★阿修羅♪ > 原発・フッ素38 > 349.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「フクシマ50」はウソだった。政府による結果的な”捏造”(FGW)
http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/349.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 23 日 19:05:06: igsppGRN/E9PQ
 

「フクシマ50」に皇太子賞を贈ったスペインのアストゥリアス皇太子は「吉田調書」を読んだかな


「フクシマ50」はウソだった。政府による結果的な”捏造”(FGW)
http://financegreenwatch.org/jp/?p=43952
5月 23rd, 2014 Finance GreenWatch


ウィキペディアで「フクシマ50」とクリックすると、フクシマ50とは:フクシマ第一原発の対応業務に従事していた人員のうち、同発電所の事故が発生した後も残った約50名の作業員に対し欧米など日本国外のメディアが与えた呼称」と記されている。だが、朝日新聞が報じた「吉田調書」によると、これはウソだった。

朝日新聞の5月20日付の「吉田調書」報道は内外に波紋を広げている。政府の事故調査・検証委員会の調べに応じた故吉田昌郎氏(2013年がんで死亡)の話によると、2011年3月11日の原発事故の4日後の同月15日、第一原発所員役720人中9割に当たる650人が、所長の命令を無視して、10km離れた第二原発まで「集団離脱」し、数時間、戻ってこなかったという。

結果的に、第一に残った60人のうちの作業員らが、「勇敢にも現場に踏みとどまって事故対応に死力を尽くした」と評価されることになった。「Fukushima50」は国際的にも賞賛され、フランスのニュースチャンネルFrance24は「Japan’s faceless heroes(日本の無名の英雄たち)と賞賛、ドイツのニュースサイトも赤穂浪士の四十七士になぞらえた。

そして2011年9月にはスペイン皇太子賞の受賞対象となり、同年10月には警察、消防、自衛隊の現場指揮官ら5人が、「フクシマ50」の代表として賞を受賞した。賞金5万ユーロ(約700万円)だったという。

ところが「50人」は結果として残った形で、吉田氏の発言からは離脱した650人も誤解して第二まで逃げた可能性もあるようだ。もちろん残った人も、いったん離脱後また第一に戻った人たちも、危険な状態の中で修復作業に力を注いだことは間違いない。しかし、海外での受け止め方は明らかに誤解に基づいている。

しかも、こうした「50」英雄論の誤解形成に、政府は最初からわかっていながら、事実を伝えず、「伝説づくり」に手を貸した格好である。政府の事故調査委員会は吉田氏からのこれらの発言を一切、報告書に記載していないからである。

吉田調書のリークに対して、特定秘密保護法が施行されていると、摘発対象になるのではとの指摘も出ている。しかし、政府が「ウソの情報」や「世間の誤解」を知りながら、そのまま流布させて、虚像を作り出すことの責任をどう扱うのか。

自民党内からも吉田調書の公開要求が上がっていることは、まだ同党の中にも常識のある政治家が残っていることを意味するが、少なくとも吉田氏から意見聴取した政府は、国際的に広まった「フクシま50」の誤解を解く努力をするべきだろう。スペインには受賞を返還するか、あるいは50人以外も対象に含めていいか、打診してはどうか。その際、集団離脱した650人を同扱うかも、協議してもらいたい。

http://financegreenwatch.org/jp/?p=4679

http://financegreenwatch.org/jp/?p=43874


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月23日 20:01:45 : bP7JH1QgOM
敵前逃亡は、軍法会議で極刑でござる。

02. 2014年5月23日 20:15:41 : zkGJSDm6xo
吉田調書も、全体としてフィクションだ、と思う。

03. 佐助 2014年5月23日 20:38:22 : YZ1JBFFO77mpI : wpmCg8U5S6
政治家や御用学者そしてマスコミは「国民を安心させる」「真意を隠して反発させないため」に、確信犯的大ウソをつくためウソ発見器で検知できない。政治家はマレに、日頃考えていることが口から飛び出し失脚するために、役人の玉虫色のウソの原稿に頼らざるをえなくなる。嘘と本音と建前で混乱することがあるのです。

日本は嘘と本音と建前が文化の日本は”嘘つきは世渡り上手”が常識の社会でもある。思ってることを言わないことを「ウソつき」だとするなら、ヒトはウソをつく動物で、ウソをつかないと断言するとウソになる。

日本の民主主義は偽装,政治家マスコミは確信犯的大ウソをつく,嘘と本音と建前を使い分けるとんでもない奴らだということになる。


04. 戦争とはこういう物 2014年5月23日 22:14:47 : N0qgFY7SzZrIQ : ZRl9QBotvk
 英雄に仕立てられるのは、実際は犠牲者。
「映画にしよう」と言われた時に、「そんなものではない」と語った「英雄」の実態を報じる大マスコミは無かったのか。

◆[日中戦争を煽った新聞が仕掛けた悲劇「爆弾三勇士」]--(反米嫌日戦線「狼」より)
http://www.asyura2.com/0601/hihyo3/msg/211.html
投稿者 ミスター第二分類 日時 2006 年 6 月 18 日 22:35:02: syFUAx3Wc1pTw


05. 2014年5月24日 06:55:53 : aiMZAOJQqY
この記事には大きな誤解がある。

まず、「フクシマ50」なる言葉を作り上げ、もてはやしたのは、外国のマスコミである。
政府も東電も国内マスコミも、極力、「フクシマ50」に触れようとしなかった。

なぜなら、これらの人たちは、重度の被ばくで、すでに死んでいるか、重篤な状態にあるからだ。
事故で死者が出たことを知られるのはまずいから、話題になるのを極力避けてきた。

もう一つの誤解は、東電1F作業員と警察、消防、自衛隊などの応援部隊を混同していることだ。

スペインから表彰されたのは、警察、消防、自衛隊の現場指揮官などであって、
9割が避難したという1F作業員ではなかった。
これは吉田所長も認めていて、1F作業員以外の方がよくがんばってくれたと言っている。

表彰された方たちが命を投げ出して収束作業に携わったのは紛れもない事実である。
この人たちの活躍はテレビでも報道された。
残念ながら、ヘリコプター隊長はすでにがんで亡くなったらしい。

「事故犠牲者は完全に隠蔽 闇に葬られる福島の英雄たち」
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/115.html

きちんと事実を調べてから記事を書くべきだろう。


06. 2014年5月24日 11:31:52 : VLiq9ylTDs
>02さん
>吉田調書も、全体としてフィクションだ、と思う。
その根拠は?

07. 2014年5月25日 10:16:36 : tAVOHJ1tya
その50人とやらは今はどうしているのか。国民全体で表彰するべきだろう。

吉田所長はもう亡くなられているがほかの人はどうなのか。病名はさておきほとんど生きていないのではないのか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素38掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧