★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 124.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
チェルノブイリ周辺の森では微生物でさえまともに生きられない(とある原発の溶融貫通(メルトスルー))
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/124.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 23 日 15:42:54: igsppGRN/E9PQ
 

チェルノブイリ周辺の森では微生物でさえまともに生きられない
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7597033.html
2014年03月23日15:02 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)


チェルノブイリの汚染除染すれば帰れるという嘘


Forests Around Chernobyl Aren’t Decaying Properly



Fallen trees in Chernobyl's infamous red forest. (Photo: T.A.Mousseau & A.P. Møller )


It wasn't just people, animals and trees that were affected by radiation exposure at Chernobyl, but also the decomposers: insects, microbes, and fungi


Nearly 30 years have passed since the Chernobyl plant exploded and caused an unprecedented nuclear disaster. The effects of that catastrophe, however, are still felt today. Although no people live in the extensive exclusion zones around the epicenter, animals and plants still show signs of radiation poisoning.


Birds around Chernobyl have significantly smaller brains that those living in non-radiation poisoned areas; trees there grow slower; and fewer spiders and insects―including bees, butterflies and grasshoppers―live there. Additionally, game animals such as wild boar caught outside of the exclusion zone―including some bagged as far away as Germany―continue to show abnormal and dangerous levels of radiation.


However, there are even more fundamental issues going on in the environment. According to a new study published in Oecologia, decomposers―organisms such as microbes, fungi and some types of insects that drive the process of decay―have also suffered from the contamination. These creatures are responsible for an essential component of any ecosystem: recycling organic matter back into the soil. Issues with such a basic-level process, the authors of the study think, could have compounding effects for the entire ecosystem.


The team decided to investigate this question in part because of a peculiar field observation. “We have conducted research in Chernobyl since 1991 and have noticed a significant accumulation of litter over time,” the write. Moreover, trees in the infamous Red Forest―an area where all of the pine trees turned a reddish color and then died shortly after the accident―did not seem to be decaying, even 15 to 20 years after the meltdown.


“Apart from a few ants, the dead tree trunks were largely unscathed when we first encountered them,” says Timothy Mousseau, a biologist at the University of South Carolina, Columbia, and lead author of the study. “It was striking, given that in the forests where I live, a fallen tree is mostly sawdust after a decade of lying on the ground.”


Wondering whether that seeming increase in dead leaves on the forest floor and those petrified-looking pine trees were indicative of something larger, Mousseau and his colleagues decided to run some field tests. When they measured leaf litter in different parts of the exclusion zones, they found that the litter layer itself was two to three times thicker in the “hottest” areas of Chernobyl, where radiation poisoning was most intense. But this wasn’t enough to prove that radiation was responsible for this difference.


To confirm their hunch, they created around 600 small mesh bags and stuffed them each with leaves, collected at an uncontaminated site, from one of four different tree species: oak, maple, birch or pine. They took care to ensure that no insects were in the bags at first, and then lined half of them with women’s pantyhose to keep insects from getting in from the outside, unlike the wider mesh-only versions.



Mousseau distributing leaf baggies throughout Chernobyl's exclusion zones. Photo: Gennadi Milinevsky


Like a decomposer Easter egg hunt, they then scattered the bags in numerous locations throughout the exclusion zone, all of which experienced varying degrees of radiation contamination (including no contamination at all). They left the bags and waited for nearly a year―normally, an ample amount of time for microbes, fungi and insects to make short work of dead organic material, and the pantyhose-lined bags could help them assess whether insects or microbes were mainly responsible for breaking down the leaves.


The results were telling. In the areas with no radiation, 70 to 90 percent of the leaves were gone after a year. But in places where more radiation was present, the leaves retained around 60 percent of their original weight. By comparing the mesh with the panty hose-lined bags, they found that insects play a significant role in getting rid of the leaves, but that the microbes and fungi played a much more important role. Because they had so many bags placed in so many different locations, they were able to statistically control for outside factors such as humidity, temperature and forest and soil type to make sure that there wasn’t anything besides radiation levels impacting the leaves’ decomposition.


“The gist of our results was that the radiation inhibited microbial decomposition of the leaf litter on the top layer of the soil,” Mousseau says. This means that nutrients aren’t being efficiently returned to the soil, he adds, which could be one of the causes behind the slower rates of tree growth surrounding Chernobyl.



Stars mark sites where the researchers put the leaf bags, with colors corresponding to levels of radiation. Photo: Mousseau et al., Oecologia


Other studies have found that the Chernobyl area is at risk of fire, and 27 years’ worth of leaf litter, Mousseau and his colleagues think, would likely make a good fuel source for such a forest fire. This poses a more worrying problem than just environmental destruction: Fires can potentially redistribute radioactive contaminants to places outside of the exclusion zone, Mousseau says. “There is growing concern that there could be a catastrophic fire in the coming years,” he says.


Unfortunately, there’s no obvious solution for the problem at hand, besides the need to keep a stringent eye on the exclusion zone to try to quickly snuff out potential fires that breaks out. The researchers are also collaborating with teams in Japan, to determine whether or not Fukushima is suffering from a similar microbial dead zone.


By Rachel Nuwer
smithsonianmag.com
March 14, 2014


http://www.smithsonianmag.com/science-nature/forests-around-chernobyl-arent-decaying-properly-180950075/?no-ist
==================================================


以下は,Google翻訳。


==================================================
チェルノブイリ周辺の森林が適切に腐敗しない


チェルノブイリの悪名高い赤フォレスト内の倒木。 (写真: T.A.Mousseau & A.P.モラー)


昆虫、微生物、および真菌:それはちょうど、人々 、動物やチェルノブイリでの放射線被曝の影響を受けた樹木だけでなく、分解者ではなかった


チェルノブイリ工場が爆発し、前例のない原子力災害を引き起こしたことから30年近くが経過しました。その大災害の影響は、しかし、今日でも感じられます。何人が震源地の周りの広範な除外領域に住んでいないが、動物や植物は、依然として放射線中毒の兆候を示している。


木が遅く育つ; 、チェルノブイリの周りの鳥たちは、非放射毒殺地域に住んでいる人がいることをかなり小さい脳を持って、より少ないクモや昆虫を含め蜂、蝶やバッタライブがある。さらに、このようなイノシシなどのゲームの動物は、外部除外ゾーンを含め、いくつかは、遠くの放射線の異常や危険なレベルを表示するためにドイツは、継続として袋詰めの捉えました。


しかし、環境で起こっている基本的な問題はさらにあります。 Oecologiaに発表された新しい研究によると、このような微生物、真菌および減衰は、きも汚染に苦しんでのプロセスを駆動する昆虫のいくつかのタイプなどの分解剤生物。これらの生き物は、あらゆる生態系の重要なコンポーネントを担当している。戻る土壌への有機物をリサイクル。このような基本的なレベルのプロセスに関する問題が、勉強だと思いますの作者は、生態系全体のための複合効果を持つことができます。


チームがあるため独特の野外観測の一部に、この質問を調査することにしました。 「我々は1991年以来、チェルノブイリでの研究を行ってきたし、時間をかけてゴミの有意な蓄積、気づいている「書き込み。また、松の木のすべてが、その後赤みを帯びた色に変わり、悪名高い赤の森エリア内の木々は事故がなかったとしても、 15から20年のメルトダウンした後、減衰していないよう直後に死亡した。


「我々が最初に遭遇したときは別にいくつかのアリから、死んだ木の幹が大きく無傷だった、 "ティモシーMousseau 、サウスカロライナ、コロンビア大学の生物学者、および調査の主執筆者は述べています。 「それは私が住んでいる森林で、倒木が地面に横たわっての十年後の大部分は、おがくずであることを考えると、印象的でした。 "


林床に落ち葉のそれらしく増加し、これらの化石の見える松の木が大きくものを示していたかどうかを疑問に思って、 Mousseauと彼の同僚は、いくつかのフィールドテストを実行することにしました。彼らは排他ゾーンのさまざまな部分で落ち葉を測定したとき、彼らは落葉層自体が2つの放射線中毒が最も激しかったチェルノブイリの「最も熱い」分野で厚い〜3回であることがわかった。しかし、これは、放射線がこの違いに責任があったことを証明するには十分ではなかった。


自分の直感を確認するために、彼らは約600の小さなメッシュバッグを作成した4つの異なる樹種の一つから、汚染されていないサイトで収集した葉でそれらをそれぞれ詰め:オーク、メープル、白樺や松。彼らは昆虫が最初は袋になかったことを確認するために世話をしたし、その後、より広いメッシュのみのバージョンとは異なり、外部から得ることから昆虫を保つために、女性のストッキングでそれらの半分を並んでいた。


Mousseauはチェルノブイリの除外領域全体の葉のバギーを配布。写真:ゲンナジーMilinevsky


分解イースターエッグハントのように、彼らはそれから(全く汚染を含まない)放射能汚染の様々な程度を経験したすべてが除外ゾーン、全体の多くの場所での袋を散乱。彼らは袋を離れ、微生物、真菌および死者有機材料の短い仕事をする昆虫のための時間のほぼ前年通常、十分な量を待っていた、とパンストが並ぶ袋は、彼らが昆虫や微生物が主に担当したかどうかを評価に役立つ可能性が葉を分解する。


結果は、言っていた。無放射で地域では、葉の70〜90%は年後になくなっていた。しかし、より多くの放射線が存在していた場所で、葉は彼らの元の重量の約60パーセントを保持していた。パンティストッキングが並ぶ袋でメッシュを比較することで、彼らは昆虫、微生物や菌類がはるかに重要な役割を果たしていることを、葉を取り除くことに重要な役割を果たしているが、ことがわかった。彼らは非常に多くの異なる場所に配置された非常に多くの荷物を持っていたので、彼らはそのような湿度、温度、森林や葉'の分解に影響を与える放射線量のほかに何か問題がありませんでしたことを確認するために土壌の種類などの外部要因のための制御を、統計的にすることができました。


"我々の結果の要旨は、放射線が土壌の上層に落葉の微生物分解を阻害したことでした」とMousseau氏は述べています。これは、栄養素を効率的にチェルノブイリを取り巻く樹木の成長の遅い速度の背後にある原因の一つである可能性がある、と彼は付け加え、土壌に戻されていないことを意味します。


星は、研究者は色が放射線のレベルに対応して、葉の袋を入れてサイトをマーク。写真: Mousseauら、 Oecologia


他の研究では、チェルノブイリ区域は、火災の危険性があることを見出し、落葉の27年分き、 Mousseauと彼の同僚は、と思う可能性が高いような森林火災のために良い燃料源になるだろう。これは単に環境破壊よりも厄介な問題を提起:火災は、潜在的に除外ゾーンの外の場所に放射性汚染物質を再配布することができ、 Mousseau氏は述べています。 「今後数年間で壊滅的な火災があり得ることを懸念がある "と彼は言う。


残念ながら、すぐに勃発の可能性火災を消すためにしようとする除外ゾーンに厳しい目を維持する必要性に加えて当面の問題には明白な解決策は、ありません。研究者はまた、福島同様の微生物の不感帯に罹患しているか否かを判断するために、日本のチームと協力している。


レイチェルNuwerによる
smithsonianmag.com
2014年3月14日


==================================================




微生物や菌類がまともに生息できない場所では植物,動物,人間も住むことは不可能です。


事故発生から最低でも30年は帰れないということが判りますね。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月23日 16:28:49 : ynSQvzTlvk

Google翻訳の無能さが良くわかる記事。

02. 2014年3月23日 17:27:26 : DyoUYMAVCM
>Highly reduced mass loss rates and increased litter layer in radioactively contaminated areas

Timothy A. Mousseau,
Gennadi Milinevsky,
Jane Kenney-Hunt,
Anders Pape Møller

http://link.springer.com/article/10.1007/s00442-014-2908-8


03. 2014年3月23日 18:03:23 : 9oFPsqSkX2
貼り付けるくらいなら自分の脳みそで翻訳したらどうなんだコピペ氏よ

04. 2014年3月23日 19:22:33 : 6DxTnsLKj7
こきまくってますね

05. 2014年3月23日 20:28:17 : DyoUYMAVCM
一部分、適当に訳してみた。

600の小さなメッシュバッグの半分は、昆虫の侵入を防ぐために、更にストッキングでカバーをかけた。

(昆虫も微生物もいる)放射線がない地域では、葉の70〜90%は土に返っていた。しかし汚染地域では、葉が元の重量の60%ほど残っていた。

メッシュバッグとストッキングで覆ったメッシュバッグ比較すると、昆虫が葉の分解に重要な役割を果たしていることが分かった。分かったのは、研究者たちが、放射線のレベルが葉の分解に影響を与えることを統計的に確かめるために、湿度や温度、森、土壌のタイプのような外的な要因による影響を排除する目的で、多くのバッグを、環境の違う沢山の場所に置いたからだ。

「結果を一言で言うならば、放射線は、微生物による表土の枯葉分解を妨げると言うことだ」とムソー教授は語る。「これは、栄養素が効率的に土に返らないと言うことだ。そしてチェルノブイリ周辺では木の生長が遅いと言う現象の背景にある原因の一つかもしれない」と付け加えた。

他の研究によって、チェルノブイリ地域には、火災の危険性があることをが分かっている。27年間、分解せずに堆積した枯葉は、森林火災のよい燃料となる可能性があるとムソー教授とその同僚は思っている。「森林火災は、環境破壊よりも心配な問題を引き起こす。火災は、放射能汚染を、禁止ゾーンの外に拡大させる可能性がある。将来の破局的な火災への関心が募っている」とムソー教授は語る。



06. 2014年3月24日 03:08:47 : TGgfYEbPRU
草が枯れて分解されなければ新しい草は生えて来ないだろな・・・。
栄養分となる物が存在しなくなるから木も枯れる・・・。
微生物が放射線で死滅するようなら、人類は疎か地球上に生命は存在して無いと思う・・・。

07. 2014年3月24日 17:17:47 : mAKWjxKjsw
微生物が放射線で死ぬなら
マイコバクテリアの治療ができるかな
google翻訳英語は、接続詞が2個入ったらアウトです
notが違う単語についてしまったり
形容詞が違う単語にかかってしまったりします
投稿する時は、自分は原文見て直します
でも、自分で読むぶんにはいいんじゃない?
韓国語はすごくキレイに訳せるよ

08. 2014年3月25日 22:58:59 : CnzuatqWKw
30年経っても原発から数十キロの範囲に人は帰ることができない
さらに石棺も崩壊し始めた。、

それでも日本の原子力村は除染すれば帰れるとか説明している。

事実をもとに自分の頭で考えて下さい。


09. 2014年3月26日 07:52:36 : yD2B5aWFcw
>>06さん

>微生物が放射線で死滅するようなら、人類は疎か地球上に生命は存在して無いと思う・・・。

その通りですよね。

地球が出来た頃は、セシウムやプルトニウム、ストロンチウム、ヨウ素等々比較的半減期の短い放射性元素もそこいら中にあり、生物が生まれてもすぐに死滅するような状態だったのでしょう。
放射性物質は半減期という時間を経て半分に減っていきますから、だんだんと減ってやっと生物が生存できるところまで少なくなったのが生命の誕生と言うことだと思います。

地球誕生から5億年ほどで生命が誕生したそうですから、いずれフクシマに帰れることは間違いないと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧