★阿修羅♪ > 戦争b12 > 370.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
見て、小野田さんが天皇の万世一系を皮肉って笑ってるぞ。「雑種の中へ純血が出ますからねヘヘへ」
http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/370.html
投稿者 飯岡助五郎 日時 2014 年 1 月 20 日 19:48:59: VssSC.kx7zq3c
 


■小野田さんが「雑種の中へ純血が出ますから」と、純血の矛盾を皮肉っている

動画【小野田寛郎さん職業慰安婦を語る】
http://www.youtube.com/watch?v=dnJEBlCS1NQ#t=528

・小野田さん 07:36
「そうなんですねぇ。日本人はもうそういう、このう、謀略的なことをやはり汚いから嫌がりますけどね。卑怯だとか。」

・司会者 07:43
「んー、それはもう日本人の性格的なものでしょう。」

・小野田さん 07:45
「本質的には性格だからしようがないんですけども。
だけど、相手が相手じゃあやっぱり考えるしかないですわねえ。
もう、我々中野学校は、そういう意味で、相手が相手だから、我々も、そうせざるをえないっていうことになったわけですけど。
謀略の上には何でも付くんですね。
経済謀略、政治謀略、軍事謀略、上へ何でも付くというほど、謀略。
また、(マイク)ホンダの後ろも中国系ばかりですもんね。
ホンダ自体も、まあ、日系人というらしいんですけども、」

・司会者 08:18
「3世と言ってますけどね。」

・小野田さん 08:21
「だけど、あのう、よく考えりゃぁ、日本人自体がねぇ、やっぱり大陸も近いんだし。
そんな日本人て、それ、固有の品質じゃないですねえ。
いっぱいやりますからねえ。
ま、向こうに近い人もいっぱい居て、えぇ。
だからやっぱり、えー、★雑種の中へ純血が出ますからねヘヘへハッハッハッハッフッフックッククック」

■純血の日本人とは皇室のこと
http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j02.html

・大日本帝国憲法 第一条
第1条大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

・万世一系とは 三省堂大辞泉
永久に同一の系統の続くこと。特に皇室についていう。

■小野田さん(22歳)が1944年大晦日にフィリピンに着任した時、マッカーサー(64歳)はすでにフィリピンに上陸していた

・マッカーサー(25歳)は、1905年(明治36年)、駐日アメリカ合衆国大使館に武官として着任。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC#.E9.99.B8.E8.BB.8D.E5.85.A5.E9.9A.8A
・マッカーサーは、1942年4月18日、南西太平洋方面のアメリカ軍、オーストラリア軍、イギリス軍、オランダ軍を指揮する南西太平洋方面最高司令官に任命され、日本の降伏文書調印の日まで、その地位にあった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC#.E3.83.95.E3.82.A3.E3.83.AA.E3.83.94.E3.83.B3.E5.8F.8D.E6.94.BB

■マッカーサーの傍らで微笑む昭和天皇の写真を見たフィリピンからの帰還兵は、何を悟ったか
http://showa.mainichi.jp/news/1945/09/post-4182.html

・小野田さんが、日本人という「雑種の中へ純血が出ますからね」と笑ったことから、現在、昭和天皇に対して、敬意など微塵も無いことが窺える。

・また、私の祖父はフィリピンでマッカーサーの捕虜となり、帰還した日本兵。
帰還後、その写真を見た祖父は、昭和天皇に騙されたことを悟ったそうだ。そして、多くの人々を死なせたことが悔やみきれないと言っていた。

■日本人は、戦争の生き証人から戦後教育の嘘を悟り、私達が二度と自国民や他国民を殺さない人間になるために、契約社会が勝利し占領して都合よく造り上げた日本社会の構造を、契約の視点から解明していく必要がありそうだ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年1月20日 21:34:51 : LeyjzNB9aw
「日本人は、戦争の生き証人から戦後教育の嘘を悟り、私達が二度と自国民や他国民を殺さない人間になるために、契約社会が勝利し占領して都合よく造り上げた日本社会の構造を、契約の視点から解明していく必要がありそうだ。」

具体的にどういう意味ですか、もう少し分かりやすい説明が必要です。

契約の視点を少しでも説明してほしい、できないなら、どなたかお願いします。


02. 2014年1月20日 22:06:56 : 2D6PkBxKqI
>純血の日本人とは皇室のこと


天皇は自他共に認めるチョンだろ


>マッカーサーの傍らで微笑む昭和天皇の写真

この写真もマッカーサーとの会見記もすべてアホ国民を騙す為のヤラセなんだな

昭和天皇は戦後ずっとボロ靴と擦り切れた背広着てたけど、旅行の度に今の金で何千万円も使ってたのに、何故10万円の背広が買えないのかなwwww


03. 2014年1月20日 23:54:51 : xbUO0uRjZ6
昭和天皇は二男坊で大正天皇さえまともであれば、
のうのう自適な生活をおくるつもりだった。

ぼろを着るのは腹違いの兄の大正天皇へのあてつけ
のため。


04. 2014年1月21日 00:12:11 : 2D6PkBxKqI
昭和天皇はクルクルパーの大正天皇とは血は繋がってないよ

05. 飯岡助五郎 2014年1月21日 01:05:21 : VssSC.kx7zq3c : ZFMrBkbqVM
01さんへ

欧米が、契約社会であることは周知のことでしょう。
欧米の価値観の基盤を成す宗教が、旧約聖書、新約聖書と日本語で訳されている通り。

例えば国連は、終戦の4年後の1949年、ユダヤ教の律法(旧約聖書の冒頭五巻)に基づき、ユダヤ人の先祖アブラハムが神と契約したとするカナン(パレスチナ)の地に、イスラエルの建国を認めたわけです。
しかしそこにはイスラム教徒が暮らしていたのです。
それが、欧米の流儀、契約社会のルールです。


欧米との契約が子々孫々にまで効力が及ぶのであれば、日本についても、江戸時代に欧米と交わした契約を振り返ってみる必要があるでしょう。欧米の流儀で、何を強いられているのかを知っておく必要があるということです。

@鎖国:これは、オランダ東インド会社とのチェーン・ランド契約だったということ。今で言う、チェーン・ストア(連鎖店)のような契約。

Aローマ市民権証の授与:仙台藩主・伊達政宗が派遣した、慶長遣欧使節団が、ローマ法王領とカトリックを守る軍隊の一つになったという証書。そして、その旗印が、伊達政宗の軍旗、日の丸。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B6%E9%95%B7%E9%81%A3%E6%AC%A7%E4%BD%BF%E7%AF%80%E5%9B%A3#.E4.BD.BF.E7.AF.80.E3.81.AE.E6.97.85.E7.A8.8B

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%81%94%E6%B0%8F#.E5.AE.B6.E7.B4.8B

Bオランダ滅亡後の1797年、オランダ東インド会社が米国籍の船と結んだ傭船契約、及び、オランダ東インド会社も解散した1799年、彼らが米国のセイラムで東インド海兵隊員協会を立ち上げ、米国の海兵隊員協会の船と日本側の代表(おそらく光格天皇)が結んだ傭船契約。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%A0_(%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%84%E5%B7%9E)#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.A8.E3.81.AE.E7.B9.8B.E3.81.8C.E3.82.8A

http://en.wikipedia.org/wiki/East_India_Marine_Society


米国の海兵隊員協会と天皇が契約していたとしたら、欧米の流儀では、皇統が続く限り、天皇との契約は有効と言うことになるわけです。

そしてさらに、日本国憲法も、GHQが押し付けた国民と憲法との契約です。

CGHQの米国人が草案を書き、「大日本帝国憲法」を改正した「日本国憲法」
日本国憲法において、天皇は国民ではなく、日本国籍を持つ人でもないわけです。
すなわち、米国海兵隊員協会との傭船契約が有効な外国籍の天皇が、内閣総理大臣と最高裁判所長官の任命権者だということになるわけです。


このように@からCを踏まえて、日本社会の構造を見ると、不条理な流れの謎が解明できるだろうということです。


06. 2014年1月21日 01:41:58 : nJF6kGWndY
>雑種の中へ純血が出ます

あまり意味は無いね

元々、生命は単一種から進化してきたという意味では純血(同種の動物の雌雄間に生まれたもの=純粋な血統)だが

性質(遺伝子)が多様化し分化した個体同士が交配すると雑種と呼ばれることになる

そして一般に純血というのは、ある時点から、系統が固定化された場合に使われる言葉だから、皇室の場合に使うのは、あまり適切ではないね

せいぜいY染色体の同一性が、初代大王から保たれている可能性が高い程度であり、それも古墳から遺伝子を調べれば怪しいものだ


07. 2014年1月21日 04:51:13 : LeyjzNB9aw
05>>カナンの地を与える云々は神(創造主)とアブラハムの契約でしょ(聖書によれ

ば)。それを いきなり日本に持ってきて、契約だちゅうのは、解釈がおかしいでし

ょ、考え違いでないのか。

日本や、世界中をアブラハムの子孫に与えるという契約ではないし。

いえるのは欧米の文明(近代的、軍事力)を背景にした押し付け契約と思うのですが

陰謀論も混入してますね。阿修羅では陰謀論がうけるかもしれないが・・・。


08. 2014年1月21日 05:04:56 : LeyjzNB9aw
05>>追加、アブラハムと神の契約を アブラハムの子孫(まったく血統外の)でも

ない米国のアユケナ−ジユダヤ人が3000年も前の契約を云ぬんすること自他おかし

い。聖書の契約の無理やり解釈、こじつけ。

パレスチナ人のほうがアブラハムの妾の血統を引いており、血統から言えばアブラハ

ムの血が薄いとはいえ混じっている。


09. 2014年1月21日 05:53:43 : gNaY5VJEIw

飯岡助五郎は日本人じゃありませんから、以前にばれてます。本人が自分は日本人ではなく三国人であることを自白しています。

もう、このような工作員にふりまわされることには気をつけましょう。



10. 2014年1月21日 07:57:42 : FkrIjc28rM
管理人さんへ
飯岡助五郎はカルト板限定にしてください
こんな決め付けだけの投稿では阿修羅掲示板の信用が失われます。

11. 飯岡助五郎 2014年1月21日 11:07:42 : VssSC.kx7zq3c : ZFMrBkbqVM
01、07、08さんへ

>カナンの地を与える云々は神(創造主)とアブラハムの契約でしょ(聖書によれ
ば)。それを いきなり日本に持ってきて、契約だちゅうのは、解釈がおかしいでし
ょ、考え違いでないのか。

あなたの判断は健康的だ。私もそう思う。神話を領有権の根拠にするなんぞ、おかしいことだ。
しかし、そういう無茶を認めたのが国連であり、軍事援助までしているのが、国連常任理事国です。

>米国のアユケナ−ジユダヤ人が3000年も前の契約を云ぬんすること自他おかし
い。聖書の契約の無理やり解釈、こじつけ。

それに、なんで「New Testament(新しい遺言)」を日本では「聖書」と翻訳したのかと思うよ。日本の聖なる神は八百万なのにな。他に仏典もあるが聖書とは言わない。
神話上の3000年も前の契約を、領土の根拠として認めるのが国連のルールだということだ。
成文化された古典籍に領土の記載があれば、それが神話であろうと、有効だという考え方が国連なのだ。


したがって、江戸時代の成文化された古典籍に契約書があり、それを利用したい者が国連常任理事国にあれば、それを強いることがまかり通るのが国連の常識だということだ。

日本は、未だに、国連憲章という国際条約に敵国として明記され、その条約は改正されることは無い。


小野田さんが仰せの通り、これこそまさに政治謀略、軍事謀略、経済謀略だ。


12. 飯岡助五郎 2014年1月21日 11:38:50 : VssSC.kx7zq3c : ZFMrBkbqVM
>飯岡助五郎は日本人じゃありませんから、以前にばれてます。

それはある意味当たっている。

私は、瀛州人とか、羲和人とか、和人と呼ばれたいよ。

白村江の戦いで新羅に負けて書かされたちっちゃな国土の根拠を成文化した日本書紀。こんな敗戦で生まれた国史記載の国称など、忌々しいじゃないか。
しかも、その国称の根拠が、成文化された「新羅本紀」ときてる。

新羅は離散ユダヤ人が建てた国だ。ニツァホンはヘブライ語で「勝つ」と言う意味。
大陸側の漢字を使用した多くの国々が神山として呼んだ「瀛州」の「瀛」が、「勝」という意味だからだろう。
http://kotobank.jp/word/%E7%80%9B%E5%B7%9E

だいたい、葦原中国、中国を名乗ったのは、こっちの方が先じゃないのか?

おい、新羅贔屓の日本人、どう思う?


13. 忍穂耳の垢 2014年1月21日 13:10:36 : 5n2KmwfCW10dU : JdCuxKbuvI
この飯岡助ナントカという御方、ますます品性下劣になってきたね。

小野田氏は、天皇の系譜については専門家でも何でもなく、単なる常識しか知らない方。そしてかの戦争の被害者でもある。
言わば、有名人?だからと言って、流れで出た言葉をそのまま鵜呑みにする人はまず居ない。

逆に言えば、こうも情けない些事を記事にするほど、余裕が無いという証拠かな。


14. けろりん 2014年1月21日 13:23:19 : xfW5FN1G6ouU2 : EQa68w7YoN


そもそもが、記紀は・・神武・新羅藤原が、先代旧事本紀を元に
ねつ造・改編した・・、
蘇我の荘園制を完遂させるための・・ある意味『偽書』だからな


奈良から始まる天皇制は、物部の太古神道にかぶせた
奴隷制度の根幹部分だからな・・・
半島からインド・カースト制度を持ち込んだ・・・
それが、聖徳の狙いだ



15. けろりん 2014年1月21日 13:26:36 : xfW5FN1G6ouU2 : EQa68w7YoN


>天皇の系譜については専門家でも何でもなく、・・・・

キミは天皇家と繋がっている・・のか?
どこまで天皇家を知ってるんだ・・???
>13. 忍穂耳の垢・・・


16. 忍穂耳の垢 2014年1月21日 15:34:25 : 5n2KmwfCW10dU : JdCuxKbuvI
>>14.けろりん 殿

お勉強の跡は窺えるが‥

>そもそもが、記紀は・・神武・新羅藤原が、先代旧事本紀を元に
>ねつ造・改編した・・、
>蘇我の荘園制を完遂させるための・・ある意味『偽書』だからな


蘇我の時代に日本が大きく変わったのは確かだ。
だが、記紀が先代旧事本紀の「ねつ造・改編」作とは、これは、馬脚とでも言おうかな。

古事記は古事記専用の語彙群で構成されており、それは日本書紀も同じ、
日本書紀は日本書紀専用の語彙群で記されている。

その例のひとつとして、万葉仮名の「を」を挙げると、古事記系なら主に「袁・遠」、日本書紀なら「烏・塢」が用いられている。同じように神名に使う漢字も、各々特有の語彙が使われているのは、古代を学ぶ者には常識だろう。

このように、古事記、日本書紀それぞれに、言わば「閉じた」体系をなしている。このことが意味するのは、古事記、日本書紀はそれぞれに、独立して編纂された可能性が高いということ。

それに対して、先代旧事本紀は、専用の語彙群で「閉じた」体系をなしていない。
あまつさえ、
「閉じて」いないだけでなく、古事記の語彙群と、日本書紀の語彙群の、混在・混用が激しい。
これが意味する事は、どうみても、記紀が出た後で、それらの語彙群を借用して出来たのが先代旧事本紀。

先代旧事本紀のこうした評価を、ひっくり返すほどの説得力のある新説は、いまだ聞いたことが無い。

こんなことは、記紀と先代旧事本紀の、原文をちゃんと読めば、解ること。
原文を読まずに、それらを思惑まじりで解説した、二次資料、三次資料しか読まないから、異説・珍説が絶えない。

とまれ、
そうした記紀とて、太安万侶の序にある帝辞、旧辞の存在にみるように、全くのオリジナルではない。
先代旧事本紀も、単に偽書と退けられるものではなく、その中には、古い伝承が記されている可能性がある、とは断っておくが。


17. 飯岡助五郎 2014年1月21日 16:38:16 : VssSC.kx7zq3c : ZFMrBkbqVM
13さん

論点を摩り替えてないでね。

>小野田氏は、天皇の系譜については専門家でも何でもなく、単なる常識しか知らない方。そしてかの戦争の被害者でもある。
>言わば、有名人?だからと言って、流れで出た言葉をそのまま鵜呑みにする人はまず居ない。
>逆に言えば、こうも情けない些事を記事にするほど、余裕が無いという証拠かな。

論点は、
戦中は陸海軍の統帥者であった昭和天皇の命令を信じ、マッカーサーを敵だと信じて、フィリピンで命がけで戦い、殺人を犯した帰還兵達が、
戦後、昭和天皇に対して嫌悪感を持ったという事実だ。

その証拠の一つが、小野田さんの天皇に対する感情表現であるところの「雑種の中へ純血が出ますからねヘヘへ」ですよ。



18. 忍穂耳の垢 2014年1月21日 19:39:57 : 5n2KmwfCW10dU : JdCuxKbuvI
>>17 殿

そんな都合のいい論点?を出されても‥

引用していただいたコメントにあるように、小野田氏は、かつての戦争の被害者でもある。
戦争に敗れ、戦後の日本に帰ってきた方の内面は複雑だろう。

戦後そうした空気に浸ったのは、何も軍人だけではない。
多くの日本人が、かつての日本軍のイケイケの時代の精神に、区切りを付ける為に、そのイケイケの象徴であった「天皇」を揶揄したことも、あったかも知れない。

こうした心情は、戦後日本人が皆背負った、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を、克服する過程のひとつだと思う。
戦後はまだまだ、そうした障害を引きずりつつ、戦前との区切りをつけてきたのだ。

そうした、病状の一コマを捉えて、小野田氏を “昭和天皇の命令を信じ、マッカーサーを敵だと信じ・・” と論理一貫していたかのように捉え、天皇を否定したい論理に繋げるのは、少々強引なお話だ。


なにも小野田氏に限らず、戦後の日本人は、かつての軍国主義的精神を否定するために、そうした精神と強く結びつけられていた「天皇」を否定する言辞を口にした。
だが、そうしたPTSDが静まってみると、天皇という存在は、その忌わしい軍国主義的精神よりも、もっと深く、日本の基礎をなしていることに、日本人はあらためて気付いている。

日本を構成している、伝統文化の隅々にそれはある。
それは、かつての軍国主義的精神が強要した「秩序」ではなく、親の惜しみない「慈愛」だ。そうした「慈愛」と、それに対する「敬愛」が、日本文化の隅々に宿っている。

だから、
軍国主義的精神の象徴であった「天皇」を否定したからとて、この日本文化に遍在している天皇までも否定しているわけではない、ということだ。貴殿には、日本文化に遍在している天皇なるものが、ご理解できているかどうかは分らぬがね。

それと、小野田氏が語る否定辞の内容についても、それは、戦後という時代の空気と、アングラな情報が、その元となっているわけで、一種の戯れ言と言ってもいい。要は、各自の内面で、過ぎ去っていった時代にケリをつけるという目的に適えば、それでいいのだ。


あと、このコメントは折角の機会なので思いつくまま、推敲もせずに打ち込んだもの。片言隻句を捉えての揚げ足取りなぞ、無粋なふるまいの無きよう。


19. 2014年1月21日 20:15:04 : Atyw20tnCE
ぬーーーーん。
何言ってんのかよくわからんw

30年もジャングルに一人でいるとやはり頭おかしくなるよな。
いや
頭おかしいから30年もジャングルにいたのか・・


20. 2014年1月21日 20:54:47 : AzEIYK9yFI
平安時代にしても、藤原氏は源氏の家臣だったわけですが、
いつのまにか源氏を追い出して藤原氏が天皇家となっている。
源氏の血筋は迫害され、結局は国民の中へと流出してしまう。

すると何が起きるかというと血筋の逆転が起きるわけでしょう。
私たちが信じている身分制度というのはそういう脆いものであるのですね。

ある人々は望むものを奪い取ったが、その結果、
権威を失ってしまったということかもしれません。


21. 2014年1月21日 20:57:18 : Wr5cvCffrE
皇室だろうと一般人だろうと、2000年も続いている国で純血なんてのは、どう考えてもムリ筋だから、正直どうでもいい。
しかし、日本は安倍とか小泉とかクソ役人とかヤクザとかカルトとか、反日ニセキムチが支配する国になってしまったのは確かなことであり、それは明治維新から始まり、第二次大戦後に顕著になったといえる。
ヤツラのバックにいるのは欧米のニセユダヤであるが、まずこれを知らないと一生B層のままである。

22. 2014年1月21日 21:49:27 : A4GQ7o9O02
小野田さんは、中国語、英語に堪能。旧制中学卒業後、中国で貿易商社に勤務。
たいがいの外国情勢は、熟知していたはず。
諜報任務ゆえ、爆薬の作り方から鉄道の爆破工作までなんでもこなすようにトレーニングを受けていたようだ。
帰国後の日本(軍人たちの豹変ぶり)のテイタラクに絶望して、ブラジルに渡ったんじゃないだろうか?

23. 2014年1月21日 22:00:49 : 1VZstfifK6
今生きている人は全員、40億年の生命の歴史を受け継いでいます。
このコメントを見ているあなたも、40億年の歴史の継承者です。

純血がどうだとか、人間が勝手に決めたくだらない虚構にすぎない。


24. 2014年1月22日 00:22:40 : 7a485pUwzQ
>>23さん

あさましいのが、人間。
だけど、それはいつか、消える考えでは。
まだ始まったばかりだから、許してくれ。

今夜、散歩しながら考えていた。
地球も46億回、太陽を廻ったんだよな。
すごいよな。
でも、人間の一生と地球の一生は同じような気がする。
たぶん、間違ってないとおもう。


25. けろりん 2014年1月22日 03:29:47 : xfW5FN1G6ouU2 : hCBoq92Z4U

>18. 忍穂耳の垢・・・とやら、

>古い伝承が記されている可能性・・・
・・・・とはなんだ?・・・わかるか?

『 中華漢字・語彙群 』と「 万葉っかな 』の本質的差違問題が
記紀問題・・ともいえるわな・・?・・西洋で今流行の、構造言語学というやつだ。
その>思惑まじりで解説した、二次資料、三次資料しか読まない
あるいは、鼻から記紀のお研究・信仰読みだから・・わからんか?



26. けろりん 2014年1月22日 03:37:05 : xfW5FN1G6ouU2 : hCBoq92Z4U

>18. 忍穂耳の垢・・・とやら、


・・・・日本書紀に登場する
ナミ・ナギの仲介役を果たした < 菊理姫 >問題が
記紀問題の本質だ・・・・。

これは歴代のアカデミズムも、平田篤胤も、本居宣長も、
ましてや、伊勢神道界でも、解けなかったハナシだ・・


27. 尾道にゃ、ぬこにゃ 2014年1月22日 06:17:40 : GC.5os/4.vJ1. : eiJSlNI2xY

直系の血が繋がってるはずないですよ
たいてい、何度も他の血に変わってます
血が濃すぎて、人を為さなくなります
それに謀略は何度もあるに決まってるし

「形」が千年以上続いてるのです

少なくとも50世代も経ってれば、ほとんどの日本人は関係してるかもね
うちも母方は1200年以上の皇室を祀る宮の宮司だからありうるし
父方は源氏系だから、どっちにしろ関係ありそう
 


28. 2014年1月22日 08:57:37 : jDUea84PZI
小野田氏が帰国されてから、地元に帰るまで、
なんと1か月も東京に足止めとなっていますね、
横井氏とは雲泥の差でした。
この間のことは、彼は漏らしていませんが、
政府は何をしていたのでしょうか。

金塊の守り人だったのか
憶測の範囲ですが。
当時うわさされていました。

小野田さんの姿勢には、本当に
頭がさがります。
私たちは彼のことを、後世に伝えます。
けして、忘れません。


29. 2014年1月22日 08:58:06 : nNPddbW4SY

>>19さん

小野田少尉は頭がおかしいからではなくて、命令を受けて、戦い続けていたのです。

最後まで降伏を拒否し、日本から彼に対する命令を解きに行って、初めて戦闘を中止

したのです。軍人の中の軍人、軍人の鏡です。その彼が言っていることは限りなく

重い。

日本人はそれを噛みしめるべきです。


30. 2014年1月22日 13:14:49 : crtxWKDl8g
國の英霊に対して「心ならずも戦死された(本当は戦争に行きたくなかったのに戦争で死んでしまった)」と言う人がいます。そかし、これほど英霊を侮辱した言葉はありません。

皆さんの中には特攻隊の遺書をご覧になった方がいらっしゃるでしょうか。特攻隊の遺書には、「心ならずも(本当は行きたくなかったのに)」なんて書いてありません。私も当時、特攻隊の方々とほとんど同年齢でありました。私がもし当時戦死していて、「心ならずも死んだ」と言われたら、侮辱されていると思って怒ります。

当時の私たちは、死ということに拘泥しない、深く考えない、死んだら神様だと、そういう考えをしていました。何故かと言いますと、戦争には若い者が先頭に立たなければ国の将来がないということをはっきり考えていたからです。お国のために命をかけて働いているので、兵隊は普通の人の半額で映画館に入ることができました。それで、「映画半額、命も半額、死んだら神様だ」などと笑いながら話していました。これが当時の私たちの戦死に対する考え方だったのです。

当時は徴兵令で、満20歳になると身体に異常のない男子はみんな兵役につかなければなりませんでした。だから「心ならずも」と言うのかもしれませんが、それは当時の私たちの気持ちを表した言葉ではありません。好きで兵隊になったわけではなくとも、多くの人間は国のために死ぬ覚悟を持っていました。戦争に負けた後、戦後の教育で洗脳され、本当の日本人の気持ちを理解できなくなった人が、そういうことを言うのだと思います。

小野田 寛郎


31. 2014年1月22日 14:02:42 : 243PxYnnfM
天皇家は雲の上の人達

我々庶民には何の関係もありません
皇族が沖縄に行っても何も変わらない虐げられている沖縄の基地や日本の原発、別時限の雲の上の人達です
おそらく太郎の手紙も何の意味もないでしょう。

頼りは庶民の力のみ

つくづく思う


32. 忍穂耳の垢 2014年1月22日 14:33:47 : 5n2KmwfCW10dU : JdCuxKbuvI
>>25.〜26.けろりん 殿

ふむ、すこしだけ、お相手してみようか。

>『 中華漢字・語彙群 』と「 万葉っかな 』の本質的差違問題が
>記紀問題・・ともいえるわな・・?・・西洋で今流行の、構造言語学というやつだ。

何が言いたいのか、意味不明だが‥
“構造言語学”?、それは音韻論の異称だと思うが、違うかね。

もし合っているなら、
それは、異言語間のハナシを考える際には、当然必要な考え方だ。
もっとも、漢語と和語との、差異が見えていない日本人にとっては、実に不得意な分野だが。
例えば、早くから取り組んだ、有名な時枝誠記とて、この音素論を正確に理解していたかどうか、かなり怪しい。
証拠に、くどくどと、どうでもよい論説の山を残している。弟子も心労が絶えなかろうに。

はて、その音韻論が“記紀問題”になるというのは、いったい何かな?


>あるいは、鼻から記紀のお研究・信仰読みだから・・わからんか?

“信仰読み”ね、なるほど。

これまた思い込みが激しそうだね。
残念ながら、記紀を有り難い“聖なる書”として読んだことは、一度とて無い。
特に、古事記には、申し訳ないが、かなり批判的だ。

だが、記紀についての自由な仮説を披瀝する場は、それこそ此処の、“雑談”や“空耳”の板での方が、宜しいのではないかな。


>ナミ・ナギの仲介役を果たした < 菊理姫 >問題が
>記紀問題の本質だ・・・・。

ほう。
そんなに勿体ぶって語らずとも。(笑)

その菊理姫の前に、“記紀問題”とやらを述べられるのが先だろう。単なる自己満足なら話は別だがね。
だが、この“戦争”板というのは、ちと場違いな気がするがね。


33. 2014年1月22日 15:45:19 : nNPddbW4SY
>>30さん

無条件降伏するなどという、恥ずかしい戦争に突入して兵士、下級将校にそういうこ

とをさせた戦争指導者たちは本来日本人が罰しなければなりませんでした。


34. 2014年1月23日 02:23:04 : LRfgnwgHkI
天皇家は侵略民族。
郷に入ったら郷に従えなのにその反対を行って、
先住民族を虐殺しまくったその性質は変わってないだろうね。近代史が
証明した。

35. けろりん 2014年1月23日 11:02:15 : xfW5FN1G6ouU2 : fwYF2O3dy6


>32. 忍穂耳の垢・・殿

真贋問題に端を発するところから・・・だったのでそこにテーマを絞るけれどもね・・、

神話創設とは・・古事記に関すれば「稗田 阿礼」・・かんなぎ(巫女)の神下ろしと審神者太安万侶が記述していったもの・・・とはなっているが、元明天皇からの意図は、藤原荘園制の根拠作り・・だな。かんなぎ(巫女)とは、いまのコトバに直せば、想念世界のチャネリングだが、実際には「稗田 阿礼」の誦習・・とある。・・・誦習とは、物部が連綿と続けて来た、口伝・口承のコトだ・・・。


想念世界とは、現在のコトバで直せば、深層無意識・・あるいは集合無意識になる。・・・神の世界の神降ろしとは、かんなぎが降ろして来る、クニを作ろうと図るその時点での(日本人)の集合無意識が引き出されて来る・・・クニというものが出来上がるまえには、すでに想念世界ではできあがっているんだよ・・。

管理支配体制など・・いわば、冨のピラミッド構造の・・精神性のピラミッド構造ではなく、貧冨のピラミッド構造の社会体制など、物部は容認できなかった・・・。それは、かんながらの口伝・口承とは真逆のものだったからだ・・・。元明と藤原が意図したものは、官位十二階と荘園収税システムの盤石な体制の、神話作り・・・物部の口伝の捻じ曲げが行われた・・ということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長くなるので、端しょるが・・・

そういう意味の< 真贋・偽書 >から言えば・・・
西洋世界の根幹を成している・・旧約聖書も偽書だ・・・
偽書の書き直しに・・イエスは産まれて来た・・と言える。


どこのクニもそうだが、神話がクニ造りの根幹になる
< 国魂 >・・とは、想念世界の集合無意識のことだ。
チャネリングのことが解らなければ、記紀なども
読み解けなくなる・・・。

寅吉によるチャネリング記録が篤胤の業績だろ・・?
その当時に、すでに地球は丸い、月は空洞だった・・
までの報告が上がっていたんだ・・。

『 かな 』は漢字を崩して出来たんじゃないんだ・・。
『 かな 』は、ある時代の卑弥呼・・これは役職名だが、
その太古の卑弥呼役がチャネリングで神降ろしで引き出した
漢字以前の 言霊文字だ、ということだ・・・。


36. 忍穂耳の垢 2014年1月23日 18:09:58 : 5n2KmwfCW10dU : lvPZGYAAY2
>>35. けろりん 殿

小野田氏とは全く違うハナシになってしまったが、
ま、これも戦争までして守らねばならぬ「国」、我が国とは何かを、取り戻すことになるかと。
ちと長くなるかも知れない、興味の無い方は、飛ばしていただきたい。


>・・かんながらの口伝・口承とは真逆のものだったからだ・・・

>そういう意味の< 真贋・偽書 >から言えば・・・
>西洋世界の根幹を成している・・旧約聖書も偽書だ・・・
>偽書の書き直しに・・イエスは産まれて来た・・と言える。

なるほどね。なかなか面白い。
だが、誤解される度は、わたし以上で、満点だ。(笑)

云いたいことは解らぬでも無い。
口伝・口承を重んじるのは、そうした方法でしか正確に伝わらない情報が “厳として” 存在していたからだ。

今の現代人は、文字メディアに慣れてしまって、それが万能だと勘違いしている。
だが、映像メディアの隆盛にみるように、文字は万能ではない。
古代人は、そうした素朴な事実が、現代人以上に、ちゃんと分っていたということ。

そして、口伝・口承が絶えることによって失われる叡智があることを、何よりも危惧し、戦慄していた筈だ。
そのコトバの響きを重んじる姿勢が、後にそれを、聖なるもの、あるいは、オドロオドロしいものと、神秘化していった。

それと同じ意味で、
イエスはパリサイ人を叱責した。
パリサイ人とは、まさにその文字の万能に溺れ、高慢になった人々。その意味で言うと、パリサイ人とは現代人と同義である。
イエスが一切の書物を残さなかったのは、パリサイ人と同じ過ちを犯してはならぬという意味がある。
それは仏陀においても、然り。
そうした意味では、後の「聖書」の編纂は、イエスの意を嗣いでいないという意味で「偽書」と呼んでも、間違ってはいない。
だが、往時の情勢では仕方がないのではないか、とも思う。これは「宗教」が抱える本質的な課題だ。


>『 かな 』は漢字を崩して出来たんじゃないんだ・・。
>『 かな 』は、ある時代の卑弥呼・・これは役職名だが、
>その太古の卑弥呼役がチャネリングで神降ろしで引き出した
>漢字以前の 言霊文字だ、ということだ・・・。

“言霊文字”か、そうした超自然な世界に追いやってしまったから、何が本質なのかが分らなくなったのではないかな。

「かな」を、そうして祭り上げてしまうのは、かの漢字を生んだ大陸ではお得意の手法だ。その影響を受けたのか、記紀にみるように、日本でも多くの理解不明なものが天上界に祭り上げられてしまった。
もう、そうした、超自然で神秘的なものとして、祭り上げるクセを止めた方が良い。

ハッキリ言おう。
柿本人麿や山上憶良が「言霊」と表現したものは、遥か後代になって発見された「音素」に相当する。
そう、貴殿の云う「構造言語学」の祖・ソシュールが、認識する最小単位として示した「音素(音韻)phoneme」だ。

おそらく、漢字・漢文が定着しはじめた奈良時代だからこそ、漢字文化にはどうにも居場所がない、日本語音韻をなんとか表現するために「言霊」という表現を選んだのだ。
万葉集は、そうした日本人の止むに止まれぬ情熱によって生まれた。
だが、その「コトタマ」という語彙に込められた、今からすると驚くべき程に未来的で、当時では及ぶもののなき高度さを、理解できない者が、安直に神秘化し、「言霊」と祭り上げてしまったのだ。

もちろん、神秘的な側面は皆無ではない。なにしろ、その音素を組み合わせる「名付け」によって、初めてモノは意識の対象となり、存在し始まるからだ。それは、古代人のみならず現代人にとっても、未だ未知の領域だとも言えるだろう。「名」を呼ぶことが現実化をもたらす秘密がここにある。

人間は声帯を失っても、訓練によって食道音で発話できる方が居るらしい。ところが、聴覚を失うと発話機能まで失ってしまう。それが意味することは、言語にとっては、発声機能よりも認識機能の方が根本的に重大だということ。
それはつまり、音を一つの単位に分別し認識する、意識作用の単位としての「音素」の重要性を示唆している。
人麿や憶良らが、そうした日本語音韻を意識していたのなら、驚くべきことである。
まさに「コトタマ」に相応しい。そうみてはじめて、多くのナゾが解けてくるだろう。

今の日本語学では、拗音などの朝鮮系音韻が重乗して、すっかり分らなくなっているが、往時の日本語音素は、音節でもある「かな」音が、そのまま音素だった筈だ。それが「蝶々」を「てふてふ」と記す習慣として、戦前まで残っていたのだ。

それを、音素の意味もよく分からぬ学者どもが、中国音韻学由来の音声学的視点で、日本語を論じてきたのが、今まで。
中国音韻学が基礎にあるのだから、そこから出てくる結論は既に歪んでいるのは言うまでもない。酷いものは、奈良時代になって日本語が出来たとみるものさえあるくらいだ。
逆に言えば、そうした愚かさに覆われているからこそ、我々日本人は「言霊」に頼りたくなるのだ。

貴殿の、“太古の卑弥呼役がチャネリングで神降ろし”とは、わたしからすれば象徴的な表現であり、その実は、音素集合である「かな」音韻は、奈良時代どころか、それ以前から、日本人の集合的意識層に、厳然と存在し続けてきたということだろう。

それと、“『 かな 』は漢字を崩して出来たんじゃない・・” などと云ったら、誰も相手にしてくれない。「かな」が万葉仮名の草書体から変容して出来たとみるのは、学校で習う程の常識だ。
そうではない。
「かな」にみる日本語音韻が、既に到達点として日本人の集合的意識に存在していたからこそ、実にあまたある万葉仮名から抽出され、デフォルメされて「かな」が生まれたのだ。そうみてはじめて「かな」文字が生まれた必然性が説明できる。

現代人は、かつて存在し、消えていった、文字を持たぬ文明が理解できないでいる。
だが、そこには、現代人が知り得ない叡智が「咲きはふ」世界だった。
日本人も、かつては其処に住んでいたということを、もうそろそろ思い出す頃なのかも知れない。


37. 2014年1月24日 00:46:57 : lXNq4S0pWE
困ったもんだね。太古の日本人のすごさが判ってないね。
日本人の半数以上が縄文人直系の子孫だね。縄文人は16500年前に縄文土器を
作った人が日本に継続的に住んでる訳だ。骨は一部は3万年前で湊川が2万年前だね。ここまで遡る先祖がいるわけだ。固定された地域では朝鮮人中国人は足元にも及ばない歴史を保有する訳だね。昭和の共産系の学者が率先して騎馬民族説を唱えたが天皇は縄文系という事で吹っ飛んでるね。

漢字を導入するがここでも秀でた日本人の応用力が出るね。日本語に当てはめていく訳だがここで漢字にカタカナ、平仮名併用を思いつく訳だ。表音文字は平仮名でいいわけだね。確か日本書紀辺りの編集者がこれらの文法を確定させるね。
朝鮮と比較するとわかり易いが朝鮮では漢字は中国語しか使わず朝鮮語の表記文字はないんだよ。これが日本以外の国情だよ。朝鮮語で文字が書けないんだね。で併合時代に日本が率先してハングルを導入する訳だ。
ついでに争いの時代が始まり鉄器が日本に伝わるがみようみまねで多々良製法という世界に類のない鉄の製法を確定しそれが神刀と中国で重宝される日本刀を作る流れになる訳だ。近世にドイツ人ジレット博士が日本刀の切れ味のすごさの秘密を解明しその製法を用いて世界一のカミソリメーカーになった訳だ。


38. ふんわり 2014年1月24日 16:46:26 : ojxaGJ1RAKv/o : WNSPGcaZcg
小野田さんは、受け入れたくなかったんだろうな、自国が負けたと言う事実をただ受け入れたくなかったのだと思う。恐らく頭のどこかでは気付いていたはず。

でも日本が勝利すると強く信じていたんだよ。いや、信じたかったのかな。

現実を受け入れなくとも「もういいよ、十分だよ」と言ってくれるのをどこかで待ってたんだろうか。

戦前や戦時中の日本の戦争映画は非常に明るい。

あの頃は皆が必ず日本が勝利すると信じていた(ごく一部は?)

だから死んでも良いと思って皆が戦った。

自分が死んでも家族が幸せに暮らせれば良いと戦った。もちろん天皇を信じていた。

必ず勝利すると多くの人が信じていたんだよ。

じゃなければ、突っ込んで死にいけるかい?

知識だけで当時の人達(日本人だけではない)を今の人が語るのは無理だろう。

現代の人にはわかるはずない。

それだけに当時を知っている彼の言葉は貴重なんだよ。

人によって解釈は違うはず、自分なりに考えるべき事だろう。
知識をふりかざして何が正しいかを決めようとしてもね〜〜〜おかしいよ。


39. 2014年1月24日 19:21:47 : WzX8nPCmYM
小野田少尉は終戦後に生還した日本兵の気持ちも受けた非難も意味が分からず死ぬまで食ってたんだろ。

日本史も知らずに天皇を皮肉る資格など無くて死んだ日本人だ。

時代も分からずに他界した人間などには現代の人間を諭すことはできない。

フィリピン島でのサバイバルは一度小野田少尉を原始人にしたからだ。


40. 2014年1月25日 06:15:45 : WzX8nPCmYM
>>37. 2014年1月24日 00:46:57 : lXNq4S0pWE 馬鹿だろ歴史の捏造レベルだ

  >>漢字を導入するがここでも秀でた日本人の応用力が出るね>>

漢字は伝来したんだ。最初から読めた日本人などいない。当たり前だろ。

今まで何百年かかったと思ってるんだ。今の教育レベルで漢字の理解力がつくまで戦争で何百万人の日本人が犠牲になったのか。

秀でた能力があったのは欧米文明と欧米文化の方だった。ろくに漢字も読めない日本の逆賊が威張って亡国の政治を行ってきたから日本では戦後にようやく文盲がいなくなった。

何が秀でた日本人だ、花畑で黄昏る低能野郎。お前は人の成果を我が物に語る恥知らずも恩知らずもいいところの情けない馬鹿丸出しの日本人だ。バカヤロ!!


41. 2014年1月25日 08:35:02 : lXNq4S0pWE
>>40

なに言ってんだよ在日朝鮮人か拝朝鮮共産教が。
文盲か。これも朝鮮と日本では大きく意味が違うね。
日本人の場合漢字とひらがなさえ覚えれば文章が読めるし書けるね。
朝鮮は口語の朝鮮語、と読み書きの中国語ができないと文盲だね。
教育という点からは植民地の土人と文明人の違いくらいの文明のインフラのハンデがある。
現在漢字を残してるのは中国と日本だけだよ。漢字の導入の真の意味は文化を借りてくるのではなく真に理解し活用する文明人でないといけない。なぜアジアでいち早く文明開化を日本がなしえたのか?自国の文字を持ってないという日本人には信じられない未開の朝鮮人たちなんだよ。東南アジアはアルファベットとアラビア文字を導入してるね。台湾および上海などの地方の中国人は日本で言う訓読みを一部してるね。

この事象を歴史に置き換えると日本の支配者は通常日本語を使ってるので漢字を導入しても便利が非常に悪い。仕方なしに必然として訓読みを発明する訳だ。
方や朝鮮支配階級は普段中国語を喋ってれば漢字に訓読みなんて必要ないわけだ。
結論的には朝鮮の民衆から考えると朝鮮は昔から流入勢力による植民地なんだよ。
朝鮮人の民衆から考えると朝鮮語で文字を書きたいという要求があったとしても
支配者から弾圧されたのかもしれないね。
現在の比較文化でいくと朝鮮人は論理的思考の活用が上手くない。矛盾、疑問をふっとばしウリナラファンタジー作り出し盲目的に信じる訳だ。ノーベル賞も平和賞以外かなり無理だろうな。

脱亜論を福沢諭吉が明治18年に書いたが中国、朝鮮は日本との国民性の違いをかなり不思議がってたが今だったら明確に民族が違うと断言してあげたのにね。
ここでは近代化の必要性を中国、朝鮮に説いたが時の権力者は無視し続けさらに日本を蔑視してたね。ここですでに予言的に近代化しないと近いうち西洋の植民地化の餌食になりいずれ日本の災いになると言ってたが歴史は体現したね。
ま韓国の反日は日韓併合、大東亜戦争がなくても何かにつけ蔑視してるんだろうね。明治の初頭の朝鮮の言動と同じような現在の反日も太古から長い間、虐げられた歴史に作られた国民性から来るんだろうね。
”漢字は伝来したんだ。最初から読めた日本人などいない。当たり前だろ”
この視点はなんだ?おいらの言ってる意味判ってるんだろうか??


42. 2014年1月25日 09:11:21 : lXNq4S0pWE
41
修正
”自国の文字を持ってないという日本人には信じられない未開の朝鮮人たちなんだよ。”
自国語の文字を持ってないという日本人には信じられない未開の朝鮮人たちにとってははかなり難しい”かな?後から当てはめると難しいね。
書いてて判った事は朝鮮民族にとって大衆の文明の進歩なんてないんだね。
朝鮮民族の建国=朝鮮語での表記のための文字の制定は結局、日韓併合時代である。
朝鮮通信使が江戸時代に日本の進んだ農法をしらべたり水車を調べたり染料がなかったり橋がなかったり、、、大衆文化は伝承ができないのか。

43. 2014年1月25日 11:48:04 : WzX8nPCmYM
>>41. 2014年1月25日 08:35:02 : lXNq4S0pWE 煩い、低脳!

見苦しいぞ!低脳思考回路のくせに朝鮮を意固地になって批判するとは。

恥さらしの日本人なら別に生きる価値がないだろ。

死ぬ前に考えを改めろ、馬鹿野郎!!

基地害めが!!


44. 2014年1月25日 11:51:16 : WzX8nPCmYM
日本人は他国の悪口を言わなくても世界と仲良くやっていけるんだよ。

全てが馬鹿ウヨのせいで台無しにされる。

馬鹿ウヨの境地は修羅界所具の地獄界だ。

意味も分からずにいつまでも半島批判してろよ、バカヤロ!!


45. 2014年1月25日 13:12:12 : lXNq4S0pWE
うそは書いてないよ。
反論するなら論理的根拠をしめせよ。議論にならないよ。
6000年前の三内丸山時代は日本列島は大人口集積地帯かたや朝鮮半島は土人の旧石器時代か無人地帯。

現在北朝鮮は国教が共産教の前近代的な金王朝。南は反日を国の国是とするゴロツキ国家。早く健全化しないと日本にとって極めて迷惑なんだよ。

中国の反日は2面性で理解できるが、、、”中国娘”での日本のカルチャアーで溢れてるが韓国は理解に苦しむ国民性だよ。中国とは絶対戦争にならないが韓国対北、日本連合でありえるな。

http://www.youtube.com/watch?v=Tvdvv53lRzE

日本の歌をこれだけ消化する現中国娘。国としての将来の可能性をかいま見ることができるが韓国は嘘の歴史でデスカウントジャパンにやっきだよ。ヨーロッパも弱者が抗議する事自体基本的に真実の抗議のはずだが韓国の場合違うと気付くだろうな。ちなみに性病と言われてる子宮頸がんのウイルス感染率は性にオープンな欧米
は70%、欧米化した日本は20%、韓国は、、、40%。この日韓の違いは売春業が日本より盛んだと言う事だよ。恐らくイスラム国家なら10%以下だろうね。自国のためにまづは慰安婦像を建てろよ。漢字文化の話がここまで来たが昨今の韓国の振る舞いは無礼千万、アメリカでの韓国人襲撃、オーストラリアの排斥、韓国人売春婦逮捕等々があるたびに韓国による日本叩きが起きて韓国と一等国である日本の関連性を全面にだし煙に巻くやり方は迷惑だよ。ただただはやめてほしいね。


46. 2014年1月25日 17:14:42 : gmKE88js4E
★雑種の中へ純血が出ますからねヘヘへハッハッハッハッフッフックッククック」

ヒント 大室寅之祐  

後は検索してね。


47. 2014年1月25日 20:08:08 : ESgW4yyyt6
軍人勅諭と教育勅論
読んでみたらいいよ

ほんと朝鮮人も日本の歴史追わないとわけわからんもんな
併合中教員専用学校お揃いで立ててたのも日本だしな
ほんと全部投げっぱなし


48. 2014年1月27日 13:15:24 : bMXFqGJMT2
自衛隊と警察と公安

時に日本の命令を聞き

時にアメリカの命令を聞く

2重スパイ

日本の政治家に対する工作の実行犯は

自衛隊と警察と公安

あいつら自分の家族も実行犯としてよく使うよ



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧