 2018年7月08日 01:19:23 : xk8RhRwJrV : xg9iACF_eJk[-493]
>>26
最後のwにお前の悔しさと幼稚さが滲み出てるな。
理系だから文章を書く訓練を受けて無い?「理系」だからじゃなくて「お前」
だから、だろうが。



[18初期非表示理由]:担当:言葉遣いが適さないコメント多数により全部処理


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧