★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 183.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
過酷なタンク内清掃 新除染装置、不具合見逃しでツケ(東京新聞)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/183.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 26 日 18:46:14: igsppGRN/E9PQ
 

過酷なタンク内清掃 新除染装置、不具合見逃しでツケ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014032602000133.html
2014年3月26日 東京新聞 朝刊


 東京電力福島第一原発の新型除染装置「ALPS(アルプス)」で不具合が起きているのに東電が運転を続けた結果、多数のタンクを高濃度の放射性物質で汚した。東電は「タンクの除染を始めた」というが、後始末をさせられるのは作業員。除染に当たった作業員らが語る現場は、過酷だった。 (片山夏子)

 除染されたのは、ALPSで処理した水を一時的にためるため、装置脇にあるタンク一基。作業員らはタンク下部の側面に直径八十センチほどの点検孔を開け、高さ、直径ともに約十メートルあるタンクの中に入った。天板に二カ所ある点検孔を開け、そこから差し込むわずかな光と持ち込んだ発光ダイオード(LED)ライトの光だけが頼りだ。

 すでに上部から高圧の水を吹きつけて洗浄してあるとはいえ、つい数日前まで一リットル当たり一〇〇〇万ベクレルと、放出基準の数十万倍もある放射性ストロンチウムなどを含む水が入っていた。ベータ線を発する物質で、被ばくの心配は少ないが、直接触れたり体内に取り込むと内部被ばくにつながる。

 防護服の上にかっぱを二枚重ねし、かっぱのフードを全面マスクの上からテープで密封。手はゴム手袋など四枚重ね。足元は長靴と完全防備だ。

 放射線管理の担当者からは「高圧の水で洗浄するとき跳ね上がった水しぶきをかぶらないように、注意に注意を重ねてほしい」と注意が飛んだ。

 薄暗い中、高圧洗浄したりデッキブラシでこすったり、洗浄水を吸引したり、吸引しきれない水は布で拭き取る。五、六人の作業員がチームとなって約二十分ごとに交代する人海戦術で数日かけ作業を進めた。

 完全防備のため、あっという間に全身汗だくに。顔から汗が滴り、マスクに水滴がつく。

 作業員の一人は「晴れた日は光が入って作業がしやすいが、暗くて暑くてまいった。使った機材も除染をしなくてはならない。一基でこれだけ大変。汚染された残りのタンクはどうするのか…」と話した。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月26日 19:54:20 : mmCbUNGZcI
そんなもの、遠隔操作の破砕機か何かで、バラバラにし、
使用済み燃料棒を入れるような、丈夫な容器に閉じ込めればよい。
使用済み燃料棒も、そのタンクも、結局同じようなものだろ。
方や厳重な操作の元、出来るだけ安全に始末するのに、
方や、こんな危険なことをしているようなもの、なんだ。
使用済み燃料棒の中身を出して、燃料棒を掃除などするのか?
しないだろ。
大体、こんなタンク、四六時中地下から流れ出ている核物質の、
カモフラージュ作業。
いい加減にしたらどうだ。
俺たちは、人間で、牧師に飼いならされた羊じゃねぇ。


02. 2014年3月26日 20:21:19 : 9L4YZ2fcnE
タンクに入れてます詐欺

03. 2014年3月26日 21:25:37 : i2PqHIk1zA
企業にもいますね。仕事をわざと増やして忙しそうにしているやつ。
本来流入しない汚染水なのだからALPSを請負った東芝にクレーム
つけて無償でやらせればいい。
それより先に東芝は核爆発の説明責任を果たすべきだが。

04. 2014年3月27日 00:26:22 : RPPySjuaX6
人の命をなんだと思っているのか!

05. 2014年3月27日 00:34:49 : 7b6tTmPO0o
何もこのタンクに限らず、定検中の原発の除染、機器メンテはすべてこんなものではないか。しかも線量計のアラームが鳴っても仕事を続けているとか、線量計を身につけていないとか、そんなことが今も日常的に行われているのでは?

06. 2014年3月27日 00:43:48 : aiMZAOJQqY
うわぁ、こりゃとんでもなく危険だ。
カッパや手袋をいくら重ね着しても、放射能は遮断できない。

あっという間に被ばく線量上限に達するはず。
おそらく、与えられた線量計には線量が低く出るよう、細工がしてあるのだろう。

本来なら、解体処分すべきものだ。
東電にとっては、人命よりもタンクのほうが大切なのだろう。

こんな危険な作業を黙認するなど、トンデモ政府だな。


07. 2014年3月27日 00:49:23 : aiMZAOJQqY
>>05
いや、これは健全な原発の作業とは桁違いに危ないと思う。

溶融燃料が崩れて混じった冷却水が除染されずにはいっていたわけで、
タンク内はとんでもなく線量が高いはずだ。

こんなタンクの中に人を入れるなど、殺人と同じだ。


08. 2014年3月27日 03:24:08 : bwFzMVs2eU


   ごく普通に当たり前に考えて、放射能汚染の工事現場の安全確認、管理、作業

              いつの時代だ!キチガイ沙汰

          何もしないで高額な退職金を受け取った奴と比べ

            命の保証も無く、高収入を得る事もない、

           誰も除染作業をする人が居なくなてしまう

           無能な下痢ゾウ 何も考えてはいないだろう


09. 2014年3月27日 08:10:43 : 2f4eqyymkM

 水で冷やすからダメなのだ

 原子炉は 何もしないで ほっておくのが正しい

 ば〜〜か!!
 
 

[32削除理由]:アラシ

10. 2014年3月27日 10:49:34 : e5RsMNkBw2
>水で冷やすからダメ

そりゃそうですよ。薄めて流すために水を入れてるわけですから。
ICRPのバックエンドによる「希釈と分散」が基本方針。
20m/Svも、食べて応援も、広域処理も、同じ。
緊急時を建前に、かなり曲解してますけどね。

封じ込める気なら、はじめに処分場を造ってますよ。
冷却にはガスや金属を使うはず。
山側から地下水が流れてきているのに、海側だけに遮水壁をつくれば、ナイアガラになるに決まってる。
世論を気にして、やってるフリして、壁をつくっただけですね。
ALPSもタンクも安普請の役立たずでいいんです。どうせ薄めて流すんだから。
バイパスも流れの勢いを緩めるだけで、結局は流出する総量は変わらない。
デブリを希釈するために、だらだら水を入れているわけです。

「海で薄まる」と保安院のヅラが言っていた方針は、ずうっと一貫して続いていて、これからも何十年も続きます。


11. 2014年3月27日 12:36:52 : EQHEkbMsVU
水を減らしてみたらどうかは東電自体何度も確かめているとおもいますよ。
それでそのたび危ない目にあった。日本が消えて無くなる直前までは試したでしょう。
それでやむなく水冷をつづけているのが本当だとおもいます。

メルトした燃料の場所すら明らかでないのだから、いま水冷でとりあえずおさまって
入ること自体すごい幸運ともいえる。汚染水はタンクから漏れるので、これは減らさ
なくてはならない。その切り札がALPS(トリチウムはとれないが)で、それが
不調では希望はまったくない。

海に流すのは国際社会の反発を招く。日本製品不買となったら、日本人は餓死しなけ
ればならない。


12. 2014年3月28日 08:00:09 : tlWnVFEXyg
ただえさえ危険な作業なのに放射能のタンクの中で作業.....恐ろしい...インパ−ル作戦等を思い出す...作業員の人を使命感より自身を大切にしたほうがいいと思うよ、この国は昔も今も弱い国民や地方を使い捨て、何も反省などしない。

13. 2014年3月28日 18:07:11 : 2f4eqyymkM

 >デブリを希釈するために、だらだら水を入れているわけです。

 結局 水で流すだけかもね〜〜〜

 ===

 この前 国会議員と話をしたが 福島では 「誰一人死んでいない」 って

 大勢の人の前で 言っていた <== こりゃ〜〜 ダメだ って思ったな〜〜
 

[32削除理由]:アラシ

14. 2014年3月29日 03:55:55 : asUiXE42a2
水に流して、逃げましょう。マジで。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧