★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 140.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「原発事故:汚染水処理のALPS停止 原因も特定できず:ハッピー氏」(晴耕雨読)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/140.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 24 日 15:23:31: igsppGRN/E9PQ
 

「原発事故:汚染水処理のALPS停止 原因も特定できず:ハッピー氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/13735.html
2014/3/24 晴耕雨読


https://twitter.com/Happy11311

原因特定も出来てないのに残り2系統を動かそうとするということは、裏を返せば濃縮水タンクの容量が逼迫してることだと思う。

でも対策しないと、残りも同じようにトラブル可能性があるよね。

汚染水処理のALPS停止 原因も特定できず http://t.co/6GuRoRBCRY

農業用水や生活用水の問題は、とても大きな課題だと思う。

いくら生活圏の空間線量が低くなっても、水の問題が解決しない限り生活するのは無理だしね。

国費除染を表明 復興相 農業ダム・ため池 http://t.co/X0tJxVPHh0 @FKSminpoから

ただ農業用水や生活用水の課題解決にどこまで、また継続的に出来るかは心配だし疑問が残る。

ダムやため池に常に水は流れてくる。

その源は、除染してない山林がほとんどだからね。

一回だけダムやため池の除染や対策しても継続的にやらなきゃダメだし、放射性物質除去の設備も不可欠だと思うんだ。

----------------------
http://t.co/6GuRoRBCRY
原発事故:汚染水処理のALPS停止 原因も特定できず

毎日新聞 2014年03月22日 22時33分(最終更新 03月22日 22時52分)

 東京電力福島第1原発で、汚染水処理の切り札として期待される多核種除去装置「ALPS(アルプス)」が、処理不調により18日から停止している。ALPSの停止は事故収束に向けた工程への影響が大きく、詳細な原因も特定できていない。事態を重く見た県は20日、東電に早期の原因究明などを申し入れた。【高橋隆輔】

 ■3系統とも停止

 アルプスは、トリチウム以外の62種類の放射性物質を取り除くことができる装置で、昨年3月から試運転を続けてきた。ABCの3系統あり、1系統で1日最大250トンを処理でき、通常はほとんどの核種が検出限界値未満になる。

 ところが、17日にB系統で処理された水から、ベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり1400万ベクレル検出された。18日正午ごろにB系統を停止するまで汚染水数百トンが貯蔵タンクに送り込まれ、すでに入っていた処理済みの水約1万4000トンが再汚染された。異常の原因はまだ分かっていない。

 また、処理後の水を一時貯留するタンクは3基あるが、3系統で処理された水はひとまとめにして送り込まれる。このため、汚染された一時貯留用タンクを除染するために異常のないA、C系統まで停止せざるを得ず、現在処理は完全に停止している。

 ■高まるリスク

 アルプスのトラブルは直接環境に影響しないが、汚染水の処理がストップすることは、結果的にさまざまなリスクを生む。

 まず心配されるのがタンクの置き換え計画への影響だ。東電は現在、ボルトで締めるフランジ型タンクから、漏えいリスクの低い溶接型タンクへ置き換え、さらにタンクの数を増やす作業を続けている。その際、新しいタンクには、処理後の水だけを詰めている。

 しかし、今回のトラブルで、使い始めたばかりのタンク21基を汚してしまった。東電は「工程への影響はない」としているが、当該タンク群は、汚染水用に変更するか、すべて除染するか、いずれかの対応が必要になる。どちらの対応を取るかも現時点では決まっておらず、本当に影響が出ないかはまだ分からない。

 2月末時点で、タンクの容量は約1000基で49万トンあるのに対して、蓄積された汚染水は約45万トン。昨年11月には、傾いたタンクの容量ぎりぎりまで移送した結果の汚染水漏れも起きており、タンク容量の逼迫(ひっぱく)は漏えいリスクとの背中合わせを意味する。

 また、汚染水の放射性物質濃度の高さは管理上のリスクにもなる。漏えい時の環境への影響が大きくなり、ベータ線が鉄板で反射した際に発生するX線が作業員の被ばく量も増やしてしまう。東電が2014年度内にすべての汚染水を処理する計画を掲げているのはこのためだ。

 目標達成にはアルプスのフル稼働が最低条件。東電は問題のなかった2系統を週明けにも再起動する方針で対応を急いでいるが、県原子力安全対策課の担当者は「アルプス不調の原因が根本的なところにあれば停止は長引いてしまう」と心配する。

 事態を受け、県は早期に原因を究明し、影響を最小限にするために一刻も早い再稼働やサンプリングの回数を増やすことなどを東電に申し入れ、関係課長による会議も開いた。県原子力安全対策課の渡辺仁課長は「アルプスはいろいろな計画への影響が大きいので、情報を共有して対応に備えたい」と話している。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月24日 16:39:12 : PtiIbQsMFM
原発は、2重3重の安全対策が取られているから、ALPSごときが一台止まっても予備が二台くらいあるんじゃないの。 原発安全神話万歳。

02. 2014年3月24日 23:54:12 : QN2YPdFcvo

01は泥酔した工作員ですから無視してください。

既出ネタにつきコメントは伸びないと思うけど。


03. 2014年3月25日 09:37:54 : 9hgwBKQznc
再開直後にまたトラブル=浄化装置、6時間で処理停止−福島第1

 東京電力は24日、福島第1原発で汚染水の放射性物質を吸着して大幅に減らす装置「ALPS(アルプス)」の2系統で運転を再開したところ、約6時間後にトラブルのため処理ができない状態になったと発表した。アルプスは18日に1系統で処理能力が大幅に低下したため、確認のため3系統全てを停止。24日に2系統の運転再開にこぎ着けたばかりだった。現時点で運転再開時期は未定という。

 東電によると、24日午後7時前、処理後の水の放射性物質濃度を測定するためのタンクから、1秒に1滴程度、水が垂れているのを社員が発見。同日午後1時ごろに運転を再開した2系統の汚染水処理を中断した。

 漏れた水は約0.5リットルで、外部への漏えいはないという。(2014/03/24-22:56)

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014032400873


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧