★阿修羅♪ > 戦争b12 > 555.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米NSA、他国の通話内容をすべて記録する監視システムを構築  Intelligence News and Reports
http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/555.html
投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2014 年 3 月 20 日 14:47:38: 4hA5hGpynEyZM
 



19日付『Washington Post』は、元米中央情報局(CIA)スタッフのエドワード・スノーデン(Edward J. Snowden)氏がリークした機密情報などから分かったこととして、米国家安全保障局(NSA)が特定の国を標的にして、その国で交わされた通話内容を記録・保存し、必要に応じて、記録した音声を再生することができる情報監視システムを作り上げていたと報じた。

このシステムは、「MYSTIC」という音声傍受プログラムによって、標的とした国で交わされた通話内容をすべて記録することができる仕組みになっているという。2009年の段階では、まだ一カ国のみを標的として運用されていたが、2011年に「RETRO」というツールが導入されて、記録した音声データを保存しつつ、必要に応じて、そのデータを取り出して再生することができるようになった。保存されたデータは、30日前までさかのぼることが可能で、データの規模は、数十億件に上ると見られている。

匿名を条件にして語った米政府関係者の話によると、「RETRO」は、分析上、初めて登場した名前や電話番号について調べる際、非常に価値のある情報を提供してくれるという。実際、「MYSTIC」に関わっている幹部級の政府関係者は、保存されたデータから事前に標的とすべき人物を特定することなく通話内容を再現することができるので、そのプログラムをタイムマシンになぞらえている。また、NSA以外の情報機関も「MYSTIC」にアクセスすることが認められていたほか、2013年10月までに6カ国を標的としてシステムを運用する予定であったようだ。

ただし、具体的にどの国が標的になっていたのかについては公表されていない。これは、米政府当局の要請に基づき、このシステムがすでに運用されている国や今後、運用対象となりうる国を特定できるような情報について掲載しないと、『Washington Post』が判断したことによるものである。

今回の報道について、ホワイトハウスのカイトリン・ヘイデン(Caitlin Hayden)報道官は、問題となっている特定の情報活動についてコメントすることは避けたいとしながらも、一般論として、安全を脅かす脅威が大規模で複雑な現代の通信システムの中に身を隠しているとし、そうした脅威を明らかにするには、一定の状況下で通信情報を大量に収集せざるを得ないとの見解を示している。

また、NSAのヴァニー・ヴァインズ(Vanee Vines)報道官は、昨年6月以降、アメリカの情報活動で用いられている技術や手法に関する報道が相次いでいる状況について、「アメリカとのその同盟国の安全を大きく損ない、保護されるべき人々を危険にさらすものだ」として、不快感をあらわにしている。

【関連文書】
NSA symbolizes data-collection program with wizard
Washington Post, March 19, 2014.

Description of data collection by NSA under MYSTIC
Washington Post, March 19, 2014.

Adding a country to MYSTIC efforts mentioned
Washington Post, March 19, 2014.

【関連記事】
"NSA surveillance program reaches ‘into the past’ to retrieve, replay phone calls"
Washington Post, March 19, 2014.

"U.S. NSA records all calls in targeted foreign nation -report"
Reuters, March 19, 2014.

"Report: NSA can replay, retrieve foreign calls"
USA Today, March 18, 2014.

NSA、対象国の全通話内容を1か月間分保管可能 米紙
『AFP BBNews』(2014年3月19日)

外国での通話内容全て記録=数十億件、再生も可能−米紙
『時事ドットコム』(2014年3月19日)



米NSA、他国の通話内容をすべて記録する監視システムを構築  Intelligence News and Reports
http://blog.livedoor.jp/intel_news_reports/archives/37064841.html
----------




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. おみや 2014年3月21日 14:24:48 : 5avMm4ZgNSSko : AYPI9vVA0U
とにかく人の裏話を聞くのは面白いよ、
今回のクリミア侵攻で、ウクライナ国内でCIS残留なんて言う奴居なくなったし
ドネツク市は元はと言えば、ヒューズというイギリス人が鉱山開発でできた市で、
今アメリカにいる子孫はウクライナ人との混血で、市上空を飛ぶ
リーパーに積んであるミサイルはヒューズエアクラフト社製であるのはどこか因縁めいている。

あと黒海に浮かぶイージス艦もインガルス造船所製で、大草原の小さな家で有名な元社主インガルス家もウクライナ人が祖先だときている。

迫害国家のロシアも資源国だから持つのであって、人材をおろそかにし薩摩、長州人ばかりを登用して、科学技術立国の根幹がゆらぎ始めた日本、過去の蓄積でどこまで持つかな?

アメリカの懐の深さと比べるとなさけない、安陪晋三の移民受け入れ政策もそのところからかけ離れている。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧