★阿修羅♪ > 経世済民91 > 504.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ドラギ総裁と黒田総裁は独裁なのか  久保田 博幸
http://www.asyura2.com/14/hasan91/msg/504.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 06 日 09:47:05: igsppGRN/E9PQ
 

ドラギ総裁と黒田総裁は独裁なのか
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kubotahiroyuki/20141106-00040535/
2014年11月6日 9時40分 久保田 博幸 | 金融アナリスト


ECB理事会メンバーのユーロ圏各国中銀総裁の間でドラギ総裁の運営スタイルに対する不満が高まっているそうである。ECB関係者によると、各国中銀総裁の間では、ECBのバランスシートの規模について理事会が具体的な数値は公表しないことをで合意した直後に、ドラギ総裁が規模の目標を事実上設定したことに特に不満が募っているとか(11月4日ロイター記事より)。

9月4日のECB政策理事会では、主要政策金利のリファイナンス金利を過去最低の0.05%に引き下げ、上限金利の限界貸出金利を0.30%に、下限金利の中銀預金金利をマイナス0.20%に引き下げた。ドラギ総裁は利下げに関して、これで打ち止めとの姿勢を示した。さらに10月から資産担保証券(ABS)とカバードボンドを買い入れることも決めた。これは域内の信用状況を緩和するための措置としている。その買入れ額について「関係筋」から、3年間で5000億ユーロ規模に達する可能性があるとの発言があった。

ロイタの記事によると、あるECB関係者は「トリシェ前総裁はよく助言を求め、意見の一致に向け努力していた」と指摘していたが、別の関係者は、「ドラギ氏は秘密主義的で、合議的でない」としていたそうである。

ECB理事会内では現在、ユーロ圏の低インフレ状況への対応策をめぐり意見が対立し、24人の理事会メンバーのうち7〜10人がFRB型の量的緩和実施に反対しているとされる。反対しているのはメルシュ専務理事、ラウテンシュレーガー専務理事のほか、ドイツ、オランダ、ルクセンブルク、エストニア、ラトビアの中銀総裁。スロバキア、スロベニア、オーストリアの中銀総裁も反対の可能性があるという(11月4日ロイター記事より)。

ドイツからの反対があったであろうことは想像できたが、量的緩和に対しては予想以上に反対意見が多かったようである。ECBの追加緩和が金利の引き下げが主体にならざるを得なかったのはこれが要因とみられる。ドラギ総裁は本音では量的緩和に踏み込みたかったと想像される。しかし、ECBは国を跨いだ中央銀行であることで、日銀のように5対4での僅差での決定といったことは政治的にも難しかったものと予想される。ドラギマジックはその意味ではタイミングとしては効果はあっても、内容としては中途半端となってしまったのはこれが要因か。

ある程度、金融政策でサプライズを起こすためには、そのタイミングと内容が必要となる。特に緩和策には市場参加者が事前に予想していまうと、その効果は限定的となる。もちろんマスコミにリークされても同様である。それを避けるためには、少人数で戦略を決定し、それをなるべく外部に漏れないようにする工夫が必要となる。それによってドラギマジックのようなマジック効果が生まれる。その意味ではドラギ総裁は前任のトリシェ総裁と違いやや秘密主義であったのかもしれない。

今回の予想外の日銀の追加緩和についても、短期間で総裁、副総裁など執行部と日銀幹部の一部など少数の人数で戦術を練っていたと想像される。ただし、金融政策は当然ながら総裁、副総裁、審議委員の9人の多数決で決定される。このためその票読みが必要となる。決定会合では議長の議案が否決される事態は避けなければならない。

しかし、今回の追加緩和に対しては、当初の異次元緩和の効果がなかったことを示すことにもなりかねない。異次元緩和の効果が限定的であったにも関わらず、さらに量を増やすというのはリスクを増やすだけとなりかねないとの認識もあったはず。実務派の4人の審議委員を動かすのは難しいと判断し、学者出身の審議委員2人の賛意を取り付け、31日の決定会合に臨んだのではないか想像される。つまり日銀もドラギ総裁に劣らず、それ以上に秘密主義でかつ少数で動いていたことが想像されるのである。

会社の経営でも役員会などでの総意を得るより、トップの独断で走ったほうがうまく行くこともある。ドラギ総裁や現在の日銀のやり方も、市場に対する効果を生むにはその方が良いのかもしれない。ただし、トップのやり方が非常にリスクがあるものであると、これは諸刃の剣ともなりかねない。ECB内部での反対意見、今回の日銀の異次元緩和パート2で反対した4人の委員の意見も重要であり、私個人としてはむしろこれら反対者の意見に組するものである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年11月06日 10:22:18 : nJF6kGWndY

今後、南欧や東欧諸国がドイツ並みの生産性と国民負担に耐えられるようになる可能性は、ほとんどない

ドイツが自国利益中心主義を捨てず、このままドラギが追い出され、伝統的な金融政策に戻るなら、

緊縮とユーロ高によって、当面ユーロ圏の衰退は確実

長期的には、緊縮に耐えられない周辺国の離脱や、ドイツ自身の離脱シナリオの可能性も高まっていくだろうな


02. 2014年11月06日 10:35:06 : nJF6kGWndY

>今回の追加緩和に対しては、当初の異次元緩和の効果がなかったことを示すことにもなりかねない。異次元緩和の効果が限定的であったにも関わらず、さらに量を増やすというのはリスクを増やすだけとなりかねない

そうではない

全体で見れば前回同様、名目GDPや雇用に対する景気刺激効果は今も確実にあり

欧州や新興国を中心とする景気後退において、中韓やアジアの競合国に比べて、景気や雇用の悪影響は明らかに小さくなっている

QQEがなければ、高い確率で空洞化による産業集積と雇用の破壊、そしてデフレ不況が悪化していただろう。


QQEによる緩和効果は前回より小さい上に、通貨安などのデメリットが顕在化しつつあり、

その負の影響を受ける層が徐々に大きくなってきているということだ


まあ、いずれにせよ、老いて縮小しつつある衰退国家だという大前提を忘れ、改革も努力もせず、

企業や国民が金融・財政政策に依存するようでは、ギリシャやアルゼンチンのような事態になるのも、そう遠いことではないだろうな



03. 2014年11月06日 15:34:08 : nJF6kGWndY

実際、欧州では、昔の日本と同じように緩和拡大への要求も激しいようだが

日本と違い、緩和反対の勢力のせいで、辞めさせられる可能性も高いなw

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NEKB5Z6S972F01.html
ドラギ総裁、日本化が嫌なら黒田総裁見習え−ギルバート 

  11月5日(ブルームバーグ):1999年にデフレに陥り事実上いまだに脱却できない日本のようになることを、エコノミストらは「日本化」と呼び恐れる。ユーロ圏がデフレに近づく中、欧州中央銀行(ECB)は歴史の教訓から学び日本銀行の現在の取り組みを見習うべきなのだろう。

ユーロ圏の現状は極めてデフレに近い。ECBが目安とするインフレ率2%弱は遠のくばかりだ。欧州連合(EU)の欧州委員会は4日、2015年のユーロ圏インフレ率を0.8%と予想、5月時点の見込み(1.2%)からさらに引き下げた。

しかも、日銀のバランスシートは拡大しているのにECBのバランスシートは縮小している。

日銀は10月31日に金融緩和を拡大し、長期国債の買い入れを「保有残高が年間約80兆円に相当するペース」に増やすとした。ブルームバーグ・ビューのコラムニストであるウィリアム・ペセック氏は、量的緩和(QE)拡大よりも経済改革が望ましいと指摘する。労働市場改革や財政出動は欧州でも有用だろう。しかし日銀もECBも、財政政策や雇用慣行に口を出す権限はない。政府が行動しない間、中銀は金融政策で空白を埋めるしかない。

ECBが6日の政策委員会で、黒田東彦日銀総裁の「衝撃と畏怖」作戦を踏襲する可能性は低い。ECBが資産購入プログラムを開始してから2週間でのカバード債購入高は48億ユーロ(約6900億円)にすぎない。ドラギ総裁は今週、資産担保証券(ABS)の購入余地はかなり大きいと発言した。しかし、大規模な国債購入なしにECBのバランスシートを十分に膨張させることが可能だとみる市場参加者を、私は1人たりとも見つけられない。

原題:Draghi Should Copy Kuroda to Avoid Japanification: MarkGilbert(抜粋)
記事に関する記者への問い合わせ先:ロンドン Mark Gilbert magilbert@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:Paula Dwyer pdwyer11@bloomberg.net
更新日時: 2014/11/06 07:33 JST


04. 2014年11月06日 16:06:24 : fNdVxudteQ
バーゼルの塔:
世界統一通貨を発行する秘密裏の計画
http://chilledvodka.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民91掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民91掲示板  
次へ