★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 236.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
the Voice
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/236.html
投稿者 金十字架 日時 2015 年 9 月 21 日 10:22:25: mfAWtS4GF8MpY
 

その時、私の目の前に、模様(葉か羽毛のような紋)の入った、
赤と緑と青の三つの"オーブ"が見えていた。

「驚くなよ。この子は既に三つ持っている。」

間近で男の声がした。

―"この子"とは私の事のようだ―

その声は私の左前方から聞こえ、視界の外、右側にも二個体ほどの存在を感じる。

その"数名"かどうか定かでない不明瞭な"存在の散らばり"は、
やわらかな風情の中に威厳を備え、
いわゆる空想上の天上界の天使のような印象だった。

脈絡なく記憶することなのでよくはわからないが、その次のシーンでは、
私は隠密かの様に数名の仲間と共にどこかを一心に目指して駆けている。

目が覚めてすぐ、三つあった色違いの球体の事が気にかかり、
すぐに三色がRGBである事に気付いた。

―光の三原色―、
ああ、なるほど、Red,Green,Blue,揃って白色の光となる。

反転すれば黒、もしくは物質世界ではその色の集合は黒、もしくは深く濃い緑になる。

勿論、「だからなんだというのか」と、私もそこに居直る立場ではあるが。

以前にも書いた事だが、最近はほぼ連日、明晰な体験の記憶を持ち帰る。

故に、非常に密度の濃い時間を過ごしているとも言える。

そして先日キククリの祝い(9/9)、13:20に最高の気分で目が覚めた。

―それは祝賀ムードに包まれる中、今にも宴が催されようとしていた―

そこはどこかの王族なのか、王宮様式の建物の中、中央に大きな階段があり、
私は何やらせっせとそのホールに続く階段を居りながら、
両端を埋めるように姿見やらつい立てやら家具らしきものを置いている。

その階段中央を"ある"高位の(王のような)存在が居りてくる予定で、
安全面を考慮しつつ、私は作業をしていた。

列席者が集まり混雑し始めると、そこに立ち並ぶ気品高い婦人方の背後にまわり、
御用を聴きつつ、それぞれの背後に付いている―不要な―緑色の小さな"チェーン"の切り離しをしていく。

それはある"一族"の息子の生誕を祝う催しのようだった。

それはいよいよ始まって、"主役"自ら盛り上がろうと壇上にのりだした。

それが「うけ狙い」と判る"、"とある"曲のイントロ"が鳴り始めると、
私の周辺は湧き立ち、私も声をあげたが、
周囲はその歌を知らぬ異国の"出"らしく、あくまで気品を保ちつつ大人しく、
盛り上がったのは息子を含めた我々世代だけのようだった。

すると私が敬愛する音楽家迄が登場し、そこで最新の楽曲を披露するのだった。

感性の解放を促す"1000のダンス"のWPか、"ソウルメン"JBか、
はたまた、軽快な外連味に身を包み、愛を伝道する黒尽くめのブラザー、
BBのステージのような一体感と躍動感。

つんのめる程速いテンポの音の波に、私も即興で声を合わせて歌い、
隣人と両肘を擦り合わせるように身体を揺らして煽る私。

会場は一気にボルテージがあがる。

人々の中を駆け抜けるリズムが、人々を歓喜に湧かせ、解放へと向かわせる。

ああ、この音楽が世界をひとつに湧かせる―

そう思った瞬間、私もまた歓喜の渦に包まれていく。

そしてそのまま至福感に包まれ目が覚めた。

現実認識と比較する意味をなんら持たぬ事で、
目が覚めた後も、夢での晴れやかな気分はそのまま持続する。

(9/16)今朝、目覚める間際に、夢では「薔薇が咲いた(曲名不明)」が流れていた。

薔薇が咲いたらしい。

そして、目覚め後、まさに睡眠時であるがごとく、
花火が打ち上がる光景が脳裏に見えていた。

(9/17)本日は、古生代の動物だろうか、虫だろうか、
帰路の途中、道の脇で、見た事の無い生物をいくつも確認しつつ家路に付く夢を見る。

家路に付く間際に、大型の美しい白とピンク基調の首の長い鳥を抱きかかえて家に持ち帰る。

家の中は沢山の人でごった返している。

(9/18)本日は、昨日からつづく身体の不調で、
食欲はいつもの倍、気分は悪く無いが、疲れがたまっているのか、
肩甲骨から頭上部にかけてひどく重く、「脳が捻挫した」と云う形容が当て嵌まる症状。

動けることは動けるが、怠い、朦朧とする、運転すればイライラが募り、
慢性的に眠気に誘われる。

よって、いいタイミングだと思いつつ身体を休めることを何よりも重要視した。

自分の感性を開発するにはいい機会となる筈である。

同じような症状にある人は増えている事だろうから、以後も投稿を続ける。

BGM:Emotions /Best of my love  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年9月23日 11:52:25 : z21ZXlbTkk
とりま、その夢全てが現実とオーバーラップしている、とだけ・・・。

無論油断してはならないが、続行中ではありましょう。


2. 2015年9月29日 09:50:34 : z21ZXlbTkk
だとすれば、私はくっきりした実在感としての、
色の三原色+ピュアホワイト&ブラック。

曖昧さ量がない分、却って実在感に乏しいと言われるCMYB、
イラスト、漫画チックかもねw

Don't answer me;

by
Alan person's project


3. 2015年9月29日 10:12:45 : z21ZXlbTkk
てか、実は逆の本体だったりして・・・w

4. 2015年9月29日 10:34:51 : z21ZXlbTkk
先週、上の娘の同棲から初の一人暮らしの、
引っ越し手伝って、姿見やら、ネコ用のつい立てやら、
家具らしきものを紐解き配置しつつ等々、を彼女の仲間のヘルプ込みで成し。
半日で荷解き&引っ越しほぼ完了。

そして、話し合う中で、不要なウソっこの緑
(エコ、健康、真面目、貞操、社会への忠誠)
の鎖も、首尾よくカットした。円満に。

私から見て、ここはなんともタイムリーなスレだこと(笑)


5. 2015年9月29日 10:47:17 : z21ZXlbTkk
虫や鳥や古生代についての描写は、むしろ下のキクリ娘の描写のよう。

まぁ、2人とも女の子ではあるが、もとガキ大将にして、
また、とある政治家T.Y親子によっても「オトコ」らしく、
・・・いや、一応「女の子」としてモテてはいるが、念のためw

なんというか、壮大にして普通な、お馬鹿一家のおハナシ。。


6. 2015年10月04日 01:09:25 : q931E3NW4E
>01-05
お久しゅうございます。

ご家族共々、新たな橋掛けが完了したとのご報告と受けとりました。
この時期、新鮮な空気を感じられておいでのご様子、何よりと喜びに返させて頂きます。

あなたもまた誰かの枠には納まらないお方です。
有り体の形に納まったままで善しとはならないでしょう。

例え着飾るもののどれもが似合ったとしても、いつかそれらは合わなくなります。
それがご自身の考える愛であれ、美であれ、心であれ、です。

あなたの手もまた、形骸化されたものなど瞬時に溶かしつくし、
そしてそこに存在の本質を浮かび上がらせていきます。

あなたから蒔かれた種もまた、あなたと同じ力を宿し、
あらゆる既成の形を揺るがし、壊していく幹を育てていくのでしょう。

それは何か自分の外側に対する闘いなどではない筈です。

存在の本質は常に変容そのものである為、有り体の形として知見、所有出来るものとはなりません。
その故に、本質はすべてを包込むものであると言えます。

数多の宗教観に借りて様々な解釈と言葉をもって人はそれを表現しようとしますが、
どれも核心を突くものの、そこに理解を求めようとして自分をその枠に填めると、
決まった形から逃れられなくなります。

固執する意識から逃れられなければ、それが自縄自縛であることと気付く事です。

そのようにあなたにとって大事なものをお守りください。

すべては方便であれば、そこからそれぞれが、
より自分の身丈に合った形や風合いを求めていく、
それが適当であると私は感じます。

見る夢はそれぞれに違えど、そこに感じる倖福観は皆どれも同じだと思います。
そうした本質により近い場で、あなたが守ろうとする夢を私も共有していると云うことが言えるのだと思います。

尚一層ご自愛くださいませ。


7. 2015年10月04日 17:25:48 : z21ZXlbTkk
ありがとう🍎

貴方も、きっと。
本当に天使なのかも。。。


8. 2015年10月04日 17:36:39 : z21ZXlbTkk
>数多の宗教観に借りて様々な解釈と言葉をもって人はそれを表現しようとしますが、
どれも核心を突くものの、そこに理解を求めようとして自分をその枠に填めると、
決まった形から逃れられなくなります。

特にこの一節

昨日から整理的コンセプトとして、急激に浮上したテーマでありました。

要マーク(笑)💗


9. 2015年10月04日 18:11:08 : z21ZXlbTkk
有体のユング式に当てはめれば、思考感情のマイナス(遠心軸と)、
感性直観のプラス軸(求心軸)の、バランス(兼ね合い)ってとこかな。。

アハハ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ