★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 708.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ニューヨークタイムズ:政府は福島放射能の問題について話したくない 記者は秘密保護法の下で投獄されることを恐れる(EN)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/708.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2014 年 4 月 30 日 16:33:00: YeIY2bStqQR0.
 

記事元


NY Times Reporter: Untold story of Fukushima is the radiation issue, gov’t doesn’t want us talking about it; A lot going on that’s never reported by media — Afraid of being imprisoned under Japan’s new secrecy law; All officials have to do is say the info is secret (AUDIO)
ニューヨーク・タイムズ記者:福島秘話は放射能の問題である、政府は我々にそれについて話したくない。;日本の新秘密保護法の下で投獄されることを恐れている−進行中の多くの事はメディアによって決して報道されなかった;当局全てがやらなければならないことは、情報は秘密であると言ことである(音声)


Published: April 25th, 2014 at 7:03 am ET By ENENews
公開日:2014年4月25日、午前7:03 ET ENENewsによる


Foreign Correspondents’ Club of Japan — “The Correspondents’ Table” podcast, March 2014:
外国特派員日本のクラブ−「特派員のテーブル」ポッドキャスト、 2014年3月:


At 52:00 — Host: Is there an untold story about Tohoku that you… believe should be told?
Martin Fackler of the New York Times Pulitzer-Prize nominated reporting team: Yeah… it’s so hard in Japan to talk about the radiation issue, like how bad is it really… There is a sense that if you even talk about these issues, you’re hurting the poor people of Fuksuhima.
52分の所で−ホスト:あなたは...語られるべきだと信じている東北についての秘話がありますか?
ニューヨーク・タイムズピューリッツァー賞のマーティン・ファクラーは、取材チームを指名する:ええ...日本で放射能の問題について話をするのは難しいです、それが実際にはどのくらいに悪いかのような...もしあなた方がこれらの問題について話したとしても、あなたは福島の貧しい人々を傷つけているという感覚がある。


Therefore, we shouldn’t talk about it. That’s just not right… The folks who don’t want us to talk about it are the government, because they don’t want to pay compensation… I feel like there is a lot going on in Fukushima that just doesn’t get talked about in the local media, not necessarily for government cover-up sort of issues, but self restraint or self censorship.
したがって、我々はそれについて話すべきではありません。それはまったく正しくないのです•••私たちにそれについて話をしたくない人々は政府です、何故ならば彼らは補償金を支払いたくないのです•••私が感じているには福島で進行する地元メディアで言及したくない沢山の事があり、それは必ずしも問題の一種を政府が隠蔽するためではなく、自己抑制や自己検閲のためです。


Even papers that are pretty strong in their reporting on Tepco in some ways, like the Tokyo Shimbun, won’t talk about these issues because they’re afraid that somehow its unpatriotic to talk about radiation. There’s a lot of questions and issues that are not being talked about, and I think they should be talked and if there is damage to the people of Fukushima that’s the responsibility of Tepco…
東京新聞のような、いくつかの点で東京電力の報道ではかなり強い新聞でさえも、この問題については話さないであろう、何故ならば放射能について話をすることが、何らかの非国民とされるのを恐れている。語られていない疑問や問題が沢山ある、そして、もし東京電力に責任のあるダメージが福島の人々にあるのなら、彼らは話をするべきだと私は考える...


Host: Are you at all afraid of this new secrecy law affecting your sources, for example, on the nuclear issues?
Fackler: Yeah, I am — the government gives us reassurances… My biggest concern is none of these protections of journalism that bureaucrats give you, these verbal reassurances that journalists won’t be affected by the law, none of them are in writing.
ホスト:あなたは、たとえば、核(原子力)問題について、情報ソースに影響を与えるこの新しい秘密保護法を少しでも恐れていますか?
ファクラー:ええ、そうです−政府は我々に再保証を与える...私の最大の懸念は、官僚があなた方に与えるジャーナリズムの保護がないことだ、ジャーナリストがこれらの法律によって影響されないことを言葉によって表された再保証、それらが何も書面にはありません。


The law itself doesn’t contain any of these reassurances, so we get these verbal reassurances: “It’s not aimed at journalists; it’s not aimed at journalism; it’s not aimed at transparency and public discourse.” But if you look at the law, none of that is in there.
法律自体は、これらの如何なる再保証も含まれていない、だから我々はこれらの言葉に表した再保証を得る:「それはジャーナリストを狙っていないです;それはジャーナリズムを狙っていないです;それは。透明性と公開論議を狙っていないです。」しかし、もしあなた方が法律を見れば、そこには何もありません。


The law actually leaves a lot of leeway, that if somebody else were to interpret that a different way, you actually could throw people in prison. All the government has to do is say this is a secret and your source gets put into prison and perhaps you as well. It does worry me that the language is so broad and so vague that it could be taken a different way very easily.
もし他の誰かが異なる方法で解釈した場合、あなた方は実際に刑務所に人を投げ入れることができるという、法律は現実に余裕の多くを残します。政府がしなければならない全ては、これが秘密である、そして、あなたの情報ソースが刑務所に、おそらくあなたも同様に入れられると言うことです。私が心配しているのは、言語は幅広く漠然としているので非常に簡単に別の方法で解釈され得るということです。


Full interview available here
ここで利用可能な完全インタビュー
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月30日 19:09:54 : FfzzRIbxkp
日本にはね、自分で法律を守れないのに法律を作って、他人に法律を守らせるために暴力を使う議員が公務員がいるのよ。

法治国家には珍しい突然変異種なのかしらね。
選挙もやりたい放題だから、突然変異党なのよ。

アメリカ様の真似をして、国際法も無視し放題。
戦略のない思いつきの模倣だから、アメリカ様は日本の横暴を逆手にとって
うまく外交をすすめていらっしゃるわね。


02. 2014年5月02日 09:24:24 : ztQPQj7kJE
「秘密保護法」云々言う以前から、この国のメディアは、原発事故関連の情報には、口にチャックの状態が続いていると思うが。
それどころか、原発推進の安倍政権に大いに肩入れしている現状は、事故発生当時の3年前から今に至るまで変わっていないよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧