★阿修羅♪ > 原発・フッ素39 > 559.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
名水百選の栃木県塩谷町「断固反対」、放射性廃棄物の処分場建設で(7/30 産経新聞)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/559.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 31 日 06:18:05: igsppGRN/E9PQ
 

名水百選の栃木県塩谷町「断固反対」、放射性廃棄物の処分場建設で(7/30 産経新聞)
http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-4197.html
Thursday, July 31, 2014 東京江戸川放射線


 指定廃棄物最終処分場の栃木県の候補地として提示された塩谷町の見形和久町長は「明確に反対したい」との立場を表明した。

 同町のシンボル、高原山で最も高い峰、釈迦ケ岳の山腹の「尚仁沢(しょうじんざわ)湧水」は環境省の名水百選に選ばれている。環境省の井上信治副大臣から詳細調査などの協力を求められた見形町長は「副大臣は点数が高かったから選定したというが、町では名水百選の認定をまちづくりに生かして取り組んできた。そのことが全く選定には加味されていない」と語気を強め、反対理由を述べた。

 町役場の前には「断固反対」「放射能は安全じゃない」などと書かれたプラカードを掲げた大勢の町民が詰めかけ、騒然とした雰囲気に。井上副大臣が町役場を後にする際には車を取り囲むなどして抗議した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140730/dst14073023080013-n1.htm

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月31日 06:58:22 : LOc4bZwnoE
きれいな水を保全することが本来の環境省の仕事だろ。
細野が環境大臣と原発事故収束担当大臣とを兼任し、自民になってもその流れ
は変わらずできたらついにこのざまだ。終わってるな。

02. 2014年7月31日 09:06:46 : qbhp9miqOg
原発報道ソースに少なくとも(青森発以外の)読売・産経はいらない
(大したこと書いてないから)
試しに>0と↓を読み比べて欲しい、違いが分かるから

最終処分場 また突然提示 指定廃棄物「名水の里になぜ」
2014年7月31日 07時06分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014073190070625.html

 東京電力福島第一原発事故で発生した「指定廃棄物」の最終処分場について、環境省は三十日、
栃木県内の候補地として塩谷(しおや)町寺島入(てらしまいり)の国有地を選定し、見形(み
かた)和久町長に伝えた。しかし、事前説明もない突然の提示に住民は反発。国は栃木のほか千
葉、茨城、群馬などの県でも最終処分場をつくる方針だが、事故から三年以上がたった今も、首
都圏の負の遺産が解消される見通しは立っていない。 (神田要一、大平樹)
 国の候補地選びは、一定の面積を確保できる土地を抽出し、生活空間や水源との距離、自然度、
指定廃棄物の保管量を点数化して決める。選定が先行していた栃木県の場合、市町ごとに異なる
指定廃棄物の保管量も考慮に入れて総合評価し、得点が最も高かった塩谷町寺島入に決めた。
 環境省は選定後、現地のボーリングなど数カ月の詳細調査をした上で正式決定する。井上信治
環境副大臣と会談した見形町長は選定に反対の意向を示した。
 環境省は二〇一二年九月、栃木県矢板市と茨城県高萩市を候補地に選定したが、突然の提示に
二市は拒否の姿勢を示した。その後、同省は安倍政権下で選定のやり直しに着手した。
 選定に当たっては各県ごとに手順を作り、地元の事情に配慮する姿勢を強調した。しかし、栃
木県で二度目となる今回も、反対運動を避けようと経過をこの日まで公表せず、逆に住民の反発
を招いた。
 指定廃棄物は、各県のごみ処理施設や下水処理場、農家の敷地に一時保管されたままになって
いる。井上氏は「将来的に自然災害の心配もあり、安全に処分できる処分場を早期に設置するこ
とが必要」と述べ、処分場づくりを急ぐ方針を強調した。
 しかし、栃木県では交渉の難航が予想される。千葉県では選定作業に入っているが日程は未定
で、茨城、群馬両県では手順すら決まっていない。東京都と神奈川県でも指定廃棄物が出ている
が、最終処分場を建設するかどうかは決まっておらず、当面は一時保管が続く見込み。埼玉県に
も基準値を超えた放射性物質を含む廃棄物があるが、地元からの申請がないため指定廃棄物とし
て認められていない。
◆栃木・塩谷町 住民反発「自然が売り」
 豊かな湧き水を誇る町が、最終処分場建設の候補地に−。栃木県塩谷町役場前では三十日、町
内の土地が候補地に選ばれたことを知った百人以上の町民がプラカードなどを手に集まり、「水
を守れ」「建設反対」などと怒りの声を上げた。
 塩谷町は、千七百メートル級の連山の中腹から流れる尚仁沢(しょうじんざわ)湧水で知られ
る。豊かな水量を誇り、一九八五年には環境庁(現環境省)の名水百選にも選ばれた。
 住民によると、尚仁沢湧水一帯から候補地までの直線距離は四キロほど。町によると、湧き出
た水は町内の湖に注いだ後、近隣自治体にも流れており、一帯の水源となっている。
 町内の自宅から駆けつけた農家の男性(75)は「こんなに清らかな水が湧いている土地に処
分場を造るなんて、納得できない」と憤った。
 役場前では、次の訪問先に向かう井上信治環境副大臣の車を町民が「処分場建設は許さない」
などと叫んで取り囲み、一時騒然となった。
 一方、候補地近くに住む七十代の男性は「何の説明も受けていない」と困惑顔。「水田をやっ
ているので、水の安全が心配。建設に反対だが、どうやって反対すればいいのか」と途方に暮れ
た様子だった。町内の五十代女性は「町は自然を売りに観光客を呼ぼうとしてきた。選定による
イメージダウンは計り知れない」と、声を落とした。 (大野暢子、石川徹也)

 <指定廃棄物> 東京電力福島第一原発事故で発生した、放射性セシウム濃度が1キログラム
当たり8000ベクレルを超える焼却灰、下水汚泥、稲わらなど。6月末現在、12都県で計約
14万6000トンに上る。放射性物質汚染対処特措法などでは、発生した各都県内で国が処分
することを定めている。宮城、千葉、茨城、群馬、栃木の5県では、国が県ごとに最終処分場を
新設する。


03. 2014年7月31日 23:56:26 : gli9B2RAJ6
栃木県日光市塩屋町は自然の美しいところ、そして地下水の豊富なところ。
一年中でも冬と夏の寒暖の差が激しく、また昼と夜の温度差も激しい。
だからこそ米どころなのだ。
水源は地下水。
今でも家庭用も地下水を使っている家も少なくない。
なのに
環境省は水源は河川の事しか頭にない。
学校の時「水源は川です」と習ったんだろう
水源から遠いとか羅放射能処分地にもってこいだと言っているが、栃木県は何処でも地下7メートルも掘れば地下水が湧き出てくる。
7メートルって水源から遠いのか?
その7メートルの下にもあと6メートルも掘れば違う層がまた湧き出す。浅井戸用・深井戸用とはこの事よ。

栃木県は海に面していない県だ。
その栃木県が、農業はダメ酪農はダメ観光もダメだったら栃木県人はどうやって暮らせば良いのだ?
福島が出した放射能廃棄物のせいで栃木県も第二のフクシマになってしまう。

福田富一知事はLRTに至極ご執心だが学園の方から甘い水でも流れてくるのか?
そう言えば衆議院議員船田一が地元の学園のオーナーだ。
うえの美智子も学園を持ってるしな、みんなツーカーの関係だしLRTで利害が一致した関係なのかな?
そんな一部の人間の懐をあっためる為にLRTなんか造ったら県民は通勤地獄を味合わされる。
連中はそっちのほうで利益が一致しているからLRTに夢中で。
8000ベクレルの高濃度放射能廃物永久処理場の事なんか歯牙にもかけていないから出てきもしない。
毎日LRT・LRTで日が暮れる。

あんな路面電車が走ればそれでなくとも2車線しかない狭い道路は交通渋滞を招くのは必定だ。
旧日光市内にはかつて市内電車が走っていたが、紅葉の時期や夏休みなどは毎年交通渋滞に悩まされ車が今市市まで繋がるほどだったし、雨の日は線路にタイヤがスリップしてオートバイが転倒し皇族の車に引かれて何人の若者が無くなった事か!
それでついに日光市も市内電車の廃止をした。
その結果交通渋滞も無くなり、若者が線路でタイヤのスリップで死ぬことも無くなった。

それなのに福田富一知事はことも有ろうにその日光市でLRT推進の講演をした。
何たる無知。

そんな福田富一知事が今度は栃木県に8000ベクレル以上の高濃度放射能廃棄物の処理場を造ろうとしたが、地元の猛反対に「丁寧に説明していく」だってよ。
丁寧に説明されようが何度説明されようがそんなものは絶対受け入れられない。
いくら丁寧に説明されても命も命の水も命の空気も差し上げるほど栃木県人はバカじゃないよ。
塩屋町のみならず栃木県総出で反対運動を盛り上げていこう。



04. 2014年8月01日 13:13:20 : gli9B2RAJ6
>>03 gli9B2RAJ6 です。
皇族の車は後続の車の変換違いです。
訂正してお詫びいたします。

05. 怪傑 2014年8月06日 00:20:12 : QV2XFHL13RGcs : vEyFyyxyRF
この問題は放射能を事故で出した場所に戻すしかないな。全国に拡散した放射能は、事故を起こした原発を受け入れた福島県に全て戻すべきだろう。
原発誘致で、福島の住民には東電や国からたっぷりお金が転がり込んでいるはずだ。事故ったら、はい放射能は降り積もった場所で処分してくださいじゃ通らないだろう。放射能をばら撒かれるだけのほうはよほど迷惑だ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素39掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素39掲示板  
次へ