★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 263.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
あらゆる問題を改善点として捉えようと奮闘しているあなたへ
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/263.html
投稿者 金十字架 日時 2015 年 11 月 03 日 00:25:40: mfAWtS4GF8MpY
 

ルービックキューブのように、
どんなにこんがらがって見えるものでも、その解法はある。

自分で解けないと感じたら、速やかに頭を切り替えて、
解法を知るものに素直に頭を下げてその教えを乞うのが近道だ。

あらゆる解放を促す力に素直に指示を仰ぐ事。

それはあなたの中にある。

自身の感性に解放への指示を仰げ。

そこに素直に身を預けるのである。

あなたは何も欠けていない。

先ずはそれを知る事だ。

必要とするものは何も無い。

人々が必要だと感じているものとは、
本来あなた方に求められていないものばかりである。

そうした意味に於いて、人々に必要とされるものとは、人々が求めるものである筈である。

その向きを一致させる事が改善への足がかりである。

あらゆる解放を促す指針があなたの中にある。

自身の中にその教師を見出す事。

その事があらゆるものの基盤と繋がり得るものだ。

先ずはそのようにして迷いを捨て、解法を呼び込み、真の自分を召還するのである。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月03日 08:08:52 : z21ZXlbTkk
けだし参入とは、壮絶かつ風光明媚
で、なくてはならぬ。

2. 2015年11月03日 18:56:44 : q931E3NW4E
>01
荘厳かつ風光明媚な新天地は、それを求めてそぞろ歩くのをただ止めさえすればよく・・・、
ただ、それもまた人は楽しいとする、と云うことと理解しています。

2015年を振り返ってみると、この年はデトックス元年のような感じが致します。
至る所で自分に不必要とする毒素としての感情の噴出を抑えきれない人々の姿が目立ちます。
そう観る私の感想としての言葉は淡々と、「なるほどな」と云うところです。

感情を溜めずに吐き出す事は自然なことです。
ですが、そこから、我々が新たな社会性に求めるのは、
何故自分がそうした感情を持っているのか、何故溜め込むのかと云う事に気付く事です。
ですから、常に気付く場所に居て欲しいと思っています。

心の作用とは我々に不可欠なものです。
しかし、そこで必要とすべきは、「人々と単に感情で繋がろうとすればそこに呑まれることにもなりうる」、と云う理解です。
私達は不穏な事件事故を目にする時、すぐに真実というものを知ろうとする側に付きますが、そうした所には不特定かつ、多岐に渉る人間(自己)不信に繋がる感情が介在します。
何もそうした心や体で人と繋がろうとせずとも、私たちは既に繋がりを得ていると云う事を理解する事はできます。

311の津波のおり、最後迄非難救助にあたった人々を私は敬い申しあげておりますが、彼らは皆、既に鎮魂の灯火を乗り終えて、自身の完璧さの全てを思い出す場所にて、必要とする癒しをすべて受け終えていると思います。
執着とは、それぞれの心の中にあり、癒えてない存在を想う自身の心にのみ、その姿を投影する事ができます。
そして、自身の次の選択の時を迎える迄の間、十分な期間を要してその準備ができます。
そこが謂わば"あの世"、または天国と称される場所のことであり、誰もがそこに向かって前進し続けています。(進むと云うよりは、ただ我々は受け容れ感じ尽くすだけの姿に形容する方が自然であり適切だと考えます。我々の利用する概念下に照らして、我々が拒絶するものをなにひとつつくり出さない限り、抵抗による停滞と遅延による痛みを生むこともなく、苦痛として具現化されるものは何ひとつ受けとることはなくなります。)
しかしそこは本来、「内観の場」と云うに相応しい場所である事でしょう。
夢見の際も毎夜私たちはそこに訪れて、あらゆる試行錯誤に耽り、彼らと繋がりを得ています。

"この世"とはまた、自分の霊的な感性としての能力を深く掘り下げる場所である筈です。
そうして自分の在り方に満足できる事だけが、本来、望むままに、自身の行き先、その選択の幅を拡張する場所へと繋がり得ることだと理解しています。
私たちはここに自ら、自分の能力を信じて飛び込んできたのです。
自らの意思ですべては動いています。
自然とするスフィアの運行も山脈の形成も、雨水の循環も、生物の進化も、我々がここに存在すると云う人々が言う「偶然性としてのもの」に「直接的に繋がって」います(つまりすべては我々の意識に意図されたものだと云う事です)。

全ては霊性の輝き―それは嬉しさ、そして喜び―に満ちた者である筈です。
空間と時間の概念だけを通して我々は繋がり得ている訳ではなく、意識はそうしたあらゆる概念など飛び超えた所に存在します。
我々もまたそこに存在するということです。

我々がそれを信じないとし、そこに「不必要な必要性」と云うものを求めるうちは、自分に与えられた力に何一つ気付けないというだけです。
自然であるものに対して抵抗するのは、必要以上の力を要すると「考える」からです。
故に調和を崩し、すぐに体を痛めます。
自分達が知性で理解する力の働きしか見えていなければ、自然な感性の働きなどそこに覆い隠されてしまいます。
その事に気付こうとせずに、「私たちには力など無いのだ」と叫ぶのは、それはそれで横暴な感じがするものです。

自身の外に権威というものを生み出すのも、自身の中に自分を信頼する力を見出すのも、まったく同じ原理とエネルギーの質を利用して起こされているのです。

よってこの社会の秩序は、単なる思い込みで形成されていると云う事に、憚らず苦言を呈したいと思います。

こうした世界を変えられないものと決め込み、輪廻のサイクルを煉獄のように思う人々は、ここでの支配的な概念的思想の数々に少々考え違いを起こしてしまっている様です。
地獄と言えるものとは、人々の思い上がりが具現化した場所でしかなく、それは謂わば驕った理性の働きの具現化です。
怖れに対して救いを求める事が際立つだけの場所とも言えます。
故にそこでは、人々は救いをただただ求めて祈るだけになります。
怖れを拒絶し、逃れ、遠ざけ、「不必要な救いを必要とする場所」とは、人々のある種横暴な、思い込みで生まれています。

我々は今、その驕りを捨てた先の視線を持とうとしています。
そこは淡々と求められるものを手にする事が出来る場所です。
遠ざけられるものなど何も無く、回避すべきものなど何も無く、
全てを感じ尽くし、全てを受け容れることを理解する時、その具現化が始まるだけです。

そこに、荘厳かつ風光明媚な天国は素直に浮かび上がります。
無理に描こうとせずとも、自然と浮かび上がるものが私たちに求められたものと考えます。

関係性を繋ぐのに、望まれていない建前と云った接着剤など要らない訳です。

自分達の不完全さを理解し、そこから完璧さへと、その繋がりを求めていく力を失わなければ良いだけです。

問題点となるものは我々を通してそのまま改善点へと結びつきます。
初めからあらゆるものは問題視されるものとして存在する訳では在りません。

リスクを冒す事を怖れるより、あらゆる破戒と云ったリスクを冒して、
既存の関係性を壊しても、掴みたいものが私にはあります。

本心や本音以外のもので隙間を縫った関係性など、誰も欲しがらないと思うからです。

さて、いつも有り難うございます。

私が度々ここで語ってきた、「心のマザー」も今年、ついに山を降りられた様です。

私の父も10年以上闘病生活を強いられて居りましたがようやく。

そんなこんなで今年は大きな節目として私をも揺り動かしているように感じられます。

変われないと云うなら、その人は変わる必要性がないのでしょうし、
何もそうした人の数は社会が変貌する決め手とはならないです。

変革の意思はそのまま、ここに現れる次の世代に被っていくだけです。

「これが自分だ」と理解するものが本当に自分だと言えるのか、つまり「所有すると考える借物」を使って表現する自分と云うものが自分を縛らないものであるのかどうかに気付けば良いだけです。

肩書きや地位、名声は、それを必要とするものにしか与えられません。
いつでも驕りさえ捨てられれば、それらからの脱出は可能です。

変化を受け入れ、それを求めとして発する者は常に身軽であるのですから。

私は先に申したように、津波で最後迄救助に当った人々を敬っております。
つまり私もまたそのようにありたいと考えます。
何も怖れるもの無く、身軽だからこそ出来る事をしたいと考えています。

さて、70年代80年代が掘り起こされたような感覚を彼らの音に聞く事が出来て、久々に心が躍っています。
更にはそこに90年代、そして現代ともフュージョンして、突き抜けた爽やかさが在ります。
彼らとは、「サカナクション」、歌は、「新宝島」。
是非聴いてみてほしいと思います。
歌詞が私の心を掴んで離しません。
私は彼らのような歌い手の力を認めています。
人の心を「素晴らしいものだ」と私を引き止めてきたのは彼らのような歌です。
"ゲスの極み乙女"の"オトナチック"も歌詞にかつての私は共感を覚えています。

それでは。


3. 2015年11月03日 19:07:42 : q931E3NW4E
>01
一カ所、()括弧でくくる箇所がありました。読みづらくてすみません。
後から付け足した次の箇所です。

執着とは、それぞれの心の中にあり、癒えてない存在を想う自身の心にのみ、その姿を投影する事ができます
↓ 書き直すとこうです。
(執着とは、それぞれ自身の囚われの心の投影によるものです。癒えてない存在を想う事によって、多面的な存在性の中からその癒されぬ姿一面だけを抜き出して、自身に写し取り、感受する事ができます)


4. 2015年11月04日 09:13:14 : z21ZXlbTkk
なにか、お返事が少しずれている感じがしたので、改めて私のレスを
見直してみたところ、凡ミスがあったことに気づきました(笑)。

「壮絶」は間違いで、「凄絶」が正しい。
絶景の極楽絵巻のようなものではなく、
むしろ阿鼻叫喚の地獄絵図のようなもの、、


5. 2015年11月04日 09:20:06 : z21ZXlbTkk
無論、なんの悪意もありません。ただの誤字です。
でもそれだけで、伝わるものも伝わらなくなるようなので、
気をつけねば(笑)

ただ、私が表現したかったのは、泥に咲く柔らかなハスのようなコントラスト
です。
あの世ごとも、あまり関係はありません。


6. 2015年11月05日 05:36:56 : z21ZXlbTkk
でも、そうですね・・・

凄絶→壮絶→荘厳

という三段活用は、あるのかもしれません。
ならば言いたかったことに、及ばずとも遠からず。。。

例えば、火山帯の風光明媚な源泉地(有名な温泉リゾート)には、
地獄谷とか、三途の河、賽の河原、白骨、鬼etc,.

といった結構おどろおどろしいネーミングが、昔から付けられていることが多い。

その多くに、実際の過去の噴火による悲劇が伝えられています。

しかし、今の我々は、その悲劇の跡地へとわざわざ足を運び、
癒やしやリトリート、場合に依っては深い瞑想を頂いているのです。

いのちの源流を、感じ取らずにはいられない程の・・・


7. 2015年11月05日 05:44:28 : z21ZXlbTkk
あ、最近のではサカナクションもゲスの極み乙女もいいけど、
セカオワかなりもいいと思う今日この頃、、(笑)

8. 2015年11月05日 05:53:24 : z21ZXlbTkk
あと、これは友人でまだブレイクはしていないものの、
これからヒットする予感?も込めてお勧めなのに、
Jiinoっていう、凄いAOR系ミュージシャンがいます。

9. 2015年11月05日 16:33:21 : q931E3NW4E
>04,05

小春日和の午後、こんなに空は青かったかと云うくらい、
本日の空は私の胸に染みいるものでした。
こうした青空のもと、そのモネの晩年の「睡蓮」のような心象風景を甘く温かい飲み物で暖をとりながら、無邪気に歩いてみたいものです。

誰の心にもそのような自身の軌跡の片鱗としての、憩う目的で訪れる自分だけの場所を持たれていると思います。

そうした風景はこの世のものだけに留まらず、
経験を懐かしむ事のできる場所として、永遠性をたたえるものとしていつでも"そこ"にあるものです。
誰もがいつでも自分を憩わすお気に入りの場所を持ち、そこに自分と云うものを楽しむ事が出来ます。

あなたは今、どのような世界をその心に覗き込んでいると言えるでしょうか。
人々はどんな世界を歩きまわっていると言えるのでしょうか。

それはその人にとってきっと望ましい景色に出会える場所である筈です。
しかしそれが本当に心から望んでいるものかどうかに気付くにも、
多くの迂回路を通らなければならないものかもしれません。

>ニュアンスのズレ
凄絶と云う言葉に変化したとて、
私の返答内容にさほど変わりはなかったように思っていたということを改めて伝えてみようかと云う気になりました。
だとすれば、あなたが感じたズレとは、なんだったと言えるのでしょう。
こちらに期待した答えや反応にズレがあったということを物語っているのかもしれませんね。

それぞれにこちらから話す意図とは違う解釈が起こりうる事を事前に自身に許容していなければ、私はここに何かを書くと云う事を止めている事でしょう。

そして相変わらず、一度文筆を取ると止まらなくなるのは私の悪いクセのような気がします。
それぞれに慢心と云うものがなければ良好な関係性は維持されると思います。
これからもよろしくご指導ください。

>Jiino
私は誰をも応援する立場の側に居ませんが、あなたの感性を少しでも知るのに役立てる為に聴いてみたいと思います。


10. 2015年11月06日 00:53:58 : dVWNedZMeQ
たまたま通りかかり、知らなかった「サカナクション」とJiino を聴いてみました。
どちらも、独特な個性が印象的で新鮮でした。YouTubeの映像も。

そこから触発されて、私が少し前にSpotifyで偶然聴いてから引き込まれて、何度も何度も何度も聴いていた曲を思い出したので紹介させてください。もうご存知かもしれませんが。

https://www.youtube.com/watch?v=DfZMvTHJLUs

自分が最初から映像無しにずーっと聴いていたせいなのですが、映像なしのほうが聴きやすいような気がします。


11. 2015年11月07日 01:27:09 : q931E3NW4E
>10
通りすがりに素敵な箱を置いていって下さって有り難うございます。
純粋な歌い手としての歌声に惹き込まれていくにも、その下地となる感性を通じて繋がるのですから、そのあなたの感性はまた私にとって非常に新鮮なものと云う事になります。

他のPVも見ましたが、独自の世界観を持っている人間は素敵だと思いました。
名前だけは何処かで見て記憶していたようですが、聴くのは初めてです。
私はspotifyと云ったものすら知らない無知に生きる者なのであなたの情報の全ては新鮮でした。
「Chamakay」が終わると自然に「SOLANGE/"LOSING YOU"」に飛んだのですが、そのPVに、アフリカの非戦の象徴、サプールの姿が見られて、新しい時代を担う人々の気概をも感じることができ、それもまた新鮮でした。
音楽はどこか懐かしい80年代の雰囲気ですが、新しい風が吹いているのをこうして伝わるこの時代を改めて見直さなくてはならないような気にもなりましたし、私もそのように人々に直接メッセージを伝えていけたらと思いました。
実はやり方次第で、とてつもない変化の期待できる面白い時代なんでしょうね。
そして何かをこうして伝えて下さる事自体、大変素敵な事なんだと改めて感じなおしてもいます。
ありがとうございました。


12. 2015年11月11日 07:19:50 : z21ZXlbTkk
あ、jiinoについて言い忘れてたけど、
実は主人(とちょっと私w)と、今のプロデューサー(直接の関わり未だ無いが)
が関与した筈の、最新リリース(未発表ミニアルバム)が、実は凄いんだ。

超絶テクはそのままに、凄い脱皮遂げてるんだけど、如何せん未リリース
だもんで、ここで紹介出来ないのが残念・・・
(笑)


13. 2015年11月11日 07:34:30 : z21ZXlbTkk
ChamakayのBloodOrange
👍イイネ!
こういうのがかっこいい時代だもん❤

でも、半分自画自賛だけど、和製ながら、最新Jiinoも遜色ないかも??、、
ナンチテとかつい宣伝w(ちと、調子こき過ぎたかもww)


14. 2015年11月11日 07:49:15 : z21ZXlbTkk
なにせ、Jiinoの持つ、凄絶で壮絶な
(肉体的にも、精神的にも)人生とそこからのニュートラル兼ナチュラルへの
帰還を知ってしまったので。

そこからのcreativityが、音楽性に反映してる感じがするんだ。


15. 2015年11月11日 07:54:37 : z21ZXlbTkk
最新には、アフリカ風景も、ある。

16. 2015年11月13日 21:38:17 : dVWNedZMeQ
 10です。様々なストリートダンスを週10時間ペースで習っているため、阿修羅を覗く時間がありませんでした。少し痛めた肩や首がよくなったせいか自由に大きく動けるのが嬉しくて、今度は先日ジャンプを何回も繰り返すようなハードな動きをしたせいで足を少し故障し、こうして思い切って休んでここにレスしてます。

10で、この投稿文をさらっと読んだ後、(ちゃんと理解してるかどうかはさておき)、お二人の提案されるアーチストの音楽を聴いて、思い浮かんだBloodOrangeの曲をお二人に、、と、衝動的に貼ってしまいました。(しかし、現在、つまり近未来の自分のためにというのもあったのかなあなんて。警告みたいな、笑)
今、こうして、お二人の反応をみつけて嬉しくなりました。

自分で、YouTubeの映像のある音楽を貼りながら、映像が無い方が聴きやすいなんて勝手に申してたんですよねw いつもは、New hiphop 、R&B の曲で踊る事が多いので、BloodOrange も、オータナチブR&B でたまたまみつけのですが、いつも聴いているのとは随分違ってたにも関わらず引き込まれてしまったのは、自分に何か不思議に馴染むと感じと、どこか「認めたくないけど」無意識化で自分が求めているものを察知したのではないだろうか?と気がつきました。


自分が習ってるのは速い動作などのコエグラフィーが多いため、BloodOrange のダンスは、ユーモラスで味があるけどなんだかよくわからない、、、。正直、微妙、w  男性が踊るヴォーギングを連想してしまったり、w

 しかし今は、「彼の」ダンスも大好きになりました。

 もっと年配の方だと想像してたのですが、実は30歳になるかならないくらいの若さで、時空間をこうして自在に操れぐらいの勉強量の多さ、感受性の鋭さ、なによりも、
変な所に力がはいっていないリラックスした感じは、見てるだけで気持ちがよい。
 つまり、私はキレを探すには、それとおなじくらいのヌキ
が必要なこと、頭で理解してても自分の身体でわかっていなかった。イメージを追ってキレばっかり探してた、、こうして身体が悲鳴をあげるわけです。いつか私も、「私の」ダンスが踊れたらと思う。

 YouTubeの映像なしに聴いていたとき、イマイチよくわからないけどこのリリックの意味の深さや、彼の声のかすれ具合と、チャーミングさが弾けるよう女性ボーカルの声の重なるバランスの美しさにうっとりとしていたせいか、このYouTubeのアフリカのイメージと彼のダンスが(アフリカの風景もUKからニューヨークで活躍する彼にとっては、意味があるものとわかった。)ある画一的な印象を与えてしまうのでは?と危惧したのかも。
しかしそれこそが今は、彼独特の、堂々とちょっと外すw 何からも自由な素晴らしき感性そのものとも感じられる。
アフリカ、私も好きです。

それからJiino のライブ、是非、行きたいです。
もちろん、和製も、大好きです。


 


17. 2015年11月19日 20:49:16 : q931E3NW4E
>12,16
夢を追い求める人を人は無条件に応援します。
誰もが夢を追い求めたいのですから。
純粋にそれだけを追い求めていればすぐにも具現化できます。是非、実現して下さい。

18. 2015年11月20日 11:39:59 : 5GKDfq99HQ
もったいぶってゴタゴタ草食した言葉遊びだな
くだらねぇ・・・

もっとこう、物事を有るがままに捉え
有るをば有るとし、無きは無いとし、とか心構えをどうするとか
そういうことかと思って読んだが全然期待はずれだった

どうしようもないからジタバタし
取り返しのつかないことだから後悔する
天の道に逆らうのが人というもの

>どんなにこんがらがって見えるものでも、その解法はある。
人間の思い上がりだよ
それも西洋的な、ね
自覚無いだろうけど


19. 2015年11月22日 06:48:25 : z21ZXlbTkk
なぜ、沢山いる素敵なミュージシャン仲間の中から、
敢えてスレ主さまにJiinoを紹介したくなったかというと、
14でも触れましたが、彼(今40ちょっと過ぎたくらい?)
の人生の中に、凄まじい命(肉体的&精神的)の局面(極限状態)があり、
それを乗り越えたところこら紡ぎだされた彼の「音」の世界が、
透明なクリスタルのように響いてきたのと、
スレ主さまが紡ぎだす「言葉」の世界に共通の響きを
とりわけ強く、観じたからです。

Jiinoの周りには、他にも似た境遇にある女性ミュージシャン等もおり、
御多分に漏れない「類友」現象が展開しているのですが。

その次元は、経験者というか、共時者或いは「共磁者」でもない限り、
中々理解されうるものでは、ないでしょうね・・・(笑)

ちなみに10、16さんも、結構な「共磁者」だったりして❇🐬


20. 2015年11月22日 06:53:24 : z21ZXlbTkk
そう言えば、polititicianのヤ○○○タ○○さんちに行って、
一緒にライブしたっけ・・・(笑)

21. 2015年11月22日 07:19:51 : z21ZXlbTkk
それと、下の娘は16のときから暫く、
とあるストリート出身のダンスチームのマネージャー兼、
セミプロカメラマンをしていて、上の娘は何回かそのチームで
キレキレロッキンダンサー経験あり(ついでに2人とも、
バンドでギター&ボーカル、ついでに声優女優経験もあり、
創作、実務も)をしていたこともあるので、
多少は最近のダンスの世界とか分かります。
まあ要するに、アート系ファミリーってことで(夫東大大学院出身のアーチストw)。

22. 2015年11月23日 18:04:51 : dVWNedZMeQ
 心構えとかって、結局、自分で掴むものではないだろうか? たまたま出くわした言葉がぴたっと自分のニーズを表してるような事もあるかもしれないけど、各自の試行錯誤あってこそだと思います。5GKDfq99HQ さんの 自分の中の教師 が、なんだこれ?と反応したのでしょうね。笑
 
「ニュートラル兼ナチュラルへ』 よく使われる言葉だけれども、z21ZXlbTkk さんのご指摘のとおりある程度の負荷を経験しなければわからない感覚だと思う。
ーー凄まじい命(肉体的&精神的)の局面(極限状態)があり、
それを乗り越えたところこら紡ぎだされた彼の「音」の世界が、
透明なクリスタルのように響いてきたのと、
スレ主さまが紡ぎだす「言葉」の世界に共通の響きを
とりわけ強く、観じたからです。ーー
 そうですね。なんとなく言ってる事わかります。私の場合はタイプが違うので、たとえ似たような境遇を経験したとしても、そのような追究のしかたをしないのではないかと思う。なにより、極限状態 をいろいろ避けるように工夫するような気がして。
しかし、私も金十字架さんに 濃さ(もちろんいい意味です) のようなものを blood orangeにも感じて貼付けたのだと思います。(でも、 z21ZXlbTkk さんの「深さ」も素晴らしい。)

金十字架 さんの投稿文の

ーーあらゆる解放を促す指針があなたの中にある。

自身の中にその教師を見出す事。ーー

 この解放を促す つまり、力を抜くという感覚が実は難しくて、鍛えた体幹が自然に動くようになって各自、初めてわかるようなものかもしれないと私は思った。
 
私はヨーロッパ在住なのですが、日本はストリートダンス先進国でもあるし、ダンス人口も多く、日本での以前1週間集中クラスに参加して思ったのは、日本の先生はなんと親切に教えてくれるのだろうということでした。日本にはケアに関しても、たくさんの情報やサービスもある。

 日本で教えてもらったのは、アイソレーション の重要さ。これを最初からわかってるかどうかっていうのが結構重要なんですよね。それに比べてこちらは、上達したかったら各自自分でいろいろ方法を考えるしか無い。日本のように丁寧に教えてはくれない。しかしそれも結局、悪くはない。

 で、首と肩に少し問題が出たとき、(首凝り肩こりのようなもの)
胸から上と腕は存在しないイメージをもって、つまり自分の身体が胸から下しかないようにイメージして、腰を落として、音楽に合わせて体幹を捻ったり上下したり、いろんなステップなど適当に踊ってみる。
あくまでも肩、頭、腕が存在していないように。
そうすると、いつのまにか自然に肩、頭、腕がその動きに連動していく。自然に連動させるのが重要というか、、。
ぶらぶら体操は、ぶらぶらさせますが、それをしない。動かすのは体幹から下だけ。
肩や首が痛かったときにいろいろ試した中、この方法を思いついて踊ってみると、痛みが和らぎました。

 こちらの知る人ぞ知るオステオで施術してもらいながらということもあるのですが、彼に私が考えた痛みを和らげるダンスについて話したら、びっくりして、自分の講義でも似たような事を話してると。
 そこで、彼が提案してくれた方法なのですが、
目隠ししてそのようなダンスをしてごらん。ということだった。私たち現代人は眼を酷使してる。また鏡ばかりみてダンスしてるとイメージがどうしても平面的になる。目隠しして、自分の身体の動きを
立体的 3D で 掴んで、「見てみる」。

これを聞いたとき、ピンと来ました。自分の中の教師が、これはいいよ!! ってことなんじゃないかな?笑
結構難易度が高いかもしれないけど徐々に試してみたいな〜と思ってます。


23. 2015年11月23日 18:44:18 : dVWNedZMeQ

 ついでに、私は上の踊りを これで踊ってました。なんと、リリックが金十字架さんの他スレに一致してました。笑
https://www.youtube.com/watch?v=7EUOSaOfodA

で、お二人とも、脱力したいとき、ぜひ踊ってみてください。経験あるなしに関係なく、必ずかっこよく踊れるはずです。(もしも、趣味に合わなかったらごめんなさい。)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ