★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 201.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「なぜ日本は9トンもプルトニウム持っているのか」 安倍首相、核サミットでAP記者に追及される(J-CAST)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/201.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 27 日 21:32:47: igsppGRN/E9PQ
 

「なぜ日本は9トンもプルトニウム持っているのか」 安倍首相、核サミットでAP記者に追及される
http://www.j-cast.com/2014/03/27200367.html?p=all
2014/3/27 17:00  J-CASTニュース


安倍晋三首相がオランダ・ハーグで開かれていた核セキュリティサミットの記者会見で、プルトニウムを大量に国内に保有している理由を外国記者にただされ、釈明に追われる一幕があった。


プルトニウムは核兵器に転用が可能だ。原発の停止などで使うあてがなくなったプルトニウムを大量に国内に保有すれば、日本が核兵器保有を目指していると疑われかねない。この疑念が顕在化した一幕だ。


「日本や他国に危険をもたらしうるものを、なぜ持ち続けるのか」



安倍首相は各サミットで核物質の管理に関する質問に答えた(写真は2014年3月10日撮影)


2014年3月25日に行われた記者会見で出た質問は、以下のようなものだ。質問の主は米AP通信記者。


「日本は今でも9トン以上のプルトニウムを国内に保有している。この理由は何か。近い将来に利用する目的があると指摘する専門家もいるが、あなた(安倍首相)は『将来利用しないものは持たない』とも発言している。日本や他国に危険をもたらしうるものを、なぜ持ち続けるのか」


これに対して、安倍首相は


「全量についてIAEA(国際原子力機関)の保障措置のもと、すべて平和的活動にあるとの結論を得ている。更に、日本独自の自発的な措置として、プルトニウムの管理状況について、国際的な指針よりも詳細な情報を公開している。わが国は、核物質の最小化にもコミットしている」


と答弁し、核物質を適正管理しながら保有量削減を目指していることを強調した。


原子力機構の核物質返還で「数百キログラムの核物質を削減」


会見前日の3月24日には、日本原子力研究開発機構(JAEA))が高速炉臨界実験装置(FCA)用に保有していた全ての高濃縮ウランと分離プルトニウムを、米国に返還することで日米が合意したことが発表されている。ホワイトハウスの発表によると「この取り組みで、数百キログラムの核物質が削減できる」という。


日本としては「持ちすぎ」批判をかわす狙いもあるとみられ、確かにこの取り組みを評価する向きもあるようだ、例えばロイター通信によると、米モントレー国際問題研究所のマイルズ・ポンパー氏は、今回の返還合意を「重要なこと」だと表現している。ただ、それでも疑念は消えないようで、ポンパー氏は


「日本はそれでも核兵器に利用可能な分離プルトニウムを9トンも保有しており、さらにその量を増やそうとしている」


とも述べている。


中国外務省「核物質の需要供給バランスが崩れると核拡散のリスク」


公然と日本の核物質大量保有に疑念を示したのが中国だ。外務省の秦剛報道官は2月28日の会見で、


「こういった(プルトニウムやウランといった)慎重に扱うべき核物質の需要供給バランスが崩れると核セキュリティーが潜在的な危険にさらされ、核拡散のリスクをもたらすことになる」


と、やはり「持ちすぎ」を批判。その上で、


「日本政府には責任ある態度と、(1)日本には高濃縮ウランや兵器級ウランが存在するのか(2)どのくらいの量があるのか(3)ウランの利用目的は何か(4)需要と供給が均衡しているか、といった疑問に対する明確な回答を求めたい」


と要求している。この批判に対しては、菅義偉官房長官が3月24日の会見で、安倍首相と同様の答弁をしたうえで「中国の批判はまったくあたらない」と反論している。


日本は日米原子力協定で、核燃料の再処理について米国から事実上「特別待遇」を受けている。日本以外は核燃料の再処理を行うにあたって、処理を行うたびに米国から同意を得る必要があるが、日本だけその必要がない。核保有国以外で米国が核燃料サイクルを持つことを認めているのは日本だけだ。だが、使うあてもない核物質が国内に残留するということは、さまざまなリスクが膨らむということであり、核拡散を防ぎたい米国の立場とすれば基本的に看過できない、というわけだ。AP通信記者の質問は、そうした米国のスタンスを踏まえたものといえそうだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月27日 21:54:04 : i2PqHIk1zA
日本が核燃料の再処理を認められているのはアメリカの下請けだから。
返却をせまられるのは下請けとして見切られつつあるということでは。
元請けから支給された部材は返すべし。
アホ丸出し腐敗政治の日本などまともな国として見られていない。

02. 2014年3月27日 22:52:58 : X8K3Jt2Lhg
子ども被災者支援法"骨抜きバイアス"の実態
英文の勧告を誤訳、健康調査拡大を先延ばし
http://toyokeizai.net/articles/-/33623
http://toyokeizai.net/articles/-/33623?page=2

03. 2014年3月28日 01:11:32 : ryBGIMbvdM
核燃料の再処理はもんじゅの破たんで経済的に完全敗退した。MOX燃料にしてプルトニウムを使うメリットなど何もない。通常のウランの方がはるかに安いからだ。
欧米から日本を見れば核燃料の再処理は原爆用プルトニウム目的としか見えないのは当然だ。日本の実情は六ヶ所村を使用済み燃料の最終処分場化する場当たり行政故なのだろう。

04. 2014年3月28日 04:33:29 : w4YQq9FE6Q
 ン〜ヌ!許っせん!
こんな質問をするヤツは特亜反日国に買収されて日本に恥をかかせる為にやってる。
あるいは反日ミンスか?
 

05. 2014年3月28日 06:30:55 : bwFzMVs2eU


 
   コイツは、 真性のバカである、治らない

   プルトニウムを持っているだけで加害者になりうる

   早く,アメリカに熨斗を付けて返してしまえ

   日本人全てが加害者にされ、住むとこも無くなり加害者のままでで終わる

   生まれながらのバカが権力者である事が狂凶である



06. 戦争とはこういう物 2014年3月28日 09:18:23 : N0qgFY7SzZrIQ : 2JKp4gCZWY
関連:
▽読売新聞7日付社説が「プルトニウムは潜在的な核抑止力」──問われるメディアの「生き残り」戦略のありよう(JCJふらっ)
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/325.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 9 月 14 日 08:55:39: KbIx4LOvH6Ccw

07. おじゃま一郎 2014年3月28日 09:35:23 : Oo1MUxFRAsqXk : CKVXnmvUo6
アメリカが返還を要求してきた高純度プルトニウムは300kg。これは
80年代、中曽根の時代に、当時仲のよかったレーガン大統領から特別に
借りたものである。表向きの目的は高速増殖炉の研究用ということに
なっているが、実際は核兵器製造用であり、海軍出身の中曽根は核兵器を
持ちたかったし、レーガンも日本に核兵器を持たせたかったようだ。

今になって返還を要求してきたのは、オバマの外交政策が同盟外交から
多極間外交に変化したことと、中国韓国が日本の特別待遇に抗議をして
来たことである。

現在ある多量のプルトニウムは純度が低く、そのままでは核兵器に転用できない。
そのため、政府は六ヶ所村の再処理工場に高純度プルトニウム精製設備を
建設することを密かに計画している。これは再処理設備に予算を
つけていることでもわかるだろう。

高純度プルトニウムを作るには、現在の日本の技術では5年から10年かかるが、
完成すれば、晴れて日本はアメリカについで世界で二番目の核兵器大国になり、
真の独立国家になれるのだ。


08. 2014年3月28日 16:34:36 : eCJ5zYSeRs
米国に敗戦で占領されて自ら望む形で軍国主義を否定して日米安保条約を締結していながら将来の核武装のために必要であるからプルトニウムを米国に返還すべきではないとの論は傍から見て奇妙に聞こえる。論理の飛躍を埋めずに強引に机上の論だけでというのでは実現は難しいだろう。

09. 2014年3月28日 16:44:13 : bwFzMVs2eU


  アホが,福島原発を放置しているだけですでに海外から四面楚歌、

  なんで、一番じゃなくて,二番目の核兵器大国なんだ、笑わしてくれる

  どっちみち、世界各国からすでに疑いを持たれてる、と言いたいレスだろが、

  プルトニウムもそんなに必要もなかろうが、チンケな独立国と言いたいなら

  使用済み核燃料をJAXAのロケットに積み込むだけで

  全世界の脅威に有る、タダでさえ,世界を相手に戦争を起こし結果、負けた敗戦国

  悪者にされるには かんたん,  疑われない様に真っ当うに働け



10. 2014年3月28日 17:17:38 : OTOSIyOeKE
>「なぜ日本は9トンもプルトニウム持っているのか」 安倍首相、核サミットでAP記者に追及される

 日本の記者クラブメディアから同様な質問が国内で出ないのが不思議ですね。


11. 2014年3月29日 01:17:53 : i2PqHIk1zA
こんな原発だらけの自爆テロ国家が独立国家なんて妄想でしかない。
09さんの仰るとおり四面楚歌になり草も生えないような国になって終わり。
核武装で自衛という発想が世界から消えないとダメですね。

12. 2014年3月29日 04:23:16 : LRJQaLepgg
「核武装しよう」「それはだめだ。原発が止まる」
http://merx.me/archives/27714

13. 2014年3月29日 11:23:59 : 9L5qHJyxOU
>>07. おじゃま一郎 Oo1MUxFRAsqXk : CKVXnmvUo6
>現在ある多量のプルトニウムは純度が低くそのままでは核兵器に転用できない。
>そのため、政府は六ヶ所村の再処理工場に高純度プルトニウム精製設備を建設
>することを密かに計画している。
>高純度プルトニウムを作るには、現在の日本の技術では5年から10年
>かかるが、完成すれば・・・・

何言ってるんですか?
何がひそかに計画しているですか。
ひそかにじゃないよ!六ヶ所村の再処理工場はもう20年も建設し続けているよ。
本格稼動すれば猛毒をはき続ける施設。
その危険さといっくら莫大な金をつぎ込んでもつぎ込んでも足りない事故ばかり17回も起こして電気も起こさない「もんじゅ」の燃料再処理の為の施設に、これまた
もうすでに金を何兆円もつぎ込んでもつぎ込んでも失敗ばかりなのに

まだ「この先あと10年もかかってもし完成しさえすれば〜・・・・・・・」って、

       あんたバッカじゃないの!



14. ナチス自民ハイル安倍 2014年3月29日 22:50:03 : IzcD1RMnCZNPQ : oG1XoeY676
なぜって??
もうすぐ不正選挙のおかげで富国強兵の大日本帝国が復活するってのに。
その時、核兵器持ってないと箔がつかないでしょうが!

15. 2014年3月30日 15:44:25 : AiChp2veWo
13様,14様、のご意見、両立させるにはそこが難しいところ。

16. 2014年3月30日 19:24:53 : 8z0JTJjQpY
13番、14番両立するわけないだろ
14番の方があきらかにおかしいだろ

17. 2018年8月23日 11:31:20 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7332] 報告
2018年8月23日(木)

主張

プルトニウム保有

核燃料サイクルから手を引け

 国の原子力委員会が、「プルトニウム保有量を減少させる」という、新たな「プルトニウム利用の基本的な考え方」を7月末決定しました。15年ぶりの改定です。

 核兵器の原料にもなるプルトニウムを大量にため込んでいる日本に対し、核不拡散の観点から国際的懸念が強まるもとで、「保有量減少」を言わざるを得なくなったものです。7月初めに閣議決定された「エネルギー基本計画」にも、アメリカの要求をうけて「プルトニウム保有量の削減に取り組む」と書き込まれました。

核弾頭6千発分に相当

 日本では、原発の使用済み核燃料に含まれるプルトニウムを取り出し再利用する核燃料サイクルの実現をめざしてきました。そのため、プルトニウムを核燃料とする高速増殖炉もんじゅの開発と再処理工場の建設をすすめつつ、使用済み核燃料の再処理を英仏に委託してプルトニウムをためてきました。ところが、もんじゅは、23年前のナトリウム漏れ火災事故を機に開発が頓挫し、2年前に廃炉が決定しました。代わりに、普通の原発でプルトニウムを核燃料とするプルサーマルを16〜18基で実施するとされましたが、事故・事件が相次ぐ核燃料サイクルに対して批判が高まり、実績は4基にとどまっています。

 日本は、「利用目的のないプルトニウム」は持たないとしつつ、実際には利用見通しが立たないまま、再処理をすすめプルトニウムをため続けてきました。現在、日本が国内外に保有するプルトニウムは、非核兵器国では桁違いに多く47トンを超えています。核弾頭6千発に相当する量です。

 プルトニウムの大量保有という異常な状態は、核燃料サイクルの破たんの結果です。ところが安倍晋三政権は、核燃料サイクルに固執し、プルサーマルを進めようとしています。プルトニウム削減を口実にしていますが、プルサーマル1基で消費できるプルトニウムは年間0・5トン程度であり、焼け石に水です。

 しかも、2021年竣工予定の再処理工場(青森県)が操業すれば、年間約7トンのプルトニウムがつくられます。原子力委員会の「基本的な考え方」は、「プルサーマルの着実な実施に必要な量だけ」再処理を実施するとしていますが、削減を掲げながらプルトニウムを生産するというのは、誰が見ても矛盾した方針です。再処理工場を動かさず、核燃料サイクルをあきらめるべきです。

 日本は、日米原子力協定のもと、非核兵器国で唯一、再処理とプルトニウム利用など核燃料サイクルを認められています。しかし、核拡散防止のためには、核兵器開発につながりかねないプルトニウム利用を拡大すべきでないというのが、国際的な常識です。日本がプルトニウム利用にしがみつくことは、国際的な核拡散防止の努力に水を差すものです。

外交・経済的に利点なし

 日本にとって、プルトニウム利用は外交的にも経済的にも何の利点もありません。安倍政権は、高速増殖炉開発に失敗し核燃料サイクルが破たんした現実を認め、プルトニウム利用を断念し、核燃料サイクルから手を引くべきです。なにより、あらたなプルトニウムを生み出すことになる原発再稼働も断念すべきです。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-23/2018082301_05_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧