★阿修羅♪ > 戦争b11 > 804.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
核問題、米欧・イランが協議加速で合意  日経新聞
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/804.html
投稿者 ダイナモ 日時 2013 年 9 月 27 日 12:33:58: mY9T/8MdR98ug
 

 【ニューヨーク=中山真】米欧など6カ国とイランは26日、国連本部内でイランの核問題を巡る外相級会合を開き、交渉を加速することで合意した。イランのザリフ外相は1年以内の交渉妥結を目指す考えを表明。10月半ばに次回会合を開くことも決めた。一方、ケリー米国務長官は1979年の国交断絶後初となるイランとの個別の外相会談に臨んだ。

 会合は国連安全保障理事会常任理事国5カ国にドイツを加えた6カ国とイランの外相が参加。6カ国側の窓口役である欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表は「会合は実りあるもので、良い雰囲気だった」と述べたうえで、今後の議論の進め方などを巡って協議したことを明らかにした。

 イランのザリフ外相は会合の冒頭、核兵器を保有する意思がないことを強調し、1年以内に国際的に課されている義務を履行する方針などを約20分にわたって説明。米側が求めていたウラン濃縮活動の停止などの新たな提案はなかったとみられるが、米政府高官は「これまでの協議では見られなかった行動だ」と語り、イラン側の前向きな姿勢を評価した。

 次回会合は10月15、16日にジュネーブで開く予定で、イラン側からは引き続きザリフ外相が出席する。ケリー国務長官ら各国外相が出席するかは明らかになっていない。米欧側が求めている核兵器への転用が容易な20%のウラン濃縮の停止を受け入れるかどうかや経済制裁の緩和などが今後の焦点となる。

 ケリー国務長官はザリフ外相との会談後に記者団に「今後の可能性に関してザリフ外相はこれまでとはとても違う形で我々に説明してくれた。我々は外相が出席してくれたことを喜んでいる」と指摘。ケリー、ザリフ両氏は会談の冒頭に握手するなど、打ち解けた様子で約30分にわたって会談した。


http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2700U_X20C13A9EB1000/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧