★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 623.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ブラック企業
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/623.html
投稿者 asy8 日時 2018 年 9 月 29 日 08:44:10: 3ati27iqg4fYY YXN5OA
 

ドで20年近くも勤務していたのに、突然に一方的に解雇された人がいる。しかしながら、その人は何一つ苦情も言わず、まったく反撃しないばかりか、不当解雇に対して抗議もしなかった。これは普通では考えられないことだ。そしてその人の家族は、温かく迎え、今まで苦労をねぎらった。別に解雇されたことに対して文句は言わなかった。これもなかなか難しいことだ。その後、その人は必死に次の仕事先を探し、驚いたことにそれを見つけ、今は実習という形でがんばっている。同じ食事関係の会社だ。実は、次の仕事先はなかなか見つからないだろうと思っていた。不当解雇されてすぐに次の就職先を見つけるというのは大変なことだ。その人はそれほど若いとは言えない。何よりも不思議でしょうがないのは、そんなに長期間勤務していたのに不当解雇されたら、普通は怒りまくるものだ。あるいは大変なショックを受けて、長期間落ち込んだり、引きこもりの生活になったり、うつ状態になったり、あるいは暴れたりするのが普通だ。だがそうではなかった。どこまでも平静を装い。笑顔まで見せた。信じられないことだ。おそらく面接官もそういう気丈さと前向きな態度を評価したのだろう。確かにそういう態度で生活することは大切である。悪い面ばかりを考えず、人生の明るい面を見つめて、希望をもって生きるべきだ。しかしながら、そう簡単にはいかない。それができるようになるにはかなりの修練が必要であり、普通は難しい。普通は世間をひがんでしまい、否定的に生きるものだ。そして堕落した生活になり、健康を害して、もし仕事先が見つかったとしても、もう体が動かない状態になっている。どうしてそういう希望が持てるのかわからない。謎だ。2018年9月26日、所において、恐ろしい事態がまたしても起きた。農林高校の教師をやっていたはこのところ2週間ぐらい休んでいた。何かの病気らしい。しかし、9月25日の火曜日から出勤してきた。台風の影響で所が管轄するグラウンドがある。ここにトラクターや耕運機やそのほか農機具が置かれている。そこは屋根があるところなのだが、老朽化しており、トタン屋根が台風で吹き飛ばされ、近隣の畑や庭や田んぼなどに飛び散った。そこで、屋根の解体をすることになった。施設長の知り合いで、何度も木の伐採や工事などを依頼している委託業者がいる。その人に屋根の解体を依頼していた。すると、それを聞きつけたが無断で勝手に解体を始めてしまった。しかもまだ通常の開始時間でもないのに、者の利用者に手伝いを命令し、解体の手伝いをさせた。時刻は8時40分頃である。通常は開始時間は10時となっている。送迎バスが到着するのがだいたい9時20分頃で、その後、朝礼やラジオ体操やその日の分担の通知などがある。は80歳を超えており、判断能力が非常に危ぶまれている。は農業指導員であるが、農以外にもあらゆることをやっており、ほぼこののすべてを管理している。福祉の専門家ではないが、福祉の分野にも口を出している。恐ろしいことに、解体の時に撤去しようとしている屋根の下に者の利用者がいた。はそんなことには無頓着である。またはトラクターにロープをかけ、そのロープを屋根に取り付けて、一挙に丸ごと撤去しようとした。しかし、そのロープは変なところに縛り付けられており、ポールがねじ曲がり、トラクターも浮き上がって、ウィリー状態になった。普通はバックでトラクターを移動させるべきなのに、前進したので、前方が浮き上がり宙吊りとなった。たまたまそのときに、解体を依頼された本来の専門家がやってきて、大声で怒鳴り、注意して、即座にすべて中断せよと言った。その専門業者は本気で怒っていた。重大事故が発生する恐れがあり、もうこれ以上は一切何もするなとに命令した。その時には以外の職員は誰もいなかった。施設長もいない。施設長は農はしないし、すべてに任せており、一切関知しない。その日のを終えて帰宅時刻の前に施設長がすぐに帰らずに待機するようにと言ってきた。その後、40分以上も待たされた。そして解雇通告された。もう次の契約はしないということで追い出された。所は普通の会社ではないので、解雇とは呼ばないのかもしれないが、事実上の解雇だ。雇止めというのが近いかもしれない。私はこの所に通うために引っ越しまでしたのに、すべては無駄になった。それで、今後のこの所で何が起きようともわからない。もはや闇の中だ。実はここを長年サポートしてきた者の利用者が、11月から別の仕事をするのだという。その人は車椅子で移動し、農はできないので、事務関係の仕事をやっていた。とても頭の良い人でこの人も教師だった。このようにこの所でもかなり入れ替わりが激しい。しかし、つぎつぎに新しい人が入ってきている。ただ職員は欠員のままで、補充はされていない。それで慢性的な人手不足となっており、相談もできない状態だ。それに職員も高齢化している。それもかなりの高齢化だ。だがもはや私にはどうすることもできない。おそらくここでは間違いなく事故が起きるだろうし、それが起きる確率は非常に高い。職員もそうだが何よりも利用者の安全確保を優先してほしい。2018年9月29日、私は以前、県市町にある 所に勤務していたが、所内の問題点を指摘したところ、26日に突然一方的に不当解雇された。それでまだ混乱している。もはやこの所を追い出されたので、どうしようもないのだが、それでも一応は何が起きたのかを誰かに伝えたいと思った。事業所としてはすべてを隠蔽したいところだろうが、これを放置しておくと重大な結果をまねくだろう。きちんとした証拠は提示できないので、独自の調査をして事実かどうかを確認してほしい。ただし、事業所としては何もかもすべて隠ぺいしようとするので、すべてを否定するだろう。今後もしも、この所に入所する予定の人がいるならば、これを参考にしてほしい。ただし人により受け取り方は違うだろう。何が起きても気にしない人もいるかもしれない。問題点を指摘しているので、どうしても否定的な面のみを並べてしまったが、このような所は少ない。非常に貴重な大切なところであるのは事実だ。者の居場所はあまりない。なかなか普通の会社は就職できないし、所の数も少ない。ここは他の所と比較して全体的に悪いとは言えない。ただ農を中心にしているので、様々な危険が伴う。また福祉施設はどうしても閉鎖的になり、外部の人は何が起きているのか全く知りようがない。すべて秘密にされる。するとどうしても何もかも隠蔽されるようになり、問題は放置され、問題視もされなくなる。またきちんとした立ち入り調査とか監査とかは全く行われていない。所には自由はなく、常に監視されている状態で、自由な発言の機会も与えられていない。自由な雑談も許されていない。なんでもしゃべっていいわけではなく、常にあらゆる発言が拘束されている。なんでもしゃべることはできない。それは普通の会社でも同じなのだが、何か問題がある場合に、それも話すことができないので、重要なことも放置されてしまう。またこれらのことを各種相談機関に相談したとしても、何が何やらわからず、理解してもらえない。それに説明するのにも大変な時間がかかり、相談時間は限られている。それで自分なりに文書として残すしかないと思った。これはどうしても私の個人的な感情が含まれてしまうので客観的な公平な情報ではないとされてしまうだろう。だからきちんと独自の調査をしてほしい。何も調査しないで、すべてを否定するのは簡単だ。しかし、それは怠慢である。私が最も危惧したのは、ここで働いている職員のことだ。こういうところの待遇は必ずしも良くない。ほとんどボランティみたいなものだ。長年プロとして真剣に仕事をやっている職員もおり、それらの人はとても貴重な存在で、どこでも需要がある。すぐにでもうちに来てほしいと勧誘されている人もいる。ここにもそういう女性職員がいるが、もしもこの人がここからいなくなり、別の福祉関係の施設に行ってしまった場合、事実上この所は本当に深刻な事態となるだろう。他の職員もいるが、かなり高齢であり、若い人もいるがまだ未熟だ。しかしもう私はここを追い出されてしまったので、今後何が起きても、知ることはできない。しかし、これはここの県だけでなく、他のところでも、似たような状況であると思うので、できれば改善してほしい。まずは相談する機会を利用者に与えてほしい。なんでも独断専行で一方的に決めつけるのではなく、話ができる機会が欲しい。そうでなければ何も解決しない。もちろん何でもかんでも利用者のわがままを聞いていたら事業所として成り立たないというのはわかる。しかし、それでも問題は残るし、危険なことを放置することはできない。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ