★阿修羅♪ > 原発・フッ素36 > 420.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
EU報告:福島プルトニウム放出で懸念−溶融燃料が“一次格納容器に残ったもの”をどの程度侵食かの「不確実性」(EN)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/420.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2014 年 2 月 18 日 12:07:15: YeIY2bStqQR0.
 

http://enenews.com/govt-report-plutonium-releases-from-fukushima-a-top-concern-uncertainty-over-how-far-molten-fuel-has-eaten-through-what-remained-of-primary-containmentGov’t Report: Plutonium releases from Fukushima a major concern — ‘Uncertainty’ over how far molten fuel has eaten through “what remained of primary containment”

行政機関(EU:欧州連合)レポート:福島からのプルトニウム放出で主要な懸念−溶融燃料が“一次格納容器に残ったもの”をどの程度以上侵食しているかの「不確実性」

Published: February 16th, 2014 at 11:16 am ET By ENENews
公開: 2014年2月16日、午前11:16 ET ENENewsによる

Excerpts from the European Union Environment Agency’s report ‘Late lessons from Chernobyl, early warnings from Fukushima’, 2013:
欧州連合(EU)環境庁の報告書「チェルノブイリからの最新の教訓、福島からの早期警告」 、 2013年からの抜粋:
http://www.preventionweb.net/english/professional/publications/v.php?id=30684

Containment Vessels
原子炉格納容器
Within a few hours the reactor cores of the three operating units were subject to varying degrees of meltdown [...] the reactor pressure vessels themselves had failed and, in various degrees, the primary containment of the pressure suppression system had failed
Deteriorating situation – with [...] sharp perturbations in containment pressure and radiation levels, particularly within what remained of the primary containment
There still remained uncertainty about a series of ongoing problems, including the state and level of the nuclear fuel, particularly after confirmation that molten fuel may have eaten through three-quarters of the concrete under unit 1 and damaged the bases of two of the other reactors
数時間以内に3原子炉の炉心が、様々な程度でメルトダウンする問題となった[...]原子炉圧力容器自体が様々な程度でダメになり、圧力抑制システムの第一の封じ込めはダメになった
状況は悪化 − [...]急激な格納容器圧力と放射線レベルの動揺、特に一次格納容器に残ったものの範囲内で、今だに核燃料の状態やレベルを含む、継続的な問題の一連について不確実性が残っている、特に、1号機の下で溶融燃料がコンクリートの四分の三を侵食し、その他の原子炉の2つの底部を損傷した可能性があることを確認した後である。

Plutonium and Other Actinides
プルトニウム及び他のアクチノイド系列元素
Of primary concern were fission products, readily absorbed by the human body, and the actinides [e.g. plutonium], which act as heavy metal poisons
Significantly, there is confirmed isotopic evidence for the release of plutonium into the atmosphere and deposition on the ground in northwest and south of the Fukushima nuclear site
私たちの主な懸念は、容易に人体に吸収される核分裂生成物である、[例えばプルトニウムのような]アクチノイド系列元素、それは重金属毒として作用する
重要なことは、福島原子力発電所の北西と南の地上の大気や堆積物にプルトニウム放出について同位体の証拠(エビデンス)が確認されている

Health Effects
健康への影響
In order to cope with this level of contamination, and in contradiction to international radiation protection standards, Japanese regulators have raised dose constraints to 20 mSv/year – thereby subjecting schoolchildren to exposures normally only tolerated by adult nuclear workers
It is clear that there will need to be a significant assessment of a wide range of environmental risk factors
この汚染レベルに対応し、国際放射線防護基準に反して、日本の規制当局は年間20ミリシーベルトに線量制約値を引き上げている−それによって、通常は大人の原子力作業員に対し許容されている被曝を学童に受けさせている
広い範囲の環境リスク要因について重要な評価が必要であることは明らかである  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月19日 00:32:06 : RPPySjuaX6
政府の隠匿とごまかしを信じたい、現実を見たくない、経済優先は一般過程でもみられる。
その責任は、今に至っては東電や性具のみの責任にあらず。自己責任も大きい。健康被害がどこまで見られるか晩発性が時間を追って顕著に見られる頃もそう遠くなのではないか、チエリノブイリのデータとその後の経過を参考にすれば東京も安全とは言えない。しかしそのことに目を向けたくない人々もいる。やはり、自分で調べて自分で考える、リスクをどのようにとらえるかは自己責任だ。子供達には責任がない。親の選択を将来の子供達に責められることになっても後悔先に立たずだ。誰も責任をとらない、責任追及をしない、他人事と思っていたうちにじわりとしのびよるのが放射能汚染だ。目に見えず、臭わず、放射能汚染がわかる簡易で安価なメガネを誰か作ってくれないだろうか。このメガネがあれば少なくとも危険性を危惧している人々の中で現実の汚染を確認したい人もいるだろう。視覚的に危険がわかればどんなに政府が嘘と隠匿をしてもごまかしはきかない。汚染されたものは全て東京電力と経済産業省に引き取ってもらえば良い。ゴミとして焼却するのは論外だ。これ以上、国土を汚すべきではない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素36掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧