★阿修羅♪ > 中国4 > 707.html  ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
731部隊の元運転手、「日本人は恐ろしいことをした」「中国人に申し訳ない」・・中国ハルビンで証言録公開―中国報道
http://www.asyura2.com/14/china4/msg/707.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 10 日 15:03:15: igsppGRN/E9PQ
 
 

731部隊の元運転手、「日本人は恐ろしいことをした」「中国人に申し訳ない」・・中国ハルビンで証言録公開―中国報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000013-xinhua-cn
XINHUA.JP 9月10日(水)6時46分配信


中国黒竜江省ハルビン市社会科学院の731問題国際研究センターがこのほど、旧日本軍の研究機関「731部隊」の元運転手だったという人物による証言録を公開した。「日本人は本当に恐ろしいことをした」「本当に中国人に申し訳ない」といった謝罪の言葉も含まれる。中国・新華網が9日伝えた。

報道によるとこの証言録には「731部隊罪証陳列館」の金成民館長が2000年と01年に日本でこの元運転手から聞き取った内容を収めた。

旧日本軍は第2次世界大戦中、細菌戦の秘密部隊を組織し、1932年、ハルビンに研究センターを設けた。ここで中国や旧ソ連、北朝鮮、モンゴルなどの捕虜、また中国の一般市民に対する細菌や毒ガスの人体実験が行われたという。

元運転手は1920年生まれ。38年に731部隊本部の運転手となり、45年に日本に戻った。731部隊で働いていた当時は週に少なくとも1回、ハルビン憲兵隊から人体実験のため“犯人”を連行したと話している。

証言によれば、戦争末期、人体実験では全員を毒ガスで殺し、その数は80人を超えた。遺体は施設内の空き地で燃やし、燃え残った骨を元運転手が車で松花江に運び、捨てたという。

元運転手は当時、毒ガス実験で殺された旧ソ連の少女の姿が頭にこびりついて離れなかった。毎晩寝ているとその少女の姿が幽霊のように浮かんできたので、観音像を自分で作り、毎日拝んだという。

報道によると元運転手は、「日本人は本当に恐ろしいことをした。敗戦し、東條英機など国の罪人は神社に祭られた。なんということだろう。本当に中国人に申し訳ない」、「中国人には感謝している。敗戦し、撤退する時、私の妻はちょうど出産する時期で、中国の友達が助けてくれた」、「731部隊のことは何十年も話す勇気が出ずにいたが、今日、こうして話すことができ、気持ちがずいぶん軽くなった」とも語った。

(編集翻訳 恩田有紀)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月10日 16:12:36 : 3cdYZYbVIc
731部隊は昭和天皇が主導して作らせたんだろ

だからやはり昭和天皇が直接指示した従軍慰安婦強制連行と同様、東京裁判の時には意図的に取り上げられなかった。


02. 2014年9月11日 13:01:30 : nJF6kGWndY

>>01

朝鮮の人?

どこから、そういう妄想が湧くのかは、興味があるな


03. 2014年9月11日 13:25:13 : 3cdYZYbVIc
皇族がみんな731部隊参りしてたのは有名な話

04. 2014年9月11日 16:21:16 : 3cdYZYbVIc
アメリカが主導した昭和天皇の戦争犯罪の証拠隠滅

昭和天皇と731部隊


欧米の帝国主義にならって、日本も中国侵略を真剣に考え、実行していった。
当時、天皇は現人神であり、日本国においては絶対の存在だった。小さい頃から、家庭や学校で天皇を拝み、学校では教育勅語を奉読され、天皇のために死ぬことが最高の価値のように教えられた時代でもあった。

 日本の傀儡政権が満州に成立すると、早速、その地で、安くて強力な兵器(貧者の核爆弾)の開発を目指した。その中心になったのが陸軍軍医少佐の石井四郎であった。

 1936年、天皇の認可の下に中国ハルピンの郊外平房の広大な敷地に研究施設を作り、東京の陸軍軍医学校やその他の石井のネットワークと連携しながら、中国人・朝鮮人・ロシア人・モンゴル人などをマルタと称して生体実験・生体解剖などをし、試行錯誤を重ね、より強力な細菌兵器の開発を目指した。

 そこで開発された細菌爆弾(陶器爆弾)は中国の都市で実戦された。ペスト菌で多くの被災者を出し都市は混乱した。
 研究成果は思ったよりも上がらず、兵器の開発を急いだが、時すでに遅く、ソ連の参戦を許してしまった。

 ソ連が参戦するや否や、軍部・天皇はいち早く731部隊の証拠隠滅をはかり、建物を爆破し、収容されていたマルタを全員殺し、731部隊員を急遽日本へ戻した。

 これも戦争犯罪がばれると、天皇にもその責任が問われることになるからだ。
 731部隊にも何人かの皇族が行き来し、実際731に係わっていた皇族もいた。東条も足を運び、大元帥昭和天皇の耳にも731についての情報は入っていたはずである。

 莫大な予算をかけ、全国の優秀な医学者を集めて作られた731部隊は、軍部・天皇がもっとも期待していた部隊ではなかったか?

 戦後、アメリカは731部隊幹部の尋問を細菌兵器の専門家に担当させた。
ところが、731部隊幹部は事実を隠し続け、人体実験はしていないと嘘を通した。

 1947年(昭和22年)1月に、ソ連が石井ら日本にいる731部隊員の尋問を要求した。ソ連とアメリカの交渉により、人体実験のことが明らかになると、アメリカは人体実験・細菌戦のデータを独占しようと、石井らと打ち合わせをする。その結果、ソ連の尋問は形式的なものになってしまった。

 731の戦犯追及をしていた占領軍(アメリカ)の法務部の活動はアメリカ自身の手によって強制的に停止され、詳細なデータはアメリカが独占することになり、東京裁判では731部隊のことは裁かれなかった。

 マッカーサーと本国アメリカとの交渉の中で、データの独占のこともあったが、もう1つの大きな懸案は、天皇にその責任が及ばないようにすることだったのではないか?

 マッカーサーは当初から日本の占領にあたって、天皇の力を利用しようと考えていた。

 また、マッカーサーは自国の遅れていた細菌兵器の開発に日本軍のデータが役立つだろうと見ていた。何としても、細菌戦や細菌兵器のデータが欲しかった。
 731部隊の戦犯追及をすると、そのデータは独占できなくなり、またその責任が天皇に及ぶのを恐れたのではないか?

 (ドイツでは人体実験にかかわった医師などが「ニュルンベルグ継続裁判」によってアメリカの手によって裁かれている!最高責任者ヒトラーはすでに自殺している。)

 日本政府とアメリカは、一緒になって、731の隠蔽を図り、これが東京裁判で裁かれない様にし、その残虐な事実が国民の前に公表されないようにした。

昭和天皇とマッカーサーとの会談は極秘裏に戦後11回行われた。

新憲法が制定された後でも、「象徴天皇」という新たな憲法上の地位に“制約”を感じることもなく「政治的行為」として、マッカーサーと「トップ会談」がなされていた。それも、当時の政府を飛び越えて行われていた。

 それ結果、裁判で国民の前に731の情報が公開されなかったし、追及もされなかったものだから、大元帥昭和天皇の戦争責任は問われなかった。

※パウエルの記事と森村の本は、日本で政府が見解を出さざるを得ないほどの騒ぎを巻き起こした。政府は国会で731部隊の存在と、731部隊の戦争犯罪について初めて認めた。議論の中で政府は、石井の細菌実験について知りながら石井にかなりの軍人恩給を給付していたことを全く偶然に露呈してしまった。(『死の工場』ハリス著:柏書房)

・天皇裕仁は、明らかに、2度にわたって石井の実演を目にしている。

1度目は1933年に陸軍軍医学校を視察した折、もう1度は恒例の天皇訪問の際の、海軍の艦船上においてである。石井が濾水機の1つに放尿し、その濾過水を飲み干すよう天皇に恭しく差し出したとされているのは、天皇が視察したそうした折のことだった。・・・天皇はその申し出を断り、そして石井は尿を濾過したその水を見るからに嬉々として飲み干したという。

・軍医中将で元関東軍軍医部長の梶塚隆二によれば、石井は「天皇の軍令」によって1936年に平房の実験を開始する許可を与えられたと言う。・・・・梶塚によれば、その後1939年に、天皇は、石井の特殊部隊を再編成するようさらにもう1つ軍令を発布した。・・・・

 石井が東京の高い地位のところに、ひょっとすれば最も上のところに味方を持っていたことは明らかである。


・軽く見てはならないのは、石井と若松の部隊は、裕仁の勅令によって設立された部隊であるという事実である。他の多くの部隊は、必要とされた時に陸軍の内部で適当な司令官によって設立された。

・軍事細菌研究のさらにもう1つの拠点が長春の第100部隊(部隊長:若松有次郎)であった。作戦任務のための資金供給は莫大かつ無制限だった。部隊は2つの経路から資金を得ていた。すなわち、東京の陸軍省と、関東軍司令部の第2部である。(陸軍省から人件費60万円の予算が、100万円が関東軍司令部の第2部から攻撃的生物戦の研究のために支出された。731部隊の予算総額は1000万円、人件費300万円、20万から30万が各支部の運営費、600万円が細菌製造、実験、研究費用である。しかも731部隊の予算は国会の場で細部を発表されることはなかった。関東軍の獣医将校は、生物戦の資金は底なしだと自分は理解していたと語っている。)

・石井はノモンハン事件の間に彼が行ったサービス業務に対する褒美として、天皇の玉璽の押してある大変名誉な政府表彰を受けた。彼の部隊は、同じ戦闘中における英雄的な行動に対して、天皇から価値ある表彰状を贈られた。

このことも、またしても無二の名誉だったのである。他の医療部隊も日本の戦争において勇敢に働いた。それなのに、20世紀において他の医療部隊が天皇の表彰状をその業務に対して受けたことはない。裕仁が、これらの名誉ある賞を与える前に、いくらかの調査を行ったのではないかと疑ってもおかしくない。

 (1939年に発生したノモンハン事件では、出動部隊の給水支援を行うことになり、石井式濾水機などを装備した防疫給水隊3個ほかを編成して現地へ派遣し、部長の石井大佐自身も現地へ赴いて指導にあたった。最前線での給水活動・衛生指導は、消化器系伝染病の発生率を低く抑えるなど大きな成果を上げたとされる。その功績により、第6軍配属防疫給水部は、第6軍司令官だった荻洲立兵中将から衛生部隊としては史上初となる感状の授与を受け、石井大佐には金鵄勲章と陸軍技術有功賞が贈られた。)

・『731部隊−天皇は知っていたか?』と題されたそのドキュメンタリーは、2人のベテランのテレビジャーナリストによって製作された。・・・アメリカ、イギリス、その他の連合国軍の西洋人捕虜が、人体実験の犠牲になったことが暴露された。その上、ドキュメンタリーの製作者・ナレーターは、天皇が満州での細菌戦の人体実験を知っていたことを強く示唆している。

・1930年代において、くるくる替わった日本の内閣においては役目を果たすように〔大臣職に〕任命された軍部のリーダーたちは、誰もが満州で起こっていることを認識していた。参謀本部のスタッフ〔立案者〕とその上司たちは、石井、若松、北野のプロジェクトに精通していたし、細菌兵器の開発研究を助けた。・・・・

 何千人もの、もしかしたら何万人もの陸軍の軍医や獣医、生物学者、化学者、微生物学者、技術スタッフその他の似たような職の人々が、定期的に交代で満州や〔その他の〕中国占領地に派遣されている。(731部隊には専用の飛行場があり、専用の飛行機も複数持っていた。東京⇔ハルピン間を何度も往復して情報交換や物資の輸送などをしていた。また、他の部隊との連絡にも使った。)

・軍部を除けば、外務省が平房での秘密の任務について認識していたことは確実と思われる。それは、ハルピンの日本領事館の地下室がマルタの留置場として使われていたことからも言える。

・東久邇は早い時期に、平房の施設を旅先で訪れている。

・1939年2月9日に、裕仁の弟である活発な秩父宮は、陸軍省の大会議室で、2時間半にわたる石井の「雄弁な」講演に出席した。

・天皇の一番下の弟である三笠宮は、施設の多くに立ち寄った。

・竹田宮は関東軍の首席主計官として、満州におけるすべての細菌戦の関連施設に割り当てられる金を扱った。・・・また、平房〔の施設〕に立ち入る際には竹田宮・宮田が発行した通行証を求める必要があった。関東軍司令官もしくはその直属の部下が731部隊を訪れるときは、竹田宮自身が彼らの一行に混じって彼らをエスコートした。

・天皇は、その倹約〔の精神〕でも知られていた。彼は常々、役に立たないもしくは取るに足らないプロジェクトのために、政府の支出が無駄に使われないよう懸念していると表明していた。細菌戦のプログラムは、国の資源の大規模な乱費であった。第2次世界大戦中、平房、長春、奉天、南京の主要な基地および多くの支部施設は、少なくとも1500万円から2000万円、多分それ以上の年間予算を食い潰して機能していたに違いない。天皇が軍事予算を詳細に調べたなら、満州やその他の中国における何千もの人員の滞在は、天皇にとって関心事だったはずである。裕仁はまた、特別の武器研究にその使途を限定された秘密の帝国予算を持っていたが、それが満州や中国において細菌戦の研究に使用されていても何の不思議も無い。

・裕仁は細菌戦の研究については知っていたのだろうか。おそらくイエス、であろう。このプロジェクトは、単純に、天皇の目から隠しおおすには、大規模すぎた。費用も、天皇の政府費用に対する鋭い関心から逃れるには巨額すぎた。・・・・最終的に、大日本帝国において、政策決定は政府の最高レベルで行なわれるべきものであって、陸軍の将軍たちの気まぐれでできるものではなかったのである。

(以上『死の工場(隠された731部隊)』:シェルダン・H・ハリス著、近藤昭二訳より抜書き)

・731部隊の組織犯罪については、関東軍という日本陸軍の一駐留軍の指揮命令系統下にあった。部隊そのものは関東軍司令官の直轄であり、あらゆる人体実験も形式上は司令官の命令無しには行なわれえなかった。また、731部隊以外の「防疫給水部隊」(北京、南京、広東など)も日本陸軍の中国派遣軍の指揮下にあった。

日本陸軍を統括していたのは陸軍省であり、その上には天皇がいた。したがって731部隊の人体実験の最終責任者も天皇である。(『検証 人体実験 731部隊・ナチ医学』小俣和一郎著:第3文明社)
http://blog.livedoor.jp/nobug51/archives/1103925.html


05. 2014年9月11日 16:28:20 : 3cdYZYbVIc

731部隊は昭和天皇が主導して作ったからアメリカが必死に証拠隠滅したんだよ

帝銀事件の真犯人も731部隊関係者だったので GHQ が調査を中止させて冤罪事件にしてしまった:

帝銀事件とは、1948年(昭和23年)1月26日に東京都豊島区長崎の帝国銀行(後の三井銀行。現在の三井住友銀行)椎名町支店(1950年に統合閉鎖され現存しない)で発生した毒物殺人事件。

犯人として最有力候補に挙がったのは731部隊の出身者である。

だが警察が、この731部隊出身者50数名を捜査し、かなりのところまで容疑者を絞り込んだところで、突然GHQ(連合軍 総司令部)から捜査にストップがかけられた。そして警察を通じて、報道陣にもこれ以上731部隊の報道をしないようにとの指示があった。

当時の敗戦国である日本を支配していたのは、アメリカの組織であるGHQであり、それは政府よりも警察よりも上の権力を持っていたため、GHQの言うことは絶対であった。731部隊に関する捜査も報道も打ち切られることとなった。


06. 2014年9月12日 11:44:56 : PpY2FGsUbg
>731部隊の元運転手、「日本人は恐ろしいことをした」「中国人に申し訳ない」・・中国ハルビンで証言録公開―中国報道

「食だけでなく医薬品の安全も深刻な中国 年間40万人「医療事故」の多くを占める薬害犠牲者」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140910-00010001-wedge-cn

 支那人は、今、自国で起こっている惨状に気付かないのか?
否、気付いていても、他人を誹る遺伝子的悪癖があるからだな!


07. 2014年9月12日 21:22:33 : Zdarl9DVCY

なに18歳の子供が731部隊の
運転手だって、今だって18では免許とれないぞ。
それから東条が国の罪人だって、笑わせるな!
東条元首相は東京報復裁判の犠牲者で
天皇陛下と国民守り通してアメリカ軍に殺された忠臣だぞ。
部下や国民を置き去りにしてすぐ
逃げる人食い嘘つきチャンコロの指導者といっとょにすんな!

08. 2014年9月12日 21:33:36 : Zdarl9DVCY
731部隊は日共と森村誠一によって仕組まれたデマである。

09. 2014年9月12日 22:32:10 : 3cdYZYbVIc

731部隊の医者の論文が残っているから医者は誰も人体実験を否定してないだろ:

731 部隊関係者等の京都大学医学部における博士論文の検証
http://jssm.umin.jp/report/no30-1/30-1-08.pdf

第七三一部隊牡丹江支部遺跡調査報告
http://war-medicine-ethics.com/Seniken/Journal/J13-1.pdf


慰安婦関係と731部隊関係の書類はすべて燃やされて、秘密を知っている慰安婦やマルタも全員殺されたから何も残って居ない

人身売買や人体実験したのがわかったら昭和天皇も死刑にせざるを得なくなるからみんな必死で証拠隠滅したんだ


10. 2014年9月13日 07:57:18 : Fz9HdhePO6
731部隊に関しても南京大虐殺に関しても従軍慰安婦に関しても
旧日本軍が直接関与したという話は、
今現在 組織や施設や被害者が存在したという
国際社会をも納得させる確たる有力な「証拠」が無い以上は、
中国側や韓国側がどれだけ問題として取り上げ、
記念館や彫像を作ろうとも
今後 改めて日本政府が国の責任としてこれを認め、
天皇陛下が公式に謝罪し賠償金を支払い
歴史教科書に何ページも記述に裂き、義務教育授業で子供達に教え、
国民の全てが当たり前のように事実として知る………

なんて事は未来永劫に渡り無いであろう。


11. 2014年9月13日 08:26:57 : 3cdYZYbVIc

アホ右翼がデマ飛ばしてるだけ

詳細な記録が残ってるから否定できる訳ないだろ


12. しんのすけ99[139] grWC8YLMgreCrzk5 2019年1月15日 03:28:53 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[950] 報告
731部隊の所業は 数多くの 加害者側からの告白証言ともいえる日本軍将兵の供実によって明らかではある

しかしそれが、昭和天皇の命令で行なったという事実には なんの具体的な証言もない事であり ただの憶測
インモー論者 特有の、勝手な我田引水による虚構は 排除して考えなくてはならない


そもそも あの時代は 「上官の命令はすべて 天皇陛下の命令と思え」 という認識を叩き込まれたのが
当たり前の感覚とされたのであるから(軍人勅諭 これを暗唱できない兵士は ぶん殴られた)
推論の域をまったく出ていない

「731部隊の所業」 は 事実であろうが 「天皇の関与」 は まったくの推論に過ぎない事
事実と 推論を 巧妙に織り交ぜて、あたかもすべて既成事実であったかのように見せかける手口は
陰謀論者特有であり、霊感商法や架空請求詐欺と同類のものである

リチャードコシミズ信者のように 馬鹿高いボッタクリ本を 買わされたりしないように気を付けるべし。

コメント直後にそれを表示する方法は?ブラウザの再読込をしたらOK!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国4掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国4掲示板  
次へ