★阿修羅♪ > 原発・フッ素40 > 246.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
地質調査は全くせず、政治家の"ご都合"で原発建設地が決まる大地震国ニッポン
http://www.asyura2.com/14/genpatu40/msg/246.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2014 年 9 月 08 日 14:06:22: FpBksTgsjX9Gw
 


「ドキュメント 東京電力企画室」(田原総一朗著 文春文庫)を読んだ。
東電が初の原発導入を決めたいきさつが書かれており、とても興味深い。

面白いことに、当時、東電副社長であった木川田一隆は、最初は原発の導入に強く反対していた。

「原子力はダメだ。絶対にいかん。原爆の悲惨な洗礼を受けている日本人が、
 あんな悪魔のような代物を受け入れてはならない」 (p.63)

その志を貫いてもらえば、我々もこんな目に合わなくてすんだわけだが、彼は、あるときを境に
原発推進に豹変する。何が彼を変えたのは、著者も謎だと言っている。
おそらく、原子力推進のため暗躍した中曽根康弘や正力松太郎のアメとムチではなかったか?

1961年、木川田は東電社長に就任、翌62年の常務会で突然発表する。

「一九六ニ年九月二十一日。東京電力常務会。
(中略)
だが、この日、木川田の表情は特別にはりつめていた。
『当社も、いよいよ原子力発電所を建設します。原子炉のタイプは軽水炉、ゼネラル・エレクトリック社の
 沸騰水型、第一号炉は出力四〇万キロワットの予定。福島県双葉郡大熊町です』
有無をいわさぬ、きわめて断定的な口調だった」 (p.54)

それまでは社内で複数の原発メーカー、原子炉の検討が行われていたが、常務会の了解も得ず、
社長の独断で決めてしまったという。この選定の真相も謎に包まれている。
おそらく政府からの強い圧力があったのだろう。

誘致先についても木川田が勝手に決めた。木村守江・元福島知事がそれについてこう語っている。

「『昭和三十三年頃かな、私は衆議院議員でして、いま原子力発電所がある、大熊、双葉という地区は、
 実は私の票田だったのです。ところが、あの辺は実に貧しい。大体、福島県というのは、全国でも
 指折りの貧しい県(一九六五年度個人所得、本州では島根に続いて下から二番目)なのですが、大熊、
 双葉のあたりというのはとくに貧しい。そこで、地元では、さかんに産業誘致を図ったのだがうまくいかない。
 町長たちから何とかしてくれと頼まれて、木川田さんに話したのです』
木川田一隆は、福島県梁川町の医師の家に生まれている。木村家も代々医師で、同郷のうえに同業の
家系に育ったということで、木村は、木川田とは昵懇の間柄だったのだという。
木村に相談されて、木川田は、即座に、『原子力発電所がよいのではないか』と答えた」 (p.73)

要するに、地質調査は一切にせず、社長が同郷の政治家の求めに応じて、勝手に建設地を決めてしまったのだ。
そして、あとから、とってつけたように調査を行ない、活断層等不都合な事実が見つかると、
御用学者に巧妙に隠させたのだ。

原発のように慎重の上にも慎重が要求されるプラントの建設場所が、専門家でもない社長の一存で決まったのだ。
とんでもないことである。

3/11の地震で不均等に地盤沈下し、毎日何百トンもの地下水が湧き出してお手上げ状態になるのは当たり前である。
敷地には活断層が斜めに走っているという指摘もある。本来なら絶対に原発を建ててはならない土地だったのだ。

ちなみに、原発誘致を要請した木村守江は、12年福島県知事を勤めた後、汚職で逮捕され辞任、有罪判決を受けた。
カネまみれの人生であった。

さてこのドキュメントは、東電が建設したもう一つの原発、柏崎刈羽についても言及している。

「この新聞記事を、柏崎市議の芳川広一(社会党)に解説してもらった。
『あの土地に、最初、田中角栄は自衛隊の施設所を誘致するのだといいましてね。
施設所は戦争する施設じゃなくて、災害のときに出動する部隊なのだから、安全だというのですよ。
その、田中発言があるとすぐ、一帯を木村が買い占めた。『朝日新聞』が"田中側近"と書いているのは、
当時刈羽村の村長だった木村博保のことです。木村は、田中角栄の"越山会"の有力者なのですよ。
"越山会"と室町産業の間で、キャッチボールして、坪一〇〇円の土地を二、六〇〇円につり上げた。
こういうのを『転がし』というのだそうですね。誰の懐に入ったかは、いうまでもないでしょう』
坪一〇〇円の土地が二、六〇〇円になり、すると自衛隊施設所が原子力発電所に変わった。
原子力発電所だと、住民たちが土地を売らないという配慮があったのだろうか」 (p.85)

柏崎刈羽も田中角栄が土地転がしでボロ儲けするために誘致された。
誘致先を選定するに当たって地質調査は一切行われておらず、角栄の取りまきが買い占めた砂丘に
原発が建設された。

ここも2007年、新潟県中越沖地震で地盤沈下が起き、建屋が傾いてしまった。当然の結果である。

日本の他の原発も同じようなものだろう。
ろくに地質調査もしないで、.政治家と地元がボロ儲けするために建設場所が決まる。
あとで不都合な真実が見つかれば、御用学者を使って揉み消す。

鹿児島県・川内原発と石川県・志賀原発は地盤が悪く、ボーリング調査で掘っても掘っても
柔らかい部分が出てくるので、コアのすり替えをやってごまかしたことがわかっている。

日本は地震国で安定した地盤はないというが、それでも地盤のしっかりしたところとそうでないところはある。
それを全く調査もしないで、政治家の"ご都合"だけ敷地を選ぶとは狂気の沙汰である。
こんなに恐ろしいことはない。

大熊、双葉町の住民は、金に目がくらんで原発という悪魔に身も心も売り渡し、
その結果、永遠に故郷を失ってしまった。
たとえ貧しくても地道に暮らせばよかったと思っても、もう遅い。

原発を再稼動すれば、間違いなくまた大事故が起き、故郷を追われる人が出るだろう。


この「ドキュメント 東京電力企画室」は、しっかりと取材されており、非常に優れたドキュメントである。
今ではすっかりムラに取り込まれてダメになった田原総一朗も、昔はこんなに優れた仕事をしていたのだ。

戦前から続く、政府・官僚と電力会社間の勢力争いも興味深い。
政府と電力会社は昔からべったりの関係だと思っていたが、必ずしもそうではなく、意外であった。

一読をおすすめしたい。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2014年9月08日 23:33:42 : 9XFNe/BiX575U : ZaavhAbCrM
>要するに、地質調査は一切にせず、社長が同郷の政治家の求めに応じて、勝手に建設地を決めてしまったのだ。
>そして、あとから、とってつけたように調査を行ない、活断層等不都合な事実が見つかると、御用学者に巧妙に隠させたのだ。

確かにそうなのでしょうが、これは何も福島に限ったことではなくて、日本にある原発全てで言える話のはずです。つまり、別の言い方では、日本にはアメリカのような原発を安定的に設置できる地盤は全国どこを探してもなかったのです。

問題は日本の国会議員レベルの政治家の恣意的な決定というようなレベルではなくて、もっと大がかりでもっと政治レベルの高いところにあるのです。

だからこそ、菅直人政権でも安倍晋三政権でもなかなか正面切って脱原発が出来ないのです。国際的な意思の問題なのです。


02. 2014年9月09日 01:12:02 : aiMZAOJQqY
>>01
>日本にはアメリカのような原発を安定的に設置できる地盤は全国どこを探してもなかったのです。

それは正しいでしょうが、ここでは全く探そうともしなかったことを問題にしているのです。

高層ビルを建てるにしても、地盤がゆるくてあきらかに不適な場所は避けるのが当たり前ですが、
そんな配慮さえしていないのが、日本の原発です。

著者もそこを指摘したかったのでしょう。

>問題は日本の国会議員レベルの政治家の恣意的な決定というようなレベルではなくて、
>もっと大がかりでもっと政治レベルの高いところにあるのです。

アメリカが、原子力を始めろ、GEの沸騰水炉を導入せよ、と圧力をかけてきたのは確かですが、
大熊町に建てろとまでは言わなかったはずです。
米軍基地の建設ではありませんから、アメリカは細かいところまでは指示しません。

誘致先については、大きな問題なので、東電社内のみならず、国会でも取り上げて、
安全性も含め、徹底した議論をすべきなのに、同郷の友人に頼まれたから、角栄に頼まれたから、
と個人レベルで勝手に決めてしまったことに問題があるのです。

まるで、今年の忘年会をどこでやるかのような気軽さで決めてしまったことに問題があるのです。

福島第一も、もっとまともな場所を選んでいれば、爆発は免れなかったにしても、
地下水で悩むことはなかったでしょう。

数十年前のいい加減な決定のしわ寄せが、今来ているわけです。


03. 2014年9月09日 12:24:35 : FmUwSb157c
仕事で新潟に行った時、書店に田中角栄コーナーがあって、いまだに郷土の英雄らしい。
新潟県民が田中角栄のとてつもなく重い罪に気づくのは、大事故で故郷を追われる時だろう。

04. 2014年9月09日 13:24:51 : WlvdJmorG6
魑魅魍魎男さんの投稿はいつもハイレベルですね。

05. 2014年9月10日 19:37:53 : kB8zshDACs
政治家だけの都合ではない。経済産業省、原子力産業、電力会社、御用学者、御用マスコミ、御用法曹界、御用公益法人、文部科学省の都合である。

「政治家」などというから他の部門は免責され見えなくなる、矛先も間違える。政治家など原子力村の一部門である政治部門にすぎない。

特定の個人の政治家など、御用法曹界の一部門である検察と御用マスコミが動けば簡単に放逐できる。強力な小沢一郎でも影響力を失った。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素40掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素40掲示板  
次へ