★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 186.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ろんりと いのりを ひとつにして にほんごで かんがえる
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/186.html
投稿者 おどろき 日時 2015 年 5 月 09 日 14:05:05: cdMQTlXL/iMSs
 

かんがえるな かんじろ とか
ことばに たよるな とか
よく いわれるけど
これは いままでの やりかた そのままで
かんがえたり ことばを つかったりすることを
やめなきゃ いけない ということ なんだろうな

これからは いままでとは ちがう
あたまの はたらかせかたを しろ
ことばの はたらかせかたを しろ
ということ なんだろうと
おれは うけとめたいね

そう おもうと
これからの せかいは
にほん ほんらいの ぶんめいが リードする
といわれる ことの いみが
わかって きそうな きがする

にほんてきな あたまの つかいかた
にほんてきな ことばの つかいかたが
あたらしい せかいを
ひらくんだ という ことじゃないかなあ

あたまだけを はたらかせて
ろんりてき というか りくつ だけで
かんがえを すすめちゃうと とんでもないところへ
つきすすんでしまう
ふくろこうじに はまりこんで ニヒリズムに
おちこんだり
あるいは あくましゅぎに おちこんだりで
どうにも ぬけだせなくなっちゃう
さいごの しんぱんの ときが きて
すべてが ほろびるのを まつばかり
なんて ことに なってしまう

あたまだけで かんがえを つっぱしらせると
ろくでもないことばかりだ
かんがえるな かんじろ と いわれるのも
とうぜんだよな

だけど かんがえる ことと かんじる ことは
べつべつの ものじゃ ないんだと おもうんだ
この ふたつを むすびつけて ひとつにして
あたらしい せかいを つくっていくことが
できるんじゃないか

ほんらいの にほんぶんめいは
そうだったんじゃないかな
それが いまの にほんにも のこっていて
せかいじゅうの ひとたちから
とくに わかい ひとたちから
ジャパン クール (にほんは かっこいい)
なんていわれている わけなんだろうな

あたま だけじゃなくて
はら、むね(ハート)、あたまの はたらきを
ひとつに とけあわせながら
そして かんじること かんがえることを
ひとつに とけあわせながら
かんじたり かんがえたりを
おしすすめる ということ なんだろうな

そして さらに おもうのは
ろんりを もとに かんがえる ことと
いのりを もとに かんがえる こととを
ひとつに とけあわせる ことじゃないかな

いままでは かがくと しゅうきょうの
たいりつ という ものがたりの なかで
ろんりと いのりが おたがいに
みのりのない つまらない ほうこうに
おしとどめられて きてしまっているように
みえる

ろんりと いのりが いっしょに なったら
ものすごい パワーが でるんだと おもうけど
べつべつに されて たいりつ させられて
ダイナミズムを うしなって
りょうほうとも しんだみたいに
なっているんだろうな

にほんの ほんらいの ぶんめいを
よみがえらせる ための
おおきな テーマが
ろんりと いのりを ひとつに とけあわせること
なんだと おもう

そして さらに いえば
これが いちばん いいたいんだけど
ろんりと いのりを ひとつに していくときに
にほんごが
おおいに ちからを かしてくれるんだろうな
ということ

ろんりも いのりも
ことばが みちびいてくれるんだ
えいごは けんかしたり しはいしたり
するには べんりな ことばだと いうけど
ろんりと いのりを ひとつに していくには
えいごじゃ むりだろうな
それじゃ にほんごは どうなんだと
おれは おもう
やってみなきゃ わからない
やってみる かちは ある
やってみたい
そう おれは おもうんだ

ろんりと いのりを ひとつに とけあわせた
せかいの ものがたりを せかいの ぶんめいを
にほんごで かんがえたり くうそうしたりする
おもしろいだろうなあ
そんなことを おもいながら
にほんごで あそんでいられたら
ほんと しあわせだよね
とくに ひらがなで かく にほんごでね
そして
まんねんひつで さらららと かきながらね

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月16日 20:09:54 : q931E3NW4E
論理と祈りを一つにして、とは、なるほどあなたらしい発想だなと思います。

私も論理性、「考える事」はこの先の我々の為すべき事を考えるには、
必要な事だと認識します。

勿論、それは悩みや問題を抱え持つと云った事ではありません。

クリエイティヴな視点での、私の、また、あなたの言う「考える」とは、
自分の心に浮かんでいるものを形にして、
謂わば、利便性のある道具として、後々利用する為に、
絵図や言葉に捉えると云った「楽しい作業である」と言えます。

感性に掴んだ直感的なひらめきをいつでも思い出せるように、
言葉などに置き換えて手元のノートに残せば、
それはいつでも後から眺めて、アイデアの材料とすべく閲覧できます。

あなたも知るように、自身の可能性を期待し、
自身の背景、謂わば、背後に広がる感性というものに信頼を預けるようになると、
既に得ている独自の「発想」から、
更に自然な(不思議/意外とも言える)連想を深めていくと云ったことも期待出来ます。

もしよければ、私のこれ以降に投稿する中に、
ワードとして、これからの私たちの世界に必要とするものを何点か、
あなた方の意識に挟もうと試みています。

それをあなたが気に入ってくれるのなら、それをあなたの言葉として変えるなりして、好きに利用して欲しいと思います。

出来れば、多くの方に、そうして広めて欲しいのです。

それらが人々にとって必要な価値観として受け入れられ、定着するならば、
皆の力で世界はきっと変わっていく筈だと考えています。

やれる限り私もライフワークとしてそこに働きかけていきます。
可能であれば、Tシャツなどにデザイン性を取り入れて、
それぞれが思い思いに創って着てくれたらと、そう望みます。

どなたが商売として自由に販売してくれて構わないですが、
これは政治的な特定の団体としての関与を望みません。

あくまで、個人の力を訴えるものだからです。

それはまた後ほど。

さて、あなたのここで言う「考える」と云う行為、
それはあなたの言葉に照らせば、
"ろんり"的追求にあたるのだと受けとれますが、
その追求対象は常に人の心に向けられてあるのだと思います。

あなたが懸念する、単に「頭で考える事によって起こる"間違い"」とは、
問題の原因を今現在の自分たちの振舞いとするものに求めず、
常に過去や、他者の振舞いに求める事で生まれるものである、
と云うのが私の見解です。

一般的に、社会における作法のようにして、
人は、人前では自分の素直な性分を隠すのが当たり前だとします。

そしていつしか、何故そうするのかを自分に問うこともなく、
そうすることが当たり前、と云った便利な言い分に、殆どの問題を隅におしやってもいます。

現在の社会的な人々の振る舞い、そしてそこに影響する政治的な判断と云うものも、
まさにそのような「大人騙し」の"作法により"、執り行なわれていると感じます。

人前で仮面を被る時、そこに隠されるものをしまいこむにもその場所が必要で、
それは当然、意識内部に創られています。
それを所謂「闇」と言える部分と捉える事には無理がないように思えます。

自身が見たく無い、見ない事にしておきたい多くの問題を
人々の"当たり前とする"習慣づけの中に、見事、
"意識的に"見過ごしつづけて居ると云うことですから。

純粋に自分の望みの方向性に意識が向く人と比べて、
心に晴れないものをいくつも隠し持つ大人たちは、
それをただ隠す為だけにも、日々、多大なエネルギーロスを引き起こし、
どこか疲労しているように感じるものです。

よって、自身の内心に論理的に触れ
(確固たる自身の望みとするものを訊ね)ようとすることは、
あなた方ご自身により張り巡らされた、
様々な感情の絡み付いた心理的"意図"を解きほぐすと云う、癒しの行為と言えます。

そこでは、なかなか絡み付いてほどけない、「しがらみ」と云った糸が、
一番厄介な代物も知れません。

(人々はこれ迄の時代遍歴に、多くの保護策としての繋がりを自分達に必要としました)
(しかし、時代の変化は、それぞれに力を取り戻させると云う段階へと入っています)
(それぞれが、真の自分と云うものの活力に目覚めた時、より確かな、
社会システムの在り方、その為のアイデア、提案が全体から為されて、
これ迄に無い相互間の働きが得られるだろうと考えます)

何を論理的に捉えるか考えるにも、先ずは、それぞれ、自身が、
「"常に"その心に、また、その身体の知覚に、何をどれだけ感じ取っているか」
に気付いていることが必要となります。

純粋な視点で物事の原因を探ろうとすればよいだけです。

あなたが抱え持つ問題には、あなたがきちんと気付いてやることで、
あなた自身が癒され、そして、問題は改善へと向かいます。

他人がその心に感じ、抱えている問題は当人が解決します。

あなたが代わりに直接、解決することは出来ません。

あなたもまた同様に、誰かに解決してもらう事は出来ません。

ただし、全体が抱える問題は、全体で解決する事が出来ます。

この事はあなたの"感づいていること"でもあるかと思い、レスさせて頂きました。

つづきはまた別途投稿にて書かせて頂きます。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ