★阿修羅♪ > 原発・フッ素41 > 609.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島の子ども、甲状腺がんが多発し、放射能の影響解明へ(1/11 福島民報)
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/609.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 1 月 12 日 10:07:05: igsppGRN/E9PQ
 

福島の子ども、甲状腺がんが多発し、放射能の影響解明へ(1/11 福島民報)
http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-4978.html
Monday, January 12, 2015 東京江戸川放射線


 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から11日で3年10カ月となる。原発事故を受けた子どもの甲状腺検査は一巡目の先行検査を終え、二巡目の本格検査に移行した。甲状腺検査は子どもの健康を守る目的で始まったが、県「県民健康調査」検討委員会では、検査の在り方をめぐり、甲状腺がんと被ばくの因果関係の検証にまで踏み込むべきだとの声が上がる。長期にわたる調査の進め方はどうあるべきか−。見直しを含めた議論がどこまで深まるのか注目される。一巡目の先行検査では甲状腺に「問題ない」とされた4人が、二巡目で「甲状腺がんあるいはがんの疑い」と診断された。検討委は「放射線の影響は考えにくい」と従来の見解を維持している。

 二巡目の本格検査に入り、検討委には甲状腺検査の在り方にさまざまな意見が出ている。県や福島医大は県民の健康を見守ることを検査の主眼に置いてきた。だが、検討委では原発事故による被ばくの影響の解明を求める声が高まっている。

 座長代行の清水修二福島大特任教授は「世界史的な記録を後世に残す使命もある。科学的な限界はあるにしても結論を出さないということはあり得ない」と前向きだ。

 被ばくと甲状腺がんの因果関係を解明していくためには内部被ばく線量の分析が欠かせないという。ただ、現行の県民健康調査で分析しているのは、行動記録などを基にした原発事故後4カ月間の外部被ばく線量の推計が基本だ。

 星北斗座長(県医師会常任理事)は内部被ばく線量の調査・分析について「糸口は細いがやらなければならない」と、調査方法の見直しに言及している。

 二巡目で「甲状腺がんあるいはがんの疑い」とされた4人は事故当時、6歳男子、10歳男子、15歳女子、17歳男子で、腫瘍の大きさは7〜17・3ミリだった。福島医大の報告によると、一巡目の検査で2人が「A1」、他の2人は「A2」と判定され、いずれも「問題ない」とされていた。

 検討委では、この4例について「一巡目の検査でがんを見逃した可能性」や「一巡目の検査の後にのう胞やしこりが急激に大きくなった可能性」などが指摘された。一般的に甲状腺がんは他のがんに比べ成長が遅いとされる。星座長は検討委で出された意見や見解を総括し、「現時点で放射線の影響は考えにくいという(従来の)見解を変える要素ではない」との見方を示した。

 甲状腺検査は20歳までは2年ごと、それ以降は5年ごとに実施する計画で、検討委は詳細なデータの蓄積が健康維持には欠かせないとしている。長期的な検査に対する県民の理解が急務となっている。


■甲状腺検査 過剰診断判断など3月までに報告書

 検討委では甲状腺検査について、必ずしも治療の必要がない甲状腺がんが見つかる「過剰診断」を懸念する意見も出た。検討委の甲状腺検査評価部会は3月までに、検査が過剰診断に当たるかどうか、検査体制や手法の見直し案などを盛り込んだ報告書をまとめる。

 健康を守る上で長期的な検査が必要との意見がある一方で、渋谷健司東大教授(公衆衛生学)は「検査による心身の負担など、子どもの健康を守るという検査の目的に対し不利益が大きい」との認識を示している。


※甲状腺検査とは

 1巡目の先行検査の対象は事故当時に18歳以下だった約37万人、2巡目の本格検査は事故後1年間に生まれた子どもを加えた約38万5000人となっている。それぞれ、1次検査は超音波を使って甲状腺のしこりの大きさや形を調べ、程度の軽い方から「A1」「A2」「B」「C」と判定する。大きさが一定以上で「B」と「C」とされれば、2次検査で血液や細胞などを詳しく調べる。1巡目に比べがんが増えるかなどを比較する。


■甲状腺検査 外部被ばく線量推計 問診票の回収低調

 検討委は甲状腺検査の時期や年齢、被ばく線量など多方面から慎重に分析を進める方針だが、重要な基礎データとなる被ばく線量を推計する問診票の回収が進んでいない。原発事故発生後4カ月間の外部被ばく線量の推計は、全県民を対象とした基本調査の問診票を基にしている。昨年10月31日現在の回答率は26・9%(55万3418人)にとどまる。事故直後の記憶が薄れ、行動記録の記入が難しいことが主な理由だ。地域によって回答率にばらつきもある。

 これまでの調査では、情報量に乏しく被ばく線量の推計に偏りがあるのではないか−との指摘が出ていた。そのため、県と福島医大は27年度内に、県内各地から無作為に4千〜5千人程度を抽出し、新たに戸別訪問調査を実施する。

 事故後の行動記録を記入してもらうなどして被ばく線量の推計を新たにまとめる。これまで実施した基本調査での推計値とどのような違いがあるかを分析し、今後の調査の在り方を再検討することにしている。


※甲状腺検査
 1巡目の先行検査の対象は事故当時に18歳以下だった約37万人、2巡目の本格検査は事故後1年間に生まれた子どもを加えた約38万5000人となっている。それぞれ、1次検査は超音波を使って甲状腺のしこりの大きさや形を調べ、程度の軽い方から「A1」「A2」「B」「C」と判定する。大きさが一定以上で「B」と「C」とされれば、2次検査で血液や細胞などを詳しく調べる。1巡目に比べがんが増えるかなどを比較する。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/01/post_11293.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月12日 10:46:05 : IlIsGyRxB2
ちょっと前に犬HKでドキュメントやっていたけど、親は二次検査をさせないといってました。
ちょっとでも出るの怖いといっていたね、、、

02. 2015年1月12日 12:30:25 : PMrbCSTF1k
------甲状腺がんと被ばくの因果関係の検証にまで踏み込むべきだとの声が上がる。

これが必要ですね。そうでないと、「甲状腺検査は20歳までは2年ごと、それ以降は5年
ごとに実施する計画」では、その検査機関のあいだにガンが進行して死んでしまうかどうか
わからない。被曝による甲状腺ガンは進行が早い、そうでない甲状腺ガンは進行が遅いから。

被曝によるガンの影響がはっきりすれば、1年ごとあるいは半年ごとの検査を一生つづけなく
てはならない。面倒だが死ぬよりいいだろう。


03. 2015年1月12日 12:53:10 : tjgwNb6bWQ
食品によるヨウ素内部被曝を考えると、福島だけということはないはずなのだが

04. 2015年1月12日 13:44:41 : bCQEVPuKr2
>>01

>ちょっと前に犬HKでドキュメントやっていたけど、親は二次検査をさせないといってました。
>ちょっとでも出るの怖いといっていたね、、、

この態度はどうも本当とは思えない。自宅が火事になっているかもしれないのに、自宅の様子を見たくないと言っているようなものだ。

被曝原因の甲状腺がんが転移も早い。二次検査をやらなければ、その間に肺などへ転移している可能性もある。保護者が自らの意志で二次検査をやらせないと、福島県の統計にも出てこないし、東電の補償対象にもならない。つまり、事故を起こした側にとって有利なだけで、被害者は自ら首を絞めていることになる。


05. 2015年1月12日 14:50:23 : v8dKGa6Xz6
放射能は、ヨウ素だけでない。ヨウ素による甲状腺異常がある人は、すでに、ストロンチウム、セシウム等の他の放射性物質も、体内に取り込んでしまっている。一生、体内の放射性物質と共存せざるを得ない状況。一刻も早く、避難してほしい。

06. 2015年1月12日 17:48:47 : LkSXweOgFA
>記事:検討委では、この4例(二巡目で「甲状腺がんあるいはがんの疑い」とされた4人)について「一巡目の検査でがんを見逃した可能性」や・・・を指摘された


小児甲状腺がんは100万に1人という医学の定説に対して、100万人に300人(37万人で約100人発見)っていう、定説の300倍もの発見率が放射能のせいではない言い訳に、検査機の高精度やスクリーニングの徹底を挙げてたクセに、今度は「検査でガンを見逃した可能性」なんてご都合主義の言い訳が通用するとでも思ってんのかよー!!怒

発見された100人余りも放射能が原因に決まってんだよー!
検討委のやつらは職務上の隠ぺい詐欺行為のかどで全員監獄にぶち込め!


07. 2015年1月12日 17:59:48 : FVq1SbYsFE
一巡目が先行検査、二巡目が本格検査なんて最初から言ってたっけか?
一巡目は出ても構わないかのような言い方だが?

>星座長は検討委で出された意見や見解を総括し、「現時点で放射線の影響は考えにくいという(従来の)見解を変える要素ではない」との見方を示した。
>渋谷健司東大教授(公衆衛生学)は「検査による心身の負担など、子どもの健康を守るという検査の目的に対し不利益が大きい」との認識を示している。

とにかく言い訳が苦しいというか、トンチンカンな言い訳をしていると言うべきか。
放射能の被害に実際に被っていくことに比べれば、「心身の負担」なんぞが何になるというのだろう?


08. 2015年1月12日 18:25:52 : kiWL8VFdm2
因果関係の方向が逆。
放射能汚染が既に起こってしまっている以上、被曝が原因という合理的疑いで十分。
因果関係を解明したいのなら、被曝では甲状腺癌は起こらないという因果関係を解明し、証明するべき。
それができないなら、できるまでは被曝が原因として対処するべき。

これを逆にすると、因果関係解明のために大量のエビデンス、即ち甲状腺がん患者が必要となる。


09. 2015年1月12日 20:02:09 : Gdnrgazb5Q
>>06 LkSXweOgFAさん

完璧に同意!


10. 2015年1月12日 22:26:51 : JPv6UvHD0c
要するに政府はこの件に関しては嘘吐きって事なんだよ、
そしてその心は体制維持って事かな、この様な原発事故で
政府がひっくり返ったのが旧ソ連でしょ、恐れるのは当然かも。
しかしその場の言い逃れは時間と共に発露するからね。
原発事故以降年間20万人の人口減少、関東東北地区での死産率の上昇、
止める事が出来ない放射能拡散、で見えるだろ。
無責任行政やった者達もやがてはひっそりと死に行くだろうけど残した
物は永遠に残るんだよね、過疎の為に廃村なんて所は幾らでもあるでしょうに
子供だけでも所にでもそんな疎開させればよかったんだけれど
そんな事すらしなかった関係者は一体何考えてる事やら。



11. 2015年1月12日 22:50:57 : FlWYuv54LU
***

  施術した子供の多くは、肺やリンパ節に転移している。


   可哀想だけど、その3人に1人は、じきに死んじゃうでしょう・・・


    世界中でそうだったので、同じになります。


      転移してる子供の3人に1人は急性の白血病を発症します。


       それで、死んじゃってます・・・。


   早く、心のケアーをしてあげるしかありません・・・(まさか、秘密にするのかぁ・・・)

********

   問題は、県外移住で甲状腺がんを発症してる人や、他県の子供で発症してる子供達です。

   税金を1円も払わず300兆円貯めた内部留保に40%掛けて、120兆円を回収すれば、

   すぐ予算が出来る。戦争アベコベは軍事費は5兆円に増額しても、国民は見殺し。

*******

  成人の疾病リスト
チェルノブイリ原発事故による放射線や他の要因により被災した成人住民に生じる可能性のある疾病

1、放射線が、直接の原因となる疾病

1. 放射線障害(放射線の作用は非特定)
2. 放射線白内障
3. 接触皮膚炎あるいは他の皮膚疾患 3.1. 特定される他の物質により引き起こされた症状

2、一定期間後に発生した疾病

◆腫瘍
1. 全ての器官、系に生じた悪性新生物(悪性腫瘍) 2. 脳や他の神経系に生じた良性腫瘍

◆内分泌系、消化器系、代謝系、免疫系の疾病
3. 甲状腺疾患 3.1. ヨウ素(後天性)甲状腺機能低下症
3.2. 慢性リンパ球性甲状腺炎 3.3. 慢性甲状腺炎(橋本病)

3、チェルノブイリ原発事故の有害要因の結果生じた疾病

◆内分泌系、消化器系、代謝系、免疫系の疾病
1. 他の内分泌腺疾患 1.1. 糖尿病
◆血液と造血器官の疾病
2. 再生不良性貧血 3. 鉄芽球性貧血 4. 紫斑(しはん)病や他の出血症

4.1. 血小板減少症 5. 白血球の病気 5.1. 無顆粒球症

◆精神疾患
6. 脳の器質的損傷による精神障害 6.1. 器質的損傷による一過性精神疾患
6.2. 器質的疾患による慢性精神病 6.3. パーソナリティ障害(人格障害)

◆神経系と感覚器の疾病

7. 遺伝性神経変性疾患 7.1. 他の脊髄疾患 7.1.1. 脊髄血管障害
8. 中枢神経系の他の疾病 8.1.他の脳疾患 8.1.1. 原因未特定の脳症

◆循環器系疾患

9. 高血圧症 10. 冠動脈疾患 11. 他の心臓病 11.1. 心不全 11.2. 不整脈
11.3. 左心室不全 12. 脳血管疾患 12.1. クモ膜下出血 12.2. 脳内出血
12.3. 脳内大動脈の閉塞と狭窄 12.4. 脳動脈閉塞 12.5. 一過性脳虚血発作
13. その他の、あるいは、原因非特定の脳疾患 13.1.脳アテローム性動脈硬化症
13.2. 高血圧性脳症 14. 動脈、細動脈、毛細血管の疾患 14.1. アテローム性動脈硬化症

◆呼吸器疾患
15. 慢性閉塞性肺疾患、および、類似の症状 15.1. 慢性気管支炎
15.1.1. 粘液膿性慢性気管支炎 15.1.2. 閉塞性慢性気管支炎(閉塞性慢性肺疾患)
15.2.1. 内因性喘息

◆消化器疾患
16. 食道、胃、十二指腸の疾患 16.1. 胃潰瘍 16.2. 十二指腸潰瘍
17. 消化器系の他の疾患 17.1. 慢性肝炎

2子どもの疾病リスト
チェルノブイリ原発事故による放射線や他の有害物質の作用で
子どもの体に発生リスクが高まった疾病及び症状

◆腫瘍
1. 全ての器官、系に生じた悪性新生物(悪性腫瘍) 2. 脳や他の神経系に生じた良性腫瘍

◆内分泌系、消化器系、代謝系、免疫系の疾病
3. 甲状腺疾患
3.1. 後天性甲状腺機能低下症 3.2. 慢性リンパ球性甲状腺炎
3.3. 慢性線維性甲状腺炎
4. 他の内分泌腺疾患 4.1. 糖尿病

◆血液と造血器官の疾病

5. 再生不良性貧血 6. 鉄芽球性貧血 7. 紫斑(しはん)病や、他の出血症
7.1. 血小板減少症 8. 白血球の病気 8.1. 無顆粒球症

◆精神疾患

9. 他の精神病
9.1.他の非器質性精神障害 10. 神経症、精神病質および他の精神障害
10.1. 神経症 10.2. パーソナリティ障害(人格障害) 10.3. 心因性生理機能障害
10.4. その他の抑うつ障害 11. 広汎性発達障害
12. 妊娠8週から25週で晒された場合の子どもの精神的発達や人格形成の遅れを伴う小頭症

◆神経系と感覚器の疾病

13. 自律神経失調症 14. 中枢神経系の他の疾病 14.1. 他の脳疾患 14.1.1. 原因未特定の脳症

◆循環器系疾患

15. 活動期のリウマチ、急性リウマチ熱 15.1. 活動期のリウマチ、心臓に影響がない場合
15.2. 活動期のリウマチ、心臓に疾患が見られる場合 16. 慢性リウマチ性心疾患
16.1. 先天性僧帽弁疾患 16.2. 先天性大動脈弁疾患 16.3. 先天性僧帽弁大動脈弁疾患

◆呼吸器疾患

17. 慢性閉塞性肺疾患、および、類似の症状 17.1. 慢性気管支炎 17.1.1. 粘液膿性慢性気管支炎
17.1.2. 閉塞性慢性気管支炎(閉塞性慢性肺疾患) 17.2. 気管支喘息 17.2.1. 内因性喘息

◆消化器疾患

18. 食道、胃、十二指腸の疾患 18.1. 胃潰瘍 18.2. 十二指腸潰瘍
19. 消化器系の他の疾患 19.1. 慢性肝疾患と肝硬変 19.1.1. 慢性肝炎 19.1.2. 肝硬変

◆尿生殖器系疾患

20. 腎炎、ネフローゼ症候群、及び、ネフローゼ 20.1. 慢性糸球体腎炎 20.2. 慢性腎不全
21. 泌尿器系の他の疾患 21.1. 腎感染症 21.1.1.慢性腎盂腎炎と慢性膿腎症

◆筋骨格系と結合組織の疾患

22. 関節症と類似の疾患 22.1. びまん性結合組織病 22.1.1. 全身性エリテマトーデス
22.1.2. 全身性硬化症 22.1.3. 皮膚筋炎 22.2. 関節リウマチ及び他の一般的な多発性関節障害
22.3. 変形性関節症、軟骨疾患、及び、他の後天性筋緊張 22.3.1.病的骨折を伴う変形性膝関節症

◆先天性奇形

23. 子どもの健康状態に影響し長期間の治療を要する、両親からの遺伝によらない様々な部位の
先天性異常_

     *              *              *

[12削除理由]:管理人:スレ違い多数により全部削除

12. 2015年1月13日 02:15:44 : rO4ke6ikI2
>>6
酷い国だよな。よくこれだけ言い訳を思いつくものだ。
なんとしても核産業を守りたいんだな。
生活かかってるとそうなっちゃうのかな。

13. 2015年1月13日 03:36:14 : PTGtBGDqRQ
テレビのドキュメンタリーではよく震災被害者が登場してその周辺を詳しく調査して報道するがこの甲状腺がんになってしまった人は決して登場しない。
もちろん登場させない。因果関係を報道するのはタブー。

腐りきった日本の原子力村、日本のマスコミ。


14. 2015年1月13日 08:12:29 : fbLHj29AU2
2巡目はしかも避難地域〜中通り半分まで
が対象範囲なのに検査を受けた対象者は 18万人の中の8万人のみ
 4人の新しい患者数だが 
そうしたことをふまえると 9〜10人ぐらいになるのではないか
また 1度も検査を受けていない子もいるだろう


年明け1月5日付け 毎日新聞 一面に
「ビキニ被曝の調査」を厚労省が始めるとあったが
60年たっての調査!  これは去年 暮れ近くある党でで映画を上映していたが

過去の問題じゃないんですよ 福島は今現在の問題で
アメリカが起こした水爆実験を60年後に追ってどのぐらい
調査できるのだろうか  生き残っている人でさえ 高齢で聞き取り調査ぐらいだろう
去年新しい資料が発見されたというが 去年急に発見されたのか
放射線・原子力影響の研究としてはいいことかもしれないが
放射線の学者を二分させる
福島を追ってくれる学者と 
国の潤沢な資金を得てビキニ被曝をゆうゆう追う学者と
マスコミがまた 後者ばかり話題にするだろう

60年後に福島が解明されるの?  


15. 2015年1月13日 12:52:15 : 2ONF0oISc2
甲状腺ガンの原因が放射能以外になにがあるというのか。
恐るべきペテン。

16. 2015年1月14日 15:03:05 : 3Vgjr61Wrc
>>1

それもあるけど、大きいのは県民の福島医大に対する不信感だ。
なんせ、山下俊一がトップだったし、検査の方針が「早期の発見」で県民を守るじゃなくて、「不安の解消に努める」だもの。
結果報告も無責任な2年間もう来るなだし、愛想尽かされないほうがおかしい。

個々人は別途機関に頼るか、もっとも多くはそれを理由に放置という最悪形にある。


17. 2015年1月14日 15:33:35 : 3Vgjr61Wrc
まるでNHKの報道では医大の方針の過ちも合ったが、県民意識によるところが
多いみたいな報道だったが、明らかに歪曲された内容だった。山下俊一教授を権威者
と扱い一方遠のく県民意識を困ったもののように取り扱いつつ、実は願ったりかなったりとしている実態とかけ離れていた。所詮大本営なのである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素41掲示板  
次へ