★阿修羅♪ > 原発・フッ素39 > 703.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本から輸入のくず鉄の一部に放射性物質、韓国当局が返送へ ロイター(とある原発の溶融貫通(メルトスルー))
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/703.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 8 月 12 日 16:15:05: igsppGRN/E9PQ
 

日本から輸入のくず鉄の一部に放射性物質、韓国当局が返送へ
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7810018.html
2014年08月12日10:5 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)


[ソウル 11日 ロイター] - 韓国の原子力安全委員会は11日、日本から輸入したくず鉄の一部から放射性物質が検出されたとして、日本側に送り返す考えを示した。


2012年に安全性チェックを強化して以来、返送ははじめて。


同委員会によると、今月7日に日本から輸入した20トンのくず鉄のうち、20キロ分から基準値を上回るセシウム137が検出された。問題のくず鉄が日本のどの地域から出たものかは不明としている。


韓国は、この20キロ分のみを日本側に返送する、としている。


韓国はさまざまな国からリサイクル用にくず鉄を輸入している。


同委員会は、放射能に汚染された資材が輸出されないよう、日本政府に対して情報共有の面で協力を求める計画だとしている。


ロイター 8月11日(月)18時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140811-00000066-reut-kr
===============================================










どこに返送するのだろう? 返送された汚染物はどう処理されるのだろう?


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 函館の犬。 2014年8月12日 16:40:02 : bhbAK3m6MJQx2 : FpvxE1V0yJ
東京23区。

02. 2014年8月12日 16:53:00 : lstaDndD36
セシウムが結合して、下水道はすべて放射性廃棄物。
どうするの?

03. 2014年8月12日 17:48:20 : n9fIR25aU2
>どこに返送するのだろう? 返送された汚染物はどう処理されるのだろう?

ロシアから送り返された 汚染された車は日本の中古車屋で活躍してる、
日本では 汚染はもう 当たり前だから くず鉄屋で再利用 汚染拡散だろう。
汚染の平等化が 日本社会だから



04. 2014年8月12日 17:54:58 : ymU3QYSPeI
千葉の製鉄所には津波でがれきになった廃棄物の中から屑鉄が運び込まれて新しい鉄に生まれ変わって新しい製品になる。福一の汚染度の低いがれきや除染に使われた鉄物も同じように処理される。→間もなく日本からの工業製品輸出は全て拒否されるようになる。

05. 2014年8月15日 12:14:08 : aowENkS89g
東電に返せという助教の主張を完全に無視する日本

06. 2014年9月05日 11:01:14 : g3uWpAmXaM
原発定期検査、30年間間違いに気付かず

原子炉溶接で違う部位調査
規制当局は「チェック完了」承認

 原子力発電所の定期検査で、30年間にわたり検査すべき部位とは違う部位を検査していたのにもかかわらず、規制当局はこれに全く気付いていなかったことが分かった。原子力安全委員会は釜山市機張郡の古里原発4号機と全羅南道霊光郡のハンビッ原発2号機で、原子炉容器溶接部の一部検査部位についてミスが確認されたと4日、発表した。


 原子炉容器とは、燃料棒が入っている原発の中心的な部品だ。同委員会は「今回の古里4号機計画予防整備で、過去3回行われた原子炉容器の溶接部検査は、検査対象17カ所のうち2カ所で間違った部位を確認していたことが分かった」と明らかにした。このため、原子炉容器がある韓国の原発20基すべてを対象に過去の検査結果を調べたところ、ハンビッ2号機でも検査対象17カ所のうち古里4号機と同じ2カ所で間違った部位を検査していたことが分かったという。だが、古里4号機で問題になった溶接部2カ所の正確な部位に対し超音波検査した結果、欠陥は発見されなかったとのことだ。ハンビッ2号機では12日に予定されていた計画予防整備の日程を5日に前倒しし、古里と同様に正確な溶接部位を検査すると明らかにした。


 問題となっている古里4号機は1986年から稼働に入った。製造会社が納品前に実施した溶接部の検査は正常に行われたが、納品後に原発運用会社の韓国水力原子力(以下、韓水原)が実施した稼働前(1984年)と1994年、2004年の検査では、別の部位を検査していたことが分かった。それでも規制当局は韓水原の検査結果をそのまま承認していた。原子炉容器は10年ごとに稼働している状態で超音波により亀裂がないかどうかを確認する必要がある。


 原子力安全委員会のカン・ホソン原子力安全課長は「稼働中の検査は直前の検査と同じ部位を検査し、比較するという方法で行われるが、最初の検査が間違っていたため、本来とは違う部位をずっと検査していたものだ。今回、韓水原が検査の準備をした際、過去の検査部位が間違っていることに気付き、通報があった」と話している。


李永完(イ・ヨンワン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/05/2014090500898.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素39掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素39掲示板  
次へ