★阿修羅♪ > 原発・フッ素41 > 448.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
航空機墜落の恐怖 危機一髪だった伊方原発 六ヶ所村は三沢基地からわずか30キロ
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/448.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2014 年 12 月 21 日 06:16:07: FpBksTgsjX9Gw
 

現在、地震や津波に対する原発の安全性の議論が盛んに行なわれているが、
航空機墜落の危険性が忘れられているのではないか。

1988年に、濃霧の中、伊方原発からわずか800メートル先に米海兵隊ヘリが墜落し乗組員全員が死亡した。
しんぶん赤旗がわかりやすい図を掲載しているので見ていただきたい。

「伊方原発上空飛ぶ危険 オスプレイ 普天間〜岩国間で訓練 88年 間近に米ヘリ墜落」
(しんぶん赤旗 2012/7/22)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-07-22/2012072201_01_1.html

航空機にとっては800メートルなど目と鼻の先、まさに危機一髪だったのである。

加圧水型よりも頑強だといわれる沸騰水型原発の建屋だが、福島第一原発の爆発でボロボロになり、
無様な姿を晒した。
最上階はクレーンが移動するため柱が立てられないし、崩落したら原子炉や燃料プールを直撃するので、
屋根は厚くできない。ペラペラである。航空機の墜落にはとても耐えられないことは明らかである。

伊方のような加圧水型原発はさらに脆弱で、航空機が墜落したらひとたまりもない。

東京新聞によると、原発上空は飛行禁止という合意があるにもかかわらず、米軍機は無視して飛んでおり、
地元民を不安と恐怖に陥れているという。

「再稼働もくろむ伊方原発 米軍機墜落の恐怖 東京新聞『こちら特報部』26日」
(薔薇、または陽だまりの猫 2013/7/28)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/5fa8c9761065266ac1420c3c06b11e52

さらに、欠陥輸送機として悪名高いあのオスプレイも、低空飛行訓練で伊方近辺を飛んでいると指摘されている。

もっとも原発上空を飛行禁止にしたところで気休めにしかならない。
トラブルが起きて操縦不能になれば、どこに落ちるかわからないからだ。


航空機が墜落した場合、最も恐ろしいのは青森県の六ヶ所村再処理工場である。

六ヶ所村は、航空自衛隊とアメリカ空軍が使用している三沢基地からわずか30キロの距離にある。
また10キロ南方には天ヶ森射爆撃場があり、戦闘機の爆撃訓練が年間数万回にも及ぶ。
三沢基地に配備されているF-16戦闘機の最大速度はマッハ2である。30キロ飛ぶのに1分もかからない。
操縦を一瞬でも誤れば六ヶ所村に墜落する。まさにマッハの恐怖である。

2001年4月3日には、米軍のF16戦闘機が天ヶ森付近の海上に墜落している。

六ヶ所村再処理工場では、全国の原発から集められた使用済み燃料が再処理のため何万体も保管されている。
その集中度、規模は原発の比ではない。
また再処理では、燃料棒をせん断し、燃料を化学薬品で溶解させウラン・プルトニウムを抽出するのだが、
これが非常に危険な作業で、米国ハンフォード再処理工場などで爆発事故が頻発している。
またトラブルはなくても、原発とは比較にならないほど大量の放射性物質を環境に放出する。

そんなところに音速を超える戦闘機がつっこんだらどうなるか。
しかも米軍機は密かに核ミサイルを搭載している可能性もあるのだ。

日本はもちろん、北半球全体が壊滅する可能性がある。

今日も明日も、核施設の近くを数え切れないほどの航空機が飛ぶ。いつ墜落するかわからない。
ロシアン・ルーレットのようなものだ。
われわれは、たまたま無事で生きているにすぎないのだ。

航空機が墜落したら国家が壊滅するような危険な施設が、地上に存在すること自体が間違いである。
そのような施設を全国にいくつも建設しておいて国防の議論しても、何の意味もない。

一刻も早く全原発を廃炉にし再処理も中止する以外に、日本を破滅から救う道はない。


(参考資料・リンク)

「下北半島の悪魔」(広瀬隆編著 JICC出版局)

「たねまきJ『六ヶ所村再処理工場 ・恐るべき再処理の実態』小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)7/19」
(みんな楽しくHappyがいい 2012/7/20)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2137.html

「再処理工場に航空機が墜落したら……歪められていた再処理工場安全審査」
(原子力資料情報室通信358号 2004/4/1)
http://www.cnic.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=47
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年12月21日 06:28:45 : SAjrKhlWbI


          日本を守ってくれない アメリカは 1分で逃げ出せる

        何も感じてない真性のアホ と 大丈夫!アメリカバンザイ 工作員官僚
 



02. 2014年12月21日 06:48:36 : 8bi9n40tLg
絶望か

03. 2014年12月21日 16:50:03 : qP1ruwxehg
福島原発事故を正確に予想した人間はいない。
人の知恵を幾ら絞ろうとも、想定を超える事故は必ず起こる。
従って、次の大事故は航空機の墜落以外の何か、思いも寄らぬ要因になるだろう。

04. 2014年12月21日 19:36:20 : HpbbYzOZGs
原発を震度7以上が直撃したら配管が持たないだろうし、送電塔が倒れたら停電でメルトダウンするだろう。
直下の断層が数メートル隆起したら原子炉はひっくり返る。
想定もなにも大地震が来たら爆発するとわかっている欠陥施設。

05. 2014年12月22日 02:56:55 : aiMZAOJQqY
>>03
神様じゃあるまいし、未来のことを正確に予言できる人間はいない。

だが、ちょっと考えて起きるだろうと思ったことは必ず起きる。

反原発を唱えていた人たちは、日本の原発は大地震に耐えられないと主張していたが、
その通りになった。

航空機の墜落もしかり。現に伊方や六ヶ所村のすぐ近くで墜落している。

もはや大事故になるのは時間の問題だろう。


06. 2014年12月22日 04:01:52 : rO4ke6ikI2
原子炉時限爆弾とはよく言ったものだよな。
テレビで出てくる時限爆弾との違いは、残り時間が分かるか分からないかということだけ。
50年後かもしれないし、10年後かもしれないし、明日かもしれない。
国の地震予測が話題になってるよね。浜岡のとこ真っ赤じゃん。浜岡は南海トラフに耐えられるのか?

07. 2014年12月22日 13:06:52 : qF4T1YwunA
●これは米軍による「伊方原発を標的」にした低空飛行訓練の結果だという!

こんな恐ろしい事が『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(集英社インターナショナル刊)という本に書かれている。

投稿にある伊方原発近くに米軍機が低空飛行をし墜落事故を起こした件について次のように解き明かしている。

−−−−−(P233より引用させていただきます)

「原発を標的にして、演習してたんでしょう」

     (中略)

「米軍機は日本全土の原発を爆撃するために低空飛行訓練をしている」

      (中略)

「米軍機は、日本全土で低空飛行訓練をすることで、いつでも日本中の原発を爆撃できるオプションを持っている」

これは疑いのない事実なのです。

−−−−−−−−−−−−−−−

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(集英社インターナショナル刊)は全日本人必読の書ではないでしょうか!


08. 2014年12月22日 14:04:00 : u41ShKyHb2
07.さんの言う通り、日本人全員が読んで知るべき事です。矢部宏治氏の「日本は何故基地と原発を止められないのか」アメリカが如何に日本人を馬鹿にしているか、自国では禁止されている事を平気で日本国民に対してしている。必読です。

09. 2014年12月22日 15:21:22 : 7X9Cw7fbps
原発攻撃で脅されているのかな?

10. 2014年12月22日 19:06:26 : qF4T1YwunA
09さん
>原発攻撃で脅されているのかな?

「脅かされている」のではなくて「支配されている」のです。

日本は国家として自立していない、米軍(米国)の支配下にあるのです。

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』には以下の記述もあります。

●世界の中で日本だけが未だに「敵国」のまま支配され続けている!

国連憲章の中に第二次世界大戦のドイツと日本を対象とする「敵国条項」がある。

「これの主な目的はドイツと日本の永久的かつ有効な非武装化であり、それら二カ国の支配である」ということです。

しかし、ドイツは戦後わずか6人の首相によって「敵国」の位置を脱することができた。

こうして日本だけが世界の中でだた一国のみ第二次世界大戦の「敵国」に指定されたまま今日に至っている。

北朝鮮などが米国に「テロ支援国家」に再指定されそうだが、日本はその上を行く国連憲章下で「敵国」に指定されたままなのだ。

だから米軍(米国)によって日本はあらゆる面で支配され続けているのである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素41掲示板  
次へ