★阿修羅♪ > アジア16 > 144.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
韓国電力、釜山と九州結ぶ海底ケーブルを計画 日本に電力輸出―韓国メディア
http://www.asyura2.com/14/asia16/msg/144.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 8 月 23 日 15:15:05: igsppGRN/E9PQ
 

韓国電力、釜山と九州結ぶ海底ケーブルを計画 日本に電力輸出―韓国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000001-xinhua-cn
XINHUA.JP 8月23日(土)0時32分配信


韓国紙・中央日報の22日付の報道によると、韓国電力公社は釜山から日本の九州までを結ぶ全長約200キロメートルの海底ケーブルの敷設を計画している。中国新聞網が同日伝えた。

韓国側は「長期的にみれば韓国の電力供給は安定するため、一定の余剰電力が生じる見通しだ。日本では原発停止によって電力不足となるので、ケーブルを通じて日本に電力を輸出すれば両国にとって利益になる」と説明している。

ケーブルは釜山から50キロの地点にある対馬を経由して、対馬から140〜150キロの九州までを結ぶ計画だ。韓国電力公社の幹部が最近、日本側とこの計画について検討している。同社は海底ケーブルの敷設で経験が豊かで、確かな技術を持っているという。

(編集翻訳 恩田有紀)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月23日 17:49:35 : bMPcJNf0qY
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203403704580106341247715292?mod=WSJ_article_EditorsPicks
アジア・オセアニア
膨張する韓国の接待費、不景気どこ吹く風 
By JEYUP S. KWAAK
2014 年 8 月 22 日 08:25 JST

ソウルの江南区にあるクラブ(2012年12月16日) Bloomberg News
 次の仕事をうまく運びため、取引先と夜の街に繰り出そう。それが韓流だ。

 韓国のある与党議員がこのほど明らかにした国税庁の統計によると、韓国企業の接待費は毎年増加しており、2012年まで3年間に約17%増の8兆8000億ウォン(約8900億円)に到達した。国税庁の関係者が国内メディアに語ったところでは、昨年からの累計は9兆ウォンを突破する見通しだという。

 韓国では交際費が税控除の対象になるため、会社持ちで夜遊びするのが普通になっている。江南大学校の税の専門家によると、規模の小さい下請け業者が契約を得るために豪華な接待をするのが典型的なパターンだという。

 高級な場所なら「ルームサロン」と呼ばれるホステスの付くバー、「ヨジョン(天使)」と呼ばれる日本の芸者のような伝統的なサービスが楽しめる酒場がある。さらに男女が楽しめるカラオケバーも人気だ。韓国には高額で、ときにはいかがわしい夜の遊び場がふんだんにある。


 一部の店で男性向けに特別サービスが提供されることは公然の秘密だが、女性向けサービスもときにはある。韓国の法律では売春が禁止されており、ここ数年で赤線地帯は減ってきた。裏で売春をあっせんする娯楽施設が摘発されるニュースも一般的になっている。

 接待費の総額は増加しているが、法人のクレジットカードによる決済額は減少している。18日に公表された別の統計では、法人カードでの決済額が昨年に1兆2000億ウォンとなり、2010年のピークから約20%減少したことが示された。法人カードでの決済が増えたのは、伝統的な韓国風のバーくらいだ。

 これについて、税の専門家は個人のカードや現金で支払いを済ませた後、従業員が後で会社に請求している可能性があると指摘している。


02. 2014年8月23日 23:17:21 : Fz9HdhePO6
例え一部でも
反日国家にエネルギー供給源という
生命線を委ねてしまう愚を犯すべきでは無い。

03. 2014年8月23日 23:54:52 : EQkNIOBdVm
石油とか食料 輸入しているくせにナニ言ってんだろうね?
馬鹿ウヨは

04. 2014年8月24日 00:38:06 : THKtSBJhyc
プロ野球のソフトバンク(孫社長)の本拠地が福岡市。そこと韓国とを海底ケーブルで結んで再生可能エネルギーをアピールという狙いだろうか。戦略としてはなかなか優れている。

05. 2014年8月24日 09:40:30 : mUxQ0ic6IM
奢る韓国は日本を乗っ取り植民地にしたいらしい。この流れでいけば提案の海底ケーブルによる電力供給は家畜の手綱となる。

韓国李明博前大統領の日本乗っ取り宣言

「たった60万人の在日韓国朝鮮人に支配された1億人の日本人奴隷!」 (8月31日、韓国SBSテレビ番組) 李明博韓国大統領が、 「北朝鮮の復興は心配ない、日本にやらせるのだ。私が日本にすべてのカネを出させる、我々はすでに日本を征服しているからだ。奴らのカネは我々が自由にできる、日本は何も知らない、フジテレビが証拠、日本人はよだれを垂らして見ている、私にまかせろ、日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された私の兵隊だ!」

さらに天皇陛下を侮辱

 李明博の発言
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い、重罪人にふさわしく手足を縛って頭を踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる〜・・。
とか、
とても一国の大統領の発言とは思えない発言を繰り返してきた。

韓国は、ローマ法王の言葉「韓国民がこの事件をきっかけに倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」を忘れるな。でなければ今の様な韓国と貿易をする価値は無くむしろ日本にとってはマイナスしかみえて来ない。


06. 2014年8月24日 12:45:23 : Ke2uc0ClEo

渇しても盗泉の水を飲まず



[32削除理由]:意味なし多数

07. 2014年8月25日 00:31:37 : 8Y2tdAnmUo
といいつつ中国のことわざを使う愚かしさよ

08. 2014年8月25日 16:29:56 : ax3OOeVeTg
日本に送る電力は原子力発電で作るだろうからやめたほうがいい。ずさんな管理で廃棄物は海洋投棄、事故った場合は放射能は日本に流れる。

09. 2014年8月25日 18:21:33 : Dcu8vbQvs6
福岡市議会 釜山市議会との友好交流のため来韓 2014/08/25 16:32

【釜山聯合ニュース】福岡市議会11人による代表団一行が25日、姉妹都市の韓国・釜山市を訪問した。

 両市の市議会による友好協力の一環で「公園緑地の管理実態」についての交流会議を開いた。交流会議で、釜山市議会は市民公園の造成事例を、福岡市議会は公園指定管理制度についての発表を行い、公園管理に関する経験と情報を交換した。

 福岡市議会による今回の訪問は5月の釜山市議会の福岡訪問に対する答礼として行われた。森英鷹議長を団長とする福岡市議会代表団は27日まで釜山に滞在する。

 釜山市議会の李海東(イ・ヘドン)議長は「今回の訪問を機に今後、両都市の関心事項について幅広く意見を交換するなど、交流協力を強化する」と述べた。


namsh@yna.co.kr

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Locality/2014/08/25/3000000000AJP20140825002700882.HTML
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/25/2014082502763.html


10. 2014年8月28日 12:43:33 : qB4kyWW5AQ
どうせ工事中に電線が切れて計画中止になるに決まっている、工事中ならまだ良くて送電開始してから切れればもっとめんどうなことになる。。

11. 2014年9月01日 02:15:46 : 7OR0xvibgE
おいおい、慰安婦とか謝罪しろとか難癖つけて、一方的に供給ストップとかしかねないじゃんよぉ、何考えてんだよ。要らないよ、そんなもん。不安定要素でしかない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア16掲示板  
次へ