★阿修羅♪ > 原発・フッ素40 > 885.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ETV特集「除染のゆくえ〜畑村洋太郎と飯舘村の人々〜」
http://www.asyura2.com/14/genpatu40/msg/885.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 03 日 15:03:05: igsppGRN/E9PQ
 

ETV特集「除染のゆくえ〜畑村洋太郎と飯舘村の人々〜」

etv_josennoyukue_hatamurayoutaroutoiidatemurano... 投稿者 soekosan



ETV特集「除染のゆくえ〜畑村洋太郎と飯舘村の人々〜」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/1101.html
「失敗学」や「危険学」を提唱し、日本社会の「危険と安全」のあり方を見つめてきた東大名誉教授、畑村洋太郎さん。その畑村さんが、被災地・福島で地元の住民とともに独自の除染実験に挑んだ。
畑村さんは3年前、政府の原発事故調の委員長に就任。その「最終報告」に政府報告書としては異例の7項目もの「委員長所感」を掲げた。「見たくないものは見えない、みたいものだけが見える」。「あり得ることは起こる、あり得ないことも起こる」。「危険の存在を認め、危険に正対して議論できる文化をつくる」・・・。畑村さんが、事故調査を通して日本社会に問うたのは、原発事故を生んだ、この国の「危険と安全」の考え方の歪みそのものだった。


それから1年、畑村さんは、みずからの訴えた「危険と安全」の考え方の歪みが、今も形を変え原発被災地を覆っていると感じていた。計画どおりに進捗(しんちょく)しない除染、故郷に帰れないまま増え続ける震災関連死、そして崩壊しつつある共同体・・・。危機を前にしても誰もそれを正面から受け止めない現状に、畑村さんはみずから打開のきっかけを見つけるべく除染実験に乗り出すことを決めた。


畑村さんがその鍵と見るのが、除染によって生じる膨大な廃棄物の問題だ。除染廃棄物は、その行き場が定まらず各地で除染停滞の原因となっている。それを安全に処理する手法が開発されれば、除染、帰還、復興のプロセスは大幅に加速できるはずと畑村さんは考えたのだった。畑村さんの実験には全村避難が続く飯舘村の住民たちが参加。住民らもまた、3年ものあいだ硬直化した現状に、みずから動き出すきっかけを求めていたのだった。


NHKは、政府事故調委員長当時から畑村さんの思考と実践を独自に長時間記録してきた。番組は、それらの記録とともに、今なお福島から問いと実践を続ける畑村洋太郎さんの姿をみつめる。


(内容59分)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 茶色のうさぎ 2014年11月03日 16:38:09 : qtmOTsgWNIsK2 : XXpGZLxyog

その場所に、帰還、が前提で、復旧、復興、食べて応援、は当たり前だー! の動画ですね! 畑村はバカか。?

この動画は、除染可能な地区で、平地の一等地での話しですね。! そして毒物を生産し全国へばら撒くのか。?

山間部の地形なんて、いきなり、岩や砂利で地下水の通り道で飲料水は汚染されますね。!汚染の拡大じゃん。!

宅地造成規制法では、1m以上、の掘削は違反だぞ。! 除染土は全て双葉町と大熊町への集積が正論ですね。!
 
除染の遅れは、バカの石原伸晃と佐藤雄平の責任ですね、退職金は返納でしょうな! あほらしい動画でした。!


02. 2014年11月04日 10:35:33 : ZcQmQK3TyU
5μsv?これは空間線量だけの話。

水は?コメは?野菜は?どこのを飲む食べる?
無意味は除染は止めるべきだ。
ソビエトでさえ諦めたと言うのに・・・


03. 2014年11月04日 20:27:30 : jXbiWWJBCA

内部被曝通信 福島・浜通りから 〜 子どもたちの関心が薄れてきた?

 ■ 坪倉正治:南相馬市立総合病院非常勤内科医

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■from MRIC
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、南相馬市の原町高校で、放射線についての授業をしてきました。昨年も増子
文隆教頭先生の紹介で機会をいただきましたが、今年は1年生を対象に、体育館で
1時間ほど話をしてきました。内容はいつもと変わらず、放射線の基本的なこと、
南相馬市で行われている内部被曝や外部被曝検査の結果についてです。値はほかの
地区と比べてどうか、日常の周辺に存在する自然放射線と比べてどの程度なのか、
といったことについて話をしました。この1〜2年話している内容は同じだと思い
ます。

高校生たちは一生懸命聞いてくれています。理解度をはかるためのアンケートをさ
せていただいていますが、現在の食品の汚染状況や被曝が低く抑えられていること
への理解が、授業の前後で改善していることが見て取れました。

ただその一方、こちらの印象としては、生徒たちの集中力や興味をこちら側に引き
つけておくことが難しくなってきたとも感じています。放射線と関わりの深い物理
に興味のある選抜クラスではなく、学年全体を対象としていることもあるでしょう。
放射線の話は、ほかの一般の授業に対する興味と変わらないのかも知れません。あ
るいは、「どこかで聞いたことがあるな」くらいの感じでしょうか。「放射線の問
題は、自分たちの身に降りかかった大事な事象である」というような感情や感覚が、
かなり薄れてきたように思えます。

こちらとしてはある意味、発破をかけるというか、「きっと将来の役に立つ」、
「将来、偏見のような目で見られるようなことがもしかしたらあるかもしれない。
その時にきっとあなたを守ってくれる。」、「こういう事情を知っていて損はない
よ」などと、ややたき付けるような言葉を投げかけることが多くなったように思い
ます。もちろん私の伝え方の問題もあるのでしょう。

放射線に対する子供たちの関心が薄れている。これだけを見れば大きな問題だとは
思いません。実際に線量はほとんどの場所で十分低くなっていますし、そんなこと
は気にせず、勉強して思いっきり遊ぶのが一番です。その一方で、放射線に関する
知識が増えているか?といえばそうではない。「1mSv浴びればすぐにがんになる」
といった間違った認識をしたまま、自分たちだけが大量に被曝して将来必ず悪影響
が出る。と思い込んでいる生徒がまだまだいらっしゃることも事実です。

放射線教育は、子供たちに自信を持ってもらい、前向きに生活できるようサポート
するためにあると思っています。将来、彼らが福島から出て行ったとき、社会の偏
見や風にさらされても、自分で状況を説明できるようになってほしいのです。ただ、
マイナスをゼロへ近づけるだけの内容ではもう厳しいのでしょう。ゼロからプラス
へ、「あ、これ面白い!ちょっと勉強してみよう。」と感じてもらえるような内容
にもシフトしていかないともいけない。そんな場面で一人の医者が出来ることなん
てあるのだろうか、とか思いつつもマイナスをゼロへ近づける授業を少しずつ続け
ています。


坪倉正治の「内部被曝通信 福島・浜通りから」のバックナンバーがそろっています。
http://apital.asahi.com/article/fukushima/index.html

「アピタル」には、医療を考えるさまざまな題材が詰まっています。
http://apital.asahi.com/
----------------------------------------------------------------------------
     MRIC医療メルマガ通信 ( http://medg.jp
     MRICの配信をご希望される方はこちらへ > ( info@medg.jp )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JMM [Japan Mail Media]                    No.818 Extra-Edition
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】村上龍事務所
【編集】村上龍
【発行部数】92,621部
【お問い合わせ】村上龍電子本製作所 http://ryumurakami.com/jmm/


04. 2014年11月04日 22:31:40 : 4jBkoJhWMo
多くの東大の御用学者がこの原発行政にかかわっていたことは、この東大名誉教授、畑村氏の「失敗学」には反映されんのだろうか?

>除染、帰還、復興のプロセスは大幅に加速できるはず
こんな考えが「危険学」そのものだよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素40掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素40掲示板  
次へ