★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 104.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
100msv以下安全論「根拠なし」/朝日新聞
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/104.html
投稿者 播磨 日時 2014 年 3 月 22 日 09:20:45: UcrUjejUJLEik
 

100msv以下安全論「根拠なし」
朝日新聞 2014年3月22日05時00分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1403210700005.html

●国連人権理事会特別報告者講演

 東京電力福島第一原発事故による健康被害対策について日本政府への勧告を提出した国連人権理事会特別報告者アナンド・グローバー氏が20〜21日、東京都内や福島大で講演した。低線量被曝(ひ・ばく)について流布されている「(生涯で)100ミリシーベルト以下なら安全だ」との説を「科学的根拠がない」と批判した。

 「放射線量が年間1ミリシーベルトを超えるすべての地域での健康管理調査」を昨年5月、政府に求めた同氏は、「100ミリシーベルト以下ならがんは増えないなどという一部の主張に合理的根拠は全くない」と強調。「正確には『分からない』と言うべきだ。危険でないと証明できない以上、慎重すぎるぐらいの対策を取るのが人権の立場だ」と提言の根拠を説明した。

 また国際法で保障されている「健康への権利」を守るために、「最も重要なのが、政策作成過程のあらゆる段階に当事者が参加することだ」と指摘。今回の原発事故では避難指示や帰還方針の決定過程で「被災者の参加がない」とした。

 講演後のシンポジウムで荒木田岳(たける)・福島大准教授は、政府が同氏の勧告に「個人的見解で法的拘束力はない。科学的根拠に乏しい」などと反論したことを紹介。「政府こそ反論の根拠を示さず、原子力を推進する一民間団体の国際放射線防護委員会の見解に依拠するだけ。事故前の法規制さえ守らない」と批判。同氏は市民が声をあげること、政府との対話の継続を訴えた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月22日 11:51:42 : 2LoTfLYvLI

反原発の放射能恐怖症のお方には、
癌の発病は、ほとんど放射能によると、狂信してますね。
でも地中も自然放射能だらけ、宇宙はもっと放射能だらけ
海中が最も自然放射能が低い、 彼らの住みかは、海中しかないことになる。
 
 科学的に正しく、放射能の危険性を評価すべきです。
まともなこの道の専門科学者の殆どは、
100mSv/年以下の被曝なら安全と言っている。
中にはホルミシス効果も主張する科学者もいる。
 
 統一見解として、
国際機関であるICRPは、
20mSv/年以下の放射線量被曝なら安全に住めるとの安全基準を出している。
この値も、科学的には、100mSv/年でもいいのだが、
政治的に安全側にしている。
 だから、この安全基準に沿って、必要最小限の除染措置をとることで十分なんです。
 
それを1mSv/年以下までに下げるべきと言うのは、
 国際常識もない単なる放射能恐怖症患者と言うことです。

02. 2014年3月22日 12:28:21 : YyjayUfkPs
年間100ミリも放射能をあびれば危険だという根拠ならいくらでもあります。

だから大勢の合意として一般の人は年間1ミリまでと法律で定めていたわけです。


03. 2014年3月22日 13:31:54 : E5FuRWCzOs
01はマニュアル通りの工作員じゃねぇか。
視点を変えてたたみかけてから国際基準など持ち出す。
原発ムラの公表値なんか信じるに値しない。

04. 2014年3月22日 13:43:20 : V3CktASMrM
100msv/年以下の被曝なら安全だと念押ししても震災瓦礫焼却・埋立ての際に行政として線量計の使用法も教えず貸し出しもしないまま本来なら不要だと考えられる公安警察が介入して「とにかく安全だから安全だ」というような説明をひたすら繰り返すだけ。これで納得できる人は少ないし疾病リスクに関して推進派と反対派のスタンスの違いによって水と油のような極論が飛び交って中間点が見いだせない。正確な情報開示を含めて善処する方法はないわけではないのだろうが何も進まないのを見ると何かを隠そうとしているという風に市井の人々からは映る。だから不安説が消えないということになる。

05. 2014年3月22日 14:17:39 : XUd48KYCio
01アルバイトご苦労様です。とっとと、失せてください。

06. 2014年3月22日 15:26:21 : V3CktASMrM
2014/03/21 〖福島〗シンポジウム「福島・放射線被ばくを健康への権利と教育から考える 〜国連人権理事会グローバー勧告を踏まえて〜」

 2014年3月21日(金・祝)13時より、福島市の福島大学でシンポジウム「福島・放射線被ばくを健康への権利と教育から考える 〜国連人権理事会グローバー勧告を踏まえて〜」が開催された。2013年5月に国連人権理事会で勧告を行ったアナンド・グローバー氏の基調講演のほか、健康への権利と原子力・放射線教育について議論が行われた。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/130329


07. 2014年3月22日 19:04:18 : ymU3QYSPeI
01よ
平時に皆で長年検討して作った法律に書いてあることを否定するなら無政府状態で構わないということか?
苦し紛れにこの汚染のことだけとらえて 法律外のことを主張する 雇われ人
君たちの言っていることは泥棒が捕まったときの言い訳にも劣る。


これはエネ庁の工作外注仕様書
税金でこんなことを平気でやらせる政府なんてない方が良い。
このような仕事を請け負った忠実な工作員が目先の利益だけで世論誘導に走る。

http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1106/110624b/3.pdf

やらせる方も受ける方も ”原発ムラ住民” じゃなくて ”原発中毒者”
彼らが自分たちの意思で原発止められるわけ無い。


08. 2014年3月22日 21:27:38 : FfzzRIbxkp
なんかね、”公務 ” の役割が消えちゃってるよね。

公務員が公務を放棄して、 公務を個々の市民任せになっている。

平時の時にしか機能しなくて、長いあいだルーティンワークしかしてこなかったような職場環境なのかな。
公務員のぬるま湯が見えちゃったよ。


09. 2014年3月22日 22:36:54 : d0FNn9S7Ms
過去には、5.2ミリシーベルト被爆でも「労災認定」されています。
http://pub.ne.jp/admisaki/?entry_id=4995808
http://www.windfarm.co.jp/wp-content/uploads/2013/10/db43e4619b5277cac7ce4b518c61b181.jpg

10. 2014年3月23日 01:53:32 : 7MZT6ULyD2
人間の体をフィルムと考え、放射線を宇宙の彼方の天体望遠鏡で映し出した微弱な光による映像と考えれば、感光させる時間をかければで画像が焼き付くことは、実際の天体写真が撮影できている事実から容易に想像できる。

放射線として人体をよぎるベクレル数がいくら少なくても、ひとつひとつの放射線の持つ破壊電離力は人体を形成する分子の鎖をたやすく切断する力がある。この切断を黒く焼けると表現するならば、時間が経過すれば人の組織を形成する分子は真っ黒焦げになるのです。

組織が焦げても再生力があるとは思いますが、再生が難しい部位はそのまま焦げ付いたままとなります。

そういった箇所がどんどん増えれば癌になって行きます。

さらに放射線は免疫力を同時に弱くしますので癌の自然治癒が落ちてしまいます。

これらの相乗効果で癌はどんどん大きくなって行きます。ついには人の死を招くところまで行き着くのです。どんなに弱い放射線でもこの過程は全く同じです。


11. 2014年3月23日 06:03:58 : bwFzMVs2eU

 良い例

 >まともなこの道の専門科学者の殆どは、100mSv/年以下の被曝なら安全と言っている

 必ず,マトモとかこの道とかほとんどなど形容詞、誰を指しているのか解らない主語をを付ける、
 数字だけは明白にして言い切る

 >ホルミシス効果

  聞き慣れない言葉を使う、様はゲルマニウムのネックレスで肩こりが治る?
 「低線量放射線」は身体にいい影響を及ぼす、
  
   コレこそが風評 根拠のない大丈夫詐欺



12. 2014年3月23日 11:04:29 : 9L5qHJyxOU
非常時になったら安全値を100シーベルトに上げるなら、平時に1シーベルトまでと決めた意味は一体何なんだ?

01 2LoTfLYvLI よ。

答えてみー!

非常時だからって体の耐久力が平時の100倍に急に増えるとでも思うのか?
バカメが!

血圧だって血糖値だって平時と非常時とじゃ違うのか?
バカメが!



13. 2014年3月23日 12:40:50 : aiMZAOJQqY
浜岡の作業員が累積50ミリシーベルトで白血病死。
それを国は労災と認定しているからねぇ。

今さら、100ミリまで安全などと言っても誰も信じないよ。

原発作業員の間では、50ミリ以上浴びると確実に体が異常が出てくるのは常識だ。

しかもこれは外部被ばくだけの話。

大量の放射性物質が福島原発から放出された現在、どんなに注意していても内部被ばくする。
それを正確に測定することは不可能だ。(WBCが示すのは体内の一部の放射能だけ)

線量計が示す値の何倍も内部被ばくしているのが常識。
100ミリまで許したら、実際の総被ばく量はシーベルト・オーダーになり確実に死ぬ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧