★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 775.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
仙台市に住む大学生の脳の「海馬」が原発事故から1年後に萎縮していた(低気温のエクスタシーbyはなゆー)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/775.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 04 日 08:30:20: igsppGRN/E9PQ
 

仙台市に住む大学生の脳の「海馬」が原発事故から1年後に萎縮していた
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2014/05/blog-post_8464.html
2014年5月4日 低気温のエクスタシーbyはなゆー


☆震災1年、大学生の「海馬」が萎縮…恐怖癒えず
(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/science/20140502-OYT1T50197.html

https://web.archive.org/web/20140503213209/http://www.yomiuri.co.jp/science/20140502-OYT1T50197.html

 震災前から仙台市内に住む大学生に、記憶をつかさどる脳の「海馬」が、震災後1年たってから萎縮する傾向がみられることが、東北大加齢医学研究所の調査で分かった。



 同研究所は、震災の恐怖が癒えず、長期にわたりストレスを受け続けた結果とみている。

 調査は、震災前から仙台市内に住む大学生の男女37人(平均21歳)を対象に、震災前後の2009年から12年まで、脳を磁気共鳴画像(MRI)で撮影して比較した。

 海馬は一般的に、10歳代後半をピークに徐々に萎縮する。震災後3〜4か月では大きな変化はなかったが、1年後に測定したところ、右側の海馬の体積が5%程度小さくなっていたという。調査対象には津波にのまれたり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したりする学生はいなかったが、震災当時、仙台市内にいなかった学生と比べても、萎縮は顕著だったという。

 研究結果は29日、英科学誌ネイチャー系医学誌「モレキュラー・サイカイアトリー」電子版に掲載された。

 同研究所の関口敦講師(40)(脳画像解析医学)のグループは「津波被害を受けた被災者なら、さらに脳が萎縮している恐れがある。被災者には継続的なケアが必要だ」としている。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


《関連記事》

☆東日本大震災:PTSD症状訴える学生 脳の一部分が萎縮
(毎日新聞。2012年5月22日)

https://web.archive.org/web/20120522195602/http://mainichi.jp/select/news/20120523k0000m040101000c.html

ボランティアや震災情報に接することの多い仙台での生活で不眠やフラッシュバックなどPTSD様の症状があった約2割の学生に、恐怖や不安などを伴う記憶を消去する機能がある左眼窩(がんか)前頭皮質が震災前より減少している傾向が確認された。同グループの関口敦研究員は「体積が小さくなったことで恐怖を処理しきれなくなっている可能性が高い」としている。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


▼赤平大・元テレビ東京アナが「脳萎縮の疑い」「脳の中に空洞がある」(2013年3月)


「頭痛に関して、ご心配をおかけしました。今日、ようやく、検査結果を聞きに行きました。偏頭痛に加え、他には、脳萎縮の疑い、あと、脳の中に空洞がある、右慢性の副鼻腔炎ということでした。」
http://ameblo.jp/akahira0913/entry-11497856863.html


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


☆原発作業員の脳が萎縮、CTスキャンで判明…ドキュメンタリ「終わりなき人体汚染〜チェルノブイリ事故から10年〜」文字おこし(3)

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65740745.html

脳の状態を更に詳しく調べた結果、事故処理員たちの脳に、萎縮が見られることがわかってきました。

(略)

40代後半の、この事故処理員の場合、空洞を表す白い部分が脳の中心に大きく広がり、脳全体が萎縮しています。

(略)

特に影響を受けやすいのは、視床下部や脳幹など中心部で、ここが破壊されると、食欲や性欲が失われたり、疲労感や脱力感に見舞われます。

☆被ばく作業員に知的障害、MRI検査で前頭葉に空洞…ドキュメンタリ「終わりなき人体汚染〜チェルノブイリ事故から10年〜」文字おこし(4・最終回)

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65741268.html

前頭葉と呼ばれる、脳の前の部分に白い塊があります。神経細胞が死滅したあとです。前頭葉は、計算や思考など、創造的な働きを担う中枢です。ウラジミルさんの知的障害の原因は、ここにあるのではないかと医師たちは考えています。

脳の更に深い部分にも、神経細胞が死滅したあとがありました。ウラジミルさんの疲労感や脱力感の原因は、これではないかと診断されました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


《おまけ》

▼ Health Effects of Chernobyl
25 years after the reactor catastrophe

チェルノブイリの健康被害
原子炉大惨事から25年の記録


http://isinokai.churaumi.me/2012/03/07/hapter2/

2.3 神経系への損傷

 1990年秋の初めベラル−シの精神科医コンドラシェンコ(ミンスク)は次のように警告した「大惨事の影響で、放射線に被ばくした人々の脳に病理学的変化がみられ、注意が必要である!」。また、セミパラチンスク(カザフスタン)の核兵器実験地域周辺からの重要な記録(10年間)がある。それによれば、その地域で生活している村民たちは神経障害や知覚障害、頭痛に苦しんでいた。このような情報があるにもかかわらず西側諸国では真剣に受け取らず、むしろ逆に、チェルノブイリ事故後に起こった多くの健康問題は放射線のせいでなく、ヒステリ−反応と決めつけ、“放射線恐怖症”という病気 をでっち上げた。

キエフのパラギュイン生化学研究所のナデイダ・グラヤはチェルノブイリ地域に住む(棲む)人と動物の神経細胞を研究し、神経系にみられる損傷の原因は放射線への恐怖のためではなく、放射線のため組織が実際に深刻な障害を受けたためであると報告している。

亡くなった汚染除去作業員たちを検死したところ、その48%は死因が血栓症あるいは循環障害によるものであった。がんは28%の割合で、死因の第2位であった。地域の除染を命じられた旧ソ連軍兵士たちのうち20,000人は治療あるいは研究のプログラムに参加している。彼らの多くは精神的にも肉体的にも重篤な状態にあり、この辛い経験に対処することが困難であると思っている。

ベルン大学病院耳鼻咽喉科のアンドレアス・アルノルドによれば、多くの汚染除去作業員たちが苦しんでいる浮動性めまいの症状は中枢神経系の損傷によるものである。

また、作業員として働いたあと、多くの者が運転中に睡魔に襲われるため、その後の仕事をあきらめねばならなかった。

2.4 精神疾患

1993年1月13日発刊のモスクワタイムズの報道によれば、サンクトペテルブルクにあるクリニックで汚染除去作業員1600人を検診したところ、その80%が深刻な精神的問題に苦しんでいるという結果であった。

 また、医療的援助を求めている作業員たちの40%は記憶喪失などの精神神経疾患に苦しんでいることがわかった。

数千人の汚染除去作業員のうち数十人は失語症や抑うつ状態、記憶障害、集中力の喪失に苦しんでいる。

放射線障害モスクワセンタ−に勤務する精神科医ジュリア・マロ−ヴァは作業員の健康問題にとりわけ関心をもち、次のように説明している−私たちの理論は、何らかの理由で、脳への血流が以前に、またおそらくは今でも減少しつづけているというものである。このようなタイプの疾患は作業員では他の被害者よりも多くみられる。

汚染除去作業員にみられる他の症状としてとりわけ多いのが慢性疲労症候群である。

ロガノフスキ−(2000,2003)によれば、0.3シ−ベルト以下の被ばくを受けた人の26%が慢性疲労症候群の診断基準に該当する。作業員では、慢性疲労症候群の頻度は、1990年から1995年では65.5%であったが、1995年から2001年では10.5%に減少していた。一方、いわゆるメタボリック症候群Xは同様の比較で15%から48.2%に増加していた。慢性疲労症候群やメタボリック症候群Xは他の精神神経疾患や身体的疾患への前症状とみなされている。慢性疲労症候群はまた、環境的な影響を受けやすいと考えられており、また神経変性や認識障害、精神神経障害の前駆症状ともみなされている。大脳の左半球のほうが右半球よりも傷つきやすいようだ。

P.フロ−ル・ヘンリ−の報告によれば、さまざまなうつ状態、あるいは統合失調症や慢性疲労症候群のような症状は汚染除去作業員に非常に多く見られ、脳の器質的変化(右ききでは主に左半球の)を伴っており、脳波検査によって客観的に診断できる。彼らの考えでは、これは、さまざまな神経的、精神的疾患が0.15〜0.5シ−ベルトの放射線ひばくで引き起こされるということを示しているようだ。

放射線被ばくの症状は早期老化という形でも現れてくる。そしてこれらの神経的老化症状は被ばくの時期が若ければ若いほど、より早く、より深刻に現れる。

彼はまた、脳波検査で脳の左半球に異常を示す疾患は、急性の放射線障害の作業員にも見られたと報告している。また、驚いたことに、これらの精神的疾患や脳波変化は、アフガニスタン侵攻に参加したロシアの退役軍人には見られなかった。その理由は、これらの兵士たちが大きな外傷的ストレスにさらされたが、放射線被ばくを受けなかったためであろう。ただし、チェリノブイリの作業員と違い、彼らは故郷で英雄とみなされることはなかった。

一方、チェリノブイリの作業員と第1次湾岸戦争やボスニア戦争の退役軍人に、磁気共鳴画像法や脳波検査、ポジトロン断層撮影法などの検査を行ったところ、脳の変化は両者で極めて酷似していることがわかった。P.フロ−ル・ヘンリ−の考えによれば、これは湾岸戦争やボスニア戦争での劣化ウランを含むロケット弾の使用に関係があるという。ロケットは空中にウラニウム238酸化物のほこりを放出し、人々に吸入された。そして、ウラン238に暴露された人たちが日本(1945年)の原爆被ばく者と同じような精神神経学的症候群に進行していった。

ロシア科学アカデミ−の神経生理学研究所のL.A.ザボロンコバと公衆衛生省放射線研究所のN.B.ホロドヴァは汚染除去作業員たちに神経学的調査をしたところ、高次認知機能や精神機能が損なわれていた。それらは、思考の遅延、疲労の増大、視覚性・言語性記憶障害、高次運動機能障害などである。これらの症状は早期老化によるものと類似していた。

“フランス−ドイツ チェルノブイリ・イニシアティブ”での研究(訳注:独・仏で資金を出した研究と思われる)では、標準化された系統的精神科面接法(ロマネンコら)を用い調査したところ、精神的障害は汚染除去作業員の36%にまで増加していた。一方、ウクライナ全人口では20.5%であった。うつ病ではこの頻度増加がさらに著しく、汚染除去作業員では24.5%に対しウクライナ全人口で9.1%だった。(デミッテナイア−ら2004 )

1986年から1987年までチェリノブイリ周辺の規制区域で仕事をしていた汚染除去作業員−特に、その後も同地に住み続け、合計3年から5年間過ごした作業員たち−では精神神経学的障害が増えつづけている。そして、250mSv以上の被ばくを受けた作業員では80.5%に、250mSv以下では21.4%に障害がみられた。(p<0.001)(ニャ−グら.2004)

ロガノフスキ−は1990年以降統合失調症の頻度が増加していると報じている;一般の人では人口10,000人当たり1.1人なのに比べ、作業員では5.4人であった。別の報告では、チェリノブイリ地域で生活し、労働していた人々のあいだでは統合失調症の発生頻度は他のウクライナ人に比較して1986年から1997年の期間では2.4倍に、1990年から1997年の期間では3.4倍になっていた。(ロガノフスキ−&ロガノフスカヤ2000 )


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2014年5月04日 10:26:09 : 9XFNe/BiX575U : 6R1AMPgtyQ
能萎縮の原因の一つは確実に内部被ばく、それもアルファ線やベータ線被曝ではないのか。

単なるストレスだけではないと思う。


02. 2014年5月04日 10:50:29 : cI0GI7oTO2
以前のコメントで「チェルノブイリの健康被害」の一節を引用して、東北大学の報告にある脳萎縮(特に左脳)が、そっくり、チェルノブイリ原発事故でも起きていたことを指摘した。

http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/497.html#c1


03. 2014年5月04日 11:16:38 : aiMZAOJQqY

よく読むとおかしな記事だね。

>同研究所は、震災の恐怖が癒えず、長期にわたりストレスを受け続けた結果とみている。

と原因を推定しているが、

>調査対象には津波にのまれたり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したりする学生はいなかったが、
>震災当時、仙台市内にいなかった学生と比べても、萎縮は顕著だったという。

恐ろしい思いはしていないと、逆のことを言っている。

ストレスではなく内部被ばくの可能性がきわめて高い。

そのうち、津波・震災被害でストレスを受けていない首都圏でも多く見つかるだろう。
(もう見つかっているのかも知れない)

ストレスのせいにはしているが、内部被ばく被害を暗示するような記事を
原発推進ゴミウリが掲載することが興味深い。

「本当のことは書けないけれど、被ばく被害がとても深刻です、察してください」、ということか。


04. 2014年5月04日 12:41:56 : ql9r7YH6pU
「ストレス」は広い意味のストレスですというかもしれない。しかし、それは結果には
原因があるというときの原因とおなじで何か意味のあることを言ったことにはならない。
だから、ストレスを精神的ストレスであると解するなら、重要な原因(被曝)を見逃し
ているという意味で阿呆な研究といわざるをえない。

>>03
>「本当のことは書けないけれど、被ばく被害がとても深刻です、察してください」、ということか。

ウソつきあるいは馬鹿にそういう好意的な解釈はできない。ウソを流布していれば、
だまされる人もでる。そして事態は悪化する。


05. 2014年5月05日 02:49:45 : TGgfYEbPRU
被曝の影響なら、脳全体が萎縮するだろな・・・。
チェルブイリ周辺はアルツハイマーだらけってことになっちまう・・・。

沿岸部に住んでた人達なら津波の恐怖、内陸部なら被曝の恐怖ってところかな・・・。


06. 2014年5月05日 09:28:57 : aiMZAOJQqY
>>05
私は専門家ではないのでよくわからないけれど、海馬が被ばくのダメージを受けやすいそうです。

「明日に向けて」(2012/3/28)
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/f3e09848460cb9edc359c3ac0b0896e6

「この方の説明によれば、脳の中の記憶などを司る「海馬」という部分が、
細胞分裂が活発であるため、放射線障害を受けやすいところであり、ここ
への放射線によるダメージが、人々の意識の硬直化などにつながっている
可能性があるというのです。この方によれば、放射線が海馬にダメージを
与えること自身は、すでに英語圏で有意なデータに基づく論文が発表され
ているとのことです。(当該論文を僕はみつけていませんが・・・)」

「統合失調症モデル動物の作成、評価」
http://rccmd.org/idai/research/index.html
「X線をラットの頭部に照射すると、約3ヶ月経過したのちに海馬・脳室下帯の神経幹細胞はほぼ完全に選択的に破壊されることが示されました」

「内部被ばく情報コミュニティ "いきる・まもる・つながる"」
http://living-after311.blogspot.com/2012/01/ver111.html


07. 2014年5月05日 12:41:02 : 5o4kPxBiwY

専門家ではないといいながら、すごい知見だ。

8. 2016年9月21日 21:38:42 : SH6zMeHV0U : BnW5au0zAOE[3]

3へ

 『ストレスのせいにはしているが、内部被ばく被害を暗示するような記事を
 原発推進ゴミウリが掲載することが興味深い。
 「本当のことは書けないけれど、被ばく被害がとても深刻です、察してくださ 
 い」、ということか』
 
 これは恐らく違うのではないか?

 普通に考えれば、次のような意味になると思うが。
 
 (今のうちのストレス説を広めておきたいので)

 「特に放射能の影響を怖がっている人間はかえって海馬が委縮するから
  気にしない方がいい」
 「実際津波に遭ってない学生も海馬の委縮があるんだから」
 
 読売新聞の部分には内部被爆を示唆するような記事は無いのでは?



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧