★阿修羅♪ > 戦争b11 > 854.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
空母「遼寧」は張り子の虎 中国海軍脅威論を検証する
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/854.html
投稿者 SRI 日時 2013 年 10 月 17 日 00:37:31: rUXLhToetCnYE
 

【第12回】 2013年10月17日 田岡俊次 [軍事ジャーナリスト]
空母「遼寧」は張り子の虎
中国海軍脅威論を検証する
10月上旬のAPEC、ASEANで、安倍首相は中国の海洋進出に対して暗にこれを非難するような発言を行った。だが、米国は従前より中国の「封じ込め」ではなく、「抱き込み」を目指すことを表明し、その方向に努力している。その背景には、米国海軍が本音では中国海軍が脅威になるとは思っていないことが伺える。中国海軍は果たしてどの程度の実力を持つのか検証する。

米国が「航海の自由」を主張するワケ

 日本の経済界や米国政府が日中関係の修復を期待し、中国が尖閣問題の「棚上げ」(事実上の日本の実効支配継続黙認)の意向を表明する中、10月7日、8日のインドネシア・バリ島でのAPEC(アジア太平洋経済協力)や、同月9、10日ブルネイでのASEAN(東南アジア諸国連合)とEAS(東アジアサミット)での会合の際に、安倍総理と習近平中国主席、朴槿恵韓国大統領との首脳会談を実現しようと外務省は両国と折衝した。

 だが、現実には安倍総理は7日に習主席、朴大統領と儀礼的な握手を交わしただけで首脳会談は行えず、対中、対韓関係の改善は全く前進しない。逆に安倍総理はASEAN首脳会議で、南シナ海の領有権問題について「力による現状変更の動きを大変懸念している」などと、暗に中国を非難し「それに対してASEAN諸国が一体性を保って対応することが重要で、日本も連携したい」と中国包囲網形成を目指すような発言を行った。

 だが、肝腎のアメリカは1600兆円を超える政府債務と、昨年で約48兆円に達した経常赤字で破綻の危機に直面し「財務再建、輸出倍増」を国家目標としている。そのためには米国債の最大の海外保有国であり、巨大な市場を有し、昨年で約19兆円の経常黒字を出している中国への食い込みが重要だから、米国政府は中国の「コンティンメント」(封じ込め)は考えず「エンゲージメント」(抱き込み)を目指すことを何度も言明している。米軍も中国抱き込みに協力し、来年のリムパック(環太平洋合同演習)に中国海軍の参加を求めて、その承諾を得たり、アナポリスの米海軍兵学校に中国海軍士官候補生を入学させて教育に当たったり、米統合参謀本部と中国軍総参謀部との恒常的な人的交流により戦略調整をはかることで合意した、などの努力をしている。

 オバマ米大統領の代理として東アジアサミットに出席したケリー国務長官はもっぱら「航海の自由」を強調したが、航海の自由は世界最大の貿易国家、最大の造船国、最大の漁業国である中国にとって、まさに核心的利益であり、米国は中国も基本的に異存のないことを言って、存在感を保とうとしているにすぎない。

空母「遼寧」はほとんど戦力にならず

 米国が中国封じ込めに加わらないのは、財政・経済の切迫が第一の理由だろうが、同時に米国海軍が、本音では中国海軍が脅威になるとは思っていないことも第2の理由だろう。日本では中国が昨年の9月就役させた空母「遼寧」が本格的空母であるように思っている人が多いが、実はほとんど戦力にならない代物だ。

「遼寧」は艦載機を発進させる加速装置「カタパルト」を持っていない。米空母は長さ約76メートルの特殊鋼のシリンダー(管)4本を飛行甲板の下に設置し、高圧蒸気を吹き込んでピストンを前方に推進し、それが重さ30トン程度の艦載機の首輪(前輪)を押して一気に時速約270キロに加速、射出する。「重さ2トンのキャデラックなら2.4キロも飛ぶ」と言う程強力なものだ。車輪を押す金具(シャトル)は当然甲板上にあり、それと甲板下のピストンをつなぐ金具が通るよう、シリンダー上部にはほぼ全長にわたりすき間があるから、蒸気が洩れないようにするには、ジッパー様の物で後方のすき間を塞ぎつつピストンが急激に前進する。高温、高圧の蒸気に耐える巨大なジッパーを作る技術、ノウハウは高度なものだ。蒸気カタパルトは元は英国で開発されたが、今では米国でしか製造されず、フランスの原子力空母「シャルル・ドゴール」も米国製のC13カタパルトを輸入して設置した。

 カタパルトなしで空母を作るなら、英国の「ハリアー」のような垂直離着陸機(ジェット噴気を前後左右4点から出し浮上させる)を積む方法がある。英国のインビンシブル級軽空母や、スペイン、イタリア、タイの軽空母はその方式だが、今日では垂直離着陸可能な戦闘攻撃機は米国のF35B(海兵隊用)しか生産されていない。

 旧ソ連も空母用に垂直離着陸機YaK(ヤコブレフ)38を造ったが失敗作だった。このためソ連は新型戦闘機の重量よりエンジンの推力の方が大きく、機首を上に向ければロケットのように垂直上昇も可能であることを利用し、空母の飛行甲板の前端を上向きにし、力まかせに発進させることを考えた。現在ロシアが持つ唯一の空母「クズネツォフ」がそのタイプで、同型の2番艦「ワリヤーグ」の工事はソ連崩壊で中断されたが、それを中国がスクラップ状態で購入、苦心の末完成させたのが「遼寧」だ。

 だが「クズネツォフ」は1990年の完成以来23年たつが、外洋に出たのは7、8回だ。飛行甲板の前端は14度上向きに反っているが、波が高いと艦首は大きく上下するため、発進に適当な角度が保てず、海が穏やかでないと危険がある。搭載する戦闘機Su(スホーイ)33の標準離陸重量(翼下の増加燃料タンクや爆弾などは着けない)は25.7トン、エンジン2基の推力は最大25.6トンだから爆弾、ミサイルを積まず、さらに燃料を減らさないと発進出来ない。飛行甲板の後端から全力で滑走してやっと浮くから、米空母のように甲板上に多数の航空機を並べておき、次々にカタパルトで射出することは不可能で、下の格納甲板から1機ずつエレベーターで上げては発進させるしかない。

 また、空母などを狙う攻撃機は低空飛行で水平線の下に隠れて接近し、一瞬上昇して目標をレーダーでとらえて射程100キロ以上もある空対艦ミサイルを発射し、また低空飛行で離脱するから、空母は自衛のために大型レーダーを付けた空中早期警戒機を上空に出し、遠方を見下ろす形で見張らせる必要がある。だが艦載の早期警戒機は米国のE2C以外にないし、カタパルトなしではE2Cは発進できない。ロシアはヘリコプターに対空レーダーを付けたKa(カモフ)31を空母に載せているが、レーダーの能力も、航続時間、高度もE2Cとは比較にならず「無いよりまし」程度だ。

 これらの「クズネツォフ」の問題点は基本的に同型の「遼寧」でも全く同じだ。中国が自力で次の空母を建造しても、カタパルトと艦載早期警戒機、あるいはF35Bとオスプレイの早期警戒型(今はないが開発は可能)を米国から輸入しない限り問題は解消しない。また「クズネツォフ」の搭載可能な戦闘機数は22機とヘリコプター17機だ。同艦が艦首の飛行甲板下に装備する対艦ミサイル12発の垂直発射機を 「遼寧」は廃止したから、搭載機数は数機増えるかもしれないが、米空母が平時に戦闘・攻撃機44機など58機、有事には75機まで搭載可能なのと比べれば機数も質も段違いだ。しかも米空母は現在10隻、近年中に11隻にもどるから、艦載戦闘・攻撃機の総数は平時で計484機。中国の艦載戦闘機二十余機では全く相手にならない。

対潜水艦能力でも日米が優勢

 中国海軍が「第1列島線」(南西諸島から台湾、フィリピンなど)を超え「第2列島線」(小笠原諸島からグアム、ニューギニア)まで進出、米海軍と対決するような話も報じられるが制海権確保には海上の航空優勢(制空権)が不可欠だ。中国空母がほとんど役に立たない以上、中国海軍の水上艦の行動は戦時には地上基地戦闘機の戦闘行動半径(約1000キロ)内に制約され、第一列島線を守るのがやっとだろう。

 中国海軍の水上艦(駆逐艦、フリゲート)は10年前の2003年に63隻、今年で76隻に増えたが、うち33隻は旧式だ。新型艦も兵器、レーダーなど装備はロシア製、フランス製、国産などの寄せ集めで、特に潜水艦を探知、攻撃する能力は日本の護衛艦(ヘリ空母2隻を含み48隻、他に練習艦に使用中の護衛艦3隻)に比べ、相当低いと見られる。

 中国の潜水艦は10年前に69隻、現在65隻とされるが、うち24隻(原潜3隻を含む)が旧式、1隻は実験用で、実用になりなそうなのは、弾道ミサイル原潜3、攻撃原潜(対艦船)2、通常型(ディーゼル・電池式)潜水艦35隻だ。(日本は通常型16隻と練習潜水艦2隻、近く22隻に増強を計画)中国の攻撃原潜「商型」はソ連で1978年に1番艦が完成した「ヴィクターIII型」の技術を参考にしたとされ、騒音が大きく探知されやすい。通常型潜水艦は水中では電池・電気モーターで走るから当然音は低いが、ときおり充電のためシュノーケル(吸気筒)を水面に出しディーゼル機関を回すから、その際に発見されやすい。液体酸素を使うなど、外気を必要としない通常型潜水艦も生まれ、日本では「そうりゅう」型(4200トン)5隻がそうだが、原潜に比べ潜航時間、速力は限られる。中国の「元」型(3000トン)7隻もそのタイプ、との推定もあるが定かではない。

 潜水艦に決定的に重要なのは静粛性とソナー(音波探知機)の能力だ。冷戦時代の米、英、日本などではソ連潜水艦探知のために水中での音の伝わり方を研究する「水中音響学」が発達、ソナーの探知距離は飛躍的に伸び、海中の多くの騒音の中から敵潜水艦の音だけを拾い出す技術も生まれたが、ソ連はこの分野で最後まで西側海軍と大差があった。中国潜水艦は今日もロシアの技術に頼るだけにソナーの能力に疑問がある。

 中国は対艦弾道ミサイルを開発し、それが米空母への脅威となる、とも言われる。だが問題はどうして目標の位置、針路、速力を知るか、だ。偵察衛星は1日約1回、世界各地上空を時速約2万8000キロで通過するから、飛行場など固定目標は撮影できても、移動する物体の探知はほぼ不可能だ。哨戒機で空母を発見し、その針路、速力を計って連絡し、弾道ミサイルを空母の未来位置に発射させるくらいなら、哨戒機自身が空対艦ミサイルを発射する方が簡単、確実だ。だが、哨戒機などが空母に接近すると艦載戦闘機に撃墜される可能性が高い。しかもレーダーでは、スコープに現れた光の点が空母なのか、タンカー、コンテナ船などの大型船かの区別がつきにくい。旧ソ連も米空母に対抗するため、対艦弾道ミサイルを研究したが、結局あきらめた。

海軍よりめざましい非軍事分野の海洋進出

 中国は輸入資源への依存度が高まり「海上交通路確保のために海軍拡大が必要となる」との説は中国でも、米国、日本などでも唱えられる。だが現実には中東、アフリカからの長大な石油ルートを、中国海軍が米海軍に対抗して守ることは将来もまず不可能だろう。輸入資源が重要になればなるほど、世界的制海権を握る米国との協調が中国には必要になる。また中国の資源輸入の増加は米国、西欧、東南アジア、日本等への輸出増大の結果だから、もし中国がこれらの諸国と軍事的に対立し、輸出市場を失えば、資源輸入の必要も、その原資もなくなるのだから、この説はこっけいだ。

 中国のシー・パワーの伸びは海軍よりも非軍事分野で著しい。中国籍商船は昨年末で4061万トン、日本の1852万トンの2.2倍だ。双方とも外国に登録した便宜置籍船があり、日本は事実上はなお世界一の船主国とも言えるが、乗組員は日本籍船でもほとんど外国人だ。日本人の外航船員は2400人しか残っておらず、その大半は陸上勤務の管理職だ。外国人船員は危険があれば下船し、帰国の航空運賃まで貰う契約だから、日本は有事の際に石油や食料の輸入が止まる安全保障上の致命的弱点を抱えている。商船員がいなくては海上自衛隊に金をかけ「シーレーン防衛」をはかっても無意味なのだ。

 造船でも中国は2010年に韓国を抜いて1位となり、昨年の竣工量が3900万トンで、第3位の日本の約2.3倍だ。漁業でも中国の漁獲量は2011年に1604万トンで、90年の2.4倍に拡大した。その間日本は2.5分の1の385万トンに低下し、中国の4分の1以下でしかない。中国では高速道路が年平均6000キロ以上、07年には8300キロも完成し(日本は現在の総延長7856キロ)、冷凍設備、保冷車も普及して、内陸部まで魚の販路が急拡大した。また中国の資本主義化で、船主が多数の漁船を持ち、漁船の船長は1日いくらで船を借り、乗組員を雇って出漁するため無理な操業をしがちで、近隣諸国とトラブルを起こす結果となっている。

 一方、日本では外航船員は「絶滅危惧種」の状態で、内航船員、漁船員も高齢化が進み、海洋国の地位を失いつつある。安全保障を真剣に考えるなら、中国海軍の心配をするより、日本の若者が船に乗るような政策を考える方が先決問題だろう。
http://diamond.jp/articles/print/43110  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月17日 07:08:46 : rAZs4KvhOE
張子の虎でも面の皮は厚いぞ。

02. 2013年10月17日 08:05:15 : BDDFeQHT6I
廃船寸前でカジノ船にする予定だった空母の外装を塗り直しただけだから誰も戦力として期待していない、動けば良いのだ。

03. 2013年10月17日 13:13:25 : GWgfOtzy4g
定遠は全然だめだったそうだ。動かす能力はなかった。シナ人は機械があってもダメだとシナに工場をだしてるマツダの下請けのひとがいってた。何もかもだめだと。社会が人間がだめだと。

シナの工場でちょっと目を離したら機械が部署ごと工場ごと消えてたり故障してたりは普通だそうだ。文句は言えない。品では因縁をかけられて捕まらない取られないようにするのが精一杯だそうだ。シナでは自分の私兵の軍隊をもってるシナ軍のボスしかだめなんだそうらしいですよ。

まさに暗黒大陸、匪賊の土地、人間のカスです。そんなのが社会の総力である近代空母を動かせるのか。シナが空母を動かせるのならジンバエブエでも動かせる。

とろい日本人だが満州滅亡や上海事変みたいにされるぞ。


04. 2013年10月17日 16:37:12 : CyxQiSgTfM
そのうちに演習へ向かう途中の海難事故に見せかけて、
尖閣諸島に座礁(接岸)させたりしてな。

カタパルト無しでも甲板にずらりと戦闘、対艦、対潜ヘリコプターを並べ、
艦橋には強力レーダーを備え、
艦内には対空ミサイル、対艦ミサイルをぎっしりと詰め込み、
装甲車両と完全武装兵士を満載した、
一夜城ならぬ一夜洋上基地の完成だ。


05. 2013年10月18日 10:14:33 : emqb8Ff3Ro
問題はパイロットである。荒天でも空母に発着艦できるまでには、優れたパイロツトですら7.8年はかかる。

さきの戦争で日本海軍は、昭和19年のミッドウエー海戦の失敗で名人クラスのパイロツトを多数失つた。あの時点で既に日本の敗戦は決まつたのだ。


06. 2013年10月18日 19:38:44 : 4tK4RlY7PM
中国空母の場合、艦載機より巡航ミサイルが問題だろう。深センの空母遊園地へ行った事がある人なら見ただろうが、艦内にはリボルバーのようにミサイルが並んでいた。あれを全弾発射されると撃墜するのも大変だ。

それから潜水艦についてだが、数年前にアメリカ第七艦隊の警戒網を破って空母キティホークに8000mまで接近した事がある。しかもこれ見よがしにわざとらしく浮上してみせた。同じ事を自衛隊はできるのだろうか?
甘く見ると大火傷する事はアメリカ人も知っている。


07. 2013年10月20日 08:04:45 : FwylumwRQo
田岡さんは「迫る中国の危機を煽る層」に反論するためにネガティヴな面を強調して中国北朝鮮は全然大したことない、敵じゃないよと論陣張ってるんだけれど本当にそうなんかなあと思う。特に中国は。

08. 2013年10月20日 09:27:51 : C9Ny8G1k3M
戦争なんて早い者勝ちだろ。そろそろつまんなくね !?

勝つために奇襲作戦を実行するのが鉄則だろが、今の時代もそうだ。

日本の馬鹿ウヨがノロノロと敵地先制攻撃などとたどたどしい論理で言い出しているのが哀れ過ぎる。

アメリカの西部劇でも早撃ちガンマンが生き残ってるだろ。日本のサムライも早く斬ったものが生き残った。

近代戦争もそうだ。早く命中させて勝つ以外になかった。


日本が中国を舐めるなどトンデモない。

日本がノロノロしているうちにミサイル発射ボタンを押すに決まってるだろ。

尖閣で中国海軍が遊んでいて比較的穏健なうちに日本は日中不戦条約でも

締結しておく方が遥かに賢い日本の国防だと思うよ。

日本がしっかりしさえすれば良いだけという簡単なことだ。


09. 2013年10月20日 12:30:03 : qXSod70BBQ
ドクドクドクドク

はっはっはっはっ


10. 2013年10月20日 16:31:38 : 4tK4RlY7PM
>>07

自衛隊村は原子力村と同じだよ。あいつらの言う事信じちゃダメだよ。
あいつらの言う事を信じ込んだら命がいくつあっても足りない。
中国なんて大した事がないと言うなら、先ずは自衛隊の飛行機か潜水艦が青島か海南島の基地を強行偵察してみたらどうなのだ。
偵察も満足にできないのに戦争を煽るなんてとんでもないよ。


11. 2013年10月20日 16:47:37 : 2jorYoQ4kA
>日中不戦条約でも締結しておく方が遥かに賢い日本の国防だと思うよ。

中国が条約を守るという前提がハードル高い。


12. 2013年10月20日 18:31:11 : C9Ny8G1k3M
まぁね、せっかくの約束を突然のように破られたらどんな人間だって怒りまくるだろうし、国同士が結ぶ条約にあっては双方の国民が憎しみ合うことにもなるだろう。

日本は条約不可侵を反故にされたという歴史を背負っているが、そもそも軍事同盟という結び付きは結束力が有るようで無いに等しいものなんだろ。有事の前の平時においてこそ成立するという性質がある。双方の事情が不変であるはずがない。

日本にとって三国同盟なんか一方的に負けたと言われただけで戦況がガラリと変わった苦い経験もあれば、終戦かと思いきや不可侵条約に待ったをかけられたという普通ありえない経験もある。

誰でも相手に対して破談を決意させるような行為を慎むべきが人間というものではないだろうか。双方の要求を照らし合わせて話し合いをすればいい。

それを国の頑なな立場に固執するから平行線のまま時間が過ぎるだけで、国益は浪費状態にならざるを得なくなる。

尖閣がどこの国のものか、現実問題として分からなくなってるだろ、世界では。はっきり決着を付けるというなら中国は応じる責任はあるだろうな。


13. 2013年10月20日 20:57:24 : eBQupgeCAo
>>08
だったら、さっさと押したらどうなんだよ。そうやって口ばっかりだから、日本人に舐められるんだよ、中国は。今すぐ押してみろ、押せないのか?、この腰抜けめ。はったりかました後に、時間、経過し過ぎなんだよ。

14. 2013年10月21日 06:28:37 : C9Ny8G1k3M
それは単なる馬鹿ウヨの挑発行為といって、日本の恥だ。

馬鹿ウヨこそ同国民に完全に舐められたと知れ! バカヤロ!!


15. 2013年10月21日 20:28:16 : eBQupgeCAo
発射ボタン今すぐ押してみろって言ってんだよ!、押せねぇのかよ、この腰抜けが!。もう一度、言うぞ。お間ら中国人は、腰抜けだ!。

16. 2013年10月22日 06:40:37 : C9Ny8G1k3M
>>72. 2013年10月22日 01:43:23 : VOGlro5SjI 馬鹿だやっぱり

何度でも言えよ、馬鹿野郎!!


17. 2013年10月23日 23:39:47 : eBQupgeCAo
どうしたの?、泣いちゃったの?。発射ボタン押せないのか?、押せないんだな?。この腰抜け!。腰抜け中国人は、大人しくすっこんでなっ!。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b11掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧