★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 415.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
親韓で嫌われる産経がウソ記事でまたまた本領発揮・・・・韓国に救われた???三菱「デボネア」22年間放置された「走るシーラ
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/415.html
投稿者 怪傑 日時 2016 年 9 月 24 日 15:58:28: QV2XFHL13RGcs ifaMhg
 

親韓で嫌われる産経がウソ記事でまたまた本領発揮・・・・韓国に救われた???三菱「デボネア」22年間放置された「走るシーラカンス」コラ産経ウソつくなw 製鉄などと同様に韓国に、技術供与までして救ってやったのは三菱自動車の方だ
http://gansokaiketu.sakura.ne.jp/20160924-sinkande-kirawareru-sankeiga-usokijide-matamata-honryou-hakki-kankokunisukuwareta-mitubishi-debones-kora-sankei-usotukuna---sukutteyattanoha-mitubishidazo.htm

韓国に救われた三菱「デボネア」 22年間放置された「走るシーラカンス」


22年間、一度もモデルチェンジすることなく生産を続け、「走るシーラカンス」と呼ばれたクルマがあった。三菱が1964〜86年に販売した最上級セダン「デボネア」だ。トヨタ「クラウン」や日産「セドリック」に対抗するため、持てる技術を結集した自信作だった。

 英語で「礼儀正しい」を意味する「デボネア」という名も風変わりだが、目を引くのはその独特のスタイル。ボンネットとテール部の両端にエッジを立て、巨大なフロントグリルとL型テールライト、ロケットランプを持つ。GMデザイナーのハンス・ブレッツナー氏の手腕で、60年代アメリカ車をそのままコンパクトにしたようだ。室内は広く、高級感あふれる6人乗り。シートはソファのように分厚い。

だが、デボネアは売れなかった。ライバルよりも高い価格や脆弱(ぜいじゃく)な販売網が響いた。モデルチェンジは先送りされ、三菱グループの重役専用車として、細々と生きることになる。

 デボネアはこのまま静かに絶滅するはずだったが、転機が訪れる。提携関係にあった韓国のヒュンダイ(現代)がソウル五輪を前に「VIP送迎用の高級車を作ってほしい」と依頼してきた。三菱は渡りに船とばかりにヒュンダイとの共同開発に乗り出す。


 86年、デボネアは一新され、「デボネアV」となった。ヒュンダイにはノックダウンで車両を供給した。

 2代目のスタイルは初代に比べると保守的で退屈だ。FF大衆車「ギャランΣ」をベースに5ナンバー枠内で大きく見せようとしたためバランスが悪い。価格は高い、知名度も低い…またも販売不振に陥る。

 テコ入れ策としてベンツのチューンナップ会社「AMG」や英アパレルブランドの「アクアスキュータム」と組み、相次いで特別仕様車を投入したが効果は出ない。バブルの勢いに乗って、エアロパーツや高級ブランドで着飾る姿は痛々しかった。対照的にヒュンダイは「グレンジャー」の名で世界でヒットを飛ばした。

 デボネアは三菱のフラッグシップでありながら、「不人気車」という宿命を背負い、3代目までつないで99年に姿を消した。

 だが、見捨てられたはずの初代はアメ車風スタイルが一部の旧車ファンの心をつかみ、皮肉にも超レア車として人気を集めている。

(中村正純)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月25日 11:12:20 : 4nLMfD9OHc : B@d@GUSOs64[2]
嫌韓親韓一字の違い どっちに行ってもフジサンケイ

2. 2016年10月02日 19:21:01 : qiNM7jknEs : RLumgmenC5c[49]
戦後、南北朝鮮に分かれて独立したが、戦前戦中の朝鮮総督府の方針で、北は豊富な水力発電を利用した重化学工業に重点が置かれ、南は米など農作物の生産に重点が置かれていた。北は日窒コンツェルンの巨大コンビナートがあったのである。このため北朝鮮と南朝鮮とでは国力に雲泥の差があり、南は本当の貧しかったのである。

この国力の差は当然、軍事力にも反映されていた。北は強大な軍事力を持ち、いつでも南進できる環境にあった。武力による南北統一は可能だったのである。

軍事クーデターで政権を掌握した高木正雄・パクチョンヒ軍事独裁政権は、反対派を弾圧し、世界各国から厳しい非難を浴びた。しかしアメリカ西側諸国は、南朝鮮を支援することになり、アメリカの圧力で日本政府は、南朝鮮だけを朝鮮半島における正統政府と見なした日韓基本条約を締結したのである。

この日韓基本条約では、戦前戦中の朝鮮半島に対する補償も含まれていた。従軍慰安婦に対する補償も、この中にあった。

日本政府は円借款を含めて、1980年代まで総額7,000億円に達する巨額の支援を、南朝鮮政府に行なったのである。南朝鮮のパク・チョンヒ一味は、日本政府が支援した従軍慰安婦関係の補償も、全て自分の懐(ふところ)に入れて、被害者に対して全く補償しなかったのである。

これら日本の膨大な支援で南朝鮮は「漢口の奇蹟」と呼ばれた高度経済成長を実現したが、これを南朝鮮政府は、日本からの支援であることを一切隠して、自分たちの実力だと宣伝した。「うそつきは南朝鮮のはじまり」と言われるゆえんである。

●これとは別に、南朝鮮政府は日本に対し、自動車産業の育成を支援するよう訴えてきた。北は重化学工業を持っている。これに対し南は持っていない。アメリカは、西側諸国の一員である南朝鮮の国力を高めるため、日本に対し産業支援を命じてきた。佐藤栄作内閣の時代だ。

新日鉄がポスコを支援し、三菱がヒュンダイを支援したのは、ここに理由がある。ます新日鉄だが、三井グループの同社が命令から逃げられなかったというのが真相だ。

三菱の件だが、日本政府が日本国内の自動車メーカーに、南朝鮮に対する支援をするよう各メーカーに打診したところ、トヨタも日産も拒否したのである。ホンダは、バイクで懲りているので本田宗一郎氏が強硬に反対した。すると三菱しかないのである。

三菱グループでは、三菱商事が窓口になって、実際の技術支援は三菱自動車が行なうこととした。ヒュンダイの生産設備等については、三菱重工が担当した。当時の三菱自動車の社長は、陸軍高速偵察機の開発で知られる久保富夫先生でしたが、技術支援で、かつての戦争責任を果たす方向だったと聞いています。

●しかし三菱の南朝鮮に対する支援は、別の批判を生んでいた。国民を弾圧しているパク・チョンヒ軍事独裁政権を助けていることになるから、社会党や共産党をはじめとする左翼勢力は、厳しく南朝鮮を非難してきた。テレビジョンでも、筑紫哲也キャスターとか、南朝鮮に対する強硬な非難を口にしていましたから。

南朝鮮のヒュンダイに対する支援が決まり、南朝鮮から研修技術者が実際に京都製作所(自動車用エンジンを製造)に来ていましたね。1972年に新発売した三菱ランサーをベースに、イタリアのジウジアーロがデザインしてヒュンダイ・ポニーの試作車が完成した。これを量産するための大規模工場や工作機械購入に膨大な資金が必要であった。これをほとんど日本からの借款で実現した。

南朝鮮技術者を育成する三菱自動車の苦労は、並大抵のものではなかった。当方の親戚が、三菱自動車にいましたから。燃費問題とかでダマスゴミは叩き放題だが、トヨタや日産すら断った懸案を受けた事実を忘れたのかと言いたい。日本の自動車メーカーは、どこも排気ガス対策問題に忙殺されていました。そんな中を受けてやったのだから、もっと日本政府は三菱自動車に感謝しなくてはならない。

●長くなったので、デボネアの件は次に書きます。


3. 2016年10月02日 20:21:08 : qiNM7jknEs : RLumgmenC5c[50]
三菱デボネアの件だが、1964年6月にGHQによって三分割されていた旧三菱重工のうちの新三菱重工(分割された当時の社名は、中日本重工)が開発し、1964年6月の三重工合併を記念して発売されました。

デボネア テスト走行ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=qofT8nj67TY

航空機を生産していた大江工場は、戦後GHQの航空機生産研究禁止命令により、自動車に転換。しかし名古屋市内にあるため、テストコースがない。このため、岡崎にテストコースを建設しました。後に工場も併設されました。

懐かしCM 1964 デボネア
https://www.youtube.com/watch?v=dBYeZgT0fqc

当時の中型乗用車の主たる需要はタクシーやハイヤーでした。この市場に向けて、トヨタ・クラウン、日産セドリック、プリンス・グロリア、いすゞベレル、三菱デボネアが出揃ったのです。

これらの市場規模は小さく、いすゞベレルが早くも脱落。プリンスも経営危機に陥り、日産自動車が吸収合併してグロリアはセドリックの姉妹車になりました。

ISUZU BELLEL PSD10 いすゞ ベレル PSD10
https://www.youtube.com/watch?v=v5BERVitkFw
●他車がアメリカ志向なのに対し、これは欧州志向でした。

All Class: A Crankin' 1963 Prince Gloria Super 6
https://www.youtube.com/watch?v=R951i6Ch04A
●プリンスG7エンジンは日産L20エンジンより優秀でしたが、これを切り捨てたことが、後の日産低迷の原因のひとつです。

これらの車種の中でダントツに売れるようになったのが、トヨタのクラウンです。高度成長時代と共に、このクラスの車種をマイカーにする層が出てきた。その時に「白いクラウン」で、タクシーのイメージを払拭したトヨタが、一人勝ちの様相を見せたのです。

トヨタ クラウン 3代目 CM 山村聰 MS50 1968 TOYOTA CROWN Ad
https://www.youtube.com/watch?v=QBOYZQewlUc

●ここで話は前後しますが、1968年当時の三菱乗用車のラインナップ。
軽自動車のミニカ。小型車のコルト800。(以上の2車種は岡山・水島製造)
その上のコルト1000とデボネア。(以上の2車種は名古屋・大江製造)

★トヨタ・クラウンに負けたものの、1200cc、1400cc、1600ccクラスが売れてきた。三菱としては、これら売れ筋に新型車を投入するため、ランサーやギャランを開発。自動車の資本自由化に伴い、1970年に三菱重工は自動車部門を切り離してクライスラーとの合弁企業に変更。これが三菱自動車なのです。

限られた経営資源を有効活用するため、クライスラーの販売網でも販売される新型ミラージュを開発。デボネアは捨て置かれた状況になりましたが、対米輸出用のギャラン・ラムダ向けに2,555cc直列4気筒エンジンを開発。それのテストベッドになったのがデボネアです。

Dodge Challenger Hemi Colt Mitsubishi Galant Lambda Wink Martindale Voiceover
https://www.youtube.com/watch?v=1CD5cZrBXoE

1970年代後半、対米輸出の日本車に市場を奪われ経営危機に転落したクライスラー。世界各国の生産拠点を次々売却しましたが、オーストラリア工場は三菱商事、三菱自動車が買収。そこで生産されたギャラン・シグマに搭載されたのが、デボネアの2,555cc直列4気筒エンジンでした。

Australian Mitsubishi Sigma Commercial 80s
https://www.youtube.com/watch?v=9CtxKF9_JcI

●二代目のデボネアについては、次に書きます。


4. 2016年10月02日 21:16:56 : qiNM7jknEs : RLumgmenC5c[51]
前輪駆動になった二代目デボネアですが、まずは動画をご覧ください。

三菱 デボネアV LG
https://www.youtube.com/watch?v=kydaa6KuaXA

続いてこちらの自動車の動画をご覧ください。

1984 Plymouth Reliant 4 door sedan blu
https://www.youtube.com/watch?v=Hgm7h8yLy7M

クライスラーが起死回生を狙って新開発した、前輪駆動小型車Kカーのプリマス・リライアントです。三菱二代目デボネアは、提携先のクライスラーに似せてデザインしているのです。そのKカーにも、三菱2,555cc直列4気筒エンジンが日本から輸入され、搭載されていました。

二代目デボネアは新しくV型6気筒エンジンが開発、搭載されましたが、2,555cc直列4気筒エンジンが旧式化してきたので、後継エンジンとして開発されたのです。その二代目デボネアですが、前輪駆動化したギャラン・シグマのプラットフォームを使い、三菱のエンジンを採用しています。南朝鮮ヒュンダイは開発に全く関与していません。これは当方が関係者から聞いたので、間違いないと思います。

●三菱自動車はその後ダメになってしまいましたが、その原因は南朝鮮と深く関わったからでしょう。トヨタ、日産、ホンダが提携を拒否したから、三菱が提携せざるを得なかったとは言え、こちらからの持ち出しばかりで得るものは何にもなく、三菱自動車自体が経営に追い込まれてダイムラーの支配下に入り、ようやく手が切れた。その後、三菱自動車は乗用車部門とトラックバス部門に分割され、トラックバス部門がダイムラーの支配下にあります。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ