★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 262.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
環境省のインチキ小児甲状腺がん調査!日付が無い上に、詳細は4月以降に発表!なのに、「福島は安全だった」と報道する連中!
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/262.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 3 月 31 日 23:22:34: igsppGRN/E9PQ
 

環境省のインチキ小児甲状腺がん調査!日付が無い上に、詳細は4月以降に発表!なのに、「福島は安全だった」と報道する連中!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2154.html
2014/03/31 Mon. 22:00:12 真実を探すブログ



*甲状腺乳頭癌が発生したリンパ節 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E7%99%8C


環境省が3月28日に青森県、山梨県、長崎県の3県で行った小児甲状腺がんの検査結果を発表しました。それによると、3〜18歳の計4365人を対象に検査を行った結果、甲状腺の結節(しこり)などが福島とほぼ同じ56.5%に当たる2468人から5ミリ以下のしこりなどが見つかったとのことです。


マスコミはこの検査結果を「福島と福島以外の甲状腺異常はほぼ同じ」と言うようなタイトルで報道していますが、公開されたデータを見てみると、実際には「同じ」と言い切れない事が分かります。まず第一に、検査対象地域が青森県、長崎県、山梨県の3県しか無いことです。福島とそれ以外を比較するのならば、他の都道府県でも同じ様な検査をやらなければ断言することは出来ません。しかも、検査対象も福島の20万人と比較すると圧倒的に少ない上に、環境省は詳細な調査結果を4月以降に公表するとしています。


検査した4365人の内、1人が「甲状腺がんもしくは甲状腺がん疑い」と診断されていますが、これについて調査した日付や場所の詳細な情報が何処にも書いていないのです!
原発推進派やマスコミの連中はこんなあやふやなデータを元に、「やっぱり福島は安全だった!子供の甲状腺がん発生率は他県と同じ」とか言っているわけで、脳天気を通り越して、あきれ果ててしまいます。せめて、4月以降に詳細なデータが発表されるまでは、どちらとも言い切れないのでは無いでしょうか?


それに、小児甲状腺がんの発症率は長年の調査結果から、100万に数人程度という数が出ています。これは日本だけではなく、海外でも同じで、これを超えるほどの数が出たということは、「青森県や山梨県も危ない」と言うことが出来るはずです。どうにも、推進派の連中が、「福島は安全」という結果ありきで、このデータを発表したとしか思えません。
*更に言うと、実際に小児甲状腺がんが確定した子供の数も福島が圧倒的に多い


☆平成26年3月28日甲状腺結節性疾患追跡調査事業結果(速報)について(お知らせ)
URL https://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17965
引用:
2.調査の概要
(1)対象地域
○青森県弘前市
○山梨県甲府市
○長崎県長崎市
(2)対象者
 平成24年度事業おいてB判定とされた方 44名(うち同意者 31名)


(3)実施期間
 平成25年10月〜平成26年3月


(4)調査委託先
 公益財団法人原子力安全研究協会


(5)調査方法
○3県調査において甲状腺超音波検査でB判定とされた方44名のうち、調査に対する同意が得られた方31名について、その方が自主的に受診した精密検査結果等に関する情報の収集を行った。



※A1、A2は一次検査基準の範囲内であることが確認された方(甲状腺に疾患のある方を含む)。
※通常診療等とは概ね6か月〜1年後に経過観察(保険診療)する方及びA2の基準値を超える等の方。
4.今後の予定
 詳細な調査結果については、4月以降に公表する予定です。
:引用終了


☆甲状腺がん、福島は他県並み 環境省の比較調査
URL http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032801002318.html
引用:
 環境省は28日、東京電力福島第1原発事故による福島県の子どもの健康影響を調べるため、比較対象として青森、山梨、長崎の3県の子どもの甲状腺がんの頻度を調べた結果を発表した。「対象者数が違うので単純比較はできないが、福島と発生頻度が同程度だった」としている。


 環境省は2012年11月〜13年3月、青森県弘前市、甲府市、長崎市の3〜18歳の計4365人を対象に、甲状腺の結節(しこり)などの有無を調査。福島と同様の56・5%に当たる2468人に5ミリ以下のしこりなどが見つかったほか、44人に5・1ミリ以上のしこりなどが見つかり、2次検査が必要と診断されていた。
:引用終了


☆やっぱり福島は安全だった 子供の甲状腺がん発生率は他県と同じ
URL http://the-liberty.com/article.php?item_id=7616
引用:
環境省は、青森県、山梨県、長崎県の3県で行った、3〜18歳の子供を対象にした甲状腺検査の結果を28日、発表し、甲状腺がんの発生率が福島県とほぼ同じだったことを発表した。福島第一原発事故による放射能汚染で、福島の子供の甲状腺がんが増えるとの懸念もあったが、その割合は他県とほぼ同じであり、「福島は安全である」ことが確認された。


3県での甲状腺検査は、福島で3〜18歳の約25万4千人を対象に行われた県民健康管理調査の甲状腺検査で、甲状腺がんが見つかったことを受け、比較のために行われた。福島ではしこりが見つかったのは約1800人(40%)、甲状腺がんやその疑いが見つかったのは74人だった。


これに対し、青森県、山梨県、長崎県の3県では、2012年11月から13年3月に約4300人を対象にして検査したところ、しこりが見つかった割合は約2400人で56%と、福島よりもその割合は大きかった。 今回、その後再検査が必要と診断された44人に対する追加調査で、結果の分かった子供は31人。そのうち、甲状腺がんが見つかったのは1人だった。母数が違うので単純な比較はできないが、がん発生率だけを見れば、福島と他県で変わらなかった。
:引用終了


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月01日 00:44:23 : 8AVrkLthPg
福島ではすでに普通の100倍以上の甲状腺ガンが発生している。
100万人に1人が20万人で50人とか。

今や日本の原子力村の発表数字を信じている他国のメディアはない。


02. 2014年4月01日 00:49:08 : CwPTn1UXxk
どちらにせよ福島 青森 長崎 山梨の子供の2人に1人が直ちに死ぬという事に変わりはない。

03. 2014年4月01日 01:08:10 : eigcf0QzOY
こんな理解は、キチガイと放射脳しかしない (笑)

[12削除理由]:アラシ
04. 2014年4月01日 02:57:32 : yD2B5aWFcw
青森は、六ヶ所再処理工場。
ナガサキはプルトニウム原爆。
甲府は福島初期放射性プルームの到達前線。



05. 函館の犬。 2014年4月01日 06:10:54 : bhbAK3m6MJQx2 : AgZPuzoTCA
最初から、差はないという結論ありきから出発してるんだ。数字をあわせてるだけ。環境省、厚労省、経産省、政府のねつ造論文さ。記者クラブは一斉に同じ報道をして終わり。考えることをやめた連中が記事を書いてる。

06. 2014年4月01日 08:22:25 : E4bT3Bpr2w

■ 福島から4400人をサンプリングするとどうなるか

福島の甲状腺検査の対象者を270000人、甲状腺癌の発見頻度を74/254000と仮定する。

254000人の非復元抽出を無限回繰り返した場合、観測される発見頻度は

74/254000*(1-0.072882)〜74/254000*(1+0.072882)

の範囲に99%の確率で含まれる。

一方、17163人の非復元抽出を無限回繰り返した場合、観測される発見頻度は上記の範囲に13.376%の確率で含まれる。

実は4400人はサンプルサイズとしては少なすぎる(正規近似による誤差が大きい)為、17163人(専門書には期待値が5以上とある為)を用いたのだが、仮に4400人の非復元抽出を無限回繰り返したとすれば、観測される発見頻度が上記の範囲に含まれる確率が13.376%未満となるのは明らかだろう。

つまり「福島から4400人をサンプリングして得た発見頻度」と「福島から254000人をサンプリングして得た発見頻度」が近い値になる確率はせいぜい10%ほどである。

同じ福島のサンプルでさえ、サンプルサイズが大きく異なればこういう結果が出る。環境省の主張は子供騙しもいいところだ。


07. 2014年4月01日 17:14:56 : 3qwyfDWXjs
>>06
鋭いご高察ありがとうございます。その他、対照群検査について統計学的に問題とすべき点がありましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願い申し上げます

08. 2014年4月03日 06:43:17 : 1geRdsjJSg
メルトダウンを起こし破滅的事態に陥っていながらもし「何の影響も見られない」ようなら、逆に異常だ。統計学は人を騙すためによく活用される学問だが、どうして信憑性を確保することを考えなかったのか。

それにしても環境省はこの件といい地球温暖化といい、ウソしか言わん。
宣伝省と名称を変更したらどうだ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧