★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 848.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ガンダーセン:この映像は「最悪の恐怖を確認」炉心燃料は原発から500kmの名古屋で発見 4千京Bq/kg(EN)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/848.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2014 年 5 月 08 日 14:54:13: YeIY2bStqQR0.
 

記事元


Gundersen: This video "confirms our worst fears" -- Scientist: Reactor core materials found almost 500 km from Fukushima plant -- 40,000,000,000,000,000,000 Bq/kg -- Can travel very, very significant distances -- Hot particles found in 25% of samples from Tokyo and Fukushima (VIDEO)
ガンダーセン:この映像は「私たちの最悪の恐怖を確認する」--科学者:炉心燃料は福島原子力発電所からほぼ500キロメートル(名古屋)で発見された--40,000,000,000,000,000,000(4千京)ベクレル/kg --非常に、非常に遠距離を移動することができる--ホット・パーティクルは東京と福島からの試料の25 %に認めた(映像)


Published: April 3rd, 2014 at 4:41 pm ET By ENENews
公開日:2014年4月3日、午後4:41 ET ENENewsによる


Fairewinds Energy Education, Apr. 3, 2014:
フェアウィンズ・エネルギー教育、2014年4月3日:


At 0:45 in – Arnie Gundersen, Chief Engineer at Fairewinds Energy Education: If Fairewinds Energy Education was a Japanese website, the State Secrets Law would likely prevent us from issuing this video.
0分45秒の所で− アーニー・ガンダーセン、フェアウィンズ・エネルギー教育のチーフエンジニア: もしフェアウィンズ・エネルギー教育が日本のウェブサイトであったならば、国家機密法(秘密保護法)は、おそらくこのビデオを発行する私たちを妨害する。


At 1:15 in — Marco Kaltofen, Civil Engineer & Ph.D. Candidate at Worcester Polytechnic Institute (WPI): In looking at indoor environments, they tend to be much more contaminated than the surroundings outside. Houses act like a trap and they tend to collect outdoor contaminants and they expose people as much as 24 hours a day.
1分15秒の所で−マルコ・カルトーフェン、土木技師&ウースター工科大学( WPI )博士候補者:屋内環境を見ると、彼らは外側の周囲よりはるかに汚染されている傾向があります。住宅はトラップ(捕捉器・集塵器)のように作用し、住宅は屋外の汚染物質を収集する傾向があり、住宅は人々に一日の内24時間いつでも曝露する。


At 9:15 in – Kaltofen: The sample that we got came from Nagoya in Japan, its 460 kilometers from the accident site. That’s about 300 miles away.
9分15 秒の所で−カルトーフェン:我々が得たサンプルは、事故現場から460キロ、日本の名古屋から来た。つまり約300マイル離れた所だ。


At 9:30 in — Kaltofen: It’s actually in the size range of dusts that can be inhaled and then retained in the lungs. This is important because if your health physicist and calculating and you’re calculating the dose that you would get from this particle you’d have to consider that this particle might actually be trapped and result in a lifetime exposure.
9分30秒の所で−カルトーフェン:これは実際に吸入した後、肺に保持できるゴミのサイズ範囲です。もし健康物理学者及びあなた方が、この粒子から得る線量を計算しているならば、この粒子は現実にトラップされ、一生涯曝露される結果になることを、あなた方は考慮する必要があるだろう、この事は重要である。


At 10:00 in – Kaltofen: The particle we examined was a mixture of fission products from a nuclear reactor and nuclear fuels. We looked at materials like tellurium, radium-226, we saw cesium-134, and -137, cobalt-60, and a whole zoo of isotopes that probably you’ll never hear about on CNN […] 80% by weight of this particle was made up of pure reactor core materials.
10分00秒の所で−カルトーフェン:我々が調査したその粒子は、原子炉と核燃料からの核分裂生成物の混合物であった。私たちはテルル、ラジウム226のような材料を見た、セシウム134、セシウム137、コバルト60を見た、そしておそらくあなた方がCNNニュースでそれについて聞くことは決してできない同位体の(動物園のような)集合像を見た[... ] 粒子の重量80パーセントは、純粋な炉心材料で構成されていた。


That tells me that something that came directly from the accident, directly from the core can escape containment and travel a very, very significant distance. So it’s a long distance to travel and what happens is the particle is so very small that it will essentially travel with whatever gas it’s entrained in. The winds will blow it long distances.
このことは、事故から直接、炉心から直接来た何かが封じ込めを脱出し、非常に、非常にかなりの距離を移動することができることを私に伝えます。ですから、それは長い距離を移動する、そして起こることは、粒子は非常に小さいので、それは本質的にはガスならば何でも乗りかかって一緒に移動するでしょう。風はそれを長い距離吹き飛ばすであろう。


At 12:00 in – Kaltofen: This material was in the peta-becquerel per kilogram range [...] 4 followed by 19 zeroes — that many Bq/kg. That’s a very, very high number. [...] It is a tiny particle [...] about 310 becquerels for the particle.
12分00秒の所で−カルトーフェン:この材料は、キログラム当たりペタベクレルだった[...] 4の次に19個ゼロが続く−多量のベクレル/キログラムである。それは非常に、非常に高い数値だ。 [...]それは微小粒子である[...]粒子1つが約310ベクレルである。


At 14:00 in – Kaltofen: If you look at the black dust – and we’ve received samples of that from Namie and Iitate, and a couple of other communities in northern Japan, this is very similar to the black sand that people see. The black sand – and this particle, too – it’s an aggregate, it’s a mixture. If you think of a hunk of concrete, it’s actually a mix of sand and cement and small stones, that’s what it looks like under the microscope.
14分00秒の所で−カルトーフェン:もしあなたがその黒い埃(ほこり)を見れば−そして我々は浪江町と飯舘村からのサンプル、および北日本における他の自治体の(サンプル)一対を受け取りましたが、これは人々が見る黒い砂と非常によく似ています:その黒い砂は−そしてこの粒子もまた−集合体です、混合物です。もしあなた方がコンクリートの塊を考えるなら、それは実際に砂とセメントと小石のミックスです、それは顕微鏡下で次のように見えます。



At 15:45 in – Kaltofen: For our Japanese samples from Fukushima Prefecture and from Tokyo, about 25% of those samples contained at least a few measurable hot particles.
15分45秒の所で−カルトーフェン:福島県と東京から来た我々の日本サンプルについて、これらのサンプルの約25 %は少なくとも数値測定可能なホットパーティクルを含んでいた


At 16:15 in – Kaltofen: This data [was put] before a peer review panel at WPI.
16分15 秒の所で−カルトーフェン:このデータは世界トップレベル研究拠点プログラム(world premier international research center initiative、WPI)でのピア・レビュー・パネルの前に[提示された] 。


At 16:45 in – Gundersen: It is solid scientific material like this that you will not see or hear via traditional news stories, Tokyo Electric, or the IAEA. Fairewinds has long said that there will be significant increases in cancer in Japan as a result of the Fukushima Daiichi accident — and this video describing just one hot particle, confirms our worst fears.
16分45秒の所で−ガンダーセン:それはあなた方が伝統的なニュース記事、東京電力、あるいは、国際原子力機関(IAEA)経由で見ることや聞くことができないような固体科学物質である。フェアウィンズは福島第一の事故の結果として、日本における癌の有意な増加があるだろうと長く述べている−そして僅か1つのホットパーティクルを記述するこのビデオは、私たちの最悪の恐怖を確認します。


Watch the Fairewinds presentation here
ここでフェアウィンズのプレゼンテーションを見る
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧