★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 750.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東電監視委員会のクライン委員長 東電が進める凍土壁計画に疑念 「意図せぬ結果が心配」(東京)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/750.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 02 日 22:01:57: igsppGRN/E9PQ
 

                    デール・クライン氏


東電監視委員会のクライン委員長 東電が進める凍土壁計画に疑念 「意図せぬ結果が心配」(東京)
http://financegreenwatch.org/jp/?p=43460
5月 2nd, 2014  Finance GreenWatch


東京電力で組織改革や原発事故への取り組みを監視する「原子力改革監視委員会」委員長で元米原子力規制委員会(NRC)委員長のデール・クライン氏は一日、都内で共同通信と会見し、福島第一原発の汚染水問題の切り札と期待される凍土遮水壁について「最良の選択肢との確信が持てない。意図せぬ結果が生じないか心配だ」と語った。

 同席した副委員長で英原子力公社名誉会長のバーバラ・ジャッジ氏も、実証性を見極める試験を夏の暑い時期に行う必要があると指摘。クライン氏とともに凍土壁の実効性に懸念を表明した。

 凍土壁をめぐっては、日本の原子力規制委員会や土木専門家からも疑念の声が出ており、クライン氏らの発言が本年度中の運用開始を目指す東電の計画にも影響を与える可能性がある。

 クライン氏は凍土壁に関しては世界中で多くの知見と実績があるとしながらも「これだけの規模のものが造られたことはない。(本来は)数カ月間の一時的な措置。地下水がどこへ行き、最終的にどうなるのか、さらなる試験と分析が必要だ」と述べた。

 さらに「(凍土壁は)コストが高い。政府と東電は限られた財源の使い道として最適かどうか検討すべきだ」と述べて慎重な姿勢を示した。

 また、クライン、ジャッジ両氏は除染や将来の廃炉に向け、東電が「海外からより多くの助言を仰ぐ」必要性に言及。米英両国が核兵器関連施設の除染経験があることから米エネルギー省などの関係機関と情報共有や人的交流を推進する重要性を力説した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014050202000142.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月02日 22:39:19 : SAkbcU4RQs
ほとんど役立たずの特殊潜航艇だとか風船爆弾だとか、好きだからね。
費用対効果で言えば、足引っ張ってるだけだからね。


02. 2014年5月03日 00:05:57 : dtNkAkscHg
海外の御用をたててきたということは、いよいよ無駄だと気づいたんだな。

燃料デブリは何処にあるのかが問題だ。

誰が出てきても真相は隠される。


03. 2014年5月03日 12:23:33 : UWHnqzfejc
>>02
>海外の御用をたててきたということは、いよいよ無駄だと気づいたんだな。

記事を見たとき、「あれっ」と思いました。ムダもそうかもしれませんが、そのもの
ずばり「不測の事態」がおこるのが怖いのではないですか。原発施設そのものの崩壊
とか。もうかなり痛んでますからね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧