★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 633.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
森林に二つの「ミステリーサークル」なぜ? 宮崎・日南〜伐採する予定だったが、観光資源としても残すことにした/朝日デジ
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/633.html
投稿者 仁王像 日時 2018 年 12 月 28 日 20:17:07: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

山中にある二つの「サークル」=2018年12月24日、宮崎県日南市、朝日新聞社ヘリから、日吉健吾撮影

森林に二つの「ミステリーサークル」なぜ? 宮崎・日南/朝日デジ
稲野慎 2018年12月27日18時42分
https://www.asahi.com/articles/ASLDF5VXYLDFTNAB01D.html

 宮崎県日南市の森林に、不思議な二つの円形模様が出現し、「ミステリーサークル」だと話題になっている。こんな形になったのは、40年あまり前の植林のやり方に理由があるという。

 管理する林野庁・宮崎南部森林管理署によると、地元特産「飫肥(おび)杉」の成長を調べる試験林。720本を同心円状に植えたのが1974年。36本の木で一つの円がつくられ、円の外側になるほど間隔をあけて植えた。

 住宅建材用の杉に適した植栽密度と成長の関係を調べる狙いがあり、同心円状に植えたのは「ほかの形と比べて観察がしやすかった」という。その結果、外側の杉ほど高く成長。中心に一番近い杉の高さが約15メートルに対し、最も外側の杉は約20メートルに育った。

 管理署は杉の成長を地上から調査してきたが、2016年にドローンで初めて上空から撮影。「ミステリーサークルのようになっていた」と驚いた。

 地元の林業関係者やインターネットで話題が広がり、管理署は11月、公式サイトに「ミステリーサークル」の項目を新設し、試験林の歴史や試験結果を公表し始めた。管理署の野辺忠司次長は「植栽密度によって木の高さは変わらないというのが定説だったが、覆す珍しい現象が起きている意味でもミステリー」と話す。

 試験林は、試験開始から約50年の23年に伐採する予定だったが、珍しい現象の観察を続け、観光資源としても残すことにした。

 近くの猪八重(いのはえ)渓谷…
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ