★阿修羅♪ > アジア15 > 372.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《新・悪韓論》合法的に供応を受ける韓国の公務員 沈没事故の背後に無数の汚職…(ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/14/asia15/msg/372.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 29 日 12:12:05: igsppGRN/E9PQ
 

朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国では、公務員が合法的に供応を受けられる(共同)


【新・悪韓論】合法的に供応を受ける韓国の公務員 沈没事故の背後に無数の汚職…
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140529/frn1405291140001-n1.htm
2014.05.29 夕刊フジ


 欧米やアフリカ、いや東南アジアの人々の目では、日本人と韓国人の区別はできまい。いやいや、日本人と韓国人自身だって、外貌だけ見ていたら、実はどちらがどちらか分からないのが普通だ。

 しかし、内面はエベレスト山とマリアナ海溝ほど違う。金英蘭(キム・ヨンラン)法案が、ようやく実現に向けて動き出したという記事(東亜日報2014年5月22日)を見て、そう思った。

 日本人には信じられないことだろうが、韓国の公務員は現在、合法的に供応を受けられるのだ。

 金英蘭法案とは、元最高裁判事だった金英蘭・国民権益委員長(当時)が11年6月に提示した立法案だ。原案は、代価性や職務関連性に関係なく公職者が100万ウォン(10万円相当)以上の金品や供応を受けた場合、刑事処罰を課すという内容だった。

 これに猛反対したのが、経済官庁ではなく法務省だったことが、韓国らしいではないか。法務省の反対理由は「非現実的すぎる」だったとされる。

 もちろん韓国にも贈収賄を取り締まる法律はある。しかし、その実際の運用を見れば、韓国で「賄賂」「供応」とされるのは、(1)特定の案件のために巨額の金銭授受などがあった(2)政治、社会的な大事件に関連した動きの中で(これは巨額ではなくても)金銭授受があった−と確定した場合に限るようだ。

 金英蘭法案は、旅客船「セウォル号」沈没事故の背後に、無数の汚職があったとの“あまりにも常識的な認識”に基づき、ようやく成立の動きが見えてきた。

 が、この法律が成立しても、公務員は100万ウォン以下なら、堂々と供応を受けられるのだ。つくづく「エベレスト山とマリアナ海溝」だと思う。

 それでも、金英蘭法が実現すれば、韓国社会は変わるのだろうとの見方があるが、私は肯定しがたい。

 一例として挙げれば、法定最低賃金制だ。労使代表と交易委員が徹夜して侃々諤々(かんかんがくがく)、時には労働側、時には使用者側委員が一斉退席した中で未明になって決まる−。ここまでは、この制度をパクってきた本家筋である日本の労使交渉と同じだ。

 しかし、そこまでして決めても、韓国では法定最低賃金がほとんど守られない。労政当局は、摘発はする。が、摘発した中の1万分の1、つまり、よほど悪質な常習業者でなければ処罰しない。

 法令通りに処罰したら、韓国中のコンビニ、中小零細の小売商が、みんな閉店してしまう。

 赤信号、みんなで無視すれば罰せられない。逆から見れば、法定最低賃金以下でも職を求める人があふれているからだ。

 金英蘭法案が6月の国会で成立したら…いや、それすらも、まだ確定したことではないのだ。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧