★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 240.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「御馳走さまでした!」、ふり絞る叫びに、母親は嗚咽し、父親は顔をゆがめた/西部邁著『友情』から
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/240.html
投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 22 日 15:33:15: jdZgmZ21Prm8E
 

 著者と海野少年は不良だったが勉強ができる方で札幌近郊の有数の進学校に在籍していた。著者より10倍も複雑な家庭環境と赤貧のゆえ、海野少年は退学する。やがてすすき野のヤクザになり数人の部下を持った頃、ふと著者の居託を訪ね窓から忍んで一夜を明かした朝の風景である。
 チョッパリとは朝鮮人が日本人を蔑んで使う言葉。海野少年は朝鮮人と日本人の混血だった。

 (引用)
 母親が運んできた朝食は、どこにそんな食材が隠されていたのか…立派な食事であった。
 私たちがそれを食しているあいだ、交わす言葉は一つもなかった。食べ終わるや、彼はさっと玄関の上り框(かまち)に出て、居間に向かって「ありがとうございました」と声をかけた。そして私の両親がそこに並んで顔を出すや、それ以上は不可能なまでに身を平らにして、

 御馳走さまでした。

 それは叫びにも似た声であった。上半身裸でひれ伏すその一種壮絶な姿を見て、私の母親は思わず嗚咽し、父親のほうはさすがに顔をゆがめて感情を押し殺していた。彼は5秒間ばかりその姿勢でいたあと、またさっと起き上がり、玄関の戸もさっと開け、逃げるようにしていなくなった。
 私の脳裏に焼きつき、忘れようとて忘れられない光景は、その一瞬の梅野の姿なのである。あの言葉はまことに声をふり絞る者の叫びであった。たった一晩の宿泊と一食の給仕にたいして…。

【出典】「友情〜ある半チョッパリとの45年」西部邁/新潮社‘05年
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ