★阿修羅♪ > 原発・フッ素38 > 294.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<内部被曝 (扶桑社新書) 肥田 舜太郎>著者には高校物理レベルの放射線の知識すら無いのではないでしょうか。
http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/294.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2014 年 5 月 21 日 05:49:25: 8rnauVNerwl2s
 

長浜浩明さんの「「脱原発」を論破する―今、日本人の知性が試されている!」に紹介してありました。

それにしても酷評ですね。

何が本当か「分かりません」が肥田さんを100%否定するお医者様もいらっしゃるんですね。


現役のお医者さんが書かれた「内部被曝 (扶桑社新書) 肥田 舜太郎」のカスタマーレビューから
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4594065775/ref=cm_cr_pr_hist_1?ie=UTF8&filterBy=addOneStar&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending


現役の医師です。
突然母が被曝の影響について荒唐無稽なことを主張するようになったため、問い質したところこの本の存在が明らかになりました。
反論するには読まなければならないと考え、読み始めましたが…。
あまりにも資料の曲解、恣意的で部分的な引用、事実誤認、放射線に関する知識不足が酷いと感じました。

著者には高校物理レベルの放射線の知識すら無いのではないでしょうか。
核種によって良いα線悪いα線がある、など、今時高校生でも犯さない間違いです。
著者の履歴は存じ上げませんが、このような方は放射線を語るべきではありません。

放射線医学についても、専門外である私ですら指摘できるレベルの間違いが散見されます。
原発ぶらぶら病や、子供に放射線の影響が出ているなどという主張についても笑ってしまいました。
筆者は不定愁訴の患者を診る際に、まず放射線性障害を念頭に置くようですね。大丈夫でしょうか。
また、鼻血を例に挙げれば、放射線の影響で鼻血が止まらなくなるのは、血小板減少を来すほどの被曝量がある場合ですから、鼻血どころで済むはずがないのですが…。
基本的な医学的知識の欠如も甚だしいです。

私が挙げた例に、思想や金銭の授受の入り込む余地はありません。
疑うのであれば、各々がそれぞれ高校の物理の教科書や、放射線医学の教科書を紐解けば直ぐにわかる話です。

さて、ほとんどの文系の日本人にとって、放射線は未知の領域です。
しかし、少なくとも高校レベルの物理を学んだ人間にとっては、放射線は魔法でもなんでもありません。
この本は、前者の方々を不安に陥れ、後者の方々を笑いの渦に巻き込む本です。
科学の仮面をかぶった、イデオロギーの本です。

私の母を含め、科学的知識に乏しい方たちを騙し、
不安に陥れ、福島の住民にあらぬ負担を強いるこうした本を、私は許すことができません。
出版社も、売れれば何を売ってもよいのでしょうか。強い憤りを感じます。
☆など付けたくありませんが、これ以下が無いため、☆1とします。

★内容紹介
じわじわと命を蝕む、低線量・内部被曝の恐怖

 放射性物質を取り込むことで体の内側から被曝し続ける「内部被曝」。外部被曝と違って、体外に排出するまで被曝から逃れることはできない。
昨年の原発事故による内部被曝の不安に対して“専門家”たちは「低線量の被曝であれば問題ない」と言うが、それは本当なのだろうか?
 実は「高線量×短時間の被曝よりも低線量×長時間の被曝のほうが人体に悪影響がある」という研究がある。しかし、これまでそうした研究は軽視・無視されてきた。
 広島・長崎でも、原爆の直撃を受けていない人々が「原爆ぶらぶら病」という原因不明の病気にかかり、最後はガンや白血病で亡くなっていった。
「これから同じことが再び起こるのではないか」
 67年にわたって原爆被ばく者6000人以上を診察、「低線量・内部被曝」の恐怖を訴え続けてきた医師が警告する、福島第一原発事故後初の著書。

●本書の主な内容●
・これから東日本で広島・長崎と同じことが起こりうる
・外部被曝と比べた内部被曝の恐ろしさ
・「年間何ミリシーベルト以下だから健康に影響はない」というのは大きなウソ
・隠され続けてきた低線量内部被曝の被害
・被爆体験と「原爆ぶらぶら病」
・“1億総被曝時代”を生きるには
【解説・竹野内真理】肥田先生からの手紙~子どもたちは国の責任で避難させるべき


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月21日 06:18:18 : NsTVFSxkZQ
書いてある内容は、そんなに荒唐無稽な内容ではないよ。
鼻血についても、出る人もでない人が要るのは当然だし、ブラブラ病もしかり。
放射性障害何て、確率の問題であって、全員が出るものでは無いしね。
ただ、宝くじは、買わなければ当たらないのと同じで、放射性物質の取り込み量が少なければ少ないほど、ガンの確率は下がるのは事実だからね。

それに、1mSV/年は、ガンになる確率が、人類が許容範囲であると決めたもので、この基準迄が安全と決めたものでは無いからね。


02. 2014年5月21日 06:21:27 : aiMZAOJQqY
チェルノブイリでは数え切れないほどの健康被害が出ていて、
医学的調査を進められているのだから、こんな御用医者が何を言おうと無駄。

広島・長崎、チェルノブイリの被ばく者と全く同じ症状が福島で起きているのは否定しようのない事実。


03. 2014年5月21日 06:32:08 : DB3eFcOPHY
http://www.amazon.co.jp/review/R14NNQKO1XPVBU/ref=cm_cr_pr_cmt/376-5840647-9165812?ie=UTF8&ASIN=4594065775#wasThisHelpful
>00に対するコメント

このトピックの全投稿48件中1件から10件までを表示


会員番号4153番の使い方が分かったよ
原子力村ならこう考えてるの標準サンプルとして見るといい
原子力村が常に考えてそうな事を集計してここで発表してくれてる

しかしここでも2012年上期から鼻血のことで語られとるなあ


04. 2014年5月21日 07:25:56 : RwIGdmPm56
>>03 さんが挙げたリンク先の (このカスタマーレビューに対する) コメントより

投稿日: 2012/05/30 11:32:34:JST
momokappaさんのコメント:
>著者の履歴は存じ上げませんが
つまり、著者が本の内容にあるとおり何十年も被曝者を診察して、被爆者40万人のデータをとり、国連に働きかけて認められた医師であることを知らずにこの評価をされたのですね。
(http://www.amazon.co.jp/review/R14NNQKO1XPVBU/ref=cm_cr_pr_cmt?ie=UTF8&ASIN=4594065775#wasThisHelpful )


投稿日: 2012/06/09 11:53:09:JST
rocklow43さんのコメント:
日本だけでなくこういうお医者さんがほとんどですよ、だって教科書にそう書いてあるんですもんね。このお医者さんが悪い訳ではありませんが、ちょっと頭が固すぎるようには思います。
こういう人は「国連」が世界平和の為の機関と思っていて、「WHO」が人類の健康の為に機能していると全く疑いなく信じている方なんでしょう。
「IAEA」が全世界の原発の安全に貢献していると思っているのでしょう。この方は「ICRP」等に多大な影響を受けた教科書を学んで来られたのですから、、、。
普通のお医者さん、ほとんどの日本の医師はこんなもんです。「血小板減少を来すほどの被曝量がある場合ですから、鼻血どころで済むはずがないのですが…。」これどこの医者も言うんだって。鼻血を出すのは一つの原因(血小板減少)しか無いって教え込まれているんだから、、、。
しかし、あなたたちがいつまでもこんな洗脳を受けている限り、私達は国連を信じないようにあなた達の事は金輪際信用出来ないという事も事実なんですよ。そしていつまでもこんなことを言っているなら正にあなたは「WHO」「IAEA」「ICRP」などの手下でしか無いのです。
いい大人が、もう少し世界の仕組みに気付いて下さい。こんなことは今日日、高校生でも知っています。
(http://www.amazon.co.jp/review/R14NNQKO1XPVBU/ref=cm_cd_pg_pg4?ie=UTF8&asin=4594065775&cdForum=FxRRAAZCHWC0N1&cdPage=4&cdThread=Tx3RI1P5LMWYDSZ&store=books#wasThisHelpful )


投稿日: 2013/02/26 0:56:59:JST
投稿者により編集済み(最終編集日時:2013/03/03 8:06:34:JST)
岩清水宏さんのコメント:
現行の理論に異議をさしはさむ余地が少なくなってしまうのは、仕方の無いことですよね。
同じく、医学の末席を汚すものとして、すこしだけ、コメントを残しておきたいな、と思いました。

鼻血に関して。

これは、結論から言うと、原発事故で十分説明可能でしょう。鼻出血のメカニズムは、あなたの仰る凝固系のメカニズムは、全体のケースの中では、ごく一部で、そのほかにも、鼻粘膜局所の炎症(これが一番高頻度でしょうね)、高血圧などの循環器系の原因、などなど、鼻血と聞いた瞬間に、普通は沢山思いつくものだと思いますがね。大気汚染で鼻出血の頻度が上昇するのは、古くは20世紀初頭のイギリスのスタディに始まり、主流学術雑誌をはじめ、各種の学術論文の明記するところです。したがって、放射能汚染粉塵による局所症状、と普通は思いが至る気もします。

もちろん、定量的にも、きちんと説明できますよ。

そうそう、今回の原発事故のときも、次のような議論を耳にしました。
事故当時、「超大量放射性ヨウ素投与療法で、1億ベクレルの放射性ヨウ素を投与しても鼻血はでないから、原発事故で鼻血なんて、絶対にありえない」
なんて議論をしていた人がいる、というのを、後から知り、驚きました。この場を借りて、少し反論を書かせていただきます。

1億ベクレルって、一見、普通の人が聞くと、しり込みしそうなほど、「超大量」と錯覚するんだけど、こういうことを議論する際には、きちんと、体内分布密度などを考慮しながら、ちゃんと計算していかないと、変な結論になってしまうんです。
簡単に計算するために、ちょっと乱暴な数字を放り込んでいくけど、血液を5Lとしたら、まず、投与後、その5Lに均一に拡散されるんだけど、
その後まあ、1億ベクレルの大部分は、比較的早期に甲状腺などの特定臓器に再分布したり、大部分は尿中に排泄される。
議論を自分たちに不利にするために、仮に、ものすごーく多めに見積もって、1億ベクレル(10の8乗、つまり、10e8 Bq)の約半分が血中に、ある程度持続して残っているとすると、計算で、血液1cc中の放射能が出せます。割り算するだけです。
>

今、鼻粘膜のことを議論しようとしてるんだけれど、鼻粘膜と、血液の接点は、毛細血管網という、細い血管のが張り巡らされた末梢血管の部分。
この部分の血管って、医学部、生物学部を出た人間には常識なんだけれど、ものすごーく血管床の表面積が広い。つまり、非常に多数の血管内皮細胞で覆われている。
ちなみに、簡単に試算することができて、毛細血管径を、ざっと7ミクロンとおけば、
>
で、この3x10e4メートルの毛細血管に、どれだけの
血管内皮細胞が張り付いているかと言うと、これに、分布密度の3x10e5個/メートルをかければいい。
>

高々、10e4ベクレルを、10e10個もの内皮細胞が囲んでいるんです。細長い土管としてね。
>
しかも、均一に放射性物質が溶けていると仮定できるから、ほぼランダムに、このアタックが起こる。
(ま、ちょっと構造的な部分を計算外としているんで、すこし大目になるかもしれないけれど、桁はそんなにズレてない)
(補足:毛細血管と毛細血管の距離と、β線の体内での透過距離を考えると、となりの毛細血管から飛んでくるβ線の影響は、あまり大きなものにならないと考えています)

こんなにまばらで、確率の低い放射線だと、血管内皮細胞が細胞死に至るこもほとんどなければ、鼻粘膜炎症が起こることもないでしょう。
百歩譲って、たとえ内皮細胞が障害を受けても、ランダムな場所で内皮細胞がやられているわけだから、すぐに修復される。
だから、放射性ヨウ素超大量療法で、数億ベクレル程度を投与しても、ふつうは、全然鼻血になんかならない。

モデルとして、血液と内皮細胞のことだけ論じたけど、粘膜分泌を考えても、組織間液とか考えても、
粘膜細胞を対象に考えても、基本的には、考え方は同じです。うすーい濃度で、均一に分布しているモデルの場合には、
アタックがランダムに、薄い確率でおこる、ということ。

>
仮に、微粒子が花粉くらいの大きさだったとして、20ミクロンくらいと想定すると、これって、ひとつの細胞と同じくらいの大きさなんです。
この微粒子が、仮に、たった1ベクレルのβ線核種に汚染されていたとしたら、
どういうことがおこるかというと、付着した局所、つまり、この微粒子のごく近傍で、1Bqつまり、1秒間に1回、かならず放射線が、同じ箇所ででて、まあ方向性もあるんだけど、
ほぼこの桁の放射線が、同一箇所をアタックし続けることになるんです。

方や1億ベクレルからスタートしたけど、アタックされる確率は、10のマイナス6乗のオーダー
方や、たったの1ベクレルだけど、1秒に1回とか、そんなオーダー。

そんな高頻度で、同一箇所をアタックされ続けたら、そこの粘膜細胞は死んじゃうし、修復も間に合わない。鼻血が出て当然なんですよ。

すごく乱暴な計算だけど、基本的に、掛け算と割り算だけで、きちんと計算すりゃ、簡単に、インパクトの大小がわかる。
同じ「内部被爆」でも、消化吸収で、均一に分布する場合と、粉塵付着での局所の影響とに、場合わけして考えないといけない。

あの当時、住民を安心させたい、という善意の気持ちから、安心論を伝えたいというのであれば、
頭ごなしに「鼻血はデマ」と否定しないで、「鼻血は、汚染粉塵の局所症状で一時的な問題ですから、安心してください」とか
「鼻血が出ていると言うことは、汚染粉塵を体外に排出しようとしている、良い反応だから安心してください」とか
「あくまで、局所症状で、全身状態に影響は無いけれど、鼻洗浄でもやっておけばいい」とか
「念のため、これ以上汚染粉塵を吸い込まないように、マスク着用を」など、言ってあげればよかったんです。

それから、核種によって、良いα線、悪いα線があるはずが無い、なんて、簡単に仰っておられますが、きちんと考えれば、いくらでも、そういうモデルは考えられるんですよ。
たとえば、ラドンのような希ガスは、体内に摂取されても、ひとところにとどまることなく、均一に薄い濃度で分布しますから、上記の鼻血(汚染粉塵)vs放射性ヨウ素の議論の喩えとおなじように、
生体に与える影響はα線核種の割には、極小でしょう。一方、トリウムなどは、肝網内系に沈着し、局所で持続的に慢性内部被爆の原因となり、局所慢性持続被爆の温床となってしまいます。
トリウム内部被爆で、高率に肝臓系の発ガン率が見られることの、ひとつの理解の仕方です。
「実行線量計算」に頼る考え方以外のメカニズムも、考慮に入れていただきたいなあ、と思います。

もっと言いますと、原子核物理学の法則が、絶対不可侵のものだと錯覚しておられるかもしれませんが、現在の原子核物理学の法則は、
すべて、原子核が「気体」の状態での観測・実験データを元に作られています。
原子核が、固体中に、堅く足場固定されたときに、放射性元素が崩壊を起こすと、実は、現在の原子核物理学の理論の延長線上では説明のできないような、
非常に興味深い挙動を示すことが知られているのですが、こういった分野は、ほぼ、一部の例外を除き、全くの手付かずです。

つまり、上記に立て続けに、体内分布の問題を例にあげましたが、体内分布が同じ場合でも、つまり、たとえ、体内に均一分布をする核種同士であっても、
核種によって、当然、生体内分子との結合・相互作用という挙動が変わるわけですから、どの生体分子と結合している際に、
どういう崩壊を起こしたら、どんな影響が起こりうるのか、というのは、全くの未知の分野なのです。
医学の最新知識をもって、非常に丁寧に考察を重ね、今後、何十年かに渡り、実験・実証を繰り返し、新しい研究分野を切り開いていかないといけない状況なんですよ、内部被爆のことをきちんと理解しようとすれば。

実際、セシウムの極く微量の内部被爆で、心臓伝道路の障害が高率に起こる、というデータを、Bandazhevskyが発表していますが、
丁寧にメカニズムを考察していけば、彼のデータは綺麗に説明できる可能性が高く、やはり、現行の理論に反する実例のひとつになって行くでしょうね。

最後に、医学者として、別分野ではありますが、「地図のない分野」で、必死にもがいている身から、一言だけ言わせていただければ、「教科書に書いてあることがすべてはない」
特に、慢性内部被爆のように、ほとんど、調査もされていない学問分野では、沢山疑ってかからないといけないテーマが、山積みなんですよ。
この投稿に返答する
固定リンク | 違反を報告
123人中85人が「この投稿が参考になった」と投票しています。この投稿は参考になりましたか? はい いいえ
投稿日: 2013/03/02 15:03:11:JST
投稿者により編集済み(最終編集日時:2013/03/03 4:07:46:JST)
岩清水宏さんのコメント:
vseprさん
もう読んでおられないかも知れませんが。先週は、思うところを正直に書いたつもりですが、言葉が過ぎたところがあったかもしれません。
不快に感じておられたら、謝罪申し上げます。医学の分野にいる者同士、究極の目的は、患者のため、住民のため、それは同じと信じていますし、
過剰な注意喚起が、あなたのおっしゃるように、負の面をもたらす点には同意です。
(と最初に書いてはみたものの、これは個人的な体験としての反省と言う意味で、やはり、注意喚起は大事ですね)

ここであなたのコメントを目にしたのも何かのご縁ですし、いつかどこかでお会いすることでもあれば、この件に限らず、医学の未来について、意見を交えることが出きればいいですね。

それとは関係ないことですが、私の知人と一緒に、Bandazhevskyの心臓伝道路障害に関し、考えをまとめているサイトを作っています。
思いの至らぬところもある奴ですし、考え違いもやっているかもしれませんが、お時間があれば、行って批判なりなんなりを、してやってください。
意見の一致を見ることはないかもしれませんが、意見を戦わせた末に、お互い何か、うる物があれば、それもご縁ですし。
http://blogs.yahoo.co.jp/geruman_bingo/8557672.html
(http://www.amazon.co.jp/review/R14NNQKO1XPVBU/ref=cm_cd_pg_next?ie=UTF8&asin=4594065775&cdForum=FxRRAAZCHWC0N1&cdPage=5&cdThread=Tx3RI1P5LMWYDSZ&store=books#wasThisHelpful )


05. 2014年5月21日 08:26:23 : EoVzEXeyI1
>04
それ読んだよ
岩清水って人は何か重要な事、語ってるのかな
何か重要な事を引き当てちゃったって感じか

会員番号4153番に感謝せんと(笑)


>あの当時、住民を安心させたい、という善意の気持ちから、
>安心論を伝えたいというのであれば、頭ごなしに「鼻血はデマ」と否定しないで、
>「鼻血は、汚染粉塵の局所症状で一時的な問題ですから、安心してください」とか
>「鼻血が出ていると言うことは、汚染粉塵を体外に排出しようとしている、
>良い反応だから安心してください」とか「あくまで、局所症状で、全身状態に
>影響は無いけれど、鼻洗浄でもやっておけばいい」とか「念のため、これ以上
>汚染粉塵を吸い込まないように、マスク着用を」など、言ってあげればよかったんです。


これなんか素直に現状を認めたうえで、
そう説明すれば今の混乱した状況も変わってた(過去形)のだろうか


06. 2014年5月21日 08:46:54 : acaY4i7UMc
そういえばアマゾン、アフィ入ってるんだよね
>00のリンクは大丈夫かな

検索→直リンク踏んで最初に出てきたのがこれ
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4594065775/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt/378-3948329-1616922?ie=UTF8&showViewpoints=1

どうかな
まあ、そういったおこずかい稼ぎもありといえばありなんだろうけど
ビッグデータの養分になるってことになると、アレやコレやで
原子力PAの餌食になるのを想定するのも容易だから

星1つを踏んで出てきたのがこれ
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4594065775/ref=cm_cr_pr_hist_1?ie=UTF8&filterBy=addOneStar&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending


07. 2014年5月21日 09:48:54 : cz0pymIa4w
戦後70年近く経つのに、いまだ原爆症の認定をしてもらえない人が大勢いる。
本人だけでなく、二世三世に明からな身体症状が出てきていても...。

福島の事故から数年で、政府が起因を認めるとは思えない。

その上、今回は自爆。収束どころか今この時も世界に絶賛拡散中。

認めちゃったら、国際賠償で日本はもう国を維持できない。
だから、表面的にはなにも無かった事にしないと(涙目)。

って、いうことなんですよね?会員番号4153番さん。


08. 2014年5月21日 10:13:44 : Ibamg5DlDc

人工放射性物質が人体に有害は自明の理、会員番号4153番と現役の医師さん、

浅薄な知識と軽薄な見識で、あまりいい加減なこと言わないでね。


09. 2014年5月21日 11:51:01 : Ohl4OQuhlw
>核種によって良いα線悪いα線がある、など、今時高校生でも犯さない間違いで
>>04 さんが細かな指摘しているが
単純にラジウムとラドン
WHOはどっちを吸引しないように勧告しているの???
ラドンでしょwww
医者には上医・中医の他に藪があったけど、何処に位置する医者かわかっちゃうなw
核種とワザワザ書いてあるのにα線をだす核種を調べていない
本当に医者か?

10. 2014年5月21日 13:14:51 : T36KGIhG9s
>09
放射能に対する判断でヤブの判断が出来るは
確かにそうだろうけど
CTスキャンを否定する医者はあまりいないからやっかいだ
CTで患部が見つかれば患者としても明白な利益だろうし

11. 2014年5月21日 14:54:58 : TGgfYEbPRU
原発事故や原爆による被曝の安全性を紹介した本とか無いのかな・・・?

12. 2014年5月21日 18:31:44 : xJ375l7kwI
【会員番号4153】には高校物理レベルの放射線の知識すら無いのではないでしょうか。

13. 2014年5月22日 01:50:36 : RyAFb3Wlbk
医者ってやっぱり馬鹿なんだなあ。(一部除く)

しかも自分が馬鹿だと分かってないから始末が悪い。(分かってたら馬鹿じゃないか)よくこんな恥ずかしい事を堂々と書けるもんだ。


14. 2014年5月22日 04:41:57 : cUchBPexSM
そもそも現役の医師って誰?α線の善し悪しの話はエネルギーの差や金属毒性の差を分かりやすく説明したものだろう。
そもそも医師というのは権威性だけを頼りにしているただのバカで教科書を丸暗記しているだけだ。

典型的な例は水銀中毒。有機水銀とは異なり無機水銀の分子量は大きいために腸管吸収されず、ほとんど排泄されると教科書にあるから本気でそう思い込んでいる。日本では水俣病の時に水銀に関する正確な知識を歪められ、世界の常識とは大きくズレた認識がまかり通っている。ちょうど原発事故が起きた今、放射性物質に関する知識を歪められつつあるのと同じことが、水俣問題の時にも起きたのだ。

教科書が正しいとすると温度計の水銀を飲み込んで水銀中毒を起こした症例やキレート治療が実施されている説明がつかないが、ここで医師というのは無理矢理説明をつけようとする。

まず教科書は絶対だから正しい。にもかかわらず水銀中毒になったのは、水銀を飲んでしまったというストレスから水銀中毒様のストレス症状が出たものであり、キレート治療を受けた結果安心することで症状が消えた、と説明するわけだ。患者は子供で水銀に関して無知なのにだ。親が心配するから子供に伝染したと言いはる。

全員が全員こういうバカというわけではない。きちんと学校で教わる以外の勉強をしていればガス化と腸管吸収の機序も学ぶことができ、知識を持っている医師は葛根湯医者的に説明できないものは全てストレスで片付けるという愚は犯さない。が、一般人は医者を全て権威視していため、ただのバカかまともな医師かは見分けがつかんだろう。まず権威と見ることをやめ、話す内容で判断するしかない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素38掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧