★阿修羅♪ > 原発・フッ素41 > 619.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ふげん燃料再処理のフランス委託は 「間もなく」、廃炉完了に影響なし (福井新聞)
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/619.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2015 年 1 月 13 日 18:12:10: YeIY2bStqQR0.
 


年頭のあいさつで西川一誠福井県知事と懇談する原子力機構の松浦理事長(中)と斎藤敦賀事業本部長(右)=7日、福井県庁

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/61352.html

2015年1月8日午前7時00分

 日本原子力研究開発機構の松浦祥次郎理事長が7日、年頭のあいさつのため福井県庁を訪れ、西川一誠福井県知事と懇談した。懇談後の記者会見で、松浦理事長は作業中の原子炉廃止措置研究開発センター(ふげん)=福井県敦賀市=の使用済み核燃料をフランスに委託して再処理する計画に変更したことについて「間もなく相手方との契約内容が固まる」と述べ、年度内には計画を示せるとした。燃料搬出の工程は、2033年度の廃炉完了時期に影響を与えないという。

 原子力機構は昨年9月、ふげんの使用済み燃料などを再処理していた茨城県東海村の再処理施設を廃止する方針を表明。ふげんに貯蔵している燃料466体はフランスの企業に委託して再処理する計画に変更していた。廃炉工程では燃料搬出の完了を17年度としているが、県はあらためて工程を示すよう求めている。

 松浦理事長は、燃料搬出について「廃炉完了の時期に関係ないほど早く問題は解決する」としたが、フランスへの輸送時期などは明言を避けた。

 一方で、ふげんの解体により出る放射性廃棄物の処分先は決まっておらず「廃棄物の処分の方が(廃炉の完了時期に)大きな影響力を持つ。他の電力会社の廃炉問題などと絡んで、もっと広いレベルで検討されるもの」と述べた。

 西川知事との懇談では、ふげんの解体に伴い新しい技術の開発を続け、レーザー切断技術などを東京電力福島第1原発の廃炉作業に積極的に応用していく考えを示した。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素41掲示板  
次へ