★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 652.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
放射能は人生台無しに チェルノブイリ被ばく女性講演(とある原発の溶融貫通(メルトスルー))
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/652.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 27 日 10:02:06: igsppGRN/E9PQ
 

放射能は人生台無しに チェルノブイリ被ばく女性講演
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7652853.html
2014年04月27日09:26 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)



自らの被ばく体験を語るシネオカヤ・インナさん=津市の津リージョンプラザで


一九八六年に旧ソ連(現ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原発事故からちょうど二十八年を迎えた二十六日、事故を忘れないための催し「チェルノブイリ・福島いのちは宝」が津市西丸之内の津リージョンプラザであった。事故で被ばくしたウクライナ人女性シネオカヤ・インナさん(32)が来日し、約五百人の来場者に放射能の恐ろしさを語った。


インナさんは四歳の時に事故に遭い、被ばくによるがんのため甲状腺の全摘手術を受けた。発生直後は住民に事故のことが知らされず、「避難の必要性に気付いたときは手遅れだった」と語った。


〇八年に長女を妊娠した際、がん再発の恐れが分かり、医師からは出産を猛反対された。しかし、「自分から子どもの命を消したくない」と産んだ。


甲状腺の全摘による免疫力の低下で常に体調不安を抱えながら、五歳の長女を育てている。事故から二十八年を経ても甲状腺がんに苦しんでいる人がウクライナに多くいる現状に触れ、「放射能はその後の人生を台無しにする。原発は動かすべきでない」と訴えた。


インナさんはかつて日本の団体から支援を受けていた縁で、主催した市民団体「みえ426の会」が招いた。催しではほかに市内の久居高校演劇部による朗読劇などがあった。(添田隆典)


中日新聞 2014年4月27日
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20140427/CK2014042702000008.html


=========================================================


映像報告 「チェルノブイリ 28年目の子どもたち」
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7651353.html


チェルノブイリから18年後も増え続ける奇形
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7643921.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月27日 15:55:46 : RCH1x4vsbI
人類にとって、福島第一原発事故は、最大の挫折だった。

02. 2014年4月28日 00:15:14 : dp4XTYfT2A
どんなに最悪の事態でも、それをそうとしっかり認めて出来る限りのことをしているのならばまだよい。問題は、現在そう出来ていないってことだ。このままでは事態はさらに“最悪”になっていくばかり。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧