★阿修羅♪ > 戦争b12 > 878.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《韓国×北朝鮮 いざ戦えば》中国の操り人形…「反日」で取り込まれた韓国 北は「庇護」で体制維持(ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/878.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 18 日 10:55:15: igsppGRN/E9PQ
 

習国家主席(右)率いる中国に、朴大統領の韓国は取り込まれた(共同)


【韓国×北朝鮮 いざ戦えば】中国の操り人形…「反日」で取り込まれた韓国 北は「庇護」で体制維持
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140518/frn1405180830001-n1.htm
2014.05.18 夕刊フジ

★(5)

 「戦わずして勝つ」。中国は、この孫子の兵法をもって韓国の牙を抜くことに成功した。

 東アジアでは、自由と民主主義という基本的価値を共有する日米韓3カ国と、一党独裁の中国・北朝鮮が対峙構図となっている。中国は「このパワーバランスを崩すには、最も脆弱な日韓関係に亀裂を入れることが最善策」と考え、「反日」をエサに韓国を一気に取り込んだ。

 中国の習近平国家主席は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を、古くからの友人として大歓迎した。黒竜江省ハルビン駅に安重根(アン・ジュングン)記念館を開設するなど、韓国の反日感情をくすぐり続けた。韓国は、中国の“結婚詐欺”のごとき戦術に気付かず、「中韓反日同盟」に走ったのだ。

 これは中国の「対米・対日戦略」の一環であり、実は、北朝鮮支援の戦術といえる。

 6カ国協議でも明らかだが、中国の「北朝鮮を抑えられる唯一の国」という立場は、国際社会での発言力を維持できる。一方の北朝鮮は、中国の庇護があれば現体制は維持できる。となれば、中国のためにはひと肌脱ぐ。

 いい例が、2010年11月の韓国・延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件だ。

 この2カ月前、沖縄・尖閣諸島沖で中国漁船衝突事件が発生した。その後の中国政府による不当な対日報復措置は国際社会の批判を浴び、警戒感が拡大した。そんな矢先、北朝鮮が唐突に延坪島に砲撃を仕掛けた。

 これで国際社会の目は一気に朝鮮半島に移り、中国への批判や警戒はなりを潜めた。北朝鮮の砲撃は、高まる対中批判をそらしたのだ。つまり、北朝鮮は“鉄砲玉役”を引き受けることで中国を擁護し、中国の“叱られ役”を演じることで体制維持を図っている。

 北朝鮮の軍事行動の裏には、生殺与奪権を握る中国が常にいるとみるべきである。朝鮮戦争で、北朝鮮軍が壊滅状態に陥るや中国が参戦したのは、毛沢東による以下の決断だった。

 「米軍が鴨緑江南岸を完全に制圧すれば、中国は1000キロにわたる中朝国境を防御できなくなる。(中略)安保面で長期にわたり受動的、不利な態勢にならないためにも、北朝鮮という緩衝地帯を失ってはならない」(学習研究社『朝鮮戦争』より)

 これこそが、現在でも中国が北朝鮮の体制を支える最大の理由といえる。そして、中国は韓国による朝鮮半島の統一を誰よりも望んでいない。

 中国による韓国取り込みは経済面でも着々と進められ、韓国の対外貿易に占める中韓貿易の比率は20%にも上った。

 中国は、政治的にも経済的にも韓国を取り込むことで日米韓連携にクサビを打ち込み、自国の安全保障に重要な緩衝地帯である北朝鮮を守ることに成功したのである。

 韓国はいつになったら、「反日」の代償の大きさに気付くのだろうか。 =おわり

 ■井上和彦(いのうえ・かずひこ) 軍事ジャーナリスト。1963年、滋賀県生まれ。法政大学卒。軍事・安全保障・外交問題などをテーマに、テレビ番組のキャスターやコメンテーターを務める。航空自衛隊幹部学校講師、東北大学大学院・非常勤講師。著書に「国防の真実」(双葉社)、今回の連載のもとになった「日本が戦ってくれて感謝しています−アジアが賞賛する日本とあの戦争」(産経新聞出版)など。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月19日 02:46:16 : TGgfYEbPRU
日ロ中韓米、共に北朝鮮をお荷物扱いしてるんだが、本格的に体制潰そうとする気配が無い・・・。
地域に対する脅威温存で飼い慣らしてるのが実態じゃないか・・・?

衛星の情報云々の話が報道されるけど、危機的状況ならドローンで爆撃してるだろ・・・?


02. 2014年5月20日 15:26:53 : 1geRdsjJSg
別に中国が仕掛けたわけではない。韓国が竹島を侵略したのはいつだったか考えてみろ。そこから既に方向は決まっていた。中国はその韓国に手を差し伸べただけだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧