★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 781.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
医師9人退職、小児ICUを縮小 国立成育医療センター (朝日新聞)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/781.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2014 年 5 月 04 日 16:57:08: FpBksTgsjX9Gw
 

「医師9人退職、小児ICUを縮小 国立成育医療センター」
http://www.asahi.com/articles/ASG4T7QG9G4TULBJ02B.html
(朝日新聞 2014/4/30)

小児医療の拠点である国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)で、小児集中治療室(PICU)の医師9人が一斉に退職し、4月初めから病床を減らして運用する事態が続いている。センターは、医師を確保できるめどは立っていないという。

 センターによると、PICUの責任者の医長ら医師5人が3月中旬、相次いで退職の意向を伝えてきた。別の非常勤医師4人も任期満了で、3月末に計 9人が退職した。PICUの医師数は28人から19人になった。医長ら5人の退職理由についてセンターは「公表できない」としている。

 この影響で4月以降、PICUでは病床を20床から12床に減らした。ほぼ満床状態で、救急搬送の患者を受け入れられなかったことが少なくとも2回あった。医師が付き添って、別の病院に搬送したという。

 センターの井坂安利総務部長は「深刻な状況になっており、申し訳ない。他の病院に医師を派遣してもらうよう要請している」と話す。ただ、小児の集中治療を担う医師は全国的に不足しており、病床を元に戻せる見通しはないという。(野瀬輝彦、小坪遊)

------(引用ここまで。以下コメント)---------

10年ぐらい前から医療崩壊が指摘され、とくに地方の自治体病院で医師の大量退職がしばしば問題になっていましたが、
ここ2、3年の医師退職・不足は、首都圏、小児科中心、理由不明などの共通点があり、被ばく回避のための移住ではないかと
思われます。

横須賀市立市民病院小児科医師6名が退職、医師不足が深刻化
(横須賀市議・藤野英明氏ブログ 2014/1/27)
http://www.hide-fujino.com/blog/2014/01/27/17504

「患者殺到! 医師脱走! 国内最大自治体病院の悲劇 旭中央病院」
(明治乳業争議を支援する会 2012/10/26)
http://kotayan.seesaa.net/article/299102112.html

「全小児科医が退職の意向 さいたま赤十字病院」
(山崎淑子の生き抜くジャーナル・埼玉新聞 2012/6/7)
http://enzai.9-11.jp/?p=11729

医師は一日に何人もの患者を診察しますから、異変が起きればすぐにわかるはずで、
かなりの数の先生が被ばく症状が深刻化しているのをすでにご存知でしょう。

岡山に移住された三田茂先生に続け、という動きかも知れません。

放射能汚染の責任が医師にあるわけではないのですから、
 「医者は自分を犠牲にしても最後まで汚染地に留まるべきだ」
などと変な自己犠牲精神を発揮せず、どんどん安全な場所へ移住していただきたいと思います。

ただ、できれば移動する本当の理由を、こっそりとでも患者に伝えてほしいのです。
先生に言われれば、患者も移住する決心がつきます。

この国の将来は、どれだけの先生が被ばくの危険性と症状を正しく理解し、
誠実に患者に対応するかにかかっていると思います。

被ばく被害を隠蔽するよう圧力や嫌がらせがあるのも、せいぜいこの先1、2年、
遅かれ早かれ隠し切れなくなるでしょう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月04日 19:31:20 : 7m80c0C2HI
医者が自己保身で大量さつりくを推進してきた罪。3年間も隠蔽して大量殺戮の罪は重い。ジェノサイドで将来は裁かれるべきだ。

大量殺戮医師。 大量殺戮医師会。いまさら被害が顕著になってきたからといって自分の罪を逃れようとしても駄目だ。いまさらしらばっくれるな。


02. 2014年5月05日 02:17:02 : TGgfYEbPRU
>>医長ら5人の退職理由についてセンターは「公表できない」としている。
公表し無けりゃ対策の立て様も無いだろうに・・・。
止めた理由が分からん所で働きたいって奴はいない・・・。

03. 2014年5月05日 03:53:30 : aiMZAOJQqY
>>01
いや、汚染地域に留まるだけで、医師も大量に被ばくしている。自業自得だ。
自分が体調不良になり、慌てて脱出している先生も多いだろう。

医師は3つのタイプに分かれる:
(1) 被ばくについての正しい知識がなく、全く放射能を気にしない能天気お花畑先生
(2) 被ばく被害の激増を認識しつつ、放射能と上からの圧力怯えながら汚染地域で医療を続ける先生
(3) 被ばく被害の激増を公表し、移住をすすめ自らも実践する先生

現在は、(1)->(2)へ認識を変える先生が激増している段階だが、
勇気を持って(2)->(3)へと行動を開始してほしい、と切に願う。


04. 2014年5月05日 07:43:25 : mAKWjxKjsw
こんな時、東京のほかの病院で自分の見た張り紙にはこう書いてあった
「先生の移動がありまして、診察は・・・」
事情なんて説明する訳ないじゃん、常識だよ
その科は、部長以下5人の医師が突然やめていた
のこり2人で対応した
もっと給料のいい病院に部長ともども引き抜かれたんじゃないの?
公立病院なんて、そんな高給じゃないからね
自分の知っている医師は「病院が嫌になった」と言ってやめて
開業している、クリニックならどんどん死んだりしないもの
開業しなきゃ、儲からないんだよ
この投稿のケースが特別ではない、というのが事実です
東京では、これはそんなに騒ぐようなことではないので
田舎の人に勘違いをおこさせるような投稿はやめようね
投稿した人も田舎の住人でしょう
それに、放射能のせいではないか?という憶測で投稿するなんて、やめようね
でももっと騒いでもらってもいいんだよね
田舎者がどんどん東京に出てくるのを阻止して欲しい
将来は人口が都市に集中して一極集中が加速すると予想されている

05. 2014年5月05日 08:25:15 : aiMZAOJQqY
>>04
偉そうに書いているが、3年前、4号機が崩壊寸前だとわかって、
「東京も逃げたほうがいい?」と、小便をちびりそうなぐらいビビッてたじゃないか (爆笑)
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/691.html?c2#c2

放射能の影響がないと言うのなら、ずっと東京にいて、たっぷり被ばくすればよろしい。

バカ医者は勝手に死ねばよろしい。こんなのに診てもらっている患者が気の毒だ。


06. 2014年5月05日 10:55:57 : LzDsekqJBE
先天性疾患のある小児患者受け入れも、PICUの柱の一つのようです。

>各種先天疾患を含む重症疾患の全身管理、周術期管理および救命救急患者の全身管理

http://www.ncchd.go.jp/hospital/section/ope/shuchu.html#04

入院患者の年齢構成を見ると、0〜4歳児までが61%を占めています。

疾患別では、脳神経系が24%、循環器系が19%、呼吸器系が17%で、合わせて60%になります。

注目すべきは、血液腫瘍として31人、感染症として26人治療していることです。(チェルノブイリ原発事故では、白血病と感染症が増加したことが報告されています)

2012年の入院患者を見ると、救急転送や救急直送が増えています。

病院や家庭で、予想外の子どもの病気が起こっているということです。

治療として挙げられている一酸化窒素(18人)は、先天性疾患を以て生まれた子どもに使用された可能性が高いと思います。

人工呼吸(503人)でも、先天性疾患によって仮死状態で生まれた子どもに使われた割合が多いのではないかと推測します。

血漿交換(30人)で思いあたる病気としては、突発性血小板減少症、川崎病、溶血性尿毒症、多発性骨髄腫などがあります。

血小板減少については、チェルノブイリ原発事故でも老若男女広範囲に渡った報告があります。(下のヤブロコフ博士の本による)

多発性骨髄腫は、チェルノブイリの汚染地域で増えた病気です。

川崎病が、季節風によって運ばれる中央アジアの放射性物質を含んだダストが原因でないかということは、別な所でコメントしました。

http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/559.html#c2

頭蓋内圧センサーは、水頭症の場合に用いられます。

>ウクライナ国立医学アカデミー神経外科研究所によれば、チェルノブイリ原発事故後の中枢神経系異常の98%は、水頭症に起因する。

According to the Neurosurgery Institute,
National UkrainianMedical Academy in Kiev,
after the catastrophe 98% of central nervous
system anomalies were due to hydrocephalus(ヤブロコフ、チェルノブイリ、149ページ、先天性奇形を扱う章)



07. 2014年5月07日 05:19:20 : z5yn5t1efk
東京・世田谷、僕の近所で共通するふくらはぎの違和感。放射能汚染牧草の焼却が恒常化する岩手・一関市。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/845e726855976b13fb20ac7a152c59d7

08. 2014年5月07日 16:15:29 : dLUv8o9kfk
集団でやめた時点で放射能と言うより待遇の問題だろ。
国立の病院の医師は激務で薄給。子どもの学校行事を理由に有給取り放題で5時過ぎに帰れる事務のおばちゃんの方がその日のうちに家に帰れないことの多い新米医師より給料が高かったりする。ほとんど休みのない中堅医師でもベテランナースより安月給だったりする。私立病院に行けば給与2〜3倍、若いナースに傅かれ仕事は楽でウハウハだ。それでも勤務歴にその病院名を書きたいから皆何年かは頑張るが耐えきれなくなったのだろう。

09. 2014年5月09日 05:06:43 : aiMZAOJQqY
火消し工作員の書き込みがはいるところを見ると、これもヤバい情報だな。

今後は、医師の動きに注意する必要がある。


10. 2014年11月02日 17:38:31 : UrVgLWIjBo
国立の病院の医師は激務で薄給wwwwww

11. 2014年11月02日 19:49:58 : ZwZs9usS9Q
朝日も、医師9人が移住のため退職って、ちゃんと報道すればいいのに
さんざ叩かれてんのに、誰に遠慮することもあるまいに

12. 2014年11月03日 01:35:42 : aiMZAOJQqY
「泌尿器科の入院休止 沼津市立病院 常勤3医師退職」 (静岡新聞 2014/10/28)

沼津市立病院(後藤信昭院長)は11月から、泌尿器科の入院患者と手術を受ける患者の新規受け入れを休止する。常勤医3人が自己都合などで退職するため。入院中の患者は他の病院を紹介し、外来患者は非常勤医師が対応する。
  病院管理課によると3人のうち、泌尿器科の2人は自己都合で退職し、もう1人は所属する大学の医局人事で退職する。泌尿器科は2009年7月から10年4 月にかけても医師の退職により一時休止していた。泌尿器科の治療対象はぼうこうがん、前立腺がん、尿管結石など。13年度は253件の手術を行った。入院 患者は延べ3296人、外来患者は延べ9005人だった。
 同病院はことし3月、総合内科と腎臓内科が医師の退職で新規外来、入院患者の受け入れが原則として休止となった。病院管理課は「再開のめどは立っていないが、大学の医局訪問などを続けたい」と話している。


13. 2014年11月03日 05:10:59 : Q8MMGHNrP6

医療予算もアメリカに吸い上げられているのか?

もう日本は完全に奴隷国家だな。


14. 2014年11月04日 10:37:10 : EAkIk2fULU
東京のひとって、今まで散々田舎のひとをバカにしてきて、今さら田舎には
行けません、ってそういうひとが多いのかもな。

15. 2014年11月04日 11:47:52 : rrhrFN6JLd
14)東京の人って江戸っ子以外はほとんど田舎もんですよ。

16. 2015年5月24日 23:55:10 : vlTRoAhkH6
今更ですが8床減ったぶん看護士はどこにいったのかなぁ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧