★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 753.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<川内原発安全審査>「隕石衝突の対応が漏れてるぞ!!! 書類出し直しして来い!」 
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/753.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2014 年 5 月 03 日 05:51:12: 8rnauVNerwl2s
 


「活断層規制委員会」が、最優先再稼働候補の川内原発の安全審査に「航空機墜落による火災発生について記載がないなど不備が見つかった」(読売)として書類の再提出を命じたそうだ。

8月の再稼働は無理ですね。

九州電力にアドバイスしておくと、隕石衝突のリスクも想定しないと審査は通りませんね。あと北朝鮮のミサイル攻撃も追加しておきましょう。

まあ電力会社は、民主党の選んだ現規制委員の任期切れを辛抱強く待つしかなさそうですが、その前に電力会社が潰れそうです。

電力会社も諦めて、原発再稼働を諦めて電気料金を倍にするしかないか?
製造業が潰れて電力消費も減るでしょう。
 
 

読売新聞から
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140502-OYT1T50070.html?from=tw

川内原発、追加審査へ…再稼働は秋ずれ込みも


原子力規制委員会は2日の定例会で、九州電力が4月末に提出した川内せんだい原発1、2号機(鹿児島県)の追加の安全対策を盛り込んだ「補正申請書」について、火災対策など内容が不十分として、8日に追加の審査会合を開くことを決めた。

 今後、申請書の修正と再提出を九電に求める。安全審査の最終段階まできた九電は、電力需要が高まる夏の再稼働を目指すが、申請書の不備を指摘されたことで、再稼働が秋にずれ込む可能性が出てきた。

 申請書は、川内原発の安全についての基本方針を示すもの。九電は耐震補強などの基準となる地震の揺れの想定を引き上げたことや、津波防護壁の設置などの対策を約7200ページ分の申請書にまとめ、4月30日に規制委に提出した。

 規制委は、審査結果をまとめた「審査書案」を作るために、申請書を精査した結果、航空機墜落による火災発生について記載がないなど不備が見つかった。

2014年05月02日 13時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
  
 

<参考リンク>

■原子力規制委員会[ウィキペディア]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)

原子力規制委員会は環境省の外局として設置される機関である(原子力規制委員会設置法2条)。同委員会は国家行政組織法3条2項に基づいて設置される三条委員会と呼ばれる行政委員会で、内閣からの独立性は高い(法2条、5条)。

原子力規制委員会は委員長及び委員4人をもって組織される(6条1項)。委員長及び委員は、人格が高潔であって、原子力利用における安全の確保に関して専門的知識及び経験並びに高い識見を有する者のうちから、両議院の同意を得て内閣総理大臣が任命する(法7条1項)。

また、委員長はその任免を天皇が認証する認証官である(同条2項)。委員長及び委員の任期は5年で、再任されることができる(法8条1項2項)。

一般的な欠格事項のほか、「原子力にかかる製錬、加工、貯蔵、再処理もしくは廃棄の事業を行う者、原子炉を設置する者、外国原子力船を本邦の水域に立ち入らせる者、もしくは核原料物質、もしくは核燃料物質の使用を行う者、またはこれらの者が法人であるときはその役員(いかなる名称によるかを問わず、これと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む)、もしくはこれらの者の使用人その他の従業者」に該当する者は委員長または委員となることができない(法7条7項)。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月03日 06:39:26 : aGwrAJ02CU
電気料金を倍にする前に原発安全宣伝をやっている公益法人をまず解散しましょう。日本原子力発電なる会社の今1ワットも発電していないのですから経費は不要です。

「手羽先」ならぬ「手先」の工作員に対するアルバイト料もも不要です。そう会員番号何とかという工作員にも費用はいらなくなります。


02. 2014年5月03日 08:08:09 : NPX4ZO2agg
>>01さん然り

総括原価にぶら下がるものはすべて無駄
つまり原発原爆は世界的に無駄物です。


03. 2014年5月03日 18:26:25 : WOYdhNByOW
会員番号4153番氏は本当に原発事故の事を調べていないし知識が無いか?
それとも敢えて有名な話を投稿文の表題に持ってきたのか?

スリーマイル事故以前の原発安全神話で絶大な影響力を持っていたのが
「ラスムッセン報告」だ。
ラスムッセン報告での原発事故の確率は地球上に隕石が落下してきてあなたが打たれる確率は僅かこれこれであり、原発の事故が起こる確率はそれと同じである
原発事故の発生率が殆んど有り得ない小さな事だと宣伝するために造られたインチキ
これがすげぇ有名な話。

ま・さ・かぁ〜  知らないで表題にしたわけじゃないよなww
参照文献には何処にも書いていない。

で、日本といえばスリーマイル&チェルノブイリの教訓もなく
インチキ安全確率論に沿ったままかのように
前回安倍氏が首相をしていた時も原発が苛酷事故に陥ることは無いので
苛酷事故の対応はしないと国会でハッキリ答弁している。

実際に隕石がぶち当たるような確率であろうがなかろうが事故は起きた。
意味わかって投稿文の表題を書いているんだろうなぁ
ワンと吠えて答えてみなさい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧