★阿修羅♪ > 原発・フッ素39 > 562.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島市の小中学校プールが放射線管理地域並みに汚染されている!(週プレNEWS)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/562.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 31 日 06:49:05: igsppGRN/E9PQ
 

福島市の小中学校プールが放射線管理地域並みに汚染されている!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140731-00033360-playboyz-soci
週プレNEWS 7月31日(木)6時0分配信


「福島市の公立学校の野外プールの表面汚染がヒドイ。一度、取材してほしい」

福島市内在住のA氏(50代)からこんな情報提供があったのは、6月下旬のこと。

「市内のある小学校のプールサイドは、2度の除染を終えた後でも1400cpmが測定されました。福島市の除染管理基準では、駐車場や庭石を600cpmまで下げるようにしています。つまり、車を置く場所より2倍以上放射能汚染された場所で、子供たちが裸足や水着姿でプール授業を受けているのです。協力者の支援を受けて測定したところ、同じようなプールサイドはほかにもありました」

A氏が汚染の根拠とするのは、昨年6月に福島県と環境省が市内の小学校と高校で放射線測定をしたモニタリングデータ。それを見るとプールサイドの複数箇所で1400cpmが測定された。

さらに、いまだプールが再開できないでいる市内のある県立高校を昨年5月に環境省が測定したところ、同じくプールサイドで2500cpmという高い表面汚染が確認されたこともわかった。

「表面汚染」は、空間線量と違って聞き慣れない言葉だ。物体表面に放射性物質が付着していることを指すが、1400cpmという数字はどう評価すればよいのだろうか。

神戸大学大学院海事科学研究科の山内知也教授は、「放射線管理区域から持ち出せないレベルの汚染」だと説明する。

「1000cpmは、およそ4ベクレル/平方センチメートル。放射線管理区域から持ち出せる表面汚染限度がこの数値なので、1400cpmはそれ以上。自然界にある放射線を考慮しても、基準値超えの可能性は高いでしょう」

つまり、本来であれば、一般人が立ち入れないほどの高い汚染度ということだ。危険はないのか?

「汚染がセシウム137であれば、4ベクレル/平方センチメートルの汚染源に接触した皮膚が受ける皮膚吸収線量率は、毎時5・73マイクロシーベルト。単純計算では年間50.2ミリシーベルトとなり、公衆被曝爆限度の年間50ミリシーベルトを超えてしまいます(※一般公衆の実効線量当量の年間被曝限度は1ミリシーベルトだが、ここでは組織線量当量を指す)。

対策としては、児童が肌を露出するプールサイドは600cpm以下にすることが必要です。庭石や駐車場、外壁、ベランダなど、靴などを履いて接する場所の除染管理基準が600cpmであるのなら、学校プールがそれよりも汚染されている状態を放置すべきではありません」(山内教授)

福島第一原発事故があった2011年の学校プール授業は中止されたが、問題は翌年からだ。市や県は除染で放射線量が下がったとして、ほとんどの公立学校でプール授業が再開された。

だが実際には、プールはまだ汚染されていた。今年5月、市が全小中学校71校のプールサイドを測定したところ、13校のプール水からセシウムが検出された(最大2.93ベクレル/kg、矢野目小学校)。なかには、半減期を過ぎたはずのセシウム134が検出されたプール(笹谷小学校)もあった。

これらの学校では今の時期、毎日のようにプール授業が行なわれている。市教育委員会では、汚染され続けていることを把握しているのに、こうしたデータでさえ一般に公表していないのである。

A氏は、2012年から市や県に対し、学校プールの表面汚染が深刻な状態にあると訴え続けてきた。きちんとした測定と数値の公表をした上で除染をし、子供たちの被曝量を可能な限り少なくすることを求めたのだが、教育委員会は一向に聞く耳を持たないという。

しかし、学校プールの放射能汚染は福島市だけではない。南隣の郡山市では、7月下旬に公営プールを利用した小中学校の水泳競技交歓会が開かれる。だが、県教組がプール施設のある公園内の放射線量を測定したところ、空間線量が毎時1マイクロシーベルトを超えるホットスポットが10ヵ所近く見つかった。県教組郡山支部では、市教委に「子供が放射線量の高い場所に長時間いないようにしてほしい」と要望を行なっている。

また、福島市の東に位置する伊達市の小国小学校では、2012年11月に市民団体が敷地外からプールサイドのコンクリートを測定したところ、毎時3マイクロシーベルト超を記録。今年7月中旬の本誌の測定でも、0.5マイクロシーベルトほどを示した。

福島の学校のプールが完全に除染されたと安心できる日は、いつになるのだろうか。

(取材/桐島 瞬 取材協力/有賀 訓)

■週刊プレイボーイ32号「福島市の小中学校プールは放射線管理区域並みに汚染されている!!」より(本誌では、福島市教委に直撃した一問一答も収録)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月31日 07:20:11 : gt8JdlA4TD
どこかの放射能汚染水プールと一緒だな。
盗電のズタボロタンクにとりあえず移せ!

02. 佐助 2014年7月31日 07:36:06 : YZ1JBFFO77mpI : wpmCg8U5S6
水道水の塩素では放射能は解体されません

病原菌の場合水道水の塩素が水(H2O)でイオン化されて分子になるので、ほとんどの病原菌は解体されてしまう。だが放射能は塩素では解体されん。しかし、大海や大気の中では薄められるから放射能は低くなる、それをマスコミ報道は、低下したから安全になったと誤報する。

困ったもんで,人体や野菜やコンクリート,土の表面に付着してしまった放射能は、放射能の量が少なければ落とすことができる。多ければ被爆する。食品の場合は、放射能を植物は根から、動物は口からとりこむと、人間が食べると体内にとりこまれる。燃料棒が溶解するとヨードとセシウムが、海や大気に大量に飛散される。ヨードは少量なら対外に排泄されるが、大量なら甲状腺などに蓄積される。セシウムは骨に蓄積される。

タバコの煙のように舞い上がり一万メートル以上の高さで水の分子に氷結されていた放射能が、日本を汚染列島にすることが避けられない。しかも浄水場や河川には蓋がありません。


03. 2014年7月31日 08:59:40 : Fz9HdhePO6
これもマイナスイメージから風評に繋げたく無いとの
大人達の事情に子供達が利用されている例なのだろうか?

「復興は進んでいる 暮らしは元の日常に戻りつつ有る」

教育委員会は本当に子供達の未来を大切に考えて欲しい。


04. 2014年7月31日 12:17:13 : e5WbdC9Zmg
学校に暴漢が侵入して生徒たちを針で刺していたら大問題だろう。
放射線も「ただちに被害はない」にしてもおなじことだ。いや暴漢よりもっと悪い。

いずれ死人が出る。それも苦しんだ上の死となる。

放射線管理区域では飲食はできない。資格のある成人の研究者とかが、短時間立ち入る
ことが出来る場所だ。そんなところではプール授業などできるわけもない。

応急措置としては線量の高いところは、テープなどで場所を封鎖し、生徒が立ち入ら
ないようにする。
学校関係者は子どもじゃないのだから、すぐにやれ。


05. 2014年7月31日 14:28:31 : YylixLkL5Y
すでに一般的な発生頻度の100倍以上の確率で子供の甲状腺がんが見つかっている。この上まだこんなことをしているとさらに悲惨な結果を招く。

福島は安心安全とか言っている人は本当に人間の心を持っているのだろうか。

NHKの歌で言えば、あほの花が頭の中に咲くことになる。


06. 2014年7月31日 23:14:03 : k2XETiMeWI
春夏秋冬、朝昼バーン、花酒、花酒!
とりあえずの花

        下痢三の歌。


07. 2014年7月31日 23:19:30 : UHmy2XFOJQ
こうした情報に接して、いつも思うのですが、

反原発の政党や団体の中央本部は、
このような福島の現実に対して、具体的な対応を何かしているのでしょうか?


08. 2014年8月01日 00:11:14 : dm00SoUT3Y
日本人の愚かさがこの事故で露呈してしまったように思える。

過去の放射能漏れ事故をちょっと調べれば、どれほど危険なことかわかりそうなものなのに。

今回のようなことは初めてなので被害は出るかどうかわからない・大丈夫なんじゃないかくらいの気分でいるように思える。
ほんとに危険だったら政府やマスコミが騒ぐだろうといまだに信じている人のなんと多いことか。

お上に頼ってしまう・同調圧力から逃れられない日本人の欠点がこの事故を最悪の方向へ突き進めているようだ。


09. 2014年8月01日 10:26:28 : y9C1CQ6Wuo

>日本人の愚かさがこの事故で露呈してしまったように思える。

これに尽きますね。しいて付け加えれば、役人の非道といっていいくらいの薄情さ。
NHKが北朝鮮放送局だったことですか。


10. 2014年8月02日 00:17:14 : dm00SoUT3Y
参考人「健康調査や線量評価の抜本見直しを」環境省会議
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1806

福島の小児甲状腺がんについて議論している場面があるが、その中で津田敏秀教授
ははっきりと多発、パンデミックに備えなければならないと述べている。

だが、情けないことに相対するどっかのセンセーは必死に多発ではない理由をつきつけようとして、撃沈している。

これがただの御用学者と「本物」の科学者の違いなのか。

津田敏秀教授は敬服するが、周りの学者のカスぶりには脱力するばかりだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素39掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素39掲示板  
次へ