★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 441.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国NSA、福島原発事故時に通信傍受活動「2号機の燃料が2メートル露出している」とレポート 2011/3/14
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/441.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 13 日 01:37:37: igsppGRN/E9PQ
 

米国NSA、福島原発事故時に通信傍受活動「2号機の燃料が2メートル露出している」とレポート【2011/3/14】
http://echo-news.net/japan/nsa-sigint-in-fukushima-disaster-reported-fuels-uncovered-in-unit-2
2014年4月12日23時26分 echo-news エコーニュース


福島第一原子力発電所事故の際に、アメリカ政府で通信傍受を担当する諜報機関のNSAが行なっていた活動の一部が明らかになりました。


米国原子力規制委員会・NRCが開示していた文書http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1212/ML12122A950.pdfを精査した結果、画像・赤線部の通り、3月14日午前10時55分34秒の時点でNSAから「2号機の燃料が2メートル露出している」という連絡が行なわれている部分が発見されたものです。


http://echo-news.net/wp-content/uploads/2014/04/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2014-04-12-22.44.09.png


この報告から直ちに、当時2号機の燃料が露出していたかどうかの確証はもてませんが、NSAがSIGINTを専門的に行なう機関であることからすると日本側の通信を傍受した内容がこの情報の根拠になっていた蓋然性が高いものと思われます。もしNSAが福島第一原子力発電所事故の際に大規模な通信傍受活動を行っていたとすると、今後あらたに、これまで不明であった事故真相の解明が更に期待できます。それを踏まえて現在、本紙ではNSAに対してこの報告の根拠となる記録を情報公開請求中です。


ただし米国政府のなかでも諜報機関の場合は情報公開に非常に消極的で、基本的に何らかの理由をつけて門前払いしようとするのが、筆者の経験上は通常で、現在NSAとは交渉中の段階にあります。


http://echo-news.net/wp-content/uploads/2014/04/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2014-04-12-22.53.36.png
(米連邦情報公開法に基づく開示請求に対する、NSA・米国国家安全保障局からの応答文です)


そもそも、NSAの活動内容については米国の諜報機関の中でも特に秘匿性が高く、プエブロ号事件など一部のケースやエドワード・スノーデン氏によるリークを除いては極めて限られた情報しか入手できません。(もっともまとまった研究としてジェームズ・バンフォード氏の「パズル・パレス」がありますが、日本語訳ではなぜか非常に重要な「出典」の部分が削除されている徹底ぶりです。)
http://echo-news.net/review/puzzle-palace-the-nsa-by-james-bamford


しかしながら、福島第一原子力発電所事故の環境と日本国に与える影響の重大性と、その余波で仮に米軍の駐日基地、とくにそのレーダー設備が放射線により機能を損傷する事態になり得た恐れなどに鑑みると、NSAは当時、相当な量の通信傍受を行なっていたと推認され、そのデータが開示されれば非常に有益な歴史的資料が得られることになります。


関連記事リンク 米国原子力規制委員会・福島事故の最悪シナリオを情報公開決定(2014/4/10・最新情報に更新)
http://echo-news.net/japan/usnrc-disclosed-fukushima-worst-case


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月13日 01:44:04 : mX7m3DmOlg
一部不活性になっていますので再掲します。

米国NSA、福島原発事故時に通信傍受活動「2号機の燃料が2メートル露出している」とレポート【2011/3/14】
http://echo-news.net/japan/nsa-sigint-in-fukushima-disaster-reported-fuels-uncovered-in-unit-2
2014年4月12日23時26分 echo-news エコーニュース


福島第一原子力発電所事故の際に、アメリカ政府で通信傍受を担当する諜報機関のNSAが行なっていた活動の一部が明らかになりました。

米国原子力規制委員会・NRCが開示していた文書http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1212/ML12122A950.pdfを精査した結果、画像・赤線部の通り、3月14日午前10時55分34秒の時点でNSAから「2号機の燃料が2メートル露出している」という連絡が行なわれている部分が発見されたものです。

http://echo-news.net/wp-content/uploads/2014/04/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2014-04-12-22.44.09.png

この報告から直ちに、当時2号機の燃料が露出していたかどうかの確証はもてませんが、NSAがSIGINTを専門的に行なう機関であることからすると日本側の通信を傍受した内容がこの情報の根拠になっていた蓋然性が高いものと思われます。もしNSAが福島第一原子力発電所事故の際に大規模な通信傍受活動を行っていたとすると、今後あらたに、これまで不明であった事故真相の解明が更に期待できます。それを踏まえて現在、本紙ではNSAに対してこの報告の根拠となる記録を情報公開請求中です。

ただし米国政府のなかでも諜報機関の場合は情報公開に非常に消極的で、基本的に何らかの理由をつけて門前払いしようとするのが、筆者の経験上は通常で、現在NSAとは交渉中の段階にあります。

http://echo-news.net/wp-content/uploads/2014/04/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2014-04-12-22.53.36.png
(米連邦情報公開法に基づく開示請求に対する、NSA・米国国家安全保障局からの応答文です)

そもそも、NSAの活動内容については米国の諜報機関の中でも特に秘匿性が高く、プエブロ号事件など一部のケースやエドワード・スノーデン氏によるリークを除いては極めて限られた情報しか入手できません。(もっともまとまった研究としてジェームズ・バンフォード氏の「パズル・パレス」がありますが、日本語訳ではなぜか非常に重要な「出典」の部分が削除されている徹底ぶりです。)
http://echo-news.net/review/puzzle-palace-the-nsa-by-james-bamford

しかしながら、福島第一原子力発電所事故の環境と日本国に与える影響の重大性と、その余波で仮に米軍の駐日基地、とくにそのレーダー設備が放射線により機能を損傷する事態になり得た恐れなどに鑑みると、NSAは当時、相当な量の通信傍受を行なっていたと推認され、そのデータが開示されれば非常に有益な歴史的資料が得られることになります。

関連記事リンク 米国原子力規制委員会・福島事故の最悪シナリオを情報公開決定(2014/4/10・最新情報に更新)
http://echo-news.net/japan/usnrc-disclosed-fukushima-worst-case


02. 2014年4月13日 03:43:25 : TGgfYEbPRU
盗聴データは明かされて初めて役に立つってことだな・・・。
やり取りの記録が存在するってことは、大事故の際、政府も企業も情報出して来ないってこと・・・。
パニック恐れて国民の生命と財産を放棄するのが政府と行政の仕事ってことだ・・・。

03. 2014年4月13日 04:25:36 : aiMZAOJQqY
2号機のプール内の燃料が露出し燃えていたことは十分あり得ると思う。

建屋内のことで外からは何もわからないし、東電も一切情報を出さない。
しかし、未だに線量が高くて建屋にはいれないことからして、大変なことが起きたのはまちがいない。


04. 2014年4月13日 07:48:46 : J1TdSYJ356
米は{トモダチ作戦参加米兵訴訟提起「原発事故適切に開示せず」
と賠償1000億円}訴訟を米国として支持することを悪屁に

対し福一の全てに責任をとれとの圧力とも見えますが、その悪屁が
国内含めて対策に動いてほしいものですね。。


05. 2014年4月13日 09:29:40 : EUUGoG4Xqg
NSAの記録は、3号機は爆発したけれど、放射能漏れはないとした既定路線を補強するもので、何ら驚くべきものではない。

エコーニュースは、ガネット社の子会社だ。

ガネット社を知っていますか?信用しますか?

http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/873.html#c2

2号機については、2011年3月11日23時50分頃にはメルトスルーするという吉田所長の「異常事態連絡様式 平成23年3月11日」がある。

http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/835.html#c2


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧