★阿修羅♪ > 原発・フッ素39 > 523.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島の放射線量急上昇、モニタリングポスト、猛暑で不具合多発、原子力規制庁「部品を交換したい」(7/28 NHK)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/523.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 29 日 06:30:05: igsppGRN/E9PQ
 

福島の放射線量急上昇、モニタリングポスト、猛暑で不具合多発、原子力規制庁「部品を交換したい」(7/28 NHK)
http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-4175.html
Tuesday, July 29, 2014 東京江戸川放射線


福島県内では放射線量を観測するモニタリングポストが異常に高い値を示すケースがこの1週間に相次いでいて、原子力規制庁では猛暑の影響で不具合が起きたとみて、点検や修理に力を入れていくことにしています。

3年前の原発事故のあと、国は福島県内の3600か所余りにモニタリングポストを設置し、常時、空間の放射線量を観測しています。ところが原子力規制庁によりますと、今月26日の午後、浪江町の末森集会所で通常の200倍を超える1時間当たり640マイクロシーベルトを示すなど、この1週間だけでも8か所で異常に高い値が出たということです。

いずれも異常な値は一時的で、携帯型の測定器で測っても周辺の放射線量は通常の値でした。

モニタリングポストを巡っては去年も7月から8月にかけて不具合が相次いだということで、特に先週の福島県内は厳しい暑さが続いたことから、規制庁では猛暑の影響で不具合を起こしたとみています。

その一方で、福島県などには心配する声が相次いで寄せられていることから、異常な値を示したモニタリングポストの点検や修理に力を入れていくことにしています。規制庁では、「高い線量が観測された場所も日時もバラバラなので、原発とは関係なく猛暑が原因だと考えている。今後も部品を交換するなど速やかに対応したい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140728/k10013359701000.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月29日 07:05:25 : 5jwtW13Ejk
もうしょーがないな、猛暑ならって、馬鹿にすんなボケ!

02. 2014年7月29日 09:17:54 : 6VNb6C8SbA
○○○Yタイマー機能付き部品に交換(笑)

改竄、コピペは、”日本人”の得意技。
中国がーと叫ぶ方はこの事を忘れているだけ。


03. 茶色のうさぎ 2014年7月29日 10:10:30 : qtmOTsgWNIsK2 : VDJfX4q4vM

あさから笑っちゃったぁーーーっ! (本物を隠そうと必死かな?)

 これまでの阿修羅のです。
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/148.html (<6月末のです!)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/445.html (<これは本当で大問題になるね!)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/507.html?c3#c3 (<昨日のです!)

今後も注意が必要ですね、ダマサレ無いように協力しましょうね!


04. 2014年7月29日 10:30:26 : hWJFjR100w
>規制庁では猛暑の影響で不具合を起こしたとみています。

簡単にばれる嘘しか思いつかない点に、人の知能に対する、放射能の悪影響が見て取れる。

ちなみに、2013年10月20日の最高気温は16.3℃、最低気温は12.1℃、平均気温は14.8℃。

>cmk2wl ‏@cmk2wl
福島県 相双:双葉町で空間線量に 2ヶ所のスパイク。約40μSv/h
pic.twitter.com/Ub0kQeZZun
★1:48 - 2013年10月20日★

https://twitter.com/cmk2wl/status/391848389622497280

>いずれも異常な値は一時的で、携帯型の測定器で測っても周辺の放射線量は通常の値でした。

正に空間線量がスパイクしているときに現場に駆けつけて測定したのか、疑問がある。

上に引用したツイートにあるグラフでは、スパイクは時間にして20〜30分の間に起きた。


05. 2014年7月29日 12:21:09 : ADhx9Txozv
試験的に今までに何回か高線量がれきの除去をやってるんだろ
風向きによって四方に拡散、その数値が毎回々出てるんだよ

06. 2014年7月29日 13:59:29 : pPymWU2p0U
>記事:「モニタリングポストが異常に高い値を示すケースがこの1週間に相次いでいて、原子力規制庁では猛暑の影響で不具合が起きたとみて・・・」


猛暑でポストの「ねつ造測定値表示機能」が不具合を起こして、正しい値を表示すようになったんだねー。


07. 2014年7月29日 15:51:35 : YylixLkL5Y
機器を入れ替えてごまかすつもり。たかが多少の気温の変化ごときで誤作動するような機器しか使えないのならとてつもない高温の原子炉など取り扱わないことだ。

08. 2014年7月29日 16:24:54 : tohdSVj0R2
>>06さん、07さん  それが真実でしょう。
 

09. 2014年7月29日 21:44:12 : LMXvfhCWgw
手持ちのガイガーカウンターが猛暑で10μとかに爆増したなんて経験はありません。たかが30度超えただけで狂うMPなんて、あるわけがない。子どもだましの、その場しのぎのウソは大概にしてほしい。

10. 2014年7月29日 23:18:03 : hWJFjR100w
東電が、4兆ベクレルの放射性物質が拡散したと認めた2013年8月19日における、福島第一原発周辺の空間放射線量を調べてみた。

双葉町の空間線量はフラットだけど、北隣りにある浪江町山添葉山会館に設置された2台のモニターはスパイクを示す。

山添葉山会館(黒)は、08/19 8:50に、75μSv/hまで、山添葉山会館(青)は、08/19 11:20-11:40に、50μSv/hまでスパイクする。

浪江町の北隣り南相馬市の空間線量はフラットだが、その北にある相馬市、新地町の空間線量は、全般的に激しい上下を繰り返す。(相馬市の北にある宮城県亘理町の空間線量はフラット)

大熊町、富岡町の空間線量はフラットだが、南隣りにある楢葉町の上繁岡集会所の空間線量だけは、08/19 8:20頃から下降する。残りはすべてフラット。

楢葉町の南隣りにある広野町の空間線量は、前提的に激しく上下する。

飯館村、葛尾村、川内村の空間線量は、フラットだった。

浪江町山添葉山会館の空間線量のスパイクは、当該時間のSPEEDIの予測と完全な一致とは言えないけれど、予測の傾向や方向性を裏切らない。

http://www.bousai.ne.jp/speedi/20130819/20130819.html


ただし、大きな謎は、SPEEDIの予測の方向とは反対側にある、広野町の空間線量の上下変化が何を示すのか、その原因は何かに関しては、分からない。


11. 2014年7月29日 23:20:14 : hWJFjR100w
>>10訂正
楢葉町の南隣りにある広野町の空間線量は全般的に激しく上下する。

12. 2014年7月30日 01:59:59 : aiMZAOJQqY
実際の値より低めに出るよう不正に調整してあるのにもかかわらず、
とんでもなく高い値が出てしまい、苦しい言いわけをする。

あきれてものも言えない。

政府・自治体の公表する測定値は絶対に信じてはいけない。


13. 2014年8月03日 02:59:25 : kTSUtRreax
放射能測定器のメーカーが部品を交換して検出性能を鈍くする調整に素直に応じなければ、また1社日本から測定器メーカーが消えてしまいそうだな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素39掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素39掲示板  
次へ