★阿修羅♪ > 経世済民91 > 460.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
3メガバンクが直面する最大の危機 2行の根幹業務が「赤字」という深刻事態!(東洋経済)
http://www.asyura2.com/14/hasan91/msg/460.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 03 日 18:44:05: igsppGRN/E9PQ
 

3メガバンクが直面する最大の危機 2行の根幹業務が「赤字」という深刻事態!
http://toyokeizai.net/articles/-/52313
2014年11月03日 福田 淳:東洋経済 編集局記者


「総資金利ザヤが一部の銀行でマイナスになっているのは、たいへん危機的な事態だ」

10月18日、東京・大手町の全国銀行協会(全銀協)で開かれた記者会見。同協会の会長を務める平野信行三菱東京UFJ銀行頭取は、厳しい表情で記者の質問に答えた。

一部の銀行で総資金利ザヤがマイナス――。つまり調達した資金を運用して得られる利回りが調達資金の原価を下回るという事態に陥っている。これは商業銀行の根幹業務が赤字に陥っていることを示す一大事だ。

「なぜこのような状況になるかというと、基本的には需給の問題。これを個別行のレベルで大きく変えることは難しい」

■貸せる資金は増えているが…

銀行に預金が多く集まり、銀行が貸せる資金は増えているのだが、企業や個人など資金の借り手の需要の伸びがいま一つ。その結果、銀行間の貸出競争が激しくなり、貸出金利の低下が続いている。

そしてこの危機的事態に陥っている一部の銀行、それがまさに平野頭取が率いる三菱東京UFJ銀行なのである。

この総資金利ザヤの計算では、役務収益(投信・保険の販売など)にかかる経費も含まれる一方、役務収益は加算されない。三菱東京UFJ銀行は役務収益が拡大しており、その経費のみがカウントされる総資金利ザヤは低く算出される傾向にある。総資金利ザヤがマイナスであっても、投信・保険販売やM&A仲介など手数料ビジネスで収益を上げられていれば、銀行全体として赤字決算に陥ることはない。

だが、国内の資金運用業務は多くの人員を割いている本業中の本業。そこで利益が稼ぎにくくなっている状況は、まさに「危機的な事態」なのである。

2014年3月期の三菱東京UFJ銀行の総資金利ザヤはマイナス0.03%。みずほ銀行もマイナス0.00%(少数第3位以下も含めるとマイナス、2013年4〜6月の統合前のみずほコーポレート銀行を含む)。3メガバンクでは三井住友銀行だけがプラス圏を維持しているが、それでも0.44%と極めて低い。

3メガバンクはともに2014年3月期に連結ベースで過去最高純利益をたたき出しているが、単体ベースの国内の主力業務は極めて低収益に喘いでいるというのが実態だ。

そのような中、三井住友銀行は今年4月に国内営業体制を15年ぶりに刷新した。総資金利ザヤのプラス維持でもわかるように、三井住友の営業力の強さには定評があるのだが、それでも大改革に着手せざるをえなかった。過去最大規模の人事を発令し、より顧客のニーズに合わせた形の組織に再編した。

特に力を入れているのが、中小企業オーナー向けの営業だ。オーナーは経営者であると同時に、個人としては富裕層。相続や資産運用などで悩みを抱えていることが少なくない。そうしたニーズに対応できるような組織に変えたのだ。

ただ、このことが現場で戸惑いを生んだ。オーナーに対して法人向け営業と個人向け営業の両者で対応するようにしたのだが、両方を経験している営業員はごくわずか。それぞれの担当者が、これまであまり経験をしていなかった新しい営業に取り組まなければならない。

■「新体制に合った営業手法が見えない」

4〜6月ごろは「新体制に合った営業手法が見えない」という中堅営業員の戸惑いの声が上がった。7月以降はこうした新たな体制による営業の手法を各拠点で編み出しつつあるが、それが利益という形で数字になって表れるにはまだ少し時間がかかりそうだ。

みずほ銀行は国内営業体制の立て直しへ向け、まずはガバナンス(企業統治体制)を強化する必要があった。みずほ銀行の親会社であるみずほフィナンシャルグループ(FG)は、メガバンク初となる委員会設置会社へ6月に移行した。ガバナンスの高度化は昨年2月に掲げた中計からの課題だったが、昨年秋に発覚した反社会的勢力への融資問題で、「縦割り組織の弊害などガバナンスを含めた根本的な問題の洗い出し」を金融庁から迫られ、一部業務の停止などの行政処分を受けたことが直接の引き金になっている。

委員会設置会社のポイントは、社外取締役の活用だ。みずほFGの取締役は13人中6人が社外取締役という体制になった。昨年までは12人のFG取締役のうち社外は3人だけという状況だったから大幅な拡充だ。

新しく就任した日立製作所の元会長、川村隆取締役は、佐藤康博社長に取締役会で厳しい質問を浴びせている。「国際業務におけるみずほのリスクの取り方は保守的なのではないか」など。取締役会議長を務める大田弘子元経済財政政策担当相も「みずほ銀行とみずほコーポレート銀行を昨年7月に統合した効果が十分に出せていないのではないか」と取締役会で指摘した。

3メガバンクは11月13〜14日に第2四半期決算を発表するが、貸出金利は第1四半期よりも第2四半期のほうが低下している可能性が高い。また、10月31日に日銀が追加緩和を発表したことで、金利は一段と低下傾向にある。今後、貸出金利はさらに低下を続けると思われ、銀行の貸出業務の収益はますます苦しくなるだろう。銀行はいま、存在意義すら問われかねないほどの危機に直面している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年11月03日 19:06:28 : xJfl4mPLV6
社員の給料を世間並にすれば済むことだろう、それでも駄目なら駅前にある支店の10店舗も売れば、人の金で暮らしていることを忘れるから赤字になる。

02. 2014年11月03日 19:38:13 : DKhwYBOUus
知り合いの社長さんが家を建てたときに建物だけで7000万を現金で支払ったので聞いたところ、銀行のローン審査が厳しいのでと言っていた。
年収数百万のサラリーマンの方がローン審査が簡単に通る不思議さ。

80年代バブル以降の銀行は貸付審査能力を失い、ちょっとしたローンでも保証会社を使うので金利よりも保証料の方が高くつく。

銀行業務は預金、貸付、決済が主たる業務だったが、貸付能力を失い、みずほに至っては決済能力すら疑問符がつく不祥事を起こしている。

保険業務等のリテールに力を入れているようだが、日本の銀行は終わっている。

そのため金融緩和と称し無利子で日銀から配られる金を日銀当座に入れて金利収入を得ているのだから日本も終わってる。


03. 2014年11月03日 22:09:56 : I6yd335zWQ
02番さんの仰る通りです、、、
銀行の融資はマニュアル化されていて、中小零細企業への融資は大変ハードルが高いのです。

 いくら金融緩和しても末端に資金が回らなければ、その資金はマネーゲームに流れるだけで、景気浮揚にはならない!!!


04. 2014年11月04日 12:12:46 : FtKXEON1dw
そもそも今の銀行マンは簿記もろくに出来やしない。
財務数値はPCが自動で算出してくれるから、それを分析するだけで構わないと思っている怠惰な連中が多い。
だが複式簿記の知識が身体に染み込んでいるぐらいでないと、帳簿上の数字の異変には気付けないのが現実だ。
システムに頼り過ぎた結果予審も出来なければ企業の目利きも出来ない。
その結果、リスクを全く取れず貸す事も出来なくなってしまった。
企業側も銀行のそういう経理・財務面での管理能力に期待することは無くなったので、不要なら借りなくなってしまった。



05. 2014年11月04日 12:20:34 : RQpv2rjbfs
戦後自民党政府がやってきたことは一貫している、すなわち、利益誘導。当然銀行も利益を誘導された側にある。外部環境の良さと渋々アメリカに言われてやった低所得者対策のおかげて長い間好景気を誇ったが、長きに渡る利益誘導のつけは貧困層の激増、人口減少、需要の激減と言う形で現れた構造不況の引き金をひいてしまった。あとは倒れこむだけ、弾丸は脳幹を貫通したかに見える。

06. 2014年11月04日 18:49:26 : r9oYPs9qlM
まあ、小泉政権下での不良債権問題で貸し出し機能をぶち壊されたからな、銀行は。

07. 2014年11月30日 05:16:06 : JUzxl1DSnI
銀行の本業が赤字ということは
金融経済から実体経済へ資金が流出しているわけだから
国民生活にとってプラスですな。


本来は

・融資需要増→市中銀行から民間企業への貸し出し増→企業からの市中銀行への返済滞る→不良債権増加→銀行赤字

この後、日銀が金融緩和で市銀の赤字分を補填するから、特に問題はない上、実体経済には資金が環流するようになる。
→実体経済向上。

しかし、リフレ派は日銀の金融緩和しかやらない。だから、市銀の赤字黒字や民間企業の資金需要も知らないまま。
これじゃ、因果関係が逆のため、金融緩和の効果なんてわかりませんがな。


よって、リフレ派はアホかつ無責任。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民91掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民91掲示板  
次へ