★阿修羅♪ > 原発・フッ素39 > 227.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界を覆うヒロシマ―「原子力」という名の希望なき技術:ドイツ哲学者ギュンター・アンダース/Slate他(7月2日)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/227.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 07 日 23:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

世界を覆うヒロシマ―「原子力」という名の希望なき技術:ドイツ哲学者ギュンター・アンダース/Slate他(7月2日)
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/slate72-5f42.html
2014年7月 7日 フランスねこのNews Watching


「原子力は受け身的で合法化された暴力である。
   私たち市民は緊急に自らを守る態勢を整えなければならない。」

人間らしさと使用者自らを破壊しつくす原子力の脅威について積極的に発言し続けたドイツ出身の哲学者ギュンター・アンダース(1902〜1992)の著作が、福島原発事故以降フランスで注目を浴びています。2冊の代表作がパリで新たに翻訳・出版されたのを機にアンダースの言葉を振り返りたいと思います。


「ヒロシマの後に希望は無い」

アンダースの原子力についての思索は、広島・長崎への原爆投下に端を発しています。

●「広島原爆図」/Slate
http://www.slate.fr/story/89333/rien-esperer-hiroshima 

元米軍兵士のイーザリーは日本への原子力爆弾投下に参加し、一瞬で10万人もの人々の命を奪ったにもかかわらず米国内の各地で英雄扱いされる自らの姿に苦しみ、犯罪を犯すようになります。「敵」を殺したことに傷つき苦しむ兵士は最後には陸軍病院に幽閉され言論を封じられます。

イーザリーにあてたアンダースの手紙

「病んでいるのはあなたではありません。あなたこそが正常で、そのようなまともな人間の反応を封印して、甚大な罪を何か偉大な功績か何かのように見なそうとする社会の方が狂気に陥っているのです。」

アンダースは「私たちは原子力時代の良心の立ち入り禁止区域にいるのだ」という言い方をしています。

「原子力は使用者自らを破壊し尽くす兵器である」
「核戦争は想像力の欠如に起因している」


今日の私たちの現実にも当てはまるのではないでしょうか。

●Slateの記事を参考にしつつ、別途アンダースについて調べた内容を追加して記載しています。
http://www.slate.fr/story/89333/rien-esperer-hiroshima

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素39掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧