★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 490.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
こどもたち、この国の借金が増えつづけるからくり・・ちゃんと頭で理解できてますか?
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/490.html
投稿者 Air−Real 日時 2017 年 1 月 30 日 20:54:17: dsfJ1hAY0z6VI gmCCiYKSgXyCcYKFgoGCjA
 

世界中、ほぼどこの国においても、中央銀行が存在します。
2013年にはアイスランドに続いてハンガリーも中央銀行なんか要らない!といって拒否し、そのしくみを持たない国もありますが。

この国は日本銀行(以降「日銀」)がその中央銀行(セントラルバンク)に当ります。
日銀というこの国の中央銀行は、借りる相手がいなければお金を作ることはできません。

まず日銀のお客さんとなるのは、この国の政府と、その他の多くの都市銀行です。
ですから、よく言われているこの国の抱える債務(借金)とは、国民が負担するものではなく、政府がつくった借金なのですから、その政府にあります。

わたしたちは、銀行などにお金を借りる時、必ず利息が発生します。
借りたところにお金を返す時に、借りた分より多くお金を返すという条件に約束することで、困った時に銀行からお金を借りることが出来る訳ですね。

それは日銀のお客さんである政府も、また私たちが預貯金したり、お金を借りるための街にある銀行も、
この日銀に「お金を借してください!」と言ってお金を借り、その借りたお金を私たちに貸し付けることができている訳です。

今やそうして、この日本はその日銀に借りた1000兆円のお金の利息を返すことも出来ずにいます。

そもそも、日銀とは普通の会社です。

その普通の会社が、何故日本のお金をいくらでも創ることが出来るのでしょうか?

誰がそれを「ゆるしている」のだと思いますか?

「お金を借りたいよう!」という政府と都市銀行の為に、
日銀は、「貸した分より多くのお金、ちゃんと返してね」という約束でお金を創って貸している普通の会社です。
ですが、そもそもそんな国に取って大事なことが、「なぜ普通の会社ができてるの?なぜ普通の会社のままなの?」というギモンがでてきますよね?

もしこれが、国を守る立派な機関としてあるのなら話は別です。

もし、日銀が国の持ち物であったなら、国はそこからお金を借りるとしても、「なんでそこで政府から利息が取るの?」「そんな必要ないだろこのバカ!」となりますよね?

つまり、いまからでも、日銀が国や議会、そして政府の持ち物となるなら、利息も日銀に対する借金もゼロになるということです。

そもそも何も無いところからお金を創っておいて、利息も借金もそんなものははじめから存在していない。

ということですね。

アイスランドやハンガリーが中央銀行にノーを突きつけた理由が、そこにわかってきますね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●ハンガリーは銀行の足かせを捨て去る
http://americanfreepress.net/?p=12418
【8月23日 American Free Press】

ハンガリーは一級の歴史的ステップを踏みつつある。

1930年代のドイツ以降、ヨーロッパの主要な国がロスチャイルドが支配する国際的銀行カルテルの支配から逃れようとすることは無かった。これは驚くべきニュースであり、金融的専制から自由になるための戦いを世界的に拡大させるよう愛国的民族主義者に勇気を与えるものとなろう。

既に2011年、ハンガリーのヴィクトール・オルバン首相は、国際通貨基金(IMF)とテロ国家のイスラエルのの鞭の下に、無限に続く債務にあえぐ奴隷状態に国民を売り飛ばした彼の社会主義者の前任者に対して、正義で応えると約束していた。以前の行政は責任ある立場にあるイスラエル人によって穴だらけにされていたため、大衆の怒りを買い、それで大衆はオルバンのフィデス党を選択した。

ドイツ語サイトの「National Journal」によれば、オルバンはこの高利貸し達を彼らの王座から追い出す動きを始めた。この人気があり民族主義者である首相はIMFに対して、ハンガリーはロスチャイルドの所有する連邦準備銀行の代理者から、更なる「支援」を受けたいとも思わないし必要ともしていないと告げたのだ。これでハンガリー人は民営で訳の分からない中央銀行に高利を搾り取られることがなくなることだろう。

その代わりに、ハンガリー政府は通貨に対する主権を発揮し、必要に応じて負債なしの通貨を発行する。その結果は顕著なものである。国家の経済は、以前は債務のために停滞していたものだったが、急速に回復しつつあり、国家社会主義のドイツ以来見られなかったものになっている。

経済大臣は、厳格な予算政策のお陰で、IMFから借りていた22億ユーロは約束の2014年3月よりかなり前倒しして2013年8月12日に支払いを済ませたと宣言した。オルバンは「ハンガリーは投資家から信頼を得ている」と語り、それはIMFでも連邦準備銀行でも、その他のロスチャイルドの金融帝国の手先のことではないと語った。むしろ彼は、それはハンガリー人のためにハンガリーで何かを製造している者たちで、真実の経済成長を生み出している者たちのことを言っているのだ。これは、金権政治の海賊どもの「紙上の繁栄」ではなく、実際に人々を雇用し彼らの生活を向上させる何らかの生産的なものである。

債務奴隷の足かせ生活から解放されたハンガリーなので、私的な金儲けではなく民間の福利厚生のために政府によって機能するハンガリー中央銀行の会長が、IMFに対して古いヨーロッパの地にあるその事務所を閉鎖するよう要請したことは驚くに値しない。加えて、アイスランドの努力に共鳴して、司法長官が過去三人の首相に対し、多大な負債を国家にもたらしたことで訴訟を起こした。

ハンガリー内の銀行家らの権力を根底的に破壊するであろう残りのステップは、国家社会主義のドイツにあったような、そして現在ではブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ、つまりBRICS諸国が行っているバーターシステムを導入することである。そしてもしもアメリカがハンガリーの動きを真似るならば、アメリカ人はこの高利貸しの専制から解放され、平和的な繁栄が戻ってくることを期待できるだろう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月02日 10:25:20 : 9YcdOeqyYo : VSKhxuU7TOA[2]
マスコミは政府批判はしても金融政策の独立性は自明の理としている点がある

2. 2017年2月02日 12:44:26 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[641]
>1
そこにも「からくり」が在ると云うだけのことでしょう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ